GameFi分野の新スターMeme Kombatが800万ドルの調達を達成、完売に向かって進むプレセール

by BITTIMES

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

Meme Kombat($MK、ミームコンバット)は、ミームキャラクターがバトルアリーナで戦いを繰り広げるバトル型のエコシステムを提供していますが、プレセールで先週、800万ドルの調達を達成しました。

Meme Kombatが提供するWeb3ゲーミング・プラットフォームは、ミームバトルとしては初の取り組みとなっています。また、このプラットフォームでは、プレイヤーが$MKトークンを使ってバトルの結果を予想する形で、ゲームに参加することもできます。

このような新しいアプローチは、幅広い仮想通貨ユーザーにとってすでに魅力的なものとなっています。

Meme Kombatは、1000万ドルのハードキャップ(資金調達上限)を目標額に設定しており、資金調達のスピードは勢いを増しています。現在はプレセールの最終段階が行われていますが、投資家たちは仮想通貨ゲームの将来における自分たちのシェアを確保するために、プレセールへと急いでいます。

プロジェクトのネイティブトークンである$MKは、現在0.279ドルという低価格で販売されており、過去8週間を見てみると、資金調達の伸び率は2,500%以上となっています。

GameFiとミームコインの分野は、仮想通貨業界で今かなり注目されている分野となっています。

さらに、Meme Kombatのチームは先日、2万5000ドルのプレゼントキャンペーンを実施したことから、プレセールは完売に向けてさらに盛り上がっています。

Meme Kombatは全ての基本を押さえた唯一無二のプロジェクト

Meme Kombatでは、$MKトークンの保有者はトークンをステーキングすることで、ゲームに参加することができます。

プレイヤーは、ミームキャラクター同士のバトル結果を予想し、その予想が的中すると賞金を得られる他、プラットフォーム上での様々なアクティビティから報酬を獲得することができます。

現在の仮想通貨市場には、Meme Kombatのようなプロジェクトは他にないため、その点がプレセールの投資家へのアピールポイントの1つとなっています。

プロジェクトは、11のキャラクターからなるシーズン1で始まり、その後シーズン2が続く予定です。

Meme Kombatの画像

Meme Kombatのシーズン1は、プレセールが完売し、プロジェクトが正式に始まってから利用可能になります。

シーズン1のバトルで採用された11のミームキャラクターは、Milady・Baby Doge・Doge・Floki・Kishu・Mong・Pepe・Pepe2・Shiba・Sponge・Wojakです。シーズン2のミームキャラクターについては、シーズン1が終了する直前に発表されることになっています。

また、Meme Kombatの公式サイトでは、新しいゲームモードやパートナーシップの構築、その他魅力的な開発など、壮大な目標を掲げた将来のプランが示されています。

Meme Kombatが仮想通貨の愛好家に適している理由

仮想通貨の投資家は、大規模かつ熱心な顧客層を魅了することができる現実的なユースケース(使用事例)を持つプロジェクトに焦点を当てるようになっています。

CoinGeckoのデータによると、GameFi分野の時価総額は210億ドルです。一方で、ミームコイン分野の時価総額は206億ドルであるため、Meme Kombatは、400億ドル以上の大規模な市場をターゲットにしていることになります。

Meme Kombatのトークン総供給量は1億2000万ドルですが、そのうちの30%がステーキングおよびバトル報酬へ、10%がコミュニティ報酬へ、10%がDEX(分散型取引所)での流動性へ割り当てられています。また、プレセールではトークン総供給量の50%が、販売される予定です。

また、Meme Kombatのスマートコントラクトは、完全にセキュリティ監査されており、大きな問題は検出されていないため、参加を決める新規参入者も増えています。

Meme Kombatが持つもう1つの強みは、ソーシャルメディアで公開されているアートのクオリティです。

ミームコインが生き残っていくためには、コミュニティの活気が必要となっており、個性的でユーモアのあるMeme Kombatプロジェクトのアートワークは、新しいコミュニティメンバーを獲得する上で、非常に重要な役割を担っています。

本記事で紹介しているX(旧Twitter)の投稿においても、Meme Kombatのプロのデザイナー(および開発)チームが、ミームの流行を把握していることがわかるでしょう。

このようにMeme Kombatは、様々なミームコイン・コミュニティにアピールできるため、今後の大きな成長に期待できそうです。Pepe(ペペ)やShiba Inu(柴犬コイン)、そしてSponge(スポンジ)のフォロワーであっても、Meme Kombatは誰もが楽しめるプロジェクトとなるでしょう。

Meme Kombatの詳細を見てみる


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

返金機能付きの「次世代型資金調達システム」ダイナミックコインオファリング(DYCO)

返金機能付きの「次世代型資金調達システム」ダイナミックコインオファリング(DYCO)

ドージコインが再び上昇トレンドへ、プレセール終了後のDOGEVERSEへ高まる期待

ドージコインが再び上昇トレンドへ、プレセール終了後のDOGEVERSEへ高まる期待

チャンサーのプレセールとぺぺコイン|見逃せない2023年仮想通貨予測!

チャンサーのプレセールとぺぺコイン|見逃せない2023年仮想通貨予測!

SNS上でのミームネーターの熱が目標値1ドルに繋がる可能性を示す?

SNS上でのミームネーターの熱が目標値1ドルに繋がる可能性を示す?

SneakMart:スニーカーリセール大手「StockX」とコラボ|初のMetakicksを発売

SneakMart:スニーカーリセール大手「StockX」とコラボ|初のMetakicksを発売

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説