2月の注目ミームコイン|プレセールで430万ドルを調達したミームネーターとソラナの新銘柄マイロ

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

2024年がスタートした。2023年に市場を賑わせたミームコインブームは新年になっても衰える気配を見せない。市場トップレベルの仮想通貨、ソラナ(Solana)は新たにマイロ(Myro)をリリースし巻き返しを図っている。

一方、ミームネーター(Memeinator)はプレセールで430万ドルを調達するという偉業を成し遂げ、複数のメディアから高い評価を得ている。

熱心なコミュニティの後ろ盾を持つミームネーター、チームが掲げるビジョンは多くの賛同を得ておりXのフォロワーは9万人を超えている。また、プレセールステージは平均6日で完売しており、20ラウンドを予定しているICOは、すでにステージ14まで来ている。

現在、一部のアナリストは、ミームネーターが2024年に大きな成長を見せる可能性、マイロにどう対抗していくのか注目している。

ミームネーターとは?

スーパーヒーローミームへの仲間入りを果たすために立ち上げられたミームネーター。この暗殺マシンは市場に蔓延る劣悪コインをこの世界から排除するため、2077年から舞い降りた。

アクション映画「ターミネーター」からヒントを得たブランディングにより、数多くの仮想通貨投資家の想像力を掻き立てている。ビットコインの半減に伴い予想される強気相場。ミームネーターの準備は既に整っている。今後、プロジェクトの成長スピードは一気に加速するだろう。

チームは、ユーザーがミームネーターを操り敵コインを打ち倒していく戦闘ゲーム「ミーム戦争」を開発中だ。さらに、今年最高のミームコインの1つになるという目標を掲げ、秘密裏で開発されているNFTコレクションと、時価総額10億ドルを目指すというミッションも同時に進行している。

ミームネーターの機能とは?

ミームコイン分野は、現在約200億ドルの評価を受けている。ミームネーターはこの活発な市場に参加し、トップミームコインの仲間入りをすることを目指して日々成長している。

ミームネーターのプロジェクトチームは、トークノミクスの開発に時間を費やしておりMMTRの7.5%分は特別オファーとコンペティションに割り当てられる。

一等賞品はなんとヴァージンギャラクティック社(Virgin Galactic)による25万ドルの宇宙旅行だ。また、10万ドル分のMMTRプレゼントキャンペーンも進行中で、10名の幸運な当選者は、1万ドル分のMMTRをエアドロップを介してゲットできる。

MMTRプレセール終了後に予定されている四半期ごとのトークンバーンは、ミームネーターのトークノミクスにおける重要なポイントだ。これは市場で利用可能なトークンの供給量を抑えることで、通貨の価格を高く維持する。また、チームは、コミュニティとの協議の末ICO期間中に6ステージ分のトークン(約1億3,000万MMTR)を焼却し大成功を収めた。

ミームネーターは、高い技術力によりAI技術をうまく組み込んでいる。ミーム戦争と連動するウェブスクレイピングツールのミームスキャナー(Memescanner)は、AI技術によりツイッター(Twitter)APIやOpenAIなどのリソースを利用し、ウェブ上の劣悪ミームコインを探し出す。これらのコインは、ゲーム内に送られプレーヤーに打ち砕かれる運命を辿る。

このゲームは、厳密にはGameFiではない。しかし、プロジェクトが提供する体験は、市場を席巻するGameFiトレンドに乗じたものである。

チームは約束の達成に重点を置いているため、MMTRの保有者はこのプロジェクトから実用的な価値を得られるだろう。活発な動向を見せる市場環境が、ミームネーターを10億ドルの時価総額まで押し上げてくれそうだ。この業界では、時に反逆者が頂点に立つことがあるようだ。

ミームネーターの価格予測

ミームネーターが偉業への道を歩み始めた今、通貨の成長ぶりはすでに多方面からの注目を集めている。アナリストは、20ラウンドのプレセールが終了し、MMTRが主要取引所で取引されるようになれば成功への道がさらに開けると主張している。

MMTRステーキングプールは、コイン保有者に最大45%という魅力的なAPYを提供する。受動的収入、卓越したトークノミクス、技術革新の詰まったパッケージ、そして支援コミュニティの多大なサポートにより、ミームネーターが2025年までに、初期投資家たちの期待に沿う結果をもたらす可能性を専門家は示唆している。

差し迫った強気相場とアルトコインのシーズンの到来により、市場全体が本格的な値動きの入り口に立っているという事実を考慮すると、ミームネーターが今後成長していく可能性はある。しかし、マイロのパフォーマンスを考慮すると、ミームネーターがより有望な理由が見えてくるようだ。

マイロとは?

ミームネーターとは対照的に、2024年初頭にソラナの価格が1ヶ月で約27%の下落を見せた後、アナリストはこの通貨の予測修正に見舞われた。不運を覆そうと、ソラナは最近新たなミームコインをリリースした。これにより、ソラナが作り上げたミームの犬小屋にサモエドコイン(Samoyedcoin)とボンク(Bonk)に続く、新顔のマイロが加わった。

ソラナの共同創設者の1人である ラジャ・ゴカル(Raj Gokal)の愛犬にちなんで名付けられたマイロの主な魅力は、最新かつホットなソラナプロジェクトを紹介するテレグラムボット「ソラナバイボット(Solana BuyBot)」だ。これには、エコシステムへの新たな参加者を増幅させる狙いがあるようだ。

マイロは、当初こそ注目されていたものの最近は大幅に低迷し、現在はATHの0.2670ドルより26%近く低い価格で取引されている。

マイロ価格予測

マイロは、ソラナが鋳造したミームコインラインの最新作だ。実際、マイロの価格動向に目を向ける専門家は、すでに最良期を迎えたのではと考察しているようだ。エコシステムが限られており、広大な市場を前にソラナ社内の他のコインと競い合っているマイロ。

一部の投資家は、今年末までに0.40ドルをゴールとして進むのではないかと予測しているようだ。

ミームネーターは2024年注目の仮想通貨?

ミームネーターは、包括的なユースケース、優れた実用性、卓越したトークノミクスを掲げている。結果、2024年トップレベルのミームコインを求める投資家にとって、ミームネータープレセールは見逃せないチャンスとなるだろう。

現在、通貨の価格は0.0208ドルで、残りトークンはわずか150,862,069と限られている。ICO終了後、第一四半期に突入し、通貨が上場を見せる前に参加できる時間は刻一刻と少なくなっている。

マイロが1月に約750%の利益をあげたことを考慮すると、ミームネータープレセールにも可能性があると言えるだろう。2024年はミームネーターから目が離せない。現在プレセールに参加している投資家たちの期待に応える成長を見せるかもしれない。

ミームネイター(MMTR)の詳細は公式サイトからどうぞ。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Bitget「KCGI 2022:王座の呼び声」5月9日開幕へ|初の紹介プログラムも開始

Bitget「KCGI 2022:王座の呼び声」5月9日開幕へ|初の紹介プログラムも開始

【BQT取引所】仮想通貨FXに特化した「P2Pヘッジ取引プラットフォーム」

【BQT取引所】仮想通貨FXに特化した「P2Pヘッジ取引プラットフォーム」

アナリストの見解:柴ミームとチンプジーの未来は?

アナリストの見解:柴ミームとチンプジーの未来は?

Bitget:今後1ヶ月で「130以上の新規Web 3プロジェクト」を上場予定

Bitget:今後1ヶ月で「130以上の新規Web 3プロジェクト」を上場予定

EOS(イオス)の価格予測:メタケード(Metacade)への投資が注目される理由

EOS(イオス)の価格予測:メタケード(Metacade)への投資が注目される理由

暗号資産デリバティブ取引所「Overbit(オーバービット)」とは?基本情報・特徴・登録方法などを解説

暗号資産デリバティブ取引所「Overbit(オーバービット)」とは?基本情報・特徴・登録方法などを解説

注目度の高い仮想通貨ニュース

カルダノ(ADA)の開発環境が大きく変わる?大規模アップグレード「Plutus V3」とは

カルダノ(ADA)の開発環境が大きく変わる?大規模アップグレード「Plutus V3」とは

ディープコイン(DEP)をお得に増やすチャンス|ビットポイントがキャンペーン開始

ディープコイン(DEP)をお得に増やすチャンス|ビットポイントがキャンペーン開始

Astar zkEVM「デロイトトーマツ・スポーツ庁」でも技術活用|NFT開発ツールを拡張

Astar zkEVM「デロイトトーマツ・スポーツ庁」でも技術活用|NFT開発ツールを拡張

エコフレンドリーな仮想通貨eTukTukがプレセールで50万ドルを調達、EV分野に特化したサステイナブルなエコシステムとは?

エコフレンドリーな仮想通貨eTukTukがプレセールで50万ドルを調達、EV分野に特化したサステイナブルなエコシステムとは?

Shibarium関連のデータ収集に便利「CoinGecko」掲載トークン数は24種類に

Shibarium関連のデータ収集に便利「CoinGecko」掲載トークン数は24種類に

Cardano(ADA)が新バージョンをリリース、Render(RNDR)が2023年第4四半期レポートを発表、Pullix(PLX)に1万5000人のユーザー登録

Cardano(ADA)が新バージョンをリリース、Render(RNDR)が2023年第4四半期レポートを発表、Pullix(PLX)に1万5000人のユーザー登録

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA」などで注目記事多数

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA」などで注目記事多数

注目の新たな仮想通貨:ビットボットの成長が期待される理由

注目の新たな仮想通貨:ビットボットの成長が期待される理由

日本円・米ドルステーブルコインの「GYEN・ZUSD」Solanaネットワークで提供開始

日本円・米ドルステーブルコインの「GYEN・ZUSD」Solanaネットワークで提供開始

Astar Network:韓国の「DeSpread」と業務提携|東アジア主導でWeb3の普及推進

Astar Network:韓国の「DeSpread」と業務提携|東アジア主導でWeb3の普及推進

GMOコイン:法人口座で「暗号資産の預入・送付」が可能に|税制上のメリットも

GMOコイン:法人口座で「暗号資産の預入・送付」が可能に|税制上のメリットも

カード型ウォレット提供するTangem、柴犬レイヤー2「Shibarium」サポートへ

カード型ウォレット提供するTangem、柴犬レイヤー2「Shibarium」サポートへ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す