Spongeの価格が1ヶ月で180%の上昇を記録、V2ローンチに向けてステーキングは400万ドルを達成

by BITTIMES

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

Sponge($SPONGE、スポンジ)は、ミームコインの分野で最近大きく上昇した仮想通貨の1つとして話題となっていますが、今週始めまでの1ヶ月間で180%の上昇を記録し、一時は0.001ドル台で取引されていました。

また$SPONGEは、バージョンアップした新しいSponge V2($SPONGEV2)のローンチ(発売)に向けて、ステーキング額が400万ドルに達しました。

V2のローンチに向けてSPONGEの価格が倍増、高まるFOMO

先月、開発者が$SPONGEV2のローンチを発表して以降、投資家は$SPONGEトークンの購入に殺到しています。$SPONGEトークンの価格も2倍以上に高騰し、2023年5月以来の最高値に達しました。

CoinMarketCapのデータによると、$SPONGEの現在の時価総額は1600万ドル以上、Etherscan.ioのデータによると、トークン保有者は1万3000人以上となっています。

SPONGEの価格チャート画像

このような驚くべき価格上昇の背景として、Spongeプラットフォームの「Stake-to-Bridge(ステーク・トゥ・ブリッジ)」メカニズムへ、$SPONGEトークンが大量にステーキングされていることがあげられます。

本稿執筆時点では、約60億$SPONGEがステーキングダッシュボードにロックされており、これは400万ドル以上の価値に相当します。

ステーキングされるトークン数が増加した理由の1つには、$SPONGEの高いAPY(年間利回り)があり、現在のAPYは269%となっています。

投資家が$SPONGEV2を獲得するためには、ダッシュボードから$SPONGEV1をステーキングしなければならず、$SPONGEV2が正式にローンチされると、トークンを請求できるようになります。

ここで重要となるのは、$SPONGEV2がローンチされると、従来の$SPONGEV1トークンは廃止されることです。

Sponge V2がP2Eレースゲームを導入、GameFi分野に期待

Sponge V2がここまで注目されているのは、プロジェクトが従来の$SPONGEトークンを$SPONGEV2として再ローンチし、進化させようとしていることにあります。

この新しいトークンは、前述したStake-to-Bridgeメカニズムに加え、今仮想通貨市場で注目されているP2E(Play-to-Earn、プレイ・トゥ・アーン)ゲームを導入することで、Spongeのエコシステムに必要不可欠とされるユーティリティ(使用事例)を備えています。

Spongeの開発者が現在最終調整しているP2Eゲームは、有名なキャラクターであるスポンジ・ボブを用いたレースゲームとなる予定です。このゲームには無料版と有料版が提供される見込みで、有料版ではユーザーがP2Eとして、$SPONGEV2トークンを稼ぐことができるようになっています。

Sponge V2のP2Eレースゲーム画像

Sponge V2のホワイトペーパーによると、毎月リーダーボード(順位表)が用意され、プレイヤーの進捗状況がランキング付けされ、他のプレイヤーの成績と比較できるようになっています。

またSpongeのチームは、$SPONGEV2をより大きい取引所へリスティング(上場)させることを目指しています。

従来の$SPONGEは、Gate.io(ゲートアイオー)やMEXC(エムイーエックスシー)など、Tier1の大手取引所にリスティングしているので、早期支持者の中には、$SPONGEV2がBinance(バイナンス)やCoinbase(コインベース)など、さらに大規模な取引所へリスティングする可能性があると考えている人もいます。

$SPONGEV2のローンチに対しての期待が高まったことで、SpongeのTelegramコミュニティの登録者数も増加しました。

さらに、仮想通貨の人気ユーチューバーも$SPONGEV2の紹介動画を上げており、Matthew Perry(登録者数20万人以上)は先月公開した動画で、「このトークンを注視しておくように」と呼びかけています。

日本の仮想通貨ユーチューバーであるプロトレーダー・ハリーさん(登録者数1万4000人以上)も、Spongeの紹介動画をアップロードしているので、興味のある方はぜひご覧ください。

$SPONGEV2は従来のミームコインモデルを打破できるのか

Sponge V2のローンチが間近に迫っており、この仮想通貨がミームコインの分野にどのような影響を与えるのか、投資家たちは注目しています。

市場に出回っている多くのミームコインは、投資家にリターンをもたらすために、盛り上がるニュースなどのトレンドの話題に依存していますが、Sponge V2には明確なユースケースがあるため、単なる投機にとどまらないポテンシャルがあります。

Sponge V2は、P2Eゲームと斬新なStake-to-Bridgeメカニズムを組み合わせているという点で大きな魅力があり、従来のミームコインモデルを打破できる可能性があるといえそうです。

単なる投機的な取引だったものが、Spongeのエコシステムへの積極的な参加へと、投資家の傾向が変わることで、今後のミームコインの先駆けとなるかもしれません。

Sponge V2のトークノミクスの画像

さらに、Bonk(BONK、ボンク)やdogwifhat(WIF、ドッグウィズハット)のような新しいミームコインの成功は、新しいミームコインが大きな影響力を持つ可能性を示しています。BONKは12月に14億9000万ドルの時価総額を記録、WIFの価値は先月400%以上も上昇しました。

このような新しいミームコインの勢いは、$SPONGEV2にとっていい兆候となっており、新しくローンチしたミームコインの継続的なブームを活かすことができるでしょう。

新しいミームコインが期待される中で、$SPONGEV2はパブリックマーケットでのデビューに向けて、注目すべきトークンといえそうです。

Sponge V2の公式サイトを見る


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

エイプコインとドージコインがミームコイン採用を先行。ビッグアイズコインは同じ道を辿ることができるか?

エイプコインとドージコインがミームコイン採用を先行。ビッグアイズコインは同じ道を辿ることができるか?

ミームネイターは弱小ミームコインを超えることができるのか? 2023年市場における仮想通貨の重要ニュース

ミームネイターは弱小ミームコインを超えることができるのか? 2023年市場における仮想通貨の重要ニュース

ミームコインの累積取引高が400億ドル超え|新星ミームネーターに注目が集まる

ミームコインの累積取引高が400億ドル超え|新星ミームネーターに注目が集まる

Polygen:Inazuma Capitalなど著名機関投資家から230万ドルを調達|真の分散型ローンチパッドを構築

Polygen:Inazuma Capitalなど著名機関投資家から230万ドルを調達|真の分散型ローンチパッドを構築

アナリストの見解:柴ミームとチンプジーの未来は?

アナリストの見解:柴ミームとチンプジーの未来は?

ILCoinが「RIFT」を導入し、ブロックチェーン業界に革命をもたらす

ILCoinが「RIFT」を導入し、ブロックチェーン業界に革命をもたらす

注目度の高い仮想通貨ニュース

史上初のBRC-20のICOを開催したビットコインドック、開始から1週間で310万ドルを調達

史上初のBRC-20のICOを開催したビットコインドック、開始から1週間で310万ドルを調達

シバイヌで発表された「SHEboshis」とは?SHIBバーン貢献など詳細が明らかに

シバイヌで発表された「SHEboshis」とは?SHIBバーン貢献など詳細が明らかに

2月の注目ミームコイン|プレセールで430万ドルを調達したミームネーターとソラナの新銘柄マイロ

2月の注目ミームコイン|プレセールで430万ドルを調達したミームネーターとソラナの新銘柄マイロ

ビットボット(Bitbot)の自動取引機能|2024年の新たな注目銘柄になる可能性

ビットボット(Bitbot)の自動取引機能|2024年の新たな注目銘柄になる可能性

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA」などで注目記事多数

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA」などで注目記事多数

P2P取引が利用不可に?金融庁「仮想通貨取引所への不正送金対策強化」を要請

P2P取引が利用不可に?金融庁「仮想通貨取引所への不正送金対策強化」を要請

チリーズ:韓国プロサッカー「Kリーグ」と提携|スポーツリーグ初のバリデータ

チリーズ:韓国プロサッカー「Kリーグ」と提携|スポーツリーグ初のバリデータ

ドージコインとミームネーター、2024年の注目銘柄は?

ドージコインとミームネーター、2024年の注目銘柄は?

「金は暴落し、銀・ビットコインは高騰する」金持ち父さん著者の価格予想

「金は暴落し、銀・ビットコインは高騰する」金持ち父さん著者の価格予想

2024年2月:成長が期待されている仮想通貨|ムーンショットトークンのビットボットとソラナ

2024年2月:成長が期待されている仮想通貨|ムーンショットトークンのビットボットとソラナ

Uniswapでフェアローンチした新ミームコインFrogwifhat、Dogwifhatを追い越せるか?大物インフルエンサーが支援という噂も

Uniswapでフェアローンチした新ミームコインFrogwifhat、Dogwifhatを追い越せるか?大物インフルエンサーが支援という噂も

ビットコイン:14カ国で過去最高値更新「救命ボートになりつつある」元コインベースCTO

ビットコイン:14カ国で過去最高値更新「救命ボートになりつつある」元コインベースCTO

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す