将来を背負うミームコイン:ミームネイターとベイビードージコインの価格予測

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

2024年の四月に行われるビットコインの半減期イベントを引き金に強気相場が到来する可能性が高まっています。過去の流れを熟知している投資家は、ポテンシャルの高い新進気鋭のミームコインの価格が低いうちに手を打つべく、市場を隈なく探していることでしょう。

一纏めにミームコインと言えど、全てが似たり寄ったりでどんぐりの背比べをしているわけではありません。中にはミームネイター(Memeinator)のように、実用性を重視したユニークなアプローチをとる銘柄もあります。

もちろんそれとは対照的に、ベイビードージコイン(Baby Doge Coin)のように、柴犬の子犬をモチーフとしたコインも存在します。

ミームネイターはローンチ後わずか9週間で、180万ドルもの資金を調達しました。さてここからは本題である、2024年にミームネイターとベイビードージコインが共に成長していく可能性について解説していきます。

ミームネイターとは?仕組みについて

価値の低いミームコインが市場に氾濫する中、ミームネイター(Memeinator)は現状を打破するため、2077年から舞い戻りました。

強力な抵抗運動を起こすことを目標に、詐欺やパンプアンドダンプのミームコインにうんざりしている投資家たちを軍隊としてコミュニティーを構築しています。目指すは、時価総額を10億ドルにまで成長させ、脆いミームコインを墓場に送ること。

入念に設計された戦略によって、忠実なフォロワーの軍団を作り上げています。ミームネイターは、注目を集める為だけに戦うのではなく、長期的な価値を生み出し、維持するために設計された複数のユーティリティベースの機能を配備しています。

戦略の重要な部分に、 Meme Warfareと呼ばれるゲームが存在します。プレイヤーはミームネイターとなり、ライバルのミームコインを追い詰めて駆逐。このゲームをさらに魅力的にしている機能が、AIベースのミームスキャナーです。

ウェブを探し回って知名度の低い弱いミームコインを見つけ、破壊されるキャラクターとしてゲームに投入することで、ゲームと現実世界の関連性を保ちます。

もちろんミームネイターの隠し持つ武器は、ゲームだけではありません。印象的なステーク報酬の提供、NFTプロジェクトの開発、さらに10億トークンの供給量の15%をマーケティングと取引所への上場に充てています。

プレセール開始から9週間目の今、ミームネイターは確かに観客を集める方法を熟知しています。巧みな紹介方法グッズストアは、すでに何千人もの支援者から好評を得ており、コミュニティはトークン供給の7.5%をコンペティションプールに割り当て、まさかの優勝賞品はヴァージン・ギャラクティック社による宇宙旅行であることを受け、さらに盛り上がりを見せています。

2024年ミームネイターの価格予測

今後のミームコイン分野において、ミームネイターのMMTRトークンは際立っており、現在、7ステージで価格は0.014ドルとなっています。最終的な第29ステージの価格0.049ドルに到達するまでに、250%の道のりが残されていますが、各ステージで6%ずつ上昇するMMTRの軌跡は注目に値します。

市場をより良いものに再構築するというそのユニークなビジョンは、すでにCoinJournalから大きな注目を集めており、勢いは衰える気配を見せません。

時価総額10億ドルを目指すミームネイターは、2024年に大きな成功を目論んでいます。この野望は、特にPEPEが弱気市場のタイミングにもかかわらず、今年初めにこのマークを上回ったことを踏まえると、突飛な話ではありません。

ベイビードージコインとは?その仕組みについて

2021年に開始されたベビードージコインは、ドージコインの流行に乗り、より高速な取引と時間の経過とともに希少になるモデルを提供することを目指しています。

供給量は420兆枚で、各取引には10%の税金がかかります。この半分はトークン保有者、そして保有に対する報酬に使用され、残りの半分は流動性プールに流されます。

この仕組みは長期保有を促し、徐々に供給を制限していくと考えられています。例えば、最も近い競争相手であるドージロン・マーズ(DogeElonMars)は、過去6ヶ月間で1,000万ドル以上の取引量が頻繁に見られました。対照的にベイビードージコインは300万ドルを超えるのに苦労したようです。

ベイビードージコインは、大量に存在する類似ミームコインと大きな違いがないため、ミームネイターが市場から排除しようとしているトークンの典型的な例の1つとして挙げられます。このような動きから、このコインの価格見通しは落ち着いているように見えます。

2024年ベイビードージコインの価格予測

現在、コインの評価額は0.000000001182ドルです。強気市場が後押しするかもしれないが、その運命は主にドージコインのパフォーマンスに左右されるでしょう。

その点を考えると、ベイビードージコインが2024年に0.000000004ドルを超えて飛躍する可能性は未知数と言える。

新進気鋭のミームコイン

ミームネイターは、今後有望なミームコインの1つとして期待されており、実用性に重点を置いたコミュニティ中心のアプローチにより、市場を揺るがす大胆なビジョンを持っています。

一方、MMTRトークンを割引価格で手に入れる時間は有限です。特にプレセール後に需要の急増が予想される、中央集権的な取引所への上場を準備していることから、ミームネイターに集まる期待は高くなっていくだろう。

チャンスを手にするための扉は閉じつつあります。ミームコイン分野を再構築するムーブメントに参加することを検討してみてもいいのではないだろうか。

ミームネイター(MMTR)の詳細は公式サイトからどうぞ。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

4月に注目したいソラナ系・イーサリアム系の新しいミームコインとは?

4月に注目したいソラナ系・イーサリアム系の新しいミームコインとは?

2023年2月に注目したいミームコイン8選

2023年2月に注目したいミームコイン8選

仮想通貨決済のための多機能なオプションを提供する「B2BinPay」

仮想通貨決済のための多機能なオプションを提供する「B2BinPay」

Solana系ミームコインに売り圧力が強まる、SEALが代替品として浮上

Solana系ミームコインに売り圧力が強まる、SEALが代替品として浮上

ゲーム特化型仮想通貨、弱気相場でも驚異的なパフォーマンス|PlayDogeのICOは500万ドル達成間近

ゲーム特化型仮想通貨、弱気相場でも驚異的なパフォーマンス|PlayDogeのICOは500万ドル達成間近

ビッグアイズ - Cosmosプロジェクト超えを目指すイーサリアム上に構築された価格予測に優れた新しいミームプロトコル

ビッグアイズ - Cosmosプロジェクト超えを目指すイーサリアム上に構築された価格予測に優れた新しいミームプロトコル

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説