2023年のベストミームコイン合戦:専門家が注目するミームネーターとグロック

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

2023年はミームコインの年になりそうだ。10年前にドージコイン(Dogecoin)が冗談のつもりで始めたミームコインは、今では毎週のように新たなトークンが市場に出回るほどのビッグビジネスとなっている。

激戦を繰り広げるミームコイン市場。ここ数週間で新たに2つのプロジェクトがこの争いに加わった。2024年に向けて大きな野望を抱くミームネーター(Memenator)とグロック(Grok)だ 。

この2銘柄は2023年トップの座を争っているようだ。専門家たちが年末に向けたリストを忙しなく作成する中、どれだけ成長に期待ができるのだろうか?

ミームネーターとは一体?その正体を探る

ミームネーター(Memenator)は、2023年のミームコイン業界の氾濫した現状を打破するために2077年から送り込まれた。この巨人は2つの明確なミッションを掲げている。

1つ目は、ネット上に蔓延るドージコインの模倣品の数々を本来あるべき立場に追いやること。そして2つ目は、2024年に大きなセンセーションを巻き起こし10億ドル規模のミームコインとなるため、現状に不満を募らせるサポーターを動員することだ。

これらのミッションを遂行するため、ミームネーターはブランディングとマーケティングの絶妙なコンビネーションを駆使する。これにより実用性、価値、そして収益性に満ちた幅広いエコシステムを展開している。

ミームネーター最大のアピールポイントは「ミーム戦争(Meme Waefare)」だ。これは、ユーザーがミームネーターとなってライバルミームコインを探し出し破壊するP2E(遊んで稼ぐ)ゲームだ。

ミーム戦争は、AI搭載ツールのミームスキャナー(Memescanner)によって駆動される。このツールは、インターネット上に無数に存在する無価値なコインを見つけ出し、ライバルキャラクターとしてゲーム内に投入する。

これでもなお、ミームネーターを単なる一発屋と見なす人はその人気の根底にある真価を見極めた方が良いだろう。この通貨は、優れたステーキング報酬、そして現在開発中のNFTプロジェクトを提供する。さらにミームネーターのチームは最近、コイン保有者にレベル違いのアクセスを提供する紹介制度を発表したばかりだ。

また、流通しているMMTRトークンの価値を維持するため、四半期ごとにトークンを焼却する予定を立てている。実際、チームは12月に6段階、合計129,310,345のトークンを焼却し、プレセールイベント中にトークンの希少性、つまり価値を高めることに成功した。

プレセールの進行に伴い、わずか10週間で既に182万ドルの流動性が集まった。トークン供給量の7.5% はコンペティションプールに割り当てられる。ここで最も注目の賞品は、ミームネーターとヴァージンギャラクティック(Virgin Galactic)社のパートナーシップによって実現される宇宙旅行だ。

ミームネーター2024年の価格予測

ミームネーターのICOは、既に2023年に市場に登場したプロジェクトの中で優れたプロジェクトとしてマークされている。1トークンあたりわずか0.01ドルでスタートしたMMTRの価格は、20のステージを経て最終的に0.0292ドルまで上昇する。

ミームネーターが時価総額10億ドルという目標を達成するには、1ドルという壁を突破する必要がある。過去にぺぺコイン(Pepe Coin)は、その実用性に欠けた性質にも関わらず、立ち上げから数週間で10億ドルの大台を超えた。これを考慮した場合、ミームネーターの目標も夢物語ではないだろう。

2024年に予定されているビットコイン(BTC)の半減イベントの後、2025年に強気相場の到来が予想される。近い将来、投資家は10億ドル突破という夢物語の実現を目撃するかもしれない。

MMTRのメールリストに登録するとICO 、価格動向、調達額に関する最新情報を入手できる。

グロックとは?

グロックは、ミームネーターに攻撃される運命にあるミームコインの1つだ。2023年11月初旬にローンチして以来、瞬く間に市場に嵐を巻き起こしたが、バイラルな値動きを見せた後すぐに莫大な損失を見せた。

GROKはイーロン・マスク(Elon Musk)のGrok AIイニシアチブにインスパイアされた仮想通貨だ。発売以来、秘密のベールに包まれてきたこの通貨は、Grok AIやマスク氏とは何の関係もない。

マスク氏がAIプロジェクトを発表した翌日に市場に現れ、発売から数日で時価総額1億3,800万ドルにまで上昇した。

しかし、GROKの背後にあるチームやカラクリについてはほとんど知られていない。イーサリアム・ブロックチェーン上でリリースされたERC-20トークンだが、ウェブサイトには詳細な情報がなく、ホワイトペーパーも存在しない。

2024年グロックの価格予測

立ち上げから8日後、グロックはスキャンダルに見舞われた。ZackXBTというネット探偵がX(旧ツイッター)にGROKの背後にいる人々は詐欺師であると投稿したのだ。

彼は、Grokのツイッターアカウントが最近改名され、以前闘争の的となったビットコインエクスプレス(Bitcoin Express)プロジェクトと関連していたことを示すスクリーンショットを公開した。

これによりグロックの価格は即座に下落し、価値の74%を失った。プロジェクトチームはこの問題に対処すべく返答したものの、価格が回復する兆しは見えないままこの船は出航したようだ。

鋭い観察者たちはあるGROKトークン保有者がZackXBTの情報発表前に2,700万トークンを売却し、価格が下落したのち1,600万トークンを買い戻したことを指摘している。

このような不審な価格動向は、グロックへの信頼を損なわせた。しかし、プロジェクトチームは、市場を賑わす最大のミームコインの1つになるという壮大な計画を持っている。

ミームネーターとグロック:新ミームコインの展望

ミームネーターとグロックは、市場に挑戦を挑んでいる。どちらのコインも2024年に向けて新たな革命を起こすことに躍起になっているようだ。しかし、それぞれのマーケティングは大きく異なっており、期待させる展望がそれぞれにあるように見える。

近年、仮想通貨詐欺が相次いでおり、人々はより安全性の高い投資を求めている。ミームネーターのような透明性が高く綿密に計画されたプロジェクトは、長期的な魅力となるのかもしれない。

次に大きな波を巻き起こす新ミームコインを探しているのであれば、ミームネーターがピッタリだろう。プレセールは現在ステージ8にあり、0.0148ドルという破格でトークンを入手することができる。

ミームネイター(MMTR)の詳細は公式サイトからどうぞ。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨交換所「ELQUIREX」とは?基本情報・特徴・今後の予定などをわかりやすく解説

仮想通貨交換所「ELQUIREX」とは?基本情報・特徴・今後の予定などをわかりやすく解説

暗号資産デリバティブ取引所「Overbit(オーバービット)」とは?基本情報・特徴・登録方法などを解説

暗号資産デリバティブ取引所「Overbit(オーバービット)」とは?基本情報・特徴・登録方法などを解説

マナ(MANA)が低迷している中メタケード(MCADE)は好調な滑り出し

マナ(MANA)が低迷している中メタケード(MCADE)は好調な滑り出し

GMEの価格が3684%高騰してミームコインへの期待が高まる、Ethereumの最新プロジェクトWienerAIは180万ドルを調達

GMEの価格が3684%高騰してミームコインへの期待が高まる、Ethereumの最新プロジェクトWienerAIは180万ドルを調達

AI取引の可能性を見出した投資家がビットボット仮想通貨プレセールに注目

AI取引の可能性を見出した投資家がビットボット仮想通貨プレセールに注目

ミームネーターの登場:今年注目のミームコインと期待される理由

ミームネーターの登場:今年注目のミームコインと期待される理由

注目度の高い仮想通貨ニュース

GMO・野村HD・Laser Digital「日本市場における新たなステーブルコイン発行」を検討

GMO・野村HD・Laser Digital「日本市場における新たなステーブルコイン発行」を検討

マスターカード:仮想通貨の送受信を簡素化する「Crypto Credential」提供開始

マスターカード:仮想通貨の送受信を簡素化する「Crypto Credential」提供開始

飛躍の可能性を秘めた安価なアルトコイン:XRP、PEPE、Rebel Satoshi Arcade(RECQ)

飛躍の可能性を秘めた安価なアルトコイン:XRP、PEPE、Rebel Satoshi Arcade(RECQ)

「ビットコインマイニングはCBDCに対する最後の防衛線」トランプ前大統領

「ビットコインマイニングはCBDCに対する最後の防衛線」トランプ前大統領

仮想通貨決済は「フードデリバリー」でも|DevourGOがCoinbase Commerceを統合

仮想通貨決済は「フードデリバリー」でも|DevourGOがCoinbase Commerceを統合

Cardano分散委任ツールの「Atrium」2024年第3四半期にメインネット公開予定

Cardano分散委任ツールの「Atrium」2024年第3四半期にメインネット公開予定

新しいミームコインWienerAIがプレセールで500万ドルを調達、急成長は期待できるか?

新しいミームコインWienerAIがプレセールで500万ドルを調達、急成長は期待できるか?

米SEC:イーサリアム現物ETFの19b-4申請を全て承認|年内上場に期待高まる

米SEC:イーサリアム現物ETFの19b-4申請を全て承認|年内上場に期待高まる

【年率20%】ソラナ(SOL)の「貸暗号資産特別募集」開始:ビットトレード

【年率20%】ソラナ(SOL)の「貸暗号資産特別募集」開始:ビットトレード

カルダノ基盤ステーブルコインUSDM開発企業「Moneta」に名称変更

カルダノ基盤ステーブルコインUSDM開発企業「Moneta」に名称変更

ビットコイン採用の動きは「アルゼンチン」でも?エルサルバドルと意見交換

ビットコイン採用の動きは「アルゼンチン」でも?エルサルバドルと意見交換

Terraform Labs(TFL)解散・活動終了へ|CEOが今後の予定について説明

Terraform Labs(TFL)解散・活動終了へ|CEOが今後の予定について説明

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

人気のタグから探す