イーサリアムの価格が急上昇しているのはなぜか?

by BITTIMES   

3月3日、ビットコインの高騰に追従するように、イーサリアムの価格も上昇、本日史上最高値の 2300円を突破した。
強烈な心理的抵抗を受けると言われていた価格ライン 20ドル(約 2,280円)をあっさりと超えたのは、イーサリアムにとって非常に大きなターニングポイントになるだろう。

なぜイーサリアム価格は急上昇しているのか?

イーサリアムの価格上昇の大きな原因となっているのは、「ビットコイン価格の上昇」と「 Enterprise Ethereum Alliance (エンタープライズ・イーサリアム・アライアンス・以下 EEA )」の存在が大きいと言われている。
暗号通貨 NO.1 のビットコイン価格の上昇は、NO.2 であるイーサリアムの価格にも当然、影響を与える。
投資家たちからの資産流入は、必ずしもトップに全てが向かうわけではないからだ。
また、最近のイーサリアム関連の報道で話題になっているのが EEA である。

エンタープライズ・イーサリアム・アライアンスとは?

EEA はマイクロソフト、インテル、アクセンチェアなどの大企業を筆頭として、学者、スタートアップ企業と各専門家を繋げるオープンソースのブロックチェーン・プラットフォームである。
「スマート・コントラクト」の特徴を最大限に活かすことで、企業と専門家との連携を強めビジネスのスピードを加速させていく土台になると予測されている。
この EEA の存在に関してイーサリアム財団は、
「我々はこのプロジェクトに正式に関与していませんが、 EEA コミュニティを大いに支持しており、今後サポートしていくことを公式に発表しています。コミュニティのメンバーの多くは、イーサリアム・プロジェクトの長年の貢献者であり、イーサリアム財団は今後、EEA が多くの貢献をしてくれることに期待しています。」と語っています。

イーサリアム最大の支持者マイクロソフト

マイクロソフトはイーサリアム最大の支持者と言われている。
すでに同社は、イーサリアム・ブロックチェーンを使ったサービス「 Microsoft Azure (マイクロソフト・アージャー)」の提供を始めている。
Microsoft Azure は、Web アプリ、データベース、クラウドストレージなどのサービスがすでに用意されている。
同サービスを使用することで、開発者と企業がより強く繋がることができる。
今度 EEA はビジネスを加速させるクラウドインフラ、プラットフォームとして、イーサリアム・ブロックチェーンを使用した最も大きなサービスになっていくだろう。

イーサリアムが全てのWebサービスの土台に

マイクロソフトのような巨大企業の参加がイーサリアムの信頼性を上げ、結果的に価格上昇を引き起こしたと予測するのはごく自然な流れだと思う。
現在、多くの銀行や企業がブロックチェーン技術開発に取り組んでいるが、個人や小規模な会社であればブロックチェーン技術の開発は事実上不可能である。
その問題を解決するのがイーサリアム・ブロックチェーンである。
インターネットが世界との繋がり方を変えたように、イーサリアムが世界のあり方を変えていくことは、そう遠くない未来誰の目から見ても明らかになっていくだろう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Cardano「技術開発が最も活発なブロックチェーン」ランキング1位を獲得

Cardano「技術開発が最も活発なブロックチェーン」ランキング1位を獲得

日本国内初「SBI暗号資産ファンド」設立へ|個人投資家向けに夏頃から提供開始

日本国内初「SBI暗号資産ファンド」設立へ|個人投資家向けに夏頃から提供開始

Telegram「TONブロックチェーン」の公開テスト明日開始か|イーサリアムとの互換性も

Telegram「TONブロックチェーン」の公開テスト明日開始か|イーサリアムとの互換性も

仮想通貨で「電子マネーチャージ」が可能に|DeCurretが複数の新サービスを開始

仮想通貨で「電子マネーチャージ」が可能に|DeCurretが複数の新サービスを開始

仮想通貨に投資するテニス選手「Gael Monfils」とeToroがパートナーシップを締結

仮想通貨に投資するテニス選手「Gael Monfils」とeToroがパートナーシップを締結

Craig Wright:リップルを批判「XRPは違法な未登録証券」

Craig Wright:リップルを批判「XRPは違法な未登録証券」

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産取引所「FXcoin(FXコイン)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「FXcoin(FXコイン)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

オンラインイベント「Ripple Swell 2020」タイムスケジュールと講演者情報

オンラインイベント「Ripple Swell 2020」タイムスケジュールと講演者情報

カルダノ財団:元PwCデジタル金融サービス部門責任者「Frederik Gregaard氏」をCEOに任命

カルダノ財団:元PwCデジタル金融サービス部門責任者「Frederik Gregaard氏」をCEOに任命

逮捕されたマカフィー氏、スペインの刑務所から「メッセージ」発信

逮捕されたマカフィー氏、スペインの刑務所から「メッセージ」発信

トレザーの新たなデスクトップアプリ「Trezor Suite」ベータ版公開:SatoshiLabs

トレザーの新たなデスクトップアプリ「Trezor Suite」ベータ版公開:SatoshiLabs

アメリカ宇宙軍(USSF)ブロックチェーン企業「Xage Security」と提携

アメリカ宇宙軍(USSF)ブロックチェーン企業「Xage Security」と提携

暗号資産取引所「BTCBOX(BTCボックス)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「BTCBOX(BTCボックス)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

コインチェック:貸仮想通貨サービスで「BAT・IOST」の貸付募集開始

コインチェック:貸仮想通貨サービスで「BAT・IOST」の貸付募集開始

bitFlyer:日本・欧州間の「クロスボーダー取引」開始|BTC/JPYの流動性向上に期待

bitFlyer:日本・欧州間の「クロスボーダー取引」開始|BTC/JPYの流動性向上に期待

暗号資産ウォレット「BRD」ユーザー数600万人突破|インド・中南米で利用者増加

暗号資産ウォレット「BRD」ユーザー数600万人突破|インド・中南米で利用者増加

SBI VCトレード「SBI e-Sports」とスポンサー契約|XRPによる年俸支給などを計画

SBI VCトレード「SBI e-Sports」とスポンサー契約|XRPによる年俸支給などを計画

BINANCE:P2P取引所サービスで「WEB経由の広告投稿」をサポート

BINANCE:P2P取引所サービスで「WEB経由の広告投稿」をサポート

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す