2024年のBitcoin半減期前に注目したい5つのスモールキャップな仮想通貨

by BITTIMES

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

仮想通貨市場が2024年で有望なコインを模索する中で、仮想通貨の投資家は、Bitcoin(BTC、ビットコイン)の半減期前に、大きく成長するポテンシャルのあるスモールキャップな仮想通貨コインに注目しています。

スモールキャップな仮想通貨とは、時価総額の低い仮想通貨プロジェクトのことを指し、将来的に通貨の価値が上昇した場合に、大きなリターンを得られるため、一部の投資家はこのような通貨を戦略的に購入しています。

今回は、そのようなスモールキャップな仮想通貨の中で、注目したいトップ5をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

第5位 Ethereum Name Service

Ethereum Name Service(ENS、イーサリアム・ネーム・サービス)は、2024年に向けて勢いを復活させ、過去3ヶ月間で88.6%の成長を遂げており、時価総額で評価された仮想通貨ランキングでは122位にランクイン、トップ100が目前となっています。

Ethereum Name Serviceのチャート

ENSトークンは、ENS DAOの財源を管理するガバナンストークン(組織運営に関連する権利に特化したもの)であり、ENSプロトコルを運営・管理するために設立されました。ENSプロトコルは、Ethereum(ETH、イーサリアム)ブロックチェーン(ERC-20)に基づく分散型で、オープンかつ拡張可能なネーミングシステムです。

ENSトークンの時価総額は3億9,100万ドルとなっており、3倍のリターンを得るためには、時価総額が15億ドル弱まで成長する必要があります。

第4位 Tellor Tributes

Tellor Tributes(TRB)は、2023年末のラリーで最大のブレイクアウトコインの1つとして話題になり、過去3ヶ月では122.48%の上昇が見られています。

Tellor Tributesのチャート

TRBトークンはTeller Tributesエコシステムの基盤を形成しており、トップオラクルプロジェクトであるChainlink(LINK)の費用の一部として、スマートコントラクト上のやり取りのためのデータフィードを供給しています。

最近のブレイクアウトで成功を収めたにもかかわらず、TRBの市場規模は3億800万ドルと低くなっており、Teller Tributeで投資家が3倍のリターンを確保するためには、9億ドルまで上昇する必要があります。

第3位 Singularity Net(AGIX)

第3位はSingularity Net(AGIX、シンギュラリティ・ネット)で、2023年に盛り上がったAIの高い話題性と将来性を土台としています。

オープンAIであるChatGPTの成長によって、主要なAI仮想通貨が急成長しました。

3月のAIブームでは、AGIXは106%も急上昇しましたが、それ以来数ヶ月間、AGIXは後退しており、AIに強気な姿勢を見せる投資家にとって魅力的な銘柄となっています。

Singularity Netのチャート

しかしながら、このように下落しているにもかかわらず、AGIXは過去3ヶ月間で57.7%の上昇を遂げています。

こういったSingularity NETの成長の可能性に目を向けてみると、現在の時価総額が3億2,700万ドルであることから、AGIXが3倍の成長を達成するためには10億ドル辺りまで成長する必要があります。

第2位 Conflux Network

第2位はConflux Network(CFX、コンフラックス・ネットワーク)で、香港の規制当局が米国に代わる世界的な仮想通貨ハブの設立を推し進め、いわゆる「チャイニーズ物語」の騒動に市場が巻き込まれる中で、2023年の初めに成長の波に乗りました。

規制当局に全面的に従った唯一の中国系仮想通貨として、Conflux NetworkはUniswap v3やCNH(オフショア中国元)ステーブルコインなどの主要な分散型事業への一般的なアクセスを中国の投資家へ提供する上で、重要な役割を果たしました。

Conflux Networkのチャート

アジアにおける取引量は日に日に増加しており、中国の投資家はすでに864億ドルという大規模な取引量を記録していますが、香港での取引量となる640億ドルも考慮すると、Confluxにとってのビジネスチャンスが際立っていることがわかります。

CFXの現在の時価総額は、6億1,800ドルとなっており、CFXが3倍のリターンを得るためには、時価総額が19億ドル程度にまで成長する必要があります。

第1位 Rocketpool

2024年に最も注目したい仮想通貨としてあげられるのは、有望なリキッドステーキングデリバティブ(LSD)分野の主要プロジェクトであるRocketpool(RPL、ロケットプール)でしょう。

Rocketpoolは、バリデータ(検証機能)要件である32ETH(7万1,760ドル相当)未満のEthereum保有者が、高いステーキング報酬へアクセスするために、EthereumのProof-of-Stake(プルーフ・オブ・ステーク)のネットワーク上で、バリデータとして機能するためにプールする能力を提供しています。

Rocketpoolのチャート

RPLトークンはこのようなネットワークの中心を担っており、ガバナンストークンとして機能するだけでなく、ノードのダウンタイムに対する厳しいペナルティに対するユーザーの保険としても機能しています。

現在の時価総額は5億5,600万ドルで、RPLが3倍のリターンを達成するためには時価総額が17億ドルまで成長する必要があります。

マイクロキャップとしてのMeme Kombat、より大きなリターンを求める方へ

Meme Kombatの画像

Meme Kombat($MK、ミームコンバット)はマイクロキャップなプロジェクトで、懐かしさのあるゲームを融合させ、革新的な取り組みを行っている分散型のWeb3プラットフォームです。

マイクロキャップな仮想通貨は、スモールキャップの仮想通貨よりも価格が低い分、大きな成長に繋がる機会があるため、多様なポートフォリオを構築したい投資家から人気があります。

Meme Kombatの特徴は、仮想通貨コミュニティを先導するミームキャラクターたちが、戦いを繰り広げる魅惑的なアリーナにあります。

プレイヤーは、これらのアニメーションバトルの結果を予測し、魅力的な報酬を得ながら遊ぶことができます。

シーズン1では、11の個性豊かなミームキャラクターが登場することが決まっています。また、2024年内のシーズン2の制作も決定しています。

プロジェクトの非中央集権的な性質は、AIによるバトルのスリルと組み合わさって、結果の透明性と予測の不可能性を保証しています。したがって、プレイヤーにとっては、全てのバトルが新たな体験となり、継続的な参入を促すことになるでしょう。

主要なミームコミュニティへアピールするMeme Kombat

Meme Kombatは、単にエンターテイメントを提供しているだけでなく、プロジェクトの透明性の構築にもしっかりと取り組んでおり、スマートコントラクトのセキュリティ監査が近いうちに行われる予定です。

この監査結果は公開されることになっていますが、多くのプロジェクトは積極的に公開しません。

このプロジェクトの創設者およびプロジェクトのリーダーであるMatt Whitemanは、プロセス設計における20年にわたる経験があり、North Technologies社におけるCOOとしてのポジションに就いていることから、Meme Kombatの信頼性を高めています。

多くのプロジェクトが匿名性で行われる中、Whitemanのオープンなプロフィールとアムステルダムにあるプロジェクトの物理的な住所は、信頼性を一層高めています。

Meme Kombatのトークノミクス

Meme Kombatのトークノミクスは、将来の投資家にとって、非常に魅力的なものとなっています。

Meme Kombatは現在プレセールを行っていますが、現在の価格は0.279ドルとなっています。また、ステーキングのAPYは、現在146%ととても優れており、ステーキングをすると受動収入を受けられるだけでなく、ステーキングしたトークンを使って、アリーナでゲームをすることもできます。

このように、プラットフォームへの参加は収益に直接影響するため、参加すればするほど、より多くの利益を得ることができる仕組みになっています。

Meme Kombatは、ミーム・ゲーム・ブロックチェーンを融合させることによって、仮想通貨コミュニティに新鮮な体験を提供しています。

そのため、ポートフォリオの多様化を目指す投資家は、ユニークな製品を提供しているMeme Kombatを優れた投資先の候補として考えているのかもしれません。

Meme Kombatの公式サイトを見てみる


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Pepeの価格が強気に反発|新しいミームコインCowabungaとShibieも上昇

Pepeの価格が強気に反発|新しいミームコインCowabungaとShibieも上昇

Wall Street Memes(WSM)とは?ウォール街の巨人に立ち向かうミームプロジェクトを紹介

Wall Street Memes(WSM)とは?ウォール街の巨人に立ち向かうミームプロジェクトを紹介

仮想通貨の冬の雪解けに伴い、オンライン取引コミュニティAltSignals(アルトシグナル)がプレセール開始

仮想通貨の冬の雪解けに伴い、オンライン取引コミュニティAltSignals(アルトシグナル)がプレセール開始

AIコインとミームコインが高騰、WienerAIはこれらのトレンドに後押しされるか

AIコインとミームコインが高騰、WienerAIはこれらのトレンドに後押しされるか

Big Timeが「トークン販売なしで」プレシーズン中に2億3,000万ドルのNFT取引量と1億ドルの収益を記録

Big Timeが「トークン販売なしで」プレシーズン中に2億3,000万ドルのNFT取引量と1億ドルの収益を記録

Bitget:2021年の暗号資産業界を振り返って

Bitget:2021年の暗号資産業界を振り返って

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説