仮想通貨ラッシュアワー:終了間近のミームネーターICOが注目を集める理由

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

2024年に向けたトップ仮想通貨レースは既に始まっている。実際に多くの新コインが2023年にプレセールイベントを開始した。

今年開始された新たなプロジェクトの中でも、特に際立ったミームコインがある。その名もミームネーター(Memeinator)だ。2023年のICOレースで上位に浮上し、2024年最も有望な仮想通貨プロジェクトとして注目を浴びている。

バンクレスタイムス(Bankless Times)などのトップメディアは、ミームネーターの ICO を投資最有力候補として位置付けている。プレセールの終了は間近に迫っており、手遅れになる前に参加を検討したほうが良さそうだ。

ミームネーターとは?

市場を賑わす数々のミームコイン。その一部は低品質で刺激のないマーケティングにより多方面から批判を集めており、すでに使い古された手法を真似たコインが目立つミームコイン分野。氾濫状態となっていることは否めず、復活を望む声が多く聞こえる。

ここでミームネーター(Memeinator)の出番だ。ミームコイン市場の現状を打破するために2077年から送り込まれたこの巨人、只者ではなさそうだ。聞き覚えがある? そう、このプロジェクトは大人気アクション映画シリーズ 「ターミネーター」からヒントを得て立ち上げられた。

スカイネットがターミネーターを過去に送り込んだように、ミームネーターはミームコイン市場にかつての活気を取り戻すべく未来から送られてきた。

プロジェクトが新たに開発中のシューティングゲーム「ミーム戦争(Meme Warfare)」はこの物語のスパイスとなる。AI搭載ツールのミームスキャナー(Memescannaer)を使用してインターネット上に蔓延る悪質ミームコインを探し出し、敵キャラクターとしてゲーム内に投入する。

悪質コインに隠れ場所など存在しない。一方、ユーザーはゲーム内でミームネーターを操り、劣悪コインを破壊しながらゲームプレイを楽しむことができる。現在のミームコイン業界に必要な春の大掃除である。

ミームネータープレセール:市場トップレベルのICO

ミームネータープレセールはミームコイン市場に限らず、仮想通貨市場全体で注目されているICOの1つだ。2023年9月29日のローンチ後、価格上昇メカニズムにより開始時の0.01ドルから現在のステージ10までに$0.0166へと成長を遂げた。

20ステージが予定されているプレセールでは、最終ステージで通貨の価格が0.0292ドルに達するよう設定されている。つまり、ICO初期段階で投資をした場合、約200%のROIが得られることになる。

ミームネーターは最近、トークンの価格を維持するための動きとしてプレセール6ステージ分に相当する1億3,000万MMTR近くを焼却した。通貨の希少性を高め堅実な価格を提供すると同時に、MMTR供給量の一部をステーキングプールとマーケティングに分配する取り組みも行っている

そのうえ、ミームネーターはヴァージン・ギャラクティック(Virgin Galactic)社と連携し、プレセール参加者の中から抽選で一名に、生涯忘れられない経験を提供する。その賞品はなんと25万ドル相当額の宇宙旅行だ。

さらに、ミームネーターの開発チームは10万ドルエアドロッププレゼント企画を発表した。これは、抽選で10名にそれぞれ1万ドル相当のMMTRがプレゼントされるというものだ。当選者は3月13日に選ばれる。

ミームネーターは2025年までにどこまで高く飛べるのか?

ミームネーターの進撃はすでに始まっており、2023年から2024年初期の数週間で期待ができるICOの1つと考えられている。現在、そして未来のミームコインサポーターのために市場を改善し、10億ドル相当を達成するという2つの最終目標は「1ドル」と明確になっている。これがMMTRが目指すマジックナンバーだ。

プレセールが終了し、通貨が取引所に上場された際のパフォーマンスに専門家は期待を膨らませている。現段階では、12ヶ月以内に0.50ドルに達すると予測されている。実現された場合、10億ドル達成という目標の中間地点に到達することになる。

これは、目標達成に向けた大きな前進となる。また、2024年に予定されているビットコイン(BTC)の半減期をきっかけに強気相場が予想されることから、一部のアナリストは「MMTRが軌道に乗り2025年には時価総額10億ドルを叩き出すのでは」と予想しているようだ。

MMTRのICO終了が迫る

プレセール中にMMTRを購入した投資家は先陣を切ることになるだろう。時間は限られている。現在は割引価格で2024年の主要プロジェクトに参加するタイミングである。

ミームコイン分野に興味があるのであればの変化を望む革命運動に共に参加してみてはどうだろうか。

ミームネイター(MMTR)の詳細は公式サイトからどうぞ。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Bitgetがレオ・メッシと提携

Bitgetがレオ・メッシと提携

ビットコイン(BTC)の弱気相場はどうなるのか|データからみるメタケード(MCADE)の成功への道

ビットコイン(BTC)の弱気相場はどうなるのか|データからみるメタケード(MCADE)の成功への道

2022年12月の注目すべきベスト暗号通貨リストでMetacadeがトップとなる?

2022年12月の注目すべきベスト暗号通貨リストでMetacadeがトップとなる?

最高のプレセール?270万ドルに到達したミームネイター

最高のプレセール?270万ドルに到達したミームネイター

2022年の価格急騰で注目される「Nexus Dubai Project(NXD)」

2022年の価格急騰で注目される「Nexus Dubai Project(NXD)」

ミームネータープレセールの資金調達額が685万ドルを突破、締め切り迫る

ミームネータープレセールの資金調達額が685万ドルを突破、締め切り迫る

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説