注目のミームコイン:ミームネイターとドージコイン、2023年から2030年までの価格予測

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

仮想通貨市場を取り巻く長かった冬はとうとう、雪解けを始めたようだ。ビットコイン(BTC)は11月24日、BTCスポットETF市場に対する投資家の楽観的な見方から、2023年の最高値38,437ドルを更新した。また、機関投資家の資金がビットコインに流入するとの見方から、市場全体が利益を上げた。

同様に、ミームコインは市場へのセンチメントの変化から恩恵を受けている。トップのミームコインとして、特にドージコインの価格予測は強気だ。ペペコイン(PEPE)は2023年10月に42.5%上昇したが、支持者に提供する実用性はほぼゼロだった。

多くのミームコインは10月にプラスのリターンを記録したもののの、一方でドージコイン(DOGE)を含む知名度の高いコインは、ビットコインの年初来のリターンを引き離している。

現在のトレンドは実用性のあるミームコインのポジティブな見通しを示唆しているようだ。

ミームネイターの登場

AIの急速な普及が新たなレベルの実用性を目指す「ミームコインの新潮流」に拍車をかけている。AI技術を豊富に取り入れたMMTRトークンは、ミームネイターを支える役割を持つミームコインだ。ミームネイターは、主にAIを活用しゲーム、コミュニティ、スマート・トークノミクスの3つの重要な特性を提供する。

ミームネイターのコミュニティは、プレセールでの数字や紹介者の増加にも表れているように、急速に成長している。そのプレセールは、開始わずか10週間で180万ドルをもたらした。

投資家やミームコイン愛好家はミームコインのお手本のようなミームネイターのミッションに引き込まれている。弱小ミームコインを凌駕し、GameFi市場の波に乗って前例のない高値に到達する機会を得ることを想像してほしい。

このコインの評判は非常に高く、2023年11月、バンクレス・タイムズ紙はMMTRを2023年に注目のミームコインのベスト7に選出した。1位にミームネイター、柴ミーム、ドージコイン、柴犬が続いた。

ミームネイターとは?

ミームネイター(Memeinator)は、コミュニティとイノベーションの原則を取り入れたミームコインである。

ターミネーターからインスピレーションを受け、その審判の日をコンセプトとするミームネイターはミームコインの空間を支配し、オリジナルオンラインゲームで、ベテランから市場に参入したばかりの投資家にとって投資への敷居を無駄に上げてしまう価値の低いミームコインを排除することを目指している。

ホワイトペーパーには、ミームネイターのミッションの概要が記載されている。"私の目的はただ一つ、弱いミームコインを見つけ出し、破壊すること"。ミームネイターは、ミームコインの覇権と時価総額10億ドルの目標を達成するために、AI主導のテクノロジーと様々なコミュニティ形成の取り組みを取り入れる計画だ。

背後にいるチームは、有利な紹介プログラムによって繁栄するコミュニティを育成するつもりだ。投資家を紹介したトークン保有者は、ランクが上がり購入額の5~15%の割合で、独自のボーナス特典やコミュニティ内で名を高めることができる。より多くの投資家を紹介すればするほど、ランクが上がり、貰える特典が豪華になっていく。

ミームネイターには長期的なビジョンがある。ユーザーを刺激し、忠誠心に報い、投資家に楽しい経験を提供するダイナミックなコミュニティを作ることを目指している。

ミームネイターが提供するもの

プレセール段階でMMTRトークンの62.5%を適切に配分することで、早期貢献者にインセンティブを与える。そし15%は、一流プラットフォームや人気ウェブインフルエンサーへの働きかけを含む、積極的なマーケティングに使用される。

初期投資家は、MMTRトークンをステーキングすることで、ミームネイターのエコシステムに参加することができる。コイン保有者は、プレセールで後日発表される魅力的な報酬レートを獲得することができる。また、MMTRトークンの価値を高く維持するため、チームは四半期ごとのバーンでデフレを管理する。

さらに、プレセール段階の投資家は、ミームネイターチームの創造性を紹介する限定NFTにアクセスできる。

ロードマップのフェーズ3では、ミームネイターはミームスキャナー(Memescanner)とそのMeme Warfareゲームをローンチし、コミュニティにミッションを与える。AIを搭載したミームスキャナーは、ウェブ上から脆くて価値の低いミームコインを探し出し、それをキャラクター化し、破壊するキャラクターとしてゲームに投入する。

また、初期投資家向けに、ヴァージン・ギャラクティック社による宇宙旅行が抽選で1名に当たる、素晴らしいプレゼント抽選会も開催される。

ドージコインとは?

分散型ピアツーピアデジタル通貨ドージコイン(DOGE)は、仮想市場に登場した最初のミームコインである。チームは当初、実用性のないミームコインとしてドージコインを作り、人々に仮想通貨の楽しさを提供することを意図した。

しかし、ドージコインはローンチ以来、強固なコミュニティ基盤を築き、ミームコインのトップとなり、時価総額でもトップ10に入る銘柄となった。

2025年から2030年にかけてのドージコイン価格予測

市場トップのミームコインの1つであるドージコインは現在、2021年5月の史上最高値0.7605ドルを大きく下回っている。しかし、実用性のあるコインやミームコインへの関心が再燃していることから、2024年はプラスに転じる可能性がある。

2023年4月の高値0.1048ドルを上回れば、DOGEは2022年11月の高値0.1589ドルを目指すことになる。そこからDOGEは0.20ドルまで自由に走れる可能性もある。

これまでの累計では、DOGEは14%上昇しており、BTCは125%上昇している。メインストリームコインからミームコインへのローテーションは、2025年に0.20ドルへのDOGEのリターンをサポートしていくのではと期待されている。現在の市場では、ドージコインの価格予測は依然として強気である。

ミームネイターが「注目のミームコイン」となる可能性

7ステージで、ミームネイターのプレセール価格は現在0.014ドルに位置している。プレセールは元々29ステージの予定だったが、開発チームは残りのトークンの価値と希少性を高めるため、12月初旬に6ステージ分のトークンを消費することを決定した。

現在20ステージのプレセールイベントを通じて、トークン価格は各フェーズで5%から6%上昇し、最終的に0.0292ドルになる。今購入した投資家は、ミームネイターが取引所に上場した際には108.57%の含み益となり、これはミームネイターが期待される理由となっている。

さらに、GameFi市場に隣接するミームネイターのポジションは注目すべきポイントだろう。ミームネイターの野望は、他のミームコインの価格予測を上回るトップミームコインになることであり、2025年の来る強気の絶頂期に1ドルに達することである。

ミームネイターが提供する心躍る投資の可能性はさておき、投資家は、最高のミームコインだけが市場で入手できるようにすることに関心を持つ強力なコミュニティの一員となる。

新しい投資先を探している方は、取引所上場後の価格上昇に期待されているミームネイターに目を向けてみてはいかがだろうか?

ミームネイター(MMTR)の詳細は公式サイトからどうぞ。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットボットプレセール、日本のトレーダーから巨額の投資

ビットボットプレセール、日本のトレーダーから巨額の投資

2023年安全に投資をしたい方必見|メタケード・ビットコインの価格予測

2023年安全に投資をしたい方必見|メタケード・ビットコインの価格予測

2023年大きなリターンが期待されているアルトコイン|注目の銘柄7選【PR】

2023年大きなリターンが期待されているアルトコイン|注目の銘柄7選【PR】

Finbloxが主要取引所に登場した一方、Chancerはプレセールを開始|脚光を浴びる2つのプロジェクト

Finbloxが主要取引所に登場した一方、Chancerはプレセールを開始|脚光を浴びる2つのプロジェクト

BlastUPの爆発的なプレセールが記録を更新 - 数週間で100万ドルを調達

BlastUPの爆発的なプレセールが記録を更新 - 数週間で100万ドルを調達

イーサリアムの時価総額は中国銀行より310億ドル多い。今こそイーサリアム・ビッグアイズコイン大規模採用の時代?

イーサリアムの時価総額は中国銀行より310億ドル多い。今こそイーサリアム・ビッグアイズコイン大規模採用の時代?

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説