今注目の仮想通貨:ミームネイターとボンク

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

現在、仮想通貨市場ではミームネイター(Memeinator)とボンクという2つの銘柄が注目を集めている。ミームネイターは、開催中のプレセールが大きな盛り上がりを見せている。革新的な使命を持つこの新規参入者は、コミュニティ内で急速に人気を集めている。

一方、ボンク(BONK)は2022年12月にソラナブロックチェーン上でローンチされ、市場のボラティリティや投資家心理の変動に翻弄されながら、浮き沈みを経験してきた。

将来有望とされるミームネイターと予測不可能な値動きを記録しているボンクは、ミームコイン業界の決定的な瞬間になりつつあり、CoinJournalのような多数のメディアの注目を集めている。この勢いがこれら2つの銘柄を差し迫った次のブルランを前に注目の仮想通貨として押し上げている。

ミームネイターとは?

今年、ミームコイン市場は2年ぶりの高水準に達し、ミームコインの時価総額は200億ドルの大台を突破した。ミームネイターは、この拡大する市場に資本投下するための戦略的な位置にあり、技術と市場の賢さを独自に融合させたサービスを提供している。

ミームネイターは、PEPEのような成功したトークンの足跡をたどる可能性があるとみられている。PEPEは、仮想通貨を探している人々の間で熱狂に火をつけ、他の時価総額が低いトークンに大きな投機と成長をもたらした。

ミームネイターは流行を利用して市場に独自の波紋を起こすことを目指している。プレセールのステージ8では、0.0148ドルという低い価格でトークンを入手でき、ターミネーターにインスパイアされた魅力的な物語が展開されるため、大きな注目を集めているようだ。

2077年から復活したミームネイターは、ターミネーターが敵を標的にするように、中身がないミームコインを標的にする。ミームネイターの使命は、そのようなトークンを仮想通貨世界から一掃することであり、ターミネーターにインスパイアされた物語とAI技術を活用し、ミームコインのエコシステム向上を目指している。

ミームネイターの仕組みは?

ミームネイターのトークノミクスは、強力なマーケティング活動と投資家優先の設計によって、注目を集めるように丹念に作られている。

全トークンの7.5%はコンペティションに割り当てられる。その一等賞はヴァージン・ギャラクティック社とのコラボレーションによる宇宙旅行である。興奮と地域社会に現実的で爽快な体験を提供するというプロジェクトのコミットメントの確かな証拠が組み合わされている。

ミームネイターのAIレイヤーもまた、プロジェクトの広範な戦略に組み込まれ、重要な役割を果たしている。Twitter APIやOpenAIのようなツールを活用してデータを収集し、リアリズムと実用性に基づいたAIへのアプローチを行っている。

MMTRトークン保有者のみがプレイできる、近日公開予定のシューティングゲーム「Meme Warfare」に組み込まれるミームコインの敵は、実際の現実世界のミームコインを反映したものであり、ユニークな特徴や実用性、オンラインでの存在感を備えている。

これは、ユーザーがミームネイターとしてプレイしながら、これらのコインを忘却の彼方へと吹き飛ばすことで、さらに関連性を高めることになる。

AIとブロックチェーン技術をスマートに統合することで、具体的な実用性を提供し、その過程で時価総額10億ドルの目標を達成するための価格パフォーマンスを促進するのだ。このようなミームネイターは、単なる仮想通貨プロジェクトにとどまらず、成長するミームコイン市場に大きなインパクトを与える可能性があると期待されている。

MMTRの価格予測:1ドル到達は可能か?

MMTRの価格の軌跡は、投資の世界で大きな注目を集めている。現在MMTRは20ステージあるプレセールの中のステージ8段階目にあり、0.0148ドルという魅力的な価格で販売されている。これは早期参入で大きな利益を狙いたい投資家にとって魅力的な投資機会となっている。

ミームネイターの投資家繁栄への道には、プレセール中に開始された四半期ごとのトークンバーンや、魅力的な利回りのステーキングプールがあり、長期投資としての魅力を高めている。開発チームは、トークンの希少性、長期的価値を高めるために、当初29ステージを予定していたプレセールを短縮した。

ヴァージン・ギャラクティックのコンペティションなど、戦略的なマーケティングや斬新な取り組みによって、MMTRの成長は促進されると期待されており、一部では「2025年までに1ドル」という強気な予想も出ている。

プレセールに関する最新情報は、ミームネイターのメーリングリストから取得することが可能だ。

ボンク(BONK)とは?

BONKは、2022年12月に仮想通貨シーンに登場したミームコインで、ソラナブロックチェーン上でローンチされた。DexLabによって作成されたBONKは、困難な時期にソラナコミュニティをサポートし、新しい息吹を吹き込むことを意図して導入された。

犬をテーマにしたソーシャル・トークンとして登場したBONKは、DOGEやSHIBからインスピレーションを得ており、BONKDAOを通じてコミュニティとのエンゲージメントに重点を置いている。

コインの開発者は、BONKをソラナネットワーク内のDeFiおよびNFT取引を促進する重要なプレーヤーとして想定しており、ソラナエコシステムの要として確立することを目指している。

BONKの価格予測:今後も価格上昇は続く?

BONKの価格の軌跡は、大きな変動に彩られてきた。最初のローンチ後、BONKは98%以上の急激な価格暴落を経験し、多くの投資家がその実行可能性を疑問視するようになったが、新しいステーキング報酬・取引所への上場・Solana DAppsとの提携により、ここ最近で価格が急騰している。

BONKの価格上昇は複数のメディアでも報じられているため、注目が集まることによってさらに価格が上昇する可能性もあると考えられるが、必ずしも安定して持続的に価格上昇が続くとは限らないため注意は必要だ。

仮想通貨市場では急激な価格上昇が起きた後に、それと同じくらいの急落が発生することも多いため、価格高騰後に参入する場合には、十分な警戒が必要である。

ミームコイン業界で注目を集めるMMTR

MMTRは、AIとブロックチェーン技術の革新的な活用により、優れた将来性を持つ先進的で戦略的な投資先として注目を集めている。

このプロジェクトは、その技術だけでなく「市場における強力なポジショニング」と「成長とコミュニティへの関与に関する明確なビジョン」でも際立っている。MMTRのプレセール成功と時価総額10億ドルという野心的な目標は、堅実な投資先としての可能性を強調している。

ミームネイターはイノベーション・戦略的な市場ポジショニング・コミュニティを重視したイニシアチブの融合によって、ミームコイン市場に参加する投資家に、より信頼性が高く、潜在的に有利な機会を提供しようとしている。

ミームネイター(MMTR)の詳細は公式サイトをご覧ください。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

2023年注目の投資方法?アルトシグナルのASIトークン購入でポートフォリオを分散

2023年注目の投資方法?アルトシグナルのASIトークン購入でポートフォリオを分散

Bitget・BCG「暗号資産取引所がWeb3の実現に重要な役割を果たす」と予測

Bitget・BCG「暗号資産取引所がWeb3の実現に重要な役割を果たす」と予測

2024年、LinkedIn注目の仮想通貨プレセール「ミームネーター」

2024年、LinkedIn注目の仮想通貨プレセール「ミームネーター」

アルトシグナルのデフレトークノミクスが嵐を巻き起こすと言われる理由

アルトシグナルのデフレトークノミクスが嵐を巻き起こすと言われる理由

連日値上げの柴ミームICO|この犬は今後どんな芸を見せてくれるのか?

連日値上げの柴ミームICO|この犬は今後どんな芸を見せてくれるのか?

投資家へ審判の日が訪れる:期待されている仮想通貨リストにミームネーターが姿を表す

投資家へ審判の日が訪れる:期待されている仮想通貨リストにミームネーターが姿を表す

注目度の高い仮想通貨ニュース

Bitcoin Dogs:ビットコインネットワーク上で初のICOを開催

Bitcoin Dogs:ビットコインネットワーク上で初のICOを開催

エコフレンドリーで新しいDePIN仮想通貨eTukTuk、気候変動への対策とマルチチェーンの採用で100万ドルの調達に成功

エコフレンドリーで新しいDePIN仮想通貨eTukTuk、気候変動への対策とマルチチェーンの採用で100万ドルの調達に成功

SHIB提携のK9 Finance「$KNINEトークンのローンチ日」が判明

SHIB提携のK9 Finance「$KNINEトークンのローンチ日」が判明

OKCoinJapan:ソラナ(Solana/SOL)取扱いへ|複数のサービスでサポート

OKCoinJapan:ソラナ(Solana/SOL)取扱いへ|複数のサービスでサポート

ICO分析:ミームネーター、ステージ16は5日以内に売り切れる可能性有り

ICO分析:ミームネーター、ステージ16は5日以内に売り切れる可能性有り

Coincheck INO「ディライズラストメモリーズ」のドールNFT販売へ

Coincheck INO「ディライズラストメモリーズ」のドールNFT販売へ

ザ・サンドボックス(SAND)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ザ・サンドボックス(SAND)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

Decentraland「スマホアプリ公開」は近い?モバイル版のデモ映像公開

Decentraland「スマホアプリ公開」は近い?モバイル版のデモ映像公開

仮想通貨ニュース週間まとめ「分散化ランキング・シバイヌ新NFT・BTC10万ドル予想」など

仮想通貨ニュース週間まとめ「分散化ランキング・シバイヌ新NFT・BTC10万ドル予想」など

ドージコインとミームネーター、2024年の注目銘柄は?

ドージコインとミームネーター、2024年の注目銘柄は?

2024年、ポートフォリオ構築時に検討したい3つの仮想通貨

2024年、ポートフォリオ構築時に検討したい3つの仮想通貨

ビットコイン「日本円建ての過去最高値更新」迫る|上昇理由と専門家の価格予想

ビットコイン「日本円建ての過去最高値更新」迫る|上昇理由と専門家の価格予想

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す