第1四半期終了前に日本のペペコイン投資家の注目がミームネータープレセールに集まる

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

ペペコインは、2023年を代表する新しいミームコインであり、その爆発的な急上昇で話題となった。一方で、ペペコイン投資家は今、2024年でも同様の利益を求め、新たなミームコインプロジェクトのプレセールに注目している、その名もミームネーターだ。

ミームコイン市場を変革する可能性を秘めた市場の救世主と称されるミームネーターは、頭角を現しつつある。これまでに404万ドルを調達、全20段階のプレセールの14段階に達し、数万人の投資家はその将来性に期待を寄せている。ミームネーターとは何か、そしてなぜ日本のペペコイン投資家たちがMMTRのプレセールに殺到しているのか、その理由を読み解く。

ミームネーター:ミームコインのターミネーター

ミームコインは、今日の仮想通貨市場で最も魅惑的なトレンドの一つとして浮上しており、2021年以降の累積取引高は400億ドルという驚異的な規模を誇る。

この業界のトレーダーは、定期的に3桁、4桁、あるいは5桁の利益を上げることができるため、急上昇によって並外れたリターンを見てきた。ミームコインは時に人生を変えるような利益を生み出すが、通常、実質や実用性に欠ける。

そんな中登場したのがミームネイターだ。形だけのミームコインがデジタル疫病のように増殖し、市場を圧倒して仮想通貨業界を早すぎる終焉に追いやった、そう遠くない未来からの救世主。ミームネーターは、派生的で役に立たないトークンを一掃するためにタイムトラベルし、業界が見たことない大規模な抵抗運動を先導している。

90年代のアクションをテーマに実用性に焦点を当てたプラットフォームを融合させたミームネーターは、時価総額10億ドルを突破、さらにはドージコイン、柴犬、ペペコインなどのミームコインの巨人たちに挑戦することを目指している。X(旧Twitter)では13万人以上のフォロワー数という草の根の膨大な支持者を集めており、日本からも多くの人が名乗りを上げている。

開発チームは、プレイヤーが混沌とした戦場でミームネーターとなり、さまざまな方法で劣勢のライバルミームコインを粉砕するゲーム「ミーム戦争」を発表した。AIを搭載したミームスキャナーは、ソーシャルメディアをスキャンし、新しいターゲットや既存のターゲットの最新情報を探し出し​ゲームを常に最新に保つ。

このミーム戦争はミームネーターにとって重要なエンゲージメントの源となることが期待され、プロジェクトは急成長中のGameFi分野に隣接している。

MMTRの10億トークンの15%以上がマーケティングと取引所への上場に充てられ、ミームネーターの破壊的ビジョンに対する世界的な認知度を高めている。この勢いは、最大45%の利回りの魅力的なステーク報酬、今後のNFTプロジェクト、リベートや限定特典を提供する手厚い紹介プログラムによって支えられている。

現在開催中のプレセールでは、さらに興味がそそられるインセンティブが用意されている。10名にMMTRトークン1万ドル、そしてヴァージンギャラクティック社による25万ドル相当の宇宙航海がプレゼントされる抽選企画もある。このプロジェクトは、ミームコインの投資家がこれまでに見たことのない、可能性に満ちたものだ。市場全体を変革する可能性を秘めたMMTRトークンの未来に、大胆な賭けが行われている。

ミームネーターの2024年価格予測

ミームネーター(Memeinator)は、注目すべき新しいミームコインの1つとして、プレセールは14まで上昇した。現在0.0208ドルの価値があり、2024年第1四半期の最終プレセール価格0.0292ドルに向かっている。

先日のビットコインETFの承認を受けて、強気相場の到来が確定されたように見える中、ミームネーターの野心的な時価総額10億ドルという目標は、特にその破壊的な可能性を考慮すると、手の届くところにあるように思える。ちなみに、ペペコインは2023年に15億ドルの時価総額を成したが、これは主に低迷する市場でのマスコットの名声に乗ったものだった。

10億ドルの評価額が付けば、MMTRは1トークンあたり1ドルまで急騰し、プレセールの最終価格から3,300%という驚異的な上昇を記録することになる。ミームネーターが想定通りに軌道に乗れば、今年中に時価総額29.2億ドルに達する可能性もあると期待されている。

ペペコイン:2023年に浮かび上がった顕著な欠点

ペペコインは2023年に話題の新しいミームコインの一つとして登場し、流行的な注目を集めた。2023年4月にローンチされ、4月17日の0.00000002764ドルから5月5日のピーク0.000004354ドルまで4,400%も爆発的に上昇した。その急成長には裏腹に、ペペコインの実用性はゼロである。その模倣品がミームネーターが目をつけたタイプのコインである。

実際、目を見張るようなリターンの裏で、ペペコインは最近目減りしている。最高値に達した後、急降下、ピーク時には0.0000008662ドルだったが今はその価値の80%を失っている。

チームは厳しい監視にもさらされている。8月には、一部の開発者が約1500万ドル相当の16兆PEPEトークンを不正に送金し、売却していたという疑惑が浮上した為である。 BeinCryptoによると、全トークンの42%近くがわずか10人のクジラによって保有され、さらに74のアドレスが約26%を支配している。この集中は、PEPE全体の約68%がわずか86のアドレスによってコントロールされていることを意味する。

コミュニティ主導のベンチャーとして宣伝されているにもかかわらず、このように少数の保有者に集中していることは、日本のPEPEトレーダーにとって厳しい挑戦であり、このコインが認識されている「人々のために」という理念と矛盾する。

ペペコインの2024年価格予測

現在0.000001174ドルであるぺぺコインは2023年10月以来ほとんど停滞しており、多くのプロジェクトやミームコインが最近大幅な成長を遂げている市場において、この兆候は物語っている。この停滞は、特にミームネーターのような注目の新しいミームコインが人気を集める中、PEPEの将来性を物語っている。

PEPEコインは今年も仮想通貨空間に流れ込む投資増加の波に乗るかもしれない。しかしながら、史上最高値を再び更新するには大規模な復活が必要だろう。今年は日本のトレーダーが新しいミームコインに目を向けているため、この復活の可能性は不透明さを増している。

予測では、2024年にPEPEは0.0000020ドル程度まで上昇するとされている。

2024年、日本の投資家が選ぶのはミームネーター?

一部のトレーダーは、すでにミームネーターのプレセールに殺到しており、プロジェクトの革命的なビジョンに惚れ込み、今後のさらなる成長に期待を寄せている。

プレセールで残っているトークンは172,413,793だけで、FOMOが始まっている。これまでのところ、ステージの完売するスピードは毎回早くなっており、MMTRが第1四半期に取引所に上場するまでそう時間はかからないと予想されている。

MMTRの最終ICO価格までには、まだ40%の成長余地がある。

ミームネイター(MMTR)の詳細は公式サイトからどうぞ。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

2022年12月の注目すべきベスト暗号通貨リストでMetacadeがトップとなる?

2022年12月の注目すべきベスト暗号通貨リストでMetacadeがトップとなる?

Bitget:手数料ゼロの現物取引をグローバル展開

Bitget:手数料ゼロの現物取引をグローバル展開

ターミネーターにインスパイアされた「ミームネイター」ミームコイン市場の支配を目標に掲げる

ターミネーターにインスパイアされた「ミームネイター」ミームコイン市場の支配を目標に掲げる

2023年のベストミームコイン合戦:専門家が注目するミームネーターとグロック

2023年のベストミームコイン合戦:専門家が注目するミームネーターとグロック

チャンサーとコンフラックス:魅力的な2つの銘柄

チャンサーとコンフラックス:魅力的な2つの銘柄

Flare:7月26日に開発者向けイベントを都内で開催|CEOのHugo氏も登壇

Flare:7月26日に開発者向けイベントを都内で開催|CEOのHugo氏も登壇

注目度の高い仮想通貨ニュース

イーサリアム共同創設者「人工知能(AI)の活用」に期待示す|応用可能性のある分野は?

イーサリアム共同創設者「人工知能(AI)の活用」に期待示す|応用可能性のある分野は?

仮想通貨ニュース週間まとめ「税金関連の改正案・Visaの暗号資産換金サービス」など

仮想通貨ニュース週間まとめ「税金関連の改正案・Visaの暗号資産換金サービス」など

Cardano(ADA)が新バージョンをリリース、Render(RNDR)が2023年第4四半期レポートを発表、Pullix(PLX)に1万5000人のユーザー登録

Cardano(ADA)が新バージョンをリリース、Render(RNDR)が2023年第4四半期レポートを発表、Pullix(PLX)に1万5000人のユーザー登録

2024年:コインベースVS証券取引委員会の勝敗はビットボットなどのアルトコインを高値に押し上げる?

2024年:コインベースVS証券取引委員会の勝敗はビットボットなどのアルトコインを高値に押し上げる?

Bitcoinは6万ドル突破となるか、Bitcoin Minetrixがプレセールで1100万ドルに到達しBTSと競う

Bitcoinは6万ドル突破となるか、Bitcoin Minetrixがプレセールで1100万ドルに到達しBTSと競う

【重要】トラストウォレット「iOS版アプリの脆弱性報告」について説明

【重要】トラストウォレット「iOS版アプリの脆弱性報告」について説明

価格上昇が続くFlare(FLR)「長期的な成長に向けた複数の契約」を締結

価格上昇が続くFlare(FLR)「長期的な成長に向けた複数の契約」を締結

フレア(Flare/FLR)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

フレア(Flare/FLR)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

2月の注目ミームコイン|プレセールで430万ドルを調達したミームネーターとソラナの新銘柄マイロ

2月の注目ミームコイン|プレセールで430万ドルを調達したミームネーターとソラナの新銘柄マイロ

新規口座開設+購入で「10,000円相当のNIDT」が当たるキャンペーン開始:コインブック

新規口座開設+購入で「10,000円相当のNIDT」が当たるキャンペーン開始:コインブック

新しいSolanaミームコインSMOG、Jupiter DEXでエアドロップ・キャンペーン実施へ!

新しいSolanaミームコインSMOG、Jupiter DEXでエアドロップ・キャンペーン実施へ!

ビットコインドック、史上初のBRC-20のICOを開始

ビットコインドック、史上初のBRC-20のICOを開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す