$SPONGEに再び脚光、2024年に向けて期待されているV2 Stake-to-Bridgeの仕組みとは?

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

ミームコインの中で大きく話題となった$SPONGE(スポンジ)は、最近V2へのアップグレードを発表し、再び脚光を浴びています。

このミームコインが提供するV2Stake-to-Bridge(ステーク・トゥ・ブリッジ)の仕組みは、盛り上がりが予想される2024年に向けて期待されており、このBridge(ブリッジ)を利用して、$SPONGEV1の保有者が資産をステーキングして、V2バージョンを獲得しようとする動きが加速しています。

今回は、このようなV2のStake-to-Bridgeの仕組みについて、解説していきます。

話題のミームコイン、$SPONGEがV2のローンチとともに復活

SPONGE-V2-PR

大きく話題となったミームコインであるスポンジ・ボブのトークン($SPONGE)が、多くの実用的な機能を備えて改良され、新しいバージョンとなって復活しました。

$SPONGEは、2023年5月のベアマーケット(弱気相場)の中でローンチ(発売)され、初期の購入者に100倍のリターンをもたらしたことから、今年最も話題となったコインの1つとして注目を浴びました。

このミームコインは、100万ドルの時価総額でローンチされましたが、急上昇して1億ドルの時価総額を達成しました。正式にローンチされると、ミームコインの人気はますます高まり、Gate.io・Bitget・Poloniexなどといった大手の取引所も、トークンのリスティング(上場)を急ぐ状況となりました。

1万1,500人以上の投資家がプロジェクトに参加し、ミームコインの分野でも非常に興味深いコミュニティとして発展しましたが、V2へのアップグレードにより、その実用性から大きなリターンが期待されており、コミュニティーの間でも盛り上がりを見せています。

適正な分配を実現するユニークなStake-to-Bridgeの仕組み

SPONGE-V2-PR

V2のプレセールは、新しいStake-to-Bridgeの仕組みを提供することで、適正な分配を確実に行うためのユニークな分配モデルを採用しています。

ユーザーは、Stake-to-Bridgeの仕組み上で、資産をステーキングすることによってのみ、$SPONGEV2を入手できるようになっており、これは通常のプレセールとは異なる側面を持っています。

現時点で、V2バージョンを利用する方法は、以下の2つとなっています。

  1. 公式サイト(Sponge.vip)の購入ページからSponge V1を購入し、ステーキングする。
  2. 公式サイト(Sponge.vip)のV2コントラクト(契約)から、Sponge V1をステーキングする。

ユーザーは、より多くのV1トークンを、長い期間ステーキングするほど、より多くのV2トークンを獲得することができます。

また、ステーキングしているユーザーは、$SPONGEV2の同等の取り分を獲得し、APY(年間利回り)リターンに基づいて、追加でV2トークンを獲得できます。

現時点でのステーキングのAPYは、1,008%となっていますが、ステーカーの参入が増加すれば、APYは減少していくでしょう。

SPONGE-V2-PR

V1トークンからの移行取引を促進するため、ステーキングコントラクトにあるすべてのV1 $SPONGEトークンは永久にロックされ、徐々に流通から排除されるようになっています。

そして、Stake-to-Bridge期間が終了すると、従来の$SPONGEV1がV2バージョンと入れ替わります。

新たなロードマップとPlay-to-Earnの仕組み

SPONGE-V2-PR

V2バージョンの$SPONGEは、ユーザーへ大きなリターンを提供するために、プロジェクトに様々な機能を導入する予定です。

その機能の1つは、エコシステムにさらなる面白さを加えることを目的とした、独自のPlay-to-Earn(P2E、プレイ・トゥ・アーン)のレースゲームです。

P2Eゲームでは、プレイヤーはポイントを集めて、報酬を獲得するためにリーダーボード(順位表)に参加することができます。有料版のPlay-to-Earnゲームに参加するためには、$SPONGEトークンを使ってクレジットを購入する必要があります。尚、報酬の発生しない無料版のゲームも利用可能です。

SPONGE-V2-PR

チームは2024年に向けて、V2へのステップをまとめたロードマップを作成しました。現在は、ステージ1が進行中で、Stake-to-Bridgeの仕組みをセットアップし、ゲームリサーチを開始しています。

ステージ2では、$SPONGEV2の請求とリスティング(上場)に関連するもので、日程は追って発表される予定となっています。

最終目標は、Play-to-Earnゲームをローンチし、時価総額1億ドルを達成、Tier1CEX(中央集権取引所)にリスティングすることです。

V2のローンチ前に$SPONGEをステーキングすることがおすすめ

すでに$SPONGEV1を保有している場合は、アップグレード前に新しいバージョンの$SPONGEを獲得するために、V2コントラクトで、トークンのステーキングを開始することがおすすめです。

$SPONGEを保有していない場合は、購入・ステーキングボーナスに参加すると、V2の特別ボーナスを獲得する機会を得られます。

注意点として、現在V1コントラクトに$SPONGEをステーキングしている場合は、アップグレードされたV2を獲得するために、資金を引き出し、V2のStake-to-Bridgeシステムを利用して、ステーキングをし直す必要があるということです。

アップグレード後も、$SPONGEをV2コントラクトにステーキングしたままにしておくと、最低40%のAPYから始まる追加報酬を、4年間獲得することができます。

今すぐ$SPONGEをチェックする


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【楽天ペイ】牛丼チェーン「吉野家」全1,179店舗に対応

【楽天ペイ】牛丼チェーン「吉野家」全1,179店舗に対応

2023年のクリプト投資:アルトシグナルのプレセールは注目すべき?

2023年のクリプト投資:アルトシグナルのプレセールは注目すべき?

柴ミーム:AIで自らを売り込む次世代ミームコイン

柴ミーム:AIで自らを売り込む次世代ミームコイン

仮想通貨交換所「ELQUIREX」とは?基本情報・特徴・今後の予定などをわかりやすく解説

仮想通貨交換所「ELQUIREX」とは?基本情報・特徴・今後の予定などをわかりやすく解説

2月の仮想通貨ニュース:ビットコイン価格推移&ミームネータープレセール413万ドル達成

2月の仮想通貨ニュース:ビットコイン価格推移&ミームネータープレセール413万ドル達成

楽天ウォレット:仮想通貨「証拠金取引サービス」提供へ|XRP・LTCなど5名柄に対応

楽天ウォレット:仮想通貨「証拠金取引サービス」提供へ|XRP・LTCなど5名柄に対応

注目度の高い仮想通貨ニュース

0.04ドルでプレセール開催中|初期投資の機会を提供する新しい仮想通貨プロジェクト

0.04ドルでプレセール開催中|初期投資の機会を提供する新しい仮想通貨プロジェクト

SBI VCトレード:国内初「FLRステーキングサービス」提供開始|記念キャンペーンも開催

SBI VCトレード:国内初「FLRステーキングサービス」提供開始|記念キャンペーンも開催

盗まれた仮想通貨も回収可能?XRP Ledgerで実装予定の「クローバック機能」とは

盗まれた仮想通貨も回収可能?XRP Ledgerで実装予定の「クローバック機能」とは

ザ・サンドボックス(SAND)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ザ・サンドボックス(SAND)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

シバイヌ(SHIB)提携のK9 Finance「DAO憲章」を発表|内容の日本語訳も

シバイヌ(SHIB)提携のK9 Finance「DAO憲章」を発表|内容の日本語訳も

Twitter創業者も支援する分散型SNS「Bluesky」ついに一般公開|仮想通貨関係者も支持

Twitter創業者も支援する分散型SNS「Bluesky」ついに一般公開|仮想通貨関係者も支持

暗号資産レンディングのBitLending「XRP」取り扱いへ

暗号資産レンディングのBitLending「XRP」取り扱いへ

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・ADAの価格予想、ELFのIEO開始」など

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・ADAの価格予想、ELFのIEO開始」など

Jasmyの新たな技術活用報告|クラウド勤怠管理システム「勤労の獅子」と連携開始

Jasmyの新たな技術活用報告|クラウド勤怠管理システム「勤労の獅子」と連携開始

第1四半期終了前に日本のペペコイン投資家の注目がミームネータープレセールに集まる

第1四半期終了前に日本のペペコイン投資家の注目がミームネータープレセールに集まる

カード型ウォレット提供するTangem、柴犬レイヤー2「Shibarium」サポートへ

カード型ウォレット提供するTangem、柴犬レイヤー2「Shibarium」サポートへ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す