2024年見逃せない2つの仮想通貨動向:成長が期待される仮想通貨

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

強気相場の到来が濃厚とされる2024年に向けて、投資家は血眼になって次にくる仮想通貨を探し回っている。数千もの選択肢の中から特に2つのプロジェクトが2024年に来るのではと話題だ。

ミームネイターとアバランチ。両プロジェクトが2024年に急騰すると予測される理由を探ってみよう。

ミームネイターとは?

派生的なミームコインが市場を埋め尽くし、本物のイノベーションを押し退けて、仮想通貨世界を内部から壊す未来の世界。ミームネイター(Memeinator)は、このディストピア的な未来を目の当たりにしてきた。

ミームコインがウイルスのように蔓延している2077年から送り込まれたミームネイターは、仮想通貨を軌道に戻し、無目的な模倣品や無価値なトークンを駆逐するという重大な使命を担っている。

任務達成のためだけにミームネイターは奔走しているわけではない。ドージコインや柴犬コインのような、成功したミームコインの足跡をたどり、抵抗軍の大規模なコミュニティを構築している。

コミュニティは、仮想通貨がこれまで目撃した中で最も重要な抵抗運動である。市場の構造そのものに挑戦し、ミームネイターを2024年のトップの銘柄の1つとして浮上する可能性がある。

この共有ビジョンと集団的努力により、ミームネイターは10億ドルの時価総額を目標に星を目指している。そのスタートはとても好調なものとなっている。プレセール開始からわずか13週間で270万ドル以上の資金を調達した。

ミームネイターの多岐に渡る成長戦略

ミームネイターは、ユーティリティとコミュニティの二つの要素を成長戦略の要としている。単にバイラルアピールや粗悪なマーケティング戦略に頼るのではなく、ユーザーにとって真に付加価値のある機能を備えている。

現在GameFiのトレンドのひとつに「ミーム・ウォーフェア(Meme Warfare)」というゲームがある。プレイヤーはミームネイターとなりライバルのミームコイン銘柄を破壊するこのゲームは、AIを搭載した "ミームスキャナー "によって実現されている。

このツールはミームコインの特定にウェブを探し回り、それらをアニメーション・キャラクターとしてゲームプレイに組み込む。ソーシャルメディアからも情報を得て、没入感のあるダイナミックな体験を生み出す。

MMTRトークンは高利率45%で有利なステーク報酬を提供する。さらに謎に包まれた魅力的なNFTのプロジェクトがさらなる興奮を呼び起こし、組み込まれたデフレトークノミクスによりトークンの価値は長期的にしていく。

トークンの配布も同様に戦略的に計画されている。10億トークン内15%以上がマーケティングに充てられ、90年代のアクション映画というキャッチーなテーマを活かしてブランドの知名度を高めている。

さらに10%以上が継続的なアップデートに使用され、ミームネイターが激化の一途をたどる市場で一歩先んじることを確実にしている。

おそらく投資家にとって最も心躍るポイントは、供給量の7.5%がコンペティション・プールに充てられる事だろう。賞品はヴァージン・ギャラクティック社との25万ドルの宇宙旅行という、信じられないレベルのものとなっている。

このような魅力的な機能を通じ、ミームネイターは急速に熱心なサポーターの草の根的な支持を集めている。長期的にはミームネイターは世界最大の取引所に上場し、その成長をさらに推し進め、2024年の最も有望な仮想通貨の1つとしての地位を固める計画だ。

2024年ミームネイターの価格予測

ミームネイター(MMTR)のプレセールは、全20ステージ内10を展開中で現在の価格は0.0166ドルとなっている。当初、ターミネーターの「審判の日」にちなんで29ステージの予定だったプレセールをチームは希少性を高めることに乗り出し、12月上旬に1億2900万以上のMMTRをバーンした。

プレセールの最終価格は0.0292ドル、この価値は控えめに見えるかもしれない。しかしポテンシャルは非常に高く、Bankless Timesによれば、投資すべきトップコインである。プレセールへの熱狂的な反応とその画期的なアプローチは、ミームネイターが著しく過小評価されている可能性を示唆している。

来年、市場が強気に転じる可能性が高い中、ミームネイターは2024年に提供されるトップクラスの仮想通貨の1つになる可能性がある。

もし、ミームネイターも2024年にペペコインが今年初めに突破した時価総額10億ドルという目標を達成できれば、MMTRは1トークンあたり1ドルという驚くべき価値を持つことになり、最終的なプレセール価格から3,300%という驚異的な上昇を遂げることになる。

アバランチとは?

2024年の注目の銘柄の1つに名前が上がるアバランチの勢いは止まらない。高速で効率的な技術で知られるアバランチの強気な開発は、そのAVAXトークンを押し上げ、11月の開始以来約250%上昇した。

JPMorganやApolloのような現実世界のトークン化分野における大手企業との注目すべき協力関係が、この成長の主な原動力となっている。

アバランチのブロックチェーンも活動量が大幅に増加しており、11月末には1週間で過去最高の20億ドルの取引を記録した。さらに、第3四半期には7,900万ドル、2023年第4四半期には5,600万ドルの純流入を記録しており、アバランチに対する興奮が高まっていることを示している。これらの動きは、2024年にAVAX投資家にとって有利な年となることを示唆している。

2024年アバランチの価格予測

現在39.30ドルのAVAXは2023年の実績に支えられ、来年はさらなる成長ができる位置にある。重要なコラボレーションとネットワーク活動の活発化から得られる勢いにより、AVAXは2024年の注目銘柄の1つとしてその価値を2倍から3倍にすることができる。

2024年に注目の仮想通貨

波乱の2024年に向けて市場が準備を進める中、この2つのプロジェクトは際立っている。印象的なテクノロジーと強力な機関投資家との協力関係を持つアバランチが市場を上回ることが期待される一方で、ミームネイターは世界を変えるビジョンでスポットライトを浴びている。

MMTRプレセールの各ステージの完売は段階が上がる事にスピードを上げており、FOMOは盛り上がりを見せている。プレセールで得ることができる含み益が76%残っているため、早期支援者はプレセールだけでなく2024年を通してプラスになる可能性があるだろう。

アバランチは堅実な投資を提供するが、ミームネイターは今後未来で語り継がれるかもしれない爽快な旅を提供するだろう。2024年に大暴れが期待されるトップクラスの仮想通貨をお見逃しなく。

ミームネイター(MMTR)の詳細は公式サイトからどうぞ。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

半減期前のラリーでKaspaとSolanaが調整か、Bitcoin Minetrixは上昇傾向

半減期前のラリーでKaspaとSolanaが調整か、Bitcoin Minetrixは上昇傾向

イーロン・マスク氏の発表を受けドージコイン急騰|彼の影響力はビッグアイズコインに届くのか?

イーロン・マスク氏の発表を受けドージコイン急騰|彼の影響力はビッグアイズコインに届くのか?

ビットコイン価格、過去最高値突破すれば「放物線状の動き」で10万ドルになる可能性:PrimeXBTアナリスト Kim Chua氏

ビットコイン価格、過去最高値突破すれば「放物線状の動き」で10万ドルになる可能性:PrimeXBTアナリスト Kim Chua氏

柴ミームかワイプレディクトか?AIイノベーションが投資家を惑わす

柴ミームかワイプレディクトか?AIイノベーションが投資家を惑わす

Bitget:DeFiの利便性を向上させる「MegaSwap」を発表|CeFiのセキュリティと利便性をDeFi取引環境に融合

Bitget:DeFiの利便性を向上させる「MegaSwap」を発表|CeFiのセキュリティと利便性をDeFi取引環境に融合

Bloombergはビットコイン価格が53万ドルになると評価|BTC ETFとアルトコインへの熱が高まり、Bitcoin ETFトークンが300万ドルを調達

Bloombergはビットコイン価格が53万ドルになると評価|BTC ETFとアルトコインへの熱が高まり、Bitcoin ETFトークンが300万ドルを調達

注目度の高い仮想通貨ニュース

メルカリ:買い物でBTCが使える「ビットコイン決済機能」提供開始

メルカリ:買い物でBTCが使える「ビットコイン決済機能」提供開始

「ビットコインとの共存は可能」米トランプ前大統領

「ビットコインとの共存は可能」米トランプ前大統領

イーサリアムL2のStarknet「STRKトークンの無料配布」実施へ|対象者・条件・請求開始日

イーサリアムL2のStarknet「STRKトークンの無料配布」実施へ|対象者・条件・請求開始日

ビットボットのプレセール、開始わずか3週間で45万ドルを調達

ビットボットのプレセール、開始わずか3週間で45万ドルを調達

FTX「取引所再開を断念」顧客・債権者には全額返済予定

FTX「取引所再開を断念」顧客・債権者には全額返済予定

Cardano(ADA)が新バージョンをリリース、Render(RNDR)が2023年第4四半期レポートを発表、Pullix(PLX)に1万5000人のユーザー登録

Cardano(ADA)が新バージョンをリリース、Render(RNDR)が2023年第4四半期レポートを発表、Pullix(PLX)に1万5000人のユーザー登録

Shibarium:パートナーシップ拡大で「1000のプロジェクト展開」目指す

Shibarium:パートナーシップ拡大で「1000のプロジェクト展開」目指す

Astar zkEVM「秋元康氏の新アイドルプロジェクト」で技術活用|トークン発行も予定

Astar zkEVM「秋元康氏の新アイドルプロジェクト」で技術活用|トークン発行も予定

スイス大手銀行PostFinance「仮想通貨11銘柄の売買・保管サービス」提供開始

スイス大手銀行PostFinance「仮想通貨11銘柄の売買・保管サービス」提供開始

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・ADAの価格予想、ELFのIEO開始」など

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・ADAの価格予想、ELFのIEO開始」など

ビットコイン:14カ国で過去最高値更新「救命ボートになりつつある」元コインベースCTO

ビットコイン:14カ国で過去最高値更新「救命ボートになりつつある」元コインベースCTO

仮想通貨ニュース週間まとめ「SHIBバーン自動化・XRP ETF準備」など

仮想通貨ニュース週間まとめ「SHIBバーン自動化・XRP ETF準備」など

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す