Nibiru Chain、開発者本位のLayer1ブロックチェーン開発に1,200万ドル調達

by BITTIMES

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

汎用Layer1のブロックチェーンのNibiru Chainは、来たるべき急成長フェーズに向けて1,200万ドルを調達した。直近の資金調達ラウンドは成功裏に終わったといっていい。

本ベンチャー投資には、Kraken Ventures、ArkStream、NGC Ventures、Master Ventures、Tribe Capital、Banter Capitalなどが名を連ねている。

Nibiruのコミュニティセールが成功を収める

Nibiru Chain 1,200万ドル調達

「Master Ventures Capital」のCIO兼パートナーであるトム・ダンリービー(Tom Dunleavy)氏は次のようにコメントしている。

Nibiruプロジェクトでは、過去数サイクルに渡って蓄積された最高クラスの技術と研究の成果を最新鋭のブロックチェーンに詰め込んだ。組み込み用開発ツールキット、使いやすいAPI、言語SDK、ネイティブオラクルを採用することで、開発者たちにとっては最高のチェーンとなったはずだ。

私たちMV Capitalは、仮想通貨普及の新次元に向けて、Nibiruとパートナーシップを結ぶことにこの上ない興奮を感じている。

CoinListで行われたNibiruのコミュニティセールでは、初期割り当て分の300万ドルがわずか9分で完売し、300万ドルの追加募集も11分で完売した。

最終的に今回の売り出しでは目標の842%の資金が調達され、42,713人の登録者と、NIBI(Nibiruネットワークにおけるステーキングおよびユーティリティトークン)の購入者を5,000人以上集めた。

次世代ブロックチェーン・アプリケーションの実装

Nibiru Chainは、革新的な技術に加え「開発者本位」と「ユーザー本位」の両立を繰り返し強調している。主要パートナーもこれに同調し、歓迎の意を表している。

「Kraken Ventures」のマネージングパートナーであるブランドン・ガス(Brandon Gath)氏は次のようにコメントしている。

Nibiruが設計したユニークなLayer1モデルをサポートできることを楽しみにしている。

本モデルでは、コアプリミティブをコア基盤と並行して開発することで、相互運用性の最大化が図られている。また、スマートコントラクトのロイヤリティメカニズムを通じて、開発者とユーザーには特別なインセンティブが与えられる。

セキュリティとパフォーマンスを優先する開発者にとっては、Nibiru Chainは最適のプラットフォームといえるだろう。毎秒4万トランザクション(TPS)、1.4秒のブロックタイム、堅牢なセキュリティを誇るNibiru Chainの汎用性は、現実世界の資産(RWA)、ゲーム、DeFiなど、あまねく分野に及ぶ。

開発者はNibiru Chainを採用すれば、CosmWasmスマートコントラクトの活用によりセキュリティを強化したり、EVMを使いやすく改善したりすることもできる。

さらに、開発者はNibiruの「開発ガス」ロイヤリティメカニズムを活用して、長期的な成長に不可欠な「持続可能なモデル」を構築することができる。繰り返しになるが、Nibiru Chainのコアコンセプトは、開発者とユーザーにとって最適な環境を構築することである。

「ArkStream Capital」のゼネラルパートナーであるアレン・スー(Allen Su)氏は次のようにコメントしている。

Nibiruの『統合されたスーパーアプリケーション』『ネイティブオラクル』『データインデックス』は、Web3プロジェクトにおける技術的な選択の困難を大幅に軽減する。

それと同時に、セキュリティインシデントの発生可能性を低くする。このことはユーザーと開発者相互の信頼を高め、Nibiruエコシステムの成長と繁栄をもたらすだろう。

今後の展望:Nibiru Chainの2024年ロードマップ

Nibiru Chainの2024年ロードマップ

2024年、Nibiru Chainはエコシステムのさらなる拡大を目指す。主な開発対象には、ゲーミフィケーションされたエンゲージメントのエアドロップ、主要な流動性センターとの統合、最上位の集権型取引所への上場、並列オプティミスティック実行の実装、完全なEVM互換性の達成など、多くのイニシアティブが含まれる。

本年は、Nibi-Perps、Nibi-Swap、NUSDなど、Nibiru ChainのフラッグシップdAppsのローンチが予定されている。これらのリリースは、ユーザーと開発者中心のプラットフォームに向けたNibiru Chainの遠大な計画の大きな節目となるだろう。

Nibiru Chainについて

Nibiru Chainは、優れたスループットと比類のないセキュリティを備えた「画期的なLayer1ブロックチェーン&スマートコントラクト」のエコシステムである。Nibiruは、開発者に誰よりもやさしく、ユーザーフレンドリーなスマートコントラクトエコシステムを目指している。

dApp開発、インフラ、コンセンサス、包括的な開発ツールキット、付加価値の追求など、スタックの各レイヤーでイノベーションを起こすことで、産業界のメインストリームでのWeb3採用に寄与すべく、業界の先頭に立っている。

Nibiru Chainの詳細はこちらをご覧ください。

【Nibiru Chain公式リンク】

【お問い合わせ先】

メディア窓口
Media@nibiru.org


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

新たな仮想通貨の大躍進:ビットコインドックが先導

新たな仮想通貨の大躍進:ビットコインドックが先導

2024年に最前線を走るミームコインプロジェクト:ミームネーター、ドージコイン、ボンク

2024年に最前線を走るミームコインプロジェクト:ミームネーター、ドージコイン、ボンク

2023年目前:これは仮想通貨市場のドージコイン・ビッグアイズコイン・テゾスにとって何を意味するのか?

2023年目前:これは仮想通貨市場のドージコイン・ビッグアイズコイン・テゾスにとって何を意味するのか?

将来を背負うミームコイン:ミームネイターとベイビードージコインの価格予測

将来を背負うミームコイン:ミームネイターとベイビードージコインの価格予測

2023-2030年のXRP価格予想とMetacade(メタケード)に注目すべき理由

2023-2030年のXRP価格予想とMetacade(メタケード)に注目すべき理由

4周年を迎えた暗号資産取引所「CoinEx」過去・現在、そして未来を探る

4周年を迎えた暗号資産取引所「CoinEx」過去・現在、そして未来を探る

注目度の高い仮想通貨ニュース

GMOコイン:法人口座で「暗号資産の預入・送付」が可能に|税制上のメリットも

GMOコイン:法人口座で「暗号資産の預入・送付」が可能に|税制上のメリットも

クジラウォレットへのSHIB流入額が「2,595%」増加|下落中に買い増しか?

クジラウォレットへのSHIB流入額が「2,595%」増加|下落中に買い増しか?

暗号資産損益計算のクリプタクト「友達招待プログラム」提供開始

暗号資産損益計算のクリプタクト「友達招待プログラム」提供開始

エイベックス松浦会長:積立投資で「100 BTC」を蓄積|ETHなどのアルトコインも保有

エイベックス松浦会長:積立投資で「100 BTC」を蓄積|ETHなどのアルトコインも保有

The Wolf Of All Streets「ビットコイン価格は240,000ドルになる」と予想

The Wolf Of All Streets「ビットコイン価格は240,000ドルになる」と予想

エアドロップに焦点を当てた新しいミームコイン「SMOG」がSOLでフェアローンチ、開始1時間で1,400%の急騰

エアドロップに焦点を当てた新しいミームコイン「SMOG」がSOLでフェアローンチ、開始1時間で1,400%の急騰

カルダノ(ADA)の開発環境が大きく変わる?大規模アップグレード「Plutus V3」とは

カルダノ(ADA)の開発環境が大きく変わる?大規模アップグレード「Plutus V3」とは

Jasmyの新たな技術活用報告|クラウド勤怠管理システム「勤労の獅子」と連携開始

Jasmyの新たな技術活用報告|クラウド勤怠管理システム「勤労の獅子」と連携開始

ミッションクリアでBTCがもらえる「Coincheckリワード」提供開始|期間限定で報酬50%増量

ミッションクリアでBTCがもらえる「Coincheckリワード」提供開始|期間限定で報酬50%増量

柴犬(SHIB)の新NFT「Sheboshis」待望のお披露目|販売分は即完売

柴犬(SHIB)の新NFT「Sheboshis」待望のお披露目|販売分は即完売

シバイヌ提携のD3「*SHIB Name Token」ローンチ日を発表|ShibArmy限定割引も

シバイヌ提携のD3「*SHIB Name Token」ローンチ日を発表|ShibArmy限定割引も

タカラトミーの鉄道玩具「プラレール」初のNFT販売開始|JR九州NFTとコラボ

タカラトミーの鉄道玩具「プラレール」初のNFT販売開始|JR九州NFTとコラボ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す