BONKの価格が667%上昇する一方で、注目されるMeme Kombatのゲームプラットフォーム

by BITTIMES

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

$BONK(ボンク)は、先週までの過去4週間で、価格が667%上昇しましたが、その一方で、$BONKと同じようなポテンシャルを持つコインとして、Meme Kombatトークン($MK、ミームコンバット)が、注目されています。

仮想通貨市場では、アルトコインのシーズンが到来しており、$BONKをはじめ、Meme Kombatのようなミームコインに対する投資家の期待は高まりつつあります。

今回は、そのように話題となっているMeme Kombatのプロジェクトについてご紹介します。

BONKの急上昇に続き、注目されるMeme Kombat

BONKは、Solana(ソラナ)のブロックチェーン上で生成された初の犬ミームコインです。11月初旬以降では、2,000%以上の価格上昇が見られています。これは仮想通貨トレーダーや投資家の間で、BONKのようなコミュニティに焦点を当てた拡散力のあるミームコインに対する需要が高まっていることを表しています。

$BONKは、Binance(バイナンス)とKucoin(クーコイン)に上場しましたが、価格が上昇したことで、Coinbaseへのリスティングも見込まれています。

CoinMarketCapDEXToolsのデータを見てみると、$BONKの時価総額は約11億ドルとPepeよりも高く、保有者は147万人、24時間の総取引量は4億6,200万ドルとなっています。さらに、$BONKはミームトークンの中で、第3位にランクインしており、その取引量はShiba Inu(シバイヌ)よりも多くなっています。

このような、$BONKの状況は、変動の激しい仮想通貨市場におけるミームコインの可能性を示しており、人気の高いミームキャラクターを採用しているMeme Kombatは、その潜在的なユースケース(活用事例)が評価され、注目されています。

BONKの価格チャート画像

Meme Kombatの新しいビジネスモデルとは

Meme Kombatは、Ethereum(イーサリアム)のブロックチェーン上で、バトル型のミームキャラクタープラットフォームを提供しています。Meme Kombatのバトルアリーナでは、トップミームコインがバトルが繰り広げ、ユーザーはその結果を予測することでゲームに参加することができます。

Meme Kombatの魅力の1つは、ミームキャラクターをバトルに盛り込むことでミームコイン市場と、ゲームを組み合わせたビジネスモデルを提供していることです。このようなビジネスモデルによって、投資をするコインの種類に関係なく、ミームコインのコミュニティへ幅広くアピールすることが可能となります。

実際に、最近急成長しているGameFi(ゲームファイ)の時価総額は190億ドルで、現在のミームコイン全体の評価額約230億ドル、1日の取引量17億ドルを合わせて考えると、仮想通貨の強気相場が本格化する前であるにもかかわらず、400億ドル以上の大規模な業界となっていることがわかります。

Meme Kombatの画像

したがって、大きなアルファリターンを狙うトレーダーにとっては、Meme Kombatは魅力的な選択肢となっており、自分のお気に入りのミームコインの活躍を見届けようと、娯楽と利益を求めて、多くの人がエコシステムへ参加するであろうと考えられます。

400万ドルの調達に成功したMeme Kombatのプレセール

Meme Kombatは、500万ドルの調達を目標にプレセールを開催しています。執筆時点での$MKトークンの価格は0.246ドルで、まもなく始まる次のステージでは、価格が4.47%上昇し、0.257ドルとなります。

Meme Kombatのトークン総供給量は1億2,000万となっていますが、その30%はステーキングおよびバトル報酬へ、10%はコミュニティ報酬へ、10%は分散型取引所(DEX)の流動性に割り当てられます。そして、トークン総供給量の50%は、ICO(プレセール)で販売されており、これはプレセールで購入した人が、全員Meme Kombatに参加できるようにすることを目的としています。

さらに、Meme Kombatのスマートコントラクトは、完全にセキュリティ監査されているため、購入する際の安全性を保証しています。

Meme Kombatでは、プレセールで購入すると、すぐにトークンをステーキングして、現在222%のAPY(年間利回り)を得ることが可能なので、プラットフォームの本格的な稼働を待つ必要はありません。

コミュニティへ魅力的な報酬を与えるステーキングシステム

現時点では、1,700万$MK以上のステーキングが行われており、4,766人のステーカーに3,438,608$MKの報酬が発生していて、ステーカーの数は増加傾向にあります。

$MKのステーキングは、オンチェーンとオフチェーンの取引を組み合わせており、$MKをステーキングする際にかかる費用は、ネットワーク手数料のみとなっています。(ステーキングを解除する際も同様)さらに、報酬の請求が行われるのはオフチェーンであるため、手数料はかかりません。

ステーキングシステムはオンチェーンのゲームシステムと統合されている上に、ステーキングの取引履歴リアルタイムで記録されているため、ユーザーはステーキングしたトークンで、ゲームをプレイすることができます。

また、Meme Kombatのゲームシステムが稼働すると、ステーカーはAPYを稼ぎながら、ゲームに参加することが可能になります。(ステーカーは、Meme Kombatがローンチした後、最低7日間はトークンを保有する必要があります)

現在では、購入された$MKの4分の3がステーキングに回されており、短期的な売り圧力は弱まっているという状況があります。

Meme Kombatの画像

YouTubeでも話題に

Meme Kombatは、YouTubeの仮想通貨アナリストの間でも話題となっており、次のPepeとなるかもしれないと評価する専門家もいます。登録者数が1.3万人以上のプロトレーダー・ハリーさんのチャンネルでも、紹介されましたので、興味のある方はぜひご覧ください。

Meme Kombatのシーズン1は、プレセールが終了してプロジェクトがローンチ(発売)した後に始まります。シーズン1のバトルで登場するミームキャラクターは、Milady・Baby Doge・Doge・Floki・Kishu・Mong・Pepe・Pepe2・Shiba・Sponge・Wojakの11種類です。

シーズン2のミームキャラクターはまだ発表されていませんが、チームはBONGを含める予定であることを示唆しています。

このようにたくさんのトップミームキャラクターがバトルに参加する予定ですが、お気に入りのミームコインがある場合は、その結果はとても興味深いものとなるでしょう。勝者を予測するのは難しいですが、ゲーム機能を融合させたバトルアリーナとして、高い実用価値のあるMeme Kombatは、今後もそのアートワークとユーモアさで高い評価を得ていくでしょう。

Meme Kombatに関する最新情報は、X(旧Twitter)もしくはTelegramで、発信されています。

Meme Kombatのプレセールを見てみる


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン(BTC)の弱気相場はどうなるのか|データからみるメタケード(MCADE)の成功への道

ビットコイン(BTC)の弱気相場はどうなるのか|データからみるメタケード(MCADE)の成功への道

投資家が注目するGameFi関連の仮想通貨メタケード(MCADE)【PR】

投資家が注目するGameFi関連の仮想通貨メタケード(MCADE)【PR】

連日値上げの柴ミームICO|この犬は今後どんな芸を見せてくれるのか?

連日値上げの柴ミームICO|この犬は今後どんな芸を見せてくれるのか?

暗号資産市場の信頼回復を目指し、Bitgetがメッシと大規模なキャンペーンを開始

暗号資産市場の信頼回復を目指し、Bitgetがメッシと大規模なキャンペーンを開始

FXトレーダーが次々と仮想通貨に参入する理由と仮想通貨トレードの魅力

FXトレーダーが次々と仮想通貨に参入する理由と仮想通貨トレードの魅力

仮想通貨ラッシュアワー:終了間近のミームネーターICOが注目を集める理由

仮想通貨ラッシュアワー:終了間近のミームネーターICOが注目を集める理由

注目度の高い仮想通貨ニュース

チリーズ:韓国プロサッカー「Kリーグ」と提携|スポーツリーグ初のバリデータ

チリーズ:韓国プロサッカー「Kリーグ」と提携|スポーツリーグ初のバリデータ

ビットコイン推進派のナジブ・ブケレ氏「エルサルバドル大統領選挙」で勝利宣言

ビットコイン推進派のナジブ・ブケレ氏「エルサルバドル大統領選挙」で勝利宣言

ビットボットプレセール、日本のトレーダーから巨額の投資

ビットボットプレセール、日本のトレーダーから巨額の投資

Shib Dreamの柴犬専門ニュースサイトが「日本語」に対応

Shib Dreamの柴犬専門ニュースサイトが「日本語」に対応

ソラナ関連銘柄が多数上場|仮想通貨取引所「Backpack Exchange」ベータ版公開

ソラナ関連銘柄が多数上場|仮想通貨取引所「Backpack Exchange」ベータ版公開

Uniswapでフェアローンチした新ミームコインFrogwifhat、Dogwifhatを追い越せるか?大物インフルエンサーが支援という噂も

Uniswapでフェアローンチした新ミームコインFrogwifhat、Dogwifhatを追い越せるか?大物インフルエンサーが支援という噂も

Bitcoinが5万9000ドルを突破、トレーダーが殺到するGreen Bitcoinのプレセールは110万ドル以上を調達

Bitcoinが5万9000ドルを突破、トレーダーが殺到するGreen Bitcoinのプレセールは110万ドル以上を調達

新しいSolanaミームコインSMOG、Jupiter DEXでエアドロップ・キャンペーン実施へ!

新しいSolanaミームコインSMOG、Jupiter DEXでエアドロップ・キャンペーン実施へ!

ビットコインの強気相場「本格的に開始」著名アナリストPlanB氏が指摘

ビットコインの強気相場「本格的に開始」著名アナリストPlanB氏が指摘

Victoria VR「Apple Vision Pro対応のWeb3メタバース」公開へ|トークン価格は2倍に上昇

Victoria VR「Apple Vision Pro対応のWeb3メタバース」公開へ|トークン価格は2倍に上昇

あの人が保有する仮想通貨をのぞき見|Phantom「ウォレットウォッチャー機能」追加

あの人が保有する仮想通貨をのぞき見|Phantom「ウォレットウォッチャー機能」追加

エイベックス松浦会長:積立投資で「100 BTC」を蓄積|ETHなどのアルトコインも保有

エイベックス松浦会長:積立投資で「100 BTC」を蓄積|ETHなどのアルトコインも保有

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す