日本国内の仮想通貨予測:2024年に期待が集まる2つの銘柄

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

2023年の仮想通貨市場では、ミームコインが再び大流行を果たし強気の勢いで賭けに抜けた。日本では現在、2つのプロジェクトが来るべきビットコイン半減前に、次の大きな投資機会として波紋を広げている。

1つ目はミームネイター(Memeinator)、伝統的なフォーマットをGameFi的な機能とAIの統合で再構築したミームコインである。これまでのところ、日本からのプレセール参加者が増加している。ミームネイタープレセールでは13ステージの時点で、390万ドルもの資金が集まった。

2つ目の銘柄は、2024年の再ブレイクを目前に控えた柴犬(SHIB)である。この記事では、この2つのプロジェクトについて深堀りしていく。

ミームネイターICOが日本で人気を獲得

日本の投資家は、ミームコイン分野に革命を起こすというミームネイターの使命を支援している。これまでのところ、ミームネイターのプレセールは全ステージを完売するペースで進んでおり、プレセールの割り当て分として残っているのは193,965,517トークンのみとなっている。

ミームネイターのICOでは、プレセールの投資家に対し、ステージが完売するごとにMMTRトークンの価格が6%上昇する。そのため、初期からの参加者は、トークンが取引所のローンチする前に約200%の含み益となる計算だ。

今から参加しても、プレセールが0.0292ドルで終了するまでに約48%の含み益となる。投資家にとってはチャンスと言えるのかもしれない。ミームネイターには、トークンが取引所に上場し、さらに多くの人々が利用できるようになれば、さらなる上昇の可能性、すなわちアップサイドが詰まっている。

CoinGeckoによると、市場は時価総額1.8兆ドルまで急騰し、2024年の広範な市場について多くの専門家が楽観的な予測を行っていることを考えると、強気市場が到来すればより可能性に期待が持てるのではないだろうか。

プレセール参加者の中から抽選で1名に、宇宙旅行会社ヴァージン・ギャラクティックの宇宙ツアー(25万ドル相当)が当たる企画を開催している。

さらに、ミームネイターはオンライングッズストアや、革命的なミームコインプロトコルに関わるニュース、アップデート、マイルストーン、その他のアナウンスメントを掲載するメール会員制度を開設し、コミュニティとの関わりに焦点を当てている。

ミームネイターのソーシャルネットワークの規模は非常に大きくなっており、テレグラムグループメンバーは約11,000人、ツイッターのフォロワーは22,000人を超えている。これは、2024年にミームネイターの牽引力が高まっていることを示している。

ミームネイターのイニシャルコインオファリングは、本稿執筆時点でクローズ段階に入っている。一般の需要により、MMTRトークンのICOは終了前にプレセールトークンの割り当て分をすべて売り切る勢いだ。0.01ドルのローンチ価格からMMTRトークンは0.0186ドルまで上昇し、ローンチ以来86%の価格上昇を示した。

ミームネイター(MMTR)とは?

ミームネイターは日本で波紋を呼んでいるミームコインだ。日本の仮想通貨愛好家たちは、20ステージに渡るプレセールの最終ステージを完売させ、2024年の大成功に備えている。

ICOは390万ドルを調達、ステージは13に入り、集めた資金は7桁を超える。ミームコインは、適切な理由で適切な時期にピークを迎えており、多くの関係者はこの銘柄をミームコイン分野における次のビッグプロジェクトと呼んでいる。

ミームネイターは、その魅力的な指数関数的な成長の可能性で日本の投資家を魅了した。ブランドストーリーは2077年からタイムトラベルし、増殖した現代のお粗末なプロジェクトを暴き、破壊することでフォーマットを進化させるというものだ。

仮想通貨の世界に審判の雨を降らせ、ミームコイン業界から偽者を排除する使命を帯びたミームコインである。ミームネイターが10億ドルの時価総額を達成するのを、動物も植物も鉱物も止めることはできるのだろうか。

ミームコインフォーマットの長所と、AIの革新的なセンス、そしてGameFi的な要素を融合させるというプロジェクトの野心は、日本国内の仮想通貨愛好家の共感を呼んでいる。

例えば、ミームネイターはツイッターAPIとOpenAI技術に基づくウェブスクレーパーを使ったゲーム、ミーム戦争(Meme Warfare)を発表する。AI技術を利用してミームコインを識別、それが健全な投資なのか、それとも無価値になりうるものなのかを判断する。

そのAIウェブスクレーパーであるミームスキャナー(Memescanner)は、将来性のあるミームコインと破滅的なコインを分けるアルゴリズムを使用する。そして破滅的なミームコインをゲームに登場キャラクターとして送り込み、プレイヤーはそれらを狩り、退治する。

仮想通貨分析:ミームネイターは2024年に飛躍できるのか?

ミームネイターは10億ドルの時価総額目標を視野に入れている。MMTRが10億ドルの時価総額目標を達成した場合、MMTRトークンは1枚1ドルの価値を持つことになり、これは発売当初の価格0.01ドルの100倍に相当する。保守的な見方をすれば、MMTRは5億ドルの時価総額を達成し、ミームネイター投資家の期待に応える成果をあげられるかもしれない。

日本のトレーダーがミームネイターのプレセールトークンを購入する理由が理解できる。先日ミームネイターは、6ステージ分のMMTRトークンの供給を燃やしたため、希少性が高まるにつれてトークン価格は上昇する一方だ。

再び割り当てされたMMTRトークン供給の残りの部分は、ステーキング、マーケティング、プロモーション目的に割り当てられる予定である。

ビットコインの半減が間近に迫っている今、ミームネイターを投資先の候補の1つとして検討してみてもいいのかもしれない。2016年以降、ビットコイン半減のたびに翌年には強気相場が続いており、ミームネイターは2024年の最もタイミングが良いプレセールの1つに位置付けられている。

さらに、2023年末のBONKや年初のPEPEの上昇で証明されているように、ミームコインは市場での持続力を証明している。また、ミームネイターが将来、希少性を高め、バイサイドの圧力を高めるために実施する四半期ごとのトークン焼失についても言及するまでもない。

柴犬コイン(SHIB)が2024年に向けて日本で勢いを増す

一方、確立された柴犬コインは、レイヤー2ブロックチェーンであるShibariumが、成長するエコシステムにとって大きなマイルストーンであるTVL(Total Value Locked)で100万ドルを突破したというニュースで投資家を喜ばせた。

柴犬は、2024年に復活するプロジェクトの1つとして日本の投資家の視線を捉えている。注目すべきことに、柴犬は最近SHIBトークンの燃焼率がほぼ100%増加し、約170億トークンが焼却された。Coinmarketcapのデータによると、トークンの焼失は過去30日間のSHIB価格の33%上昇と一致している。

SHIB/BTC chart

2024年はミームネイターと柴犬が大活躍?

ミームネイターと柴犬は2024年の成長に期待が持てる銘柄と言えるのかもしれない。両者ともCoinJournalの購入すべき仮想通貨リストに入っている。

ミームネイターは、まだ初期段階にあり時価総額が低いため、2024年の価格の上限は読めない。柴犬は2021年に46,000,000%の高騰を見せ放物線を描いたが、これから大幅に上昇するためには、新たに大きな資金が必要になるだろう。だからこそ、日本のトレーダーは、間近に迫ったブルランに先駆けて次にくる銘柄を蓄積しているのだ。

ミームネイター(MMTR)の詳細は公式サイトからどうぞ。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

大きなリターンが期待される仮想通貨プロジェクト5選

大きなリターンが期待される仮想通貨プロジェクト5選

ビットボットがデビュー:セキュリティに問題を抱えるテレグラム取引ボットにもたらす影響

ビットボットがデビュー:セキュリティに問題を抱えるテレグラム取引ボットにもたらす影響

デジトードがペペコインの勢いを掻っ攫う中、ASIは静かにその歩みを進める

デジトードがペペコインの勢いを掻っ攫う中、ASIは静かにその歩みを進める

仮想通貨の暴落 - 今注目の仮想通貨銘柄5選【PR】

仮想通貨の暴落 - 今注目の仮想通貨銘柄5選【PR】

持続可能性:ビッグアイズコイン(BIG)のようなスタートアップのミームコインは、巨人ビットコインやドージコインが失敗した場所で成功できるのか?

持続可能性:ビッグアイズコイン(BIG)のようなスタートアップのミームコインは、巨人ビットコインやドージコインが失敗した場所で成功できるのか?

楽天ペイ:ハンバーガーチェーン「ファーストキッチン」109店舗で利用可能に

楽天ペイ:ハンバーガーチェーン「ファーストキッチン」109店舗で利用可能に

注目度の高い仮想通貨ニュース

Bybit:過小評価された仮想通貨探しに役立つ「無料分析ツールキット」公開

Bybit:過小評価された仮想通貨探しに役立つ「無料分析ツールキット」公開

ビットフライヤー:エルフトークン(ELF)のIEO実施「THE LAND エルフの森」とは?

ビットフライヤー:エルフトークン(ELF)のIEO実施「THE LAND エルフの森」とは?

Bitcoinは6万ドル突破となるか、Bitcoin Minetrixがプレセールで1100万ドルに到達しBTSと競う

Bitcoinは6万ドル突破となるか、Bitcoin Minetrixがプレセールで1100万ドルに到達しBTSと競う

取引所における「全通貨ペアの取引手数料」が無料に|ビットトレードがキャンペーン開始

取引所における「全通貨ペアの取引手数料」が無料に|ビットトレードがキャンペーン開始

仮想通貨ICOニュース:ミームネイターのプレセールが残りわずかに

仮想通貨ICOニュース:ミームネイターのプレセールが残りわずかに

仮想通貨損益計算のクリプタクト「おすすめプラン診断機能」を導入

仮想通貨損益計算のクリプタクト「おすすめプラン診断機能」を導入

カルダノ(ADA)強気相場に向けた回復の兆し?著名アナリストの価格予想

カルダノ(ADA)強気相場に向けた回復の兆し?著名アナリストの価格予想

BlackRockのビットコインETF「運用資産額=20億ドル」に到達|約50,000BTCを保有

BlackRockのビットコインETF「運用資産額=20億ドル」に到達|約50,000BTCを保有

ポケモンGOのようなソラナ基盤ARゲーム「GG:Solana Hunger Games」が登場

ポケモンGOのようなソラナ基盤ARゲーム「GG:Solana Hunger Games」が登場

暗号資産損益計算のクリプタクト「友達招待プログラム」提供開始

暗号資産損益計算のクリプタクト「友達招待プログラム」提供開始

アバランチ財団「支援するコミュニティコインの選定基準」を発表

アバランチ財団「支援するコミュニティコインの選定基準」を発表

Twitter創業者も支援する分散型SNS「Bluesky」ついに一般公開|仮想通貨関係者も支持

Twitter創業者も支援する分散型SNS「Bluesky」ついに一般公開|仮想通貨関係者も支持

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す