ビットボットがデビュー:セキュリティに問題を抱えるテレグラム取引ボットにもたらす影響

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

テレグラム取引ボットは、2023年の仮想通貨復活の最前線に立ち50億ドルを超える総取引量を促進した。2024年にはビットコインの半減、強気相場サイクル、そしてアルトコインのシーズンを前にさらなる盛り上がりが予想されている。つまり、頂点に君臨するテレグラム取引ボット競争は、歯と爪を食いしばるような激戦になるということだ。

一方で、バナナガンのように昨年9月のローンチ後に人気を博したものの、大惨事のセキュリティ侵害の影響で低迷続きのテレグラム取引ボットも存在する。

先日輝かしい登場を果たしたビットボット。Xで9万人以上のフォロワーを持つこのボットは、元ウォール街のトレーダーが設立したテレグラム取引ボットだ。プレセール開始わずか9日間で34万5,000ドルを調達している。

ビットボット:テレグラム取引に新たな常識を導入

ビットボットは、この種のものとしては最初であり唯一のテレグラム取引ボットであり、ユーザーはコールドウォレットから直接ノンカストディアルなアプローチで取引を行うことができる。テレグラム取引ボットは、テレグラムアカウントからシンプルで簡単な自動取引体験を提供することで最近注目されるようになった。

テレグラムプラットフォームは今や8億人以上のユーザーを抱え、仮想通貨コミュニティにとって便利なメッセージツールやパブリックフォーラムとして急速に普及している。ビットボットは、アプリ上の仮想通貨ユーザーのエンゲージメントを活用し、その過程で関連する取引のあらゆる話題の渦中に身を置くことになる。

ビットボットは、最も近い競争相手であるユニボットやバナナガンとは異なり、プライバシーとセキュリティを重視するトレーダーに選ばれるボットとして差別化されている。

ビットボットには、バナナガンやユニボットにはないものがある。カストディソリューション・プロバイダーのKnightsafeがコールドウォレットを保護する機関レベルのセキュリティだ。これは、取引が完了した後にのみウォレットから資金を移動できるようにすることで、ビットボットユーザーのデジタル資産の安全性を保証する。

ビットボットとは?

個人投資家は、市場取引で優位に立つためのツールやコネクション、資本を持つクジラや機関投資家がすべての貴重な情報を握っており、マークされたカードでゲームをしているという事実を自覚している。

そこでビットボットの出番だ。世界初で唯一のノンカストディアルテレグラム取引ボットを立ち上げることで、取引に革命を起こし、かつてはエリートだけが利用できた世界クラスの取引のセキュリティとリソースを民主化する。

仮想通貨取引所、DeFiプロトコル、テレグラム間の優れたインタラクションを提供する一方で、ユーザーにデジタル資産の完全かつ自由なカストディを提供する。これにより、個人トレーダーは機関投資家、クジラ、市場勢力と、犬猿の仲の取引環境で競争するチャンスを得る。

ビットボットの仕組み

ビットボットは経歴やスキルレベルに関係なく、テレグラム取引体験を向上させる。新しいカストディアルウォレットの作成はワンクリックで簡単にでき、ビットボットでは3つの無料ウォレットを提供している。

ビットボットは、その高度なウォレット技術を通じて安全なテレグラム取引を可能にし、さらにユーザーに秘密鍵の完全なコントロールを与えることで、最近あまりにも一般的になっている無数の脅威要因、詐欺、その他の潜在的なセキュリティリスクから生じる取引相手のリスクを軽減する。

さらに、ビットボットは戦略的に取引から最大の価値を引き出し、すべての利益を自分たちのものにするMEV(Maximal Extractable Value)ボットからユーザーを保護する。また、ユーザーが新しいプロジェクトに投資する前に疑わしいオンチェーン行動を発見することで、潜在的な絨毯や詐欺を識別するのに役立つアンチラグツールも備えている。

機関投資家へのさらなる挑戦として、ビットボットは様々な高度な取引機能を提供する。スナイプ・ザ・トレードを使用し、可能性の高いコインの自動的な安値買いと高値売りを実行することができる。

また、そのコピートレード機能により、トップパフォーマーのウォレットの行動を正確に模倣する。これは初心者や時間のない人に理想的なツールとなるだろう。

ビットボットは2024年1月17日にその名を冠したBITBOTトークンをデビューさせ、大きな反響を呼んだ。BITBOTトークンは、アルファと取引戦略を共有する志を同じくするトレーダーのコミュニティへのアクセスはもちろんのこと、洗練された品質において他に引けを取らないビットボットのテレグラム取引ツール群へのアクセスを付与する。

BITBOTを保有することで、プラットフォームの将来の成長に見合ったクラス最高の収益分配モデルという形でユーザーにも報酬が与えられる。

トークノミクス的には 10億トークンのうち30%がプレセールに割り当てられる。23%がコミュニティ、20%が開発、14%がマーケティング、10%が財務、3%が流動性に割り当てられる。また、開発チームには1年間の線形放出があり、これは長期的なコミットメントを保証しラグプルから保護する。

ビットボットの価格予測

ビットボットは潜在的なプレセール投資家に対し、指数関数的な利益を生み出すための大きな余地を提供する。15段階のプレセールでは、0.0100ドルのディスカウント価格が設定されている。

最終段階では0.02ドルまで上昇するようプログラムされているため、ビットボット投資家は、トークンが主要取引所でローンチされる前に一定の含み益を得られることになる。

さらに重要なのは、テレグラム取引ボット市場が5億ドルに迫っていることだ。ビットボットは、その優れた技術により誕生したばかりのこの分野を征服し、成長させることができる。

バナナガンとは?

バナナガンは2023年に立ち上げられたテレグラム取引ボットで、取引操作を自動化し、APIを使用して取引を実行、そして市場からのデータを照合する。

ビットボットと同様、バナナガンはユーザーがトークンを上場と同時に購入、取引、そしてアラートを受信し、チャートを視覚化をサポートする。主な違いは、Knightsafeを介して統合している優れたセキュリティがないことだ。

バナナガンの価格予測

CoinMarketCapによると、BANANAと呼ばれるバナナガンのネイティブトークンは、報道時点では13.52ドルで取引されていた。BANANAは、安全性に対する疑念を払拭することができれば、2023年12月の史上最高値である18.47ドルを超える可能性もあるだろう。

この疑念は、昨年9月にBANANAトークン価格が約9ドルから0.02ドルまで急落する原因となった欠陥にさらされた後に生じた。この潜在的な成長の触媒の1つは、復活したソラナブロックチェーン上でのバナナガンのローンチである。

ビットボットは2024年に成長できる?

2024年は仮想通貨にとって強気の年であり、ビットコインの半減と強気相場のサイクルが今年4月に目前に迫っている。これは、2021年の最後の強気相場を上回る可能性を秘めた、熱狂的な取引活動と新たな活力を業界にもたらすと予想されている。

しかしながら、他のどのテレグラム取引ボットもコールドウォレットから安全にマーケットを取引する能力をユーザーに提供していない。ビットボットは業界グレードのセキュリティと、非の打ちどころのない精度で機関投資家のツールに匹敵するパフォーマンスを備えている。

BITBOTトークンが割引価格で発売され、これからの可能性を考えると、ビットボットは取引ボットとしても投資としても期待が持てるのかもしれない。プレセールは現在ステージ2にあり、トークンはわずか0.0105ドルであるため、この業界をシフトするテクノロジーをフルに活用するチャンスとも言えるだろう。

BITBOTトークンの詳細は公式サイトをご覧ください。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Bitget:暗号資産投資について著名トレーダー「ハゲ先生」と対談|インタビュー内容を公開

Bitget:暗号資産投資について著名トレーダー「ハゲ先生」と対談|インタビュー内容を公開

仮想通貨の冬の雪解けに伴い、オンライン取引コミュニティAltSignals(アルトシグナル)がプレセール開始

仮想通貨の冬の雪解けに伴い、オンライン取引コミュニティAltSignals(アルトシグナル)がプレセール開始

3人のクリプトインフルエンサーがXRP価格とXRP20のパンプについて議論

3人のクリプトインフルエンサーがXRP価格とXRP20のパンプについて議論

2024年、ポートフォリオ構築時に検討したい3つの仮想通貨

2024年、ポートフォリオ構築時に検討したい3つの仮想通貨

仮想通貨取引所「STREAMEX(ストリームEX)」とは?基本情報や特徴をわかりやすく解説

仮想通貨取引所「STREAMEX(ストリームEX)」とは?基本情報や特徴をわかりやすく解説

Redditによる投資でおすすめのDeFiプロジェクト6選

Redditによる投資でおすすめのDeFiプロジェクト6選

注目度の高い仮想通貨ニュース

カルダノ(ADA)強気相場に向けた回復の兆し?著名アナリストの価格予想

カルダノ(ADA)強気相場に向けた回復の兆し?著名アナリストの価格予想

ビットコインの価格上昇はこのまま続く?「BTC買い」が多い重要なサポートライン

ビットコインの価格上昇はこのまま続く?「BTC買い」が多い重要なサポートライン

カード型ウォレット提供するTangem、柴犬レイヤー2「Shibarium」サポートへ

カード型ウォレット提供するTangem、柴犬レイヤー2「Shibarium」サポートへ

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

仮想通貨損益計算のクリプタクト「おすすめプラン診断機能」を導入

仮想通貨損益計算のクリプタクト「おすすめプラン診断機能」を導入

ビットコインドック新記録達成:開始わずか24時間で120万ドル以上を調達

ビットコインドック新記録達成:開始わずか24時間で120万ドル以上を調達

イーサリアムL2のStarknet「STRKトークンの無料配布」実施へ|対象者・条件・請求開始日

イーサリアムL2のStarknet「STRKトークンの無料配布」実施へ|対象者・条件・請求開始日

ビットコイン「今回の半減期はこれまでと根本的に違う」Grayscaleレポート

ビットコイン「今回の半減期はこれまでと根本的に違う」Grayscaleレポート

2024年2月:成長が期待されている仮想通貨|ムーンショットトークンのビットボットとソラナ

2024年2月:成長が期待されている仮想通貨|ムーンショットトークンのビットボットとソラナ

Shibarium:パートナーシップ拡大で「1000のプロジェクト展開」目指す

Shibarium:パートナーシップ拡大で「1000のプロジェクト展開」目指す

金融庁「暗号資産の税制改正」に関する意見募集開始

金融庁「暗号資産の税制改正」に関する意見募集開始

BNB(BNB)、Pullix(PLX)、Celestia(TIA)|市場アナリストの価格予測

BNB(BNB)、Pullix(PLX)、Celestia(TIA)|市場アナリストの価格予測

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す