新記録更新、ミームネーターがプレセールで450万ドルを上回る

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

仮想通貨市場が新たな記録を打ち立てる中、多くの投資家がポートフォリオにミームネーター(Memeinator)を追加している。この新仮想通貨は、ミームコイン市場に革命を起こすと言われており、野心的な目標と現状を打破する可能性に注目が集まっている。

ここでは、ミームネーターをトップ銘柄として際立たせているポイント、市場を支配するための戦略的計画、そして2024年のMMTRプレセールトークンにまつわる推測を明らかにしていく。現在、ミームネーターは450万ドルを調達し、10万人以上のツイッター(Twitter)コミュニティメンバーを抱えている。

ミームネーターに注目している専門家によると、この通貨は今後大きな成長を見せる可能性を秘めているとのことだ。詳しい理由は以下を読み進めてほしい。

ミームネーターとは?概要を徹底的に説明

ミームネーターは、実用性に欠ける劣悪ミームコインを探し出し、破壊することを目的とした通貨である。映画「ターミネーター」にインスパイアされて誕生したこの暗殺マシンは、劣悪なミームコインを市場から一掃するため2077年から舞い降りた。

仮想通貨シーンは、ミームネータープレセールにより興奮状態となっている。今後のブルランで大きな成長を成し遂げると予想されているこのプロジェクト。どうやら、この潜在的な可能性を利用しようと躍起になる投資家たちのFOMOを誘発しているようだ。

2024年4月、ビットコインの半減による強気相場が予測される中、投資家たちは市場が大きく動き出す前にポジションを確保しているようだ。ミームコイン市場において突破口として位置付けられるミームネーター。キャッチーなバイラルミーム文化と未来的な物語の融合で注目を集めており、投資家の目を釘付けにしている。

ミームネーターがトップ仮想通貨として急成長している理由の1つとして、AI搭載のインタラクティブゲームがある。これは、ゲーム要素をシームレスに価値提案に取り入れており、ミームコインの多様化を目指すGameFiファンをも惹きつけている。

プロジェクトが提供するゲーム、ミーム戦争(Meme Warfare)は仮想戦場でプレーヤーがミームネーターを操る没入型戦闘ゲームだ。ユーザーはさまざまな戦闘シナリオに参加しアツいバトルを繰り広げることができる。

ここで肝となるのが、AI搭載のウェブスクレイピングツール、ミームスキャナー(Memescanner)だ。これは、インターネット上で価値の低いミームコインを探索し、敵としてゲームに送り込む役割を果たす。

このゲームは厳密にはGameFiではない。しかしながら、この体験はGameFiと似た点が多く、この分野の成長予測から恩恵を受けると期待されている。

最近、ミームネーターチームは、レッド・アップル・テック (Red Apple Tech)と提携してミーム戦争の制作をすると発表した。12年以上の経験を持つこのスタジオは、ゲーム・メタバース・AR・VRを専門としている。4,000万以上のダウンロード実績を持つため、ミームネータープロジェクトのビジョンを実現する上で理想的な企業だと言える。更なる情報は、ミームネーターチームのAMAで閲覧可能だ。

450万ドルを調達する中、プレセールはクライマックスに差し掛かり、仮想通貨トレーダー、ポップカルチャーファン、精通した投資家の間でFOMOが激化している。単なるミームコインにとどまらず、ミームネーターはWeb3内の多くの業界と関連しているため、今後12ヶ月で爆発的な成長を遂げると期待されている。

ステーキング機能や、MMTR保有者限定の未公開NFTプロジェクトなどを誇るミームネーター。市場アナリストの予測によると、ミームネーターは大きな成功を収めるための十分なポジションに位置している。そのため、投資家はイベントが終了する前に残りの32.73%から価格上昇のチャンスを得られる可能性がある。

ミームネーターのビジョン、25万ドルの賞金

ミームネーターは他のトークンとは異なり、実用性と持続可能な成長に焦点を当てている。これにより、投資家を効果的に惹きつけ真の関心を獲得しているようだ。トレーダーの興奮は、最大45%のAPYという寛大なステーキング報酬と今後のNFTプロジェクトを取り巻く期待によって更なる盛り上がりを見せている。

また、トップクラス通貨としての地位を固め長期的な上昇を目指すため、デフレ型トークン焼却メカニズムを採用している。加えて、人気プラットフォームやインフルエンサーとの提携も計画している。

このプロジェクトのトークノミクスはうまく設計されている。幅広い知名度を確保するため、マーケティングキャンペーンと取引所への上場に予算の15%が充てられている。また、7.5%以上が競争プールに割り当てられており、優勝賞品はなんと、ヴァージン・ギャラクティック(Virgin Galactic)社による25万ドルの宇宙旅行である。

ミームネーター:どこまで成長できるのか?

ミームネーターは2024年に向けて野心的な成長目標を設定しており、MMTRトークン1枚あたり1ドル、時価総額10億ドルの達成を目指している。2024年にはビットコイン(BTC)の半減期が到来するため、2025年には強気相場が到来する可能性があると期待されている。これを考慮した場合、ミームネーターの発売タイミングは完璧だ。

専門家はMMTRのバイラルな可能性を慎重に評価しており、2024年に0.50ドルの大台に乗り、5億ドルの時価総額を達成することが可能だという見解を示している。

また、次の強気相場に勢いがつけば、ミームネーターはトップクラスの投資先となり、1トークンあたりの価値は1ドルとなり10億ドルの時価総額のマイルストーンを達成することになるという予測もある。これが現実となった場合、初期投資家は100倍の利益を得ることになる。

ミームネーターの価格はドージコイン(Dogecoin)の価格パフォーマンスと類似している。ドージコインは本質的な価値がないにも関わらず市場最安値から90,000% の上昇を見せている。同様に、2023年にリリースされたミームコイン、ボンク(BONK)は、市場最安値から現在約11,500%上昇している。

このことから、アナリストや投資家は、ミームネーターが提供する潜在的な利益に大きな期待を寄せている。その実用性と投資家からの認識により際立つこのプロジェクト。プレセールで人々の興奮を煽っているようだ。

ミームネーターは良い投資先と言えるのか?

プレセールが終わりに近づくにつれ、世界中の人々が迅速に行動する必要性を強く感じている。ミームネーターは特別な投資機会だ。無価値ミームコインを無慈悲に征服し、時価総額10億ドルを達成するまでその歩みを止めないこの暗殺マシン。大きな注目を集めている理由もわかる。

ミームネーターのバイラル性は強力だ。最近、チームはユニークな宣伝活動で大きな注目を集めた。なんと、イーロンマスク(Elon Musk)の注意を引くことを目的に、スペースXのオフィス近くに看板を設置したのだ。この動きは世界中に知れ渡り、ツイッターでは「#Memeinator」のハッシュタグがトレンド入りする結果となった。

プレセールトークンの残りは129.310.345のみとなっており、第1四半期には終了する予定だ。GameFiのような没入感のある体験と、最大45%のAPYで卓越したステーキング機会を提供するミームネーター。フレッシュでワクワクの止まらないこの仮想通貨プロジェクトに注目してみてはいかがだろうか。

MMTRの詳細はミームネーター公式ウェブサイトをチェック。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

2023年におすすめな関連銘柄4選|どの通貨に注目すべきなのか

2023年におすすめな関連銘柄4選|どの通貨に注目すべきなのか

2024年:コインベースVS証券取引委員会の勝敗はビットボットなどのアルトコインを高値に押し上げる?

2024年:コインベースVS証券取引委員会の勝敗はビットボットなどのアルトコインを高値に押し上げる?

ミームネーターとフュージョニストは2024年の投資機会になる?

ミームネーターとフュージョニストは2024年の投資機会になる?

3人のクリプトインフルエンサーがXRP価格とXRP20のパンプについて議論

3人のクリプトインフルエンサーがXRP価格とXRP20のパンプについて議論

Metacade(MCADE)のようなブロックチェーンゲームのプラットフォームがプレイヤーの間で注目を集めています!

Metacade(MCADE)のようなブロックチェーンゲームのプラットフォームがプレイヤーの間で注目を集めています!

UAE政府とヴェノム財団「国家カーボンクレジット制度」の立ち上げに合意

UAE政府とヴェノム財団「国家カーボンクレジット制度」の立ち上げに合意

注目度の高い仮想通貨ニュース

Web3時代の新たなPR活動を推進「Support to Earn(S2E)」を発表:フィナンシェ × Where Verse

Web3時代の新たなPR活動を推進「Support to Earn(S2E)」を発表:フィナンシェ × Where Verse

Flare:世界初のコンプライアンス準拠型分散型先物プロトコル「XDFi」を発表

Flare:世界初のコンプライアンス準拠型分散型先物プロトコル「XDFi」を発表

Google:米国で「現物ビットコインETFの広告」を許可|BlackRock・VanEckは宣伝を開始

Google:米国で「現物ビットコインETFの広告」を許可|BlackRock・VanEckは宣伝を開始

柴犬のバーン運動はコミュニティでも「Shib Dream NFT」が合計10億SHIBを焼却処分

柴犬のバーン運動はコミュニティでも「Shib Dream NFT」が合計10億SHIBを焼却処分

1.5兆ドル運用の米資産運用会社「現物イーサリアムETF」を申請|申請企業は8社に

1.5兆ドル運用の米資産運用会社「現物イーサリアムETF」を申請|申請企業は8社に

ビットコイン価格は半減期後「4倍」になる?SkyBridge創設者の価格予想

ビットコイン価格は半減期後「4倍」になる?SkyBridge創設者の価格予想

仮想通貨DEPが稼げる対戦バトルゲーム「BouncyBunny」リリース

仮想通貨DEPが稼げる対戦バトルゲーム「BouncyBunny」リリース

日本の投資家とミームネーター:2024年、仮想通貨ブームの波に乗れるか?

日本の投資家とミームネーター:2024年、仮想通貨ブームの波に乗れるか?

Aptos提携の格安Web3スマホ「JamboPhone」とは?特徴・機能・販売価格など

Aptos提携の格安Web3スマホ「JamboPhone」とは?特徴・機能・販売価格など

Decentraland「スマホアプリ公開」は近い?モバイル版のデモ映像公開

Decentraland「スマホアプリ公開」は近い?モバイル版のデモ映像公開

SolanaのミームコインSmogがエアドロップで数千人を魅了、ステーキングでは42%と高いAPYを提供

SolanaのミームコインSmogがエアドロップで数千人を魅了、ステーキングでは42%と高いAPYを提供

ステラ(Stellar/XLM)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ステラ(Stellar/XLM)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す