20%の価格高騰を記録「Cosmos」と「ATOMトークン」の理解を深める

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

Cosmos(コスモス)は、Zoneと呼ばれる複数の独立したブロックチェーンで構成される独自のブロックチェーンネットワークアーキテクチャであり、「ブロックチェーンのインターネット」とも呼ばれています。

この分散型ネットワークは、相互接続されたブロックチェーン・アプリケーション・サービスのシステムを通じて運用されており、互換性のないブロックチェーン間の相互運用を可能にしています。

Cosmosネットワークは、Jae Kwon氏とEthan Buchman氏によって共同開発され、2019年に正式ローンチされました。Cosmosのネイティブトークンである「ATOM」は、ステーキング・ガバナンス・トランザクション支払いなどエコシステム内の様々な目的で利用されます。

ここ最近でATOMの評価額が急上昇していることを踏まえて「コスモスはイーサリアムやカルダノとどう違うのか」そして「コスモスはここからさらに成長する可能性があるのか」について深掘りしてみましょう。

ATOMの価格動向と価格予測

最新のデータによると「Gate.io」におけるATOMの価格は約10.37ドルとなっており、過去24時間では10.67%の価格上昇、過去7日間では20.52%の価格上昇が記録されています。

Cosmosの時価総額は約38億8,000万ドルで、ATOMの過去最高価格は44.70ドル、過去最低価格は1.13ドルとなっています。

短期的な価格予測では、現在の市場センチメントが中立から弱気に傾いているため、ATOM価格はわずかに下落する可能性があると見られます。

コスモスブロックチェーンとは?

Cosmosは、スケーラビリティ・使いやすさ・主権などといったブロックチェーン技術が直面する複数の重要な課題に対処できるように設計されており、ブロックチェーンを最適化して、1秒あたりにより多くのトランザクションを処理し、速度を損なうことなく複数のユーザーを同時に処理できるようにすることを目的としています。

Cosmos SDKは、開発者がブロックチェーンアプリケーションを効率的に作成して、開発時間を大幅に短縮できるようにするツールを提供します。Cosmosは個々のブロックチェーンの主権を維持し、相互通信を可能にします。

Cosmosのネットワークは「アプリケーション、ネットワーキング、コンセンサス」という3つのレイヤーで動作します。アプリケーションレイヤーはトランザクションを処理し、ネットワーキングレイヤーはCosmos Hubと他のブロックチェーン間の通信を容易にし、コンセンサスレイヤーはトランザクションを認証します。

Cosmosネットワークの主要なツールには「ブロックチェーン間通信(IBC)プロトコル、Tendermint Byzantine Fault Tolerance(BFT)エンジン、Cosmosソフトウェア開発キット(SDK)が含まれます。これらのツールは高いトランザクションスループットと低レイテンシーを実現し、開発者がCosmosネットワーク内で簡単に新しいブロックチェーンを作成・カスタマイズできるようにします。

コスモスとイーサリアムの違い

CosmosとEthereumはどちらもブロックチェーン分野で影響力を有していますが、そのアーキテクチャ・目的・機能は大きく異なります。

  • アーキテクチャ
    Cosmosはハブ・アンド・スポークモデルを採用し、独立したブロックチェーンを接続しています。Ethereumは対照的に、シングルチェーンアーキテクチャで動作します。
  • コンセンサスアルゴリズム
    CosmosはTendermintコンセンサスアルゴリズムを使用し、Ethereumはプルーフ・オブ・ステーク(PoS)コンセンサスメカニズムを採用しています。
  • 相互運用性とdApps
    Cosmosは異なるブロックチェーン間の相互運用性を高めることに焦点を当てていますが、Ethereumは分散型アプリケーション(dApps)やスマートコントラクトを構築するプラットフォームを提供することを主な目標としています。
  • 主権
    Cosmosは独立したブロックチェーンの作成を可能にしますが、Ethereumはブロックチェーン上でスマートコントラクトとdAppsを作成できるようにしています。
  • パフォーマンスと拡張性
    Cosmosはイーサリアムの低いトランザクション速度(約15~25 TPS)や拡張性とは対照的に、より高いトランザクション速度(約10,000 TPS)と優れた拡張性を誇ります。
  • プログラミング言語
    Cosmosの主要なプログラミング言語はGoであり、EthereumはSolidityを使用しています。

要約すると、CosmosとEthereumはブロックチェーンエコシステム内で異なる目的を果たしています。Cosmosは相互運用性と独立したブロックチェーンネットワークを重視し、Ethereumは分散型アプリケーションとスマートコントラクトを重視しています。

コスモスとカルダノの違い

CosmosとCardanoはどちらも影響力のあるブロックチェーンプラットフォームですが、スケーラビリティ・相互運用性・ガバナンス・セキュリティに対するアプローチが異なります。

1.スケーラビリティ

  • Cardano:Ouroborosと呼ばれるプルーフ・オブ・ステーク(PoS)のコンセンサスメカニズムを利用して、ネットワークをエポックとスロットに分割し、並列トランザクション処理を行います。Cardanoは、スケーラビリティをさらに強化するためにサイドチェーンを導入することも計画しています。
  • Cosmos:水平スケーリングのためにTendermintコンセンサスを採用し、上記のようにネットワークを複数の独立したブロックチェーンに分割します。

2.相互運用性

  • Cardano:Goguenの時代を通じて、ネイティブのマルチアセット台帳とスマートコントラクトプラットフォームを導入し、相互運用性の実現を目指しています。これにより、Cardano上のdAppはサイドチェーンを使用して他のブロックチェーンネットワークと対話できるようになり、様々なプラットフォーム間の通信が容易になります。
  • Cosmos:相互運用性のために特別に設計されています。Cosmos Hubが様々なブロックチェーンやZoneを繋ぐ中央ハブとして機能し、シームレスな通信と相互運用性を実現します。

3.ガバナンス

  • Cardano:カルダノ財団とカルダノ改善提案(CIP)で構成される二重層のガバナンスモデルを備えています。このモデルでは、コミュニティメンバーが変更を提案して投票できるため、ネットワークのさらなる進化のためにADA保有者が参加できることが保証されます。
  • Cosmos:「Cosmos Hub Governance」を使用して、トークン所有者がネットワークのアップグレードや変更について投票できるようにしています。投票力は保有するトークンの枚数に比例する仕組みで、コミュニティへの参加と分散型の意思決定を促進しています。

4.セキュリティ

  • Cardano:Ouroborosコンセンサスアルゴリズムは、厳格なピアレビュープロセスを通じてネットワークを保護し、継続的な開発とセキュリティ監査のためのトレジャリーシステム実装を計画しています。
  • Cosmos:Tendermintコンセンサスアルゴリズムは、デジタル署名とビザンチン・フォールト・トレランス(Byzantine Fault Tolerance/BFT)によってセキュリティを確保し、セキュリティを損なうことなく一定レベルの悪意のある行動を許容します。

コスモスとカルダノは、どちらもスケーラビリティと相互運用性の問題に対処することを目的としたブロックチェーンプラットフォームですが、その手法と重点分野は大きく異なり、ブロックチェーンエコシステムにおける独自の役割を形成しています。

最後に

CosmosのATOMトークンは、急成長するブロックチェーン分野で重要な役割を担っています。Cosmosは革新的なブロックチェーンネットワークとして、様々な独立したブロックチェーン間のスケーラビリティと相互運用性を高める独自のアーキテクチャで存在感を高めています。また、ATOMトークンはこのエコシステムにおいて極めて重要な役割を果たし、取引・ガバナンス・ステーキングを促進しています。

最近の価格動向には多少の変動が見られますが、Cosmosブロックチェーンは進化し続けており、スケーラブルで効率的かつ開発者に優しい環境を提供しています。ブロックチェーンアーキテクチャとコンセンサスメカニズムに対するアプローチは、それぞれが独自の焦点と方法論を持つイーサリアムやカルダノのような他の主要プラットフォームとは一線を画しています。

相互運用性とモジュール開発に重点を置くCosmosは、ブロックチェーンの進化という広範な文脈の中で、より相互接続性が高く多用途なブロックチェーン環境に向けた重要な一歩を表しています。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットボットがデビュー:セキュリティに問題を抱えるテレグラム取引ボットにもたらす影響

ビットボットがデビュー:セキュリティに問題を抱えるテレグラム取引ボットにもたらす影響

ビットコインがポンジ・スキームであろうとなかろうと、誰もが参加すべきである

ビットコインがポンジ・スキームであろうとなかろうと、誰もが参加すべきである

ヴェノム・ベンチャーファンドがエバースケール・ブロックチェーンに500万ドルの戦略的投資を実施

ヴェノム・ベンチャーファンドがエバースケール・ブロックチェーンに500万ドルの戦略的投資を実施

仮想通貨の冬の雪解けに伴い、オンライン取引コミュニティAltSignals(アルトシグナル)がプレセール開始

仮想通貨の冬の雪解けに伴い、オンライン取引コミュニティAltSignals(アルトシグナル)がプレセール開始

99BTCのプレセールがスタート! 大口投資家たちが注目している革新的なLearn-To-Earnトークンとは?

99BTCのプレセールがスタート! 大口投資家たちが注目している革新的なLearn-To-Earnトークンとは?

トレンド仮想通貨銘柄のMMTR、取引所上場を果たし飛躍の兆候を見せる?

トレンド仮想通貨銘柄のMMTR、取引所上場を果たし飛躍の兆候を見せる?

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説