ミームネーター:ChatGPTが2024年に大きく成長する可能性を予測?

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

AIの進化は止まることを知らない。今や、新通貨の価格予測や優良銘柄探しの手助けを人工知能に求めることは当たり前の時代となった。今回この記事を執筆するにあたり、ホワイトペーパーの内容と価格の動きをChatGPTに入力し結果を分析した。そこで、あるミームコインが成長していく可能性について回答を得た。

CharGPTが2024年、大きく成長するのではと予測するミームコイン、ミームネーター。このプロジェクトは、現在ICOステージ15で0.022ドルで売り出されており、これまでに473万ドルを調達している。

ミームコイン市場の歴史を塗り替え、時価総額10億ドルを達成することを目標として掲げるミームネーター。ChatGPTがこの通貨を評価している理由を以下にまとめた。

ミームネーターとは?

2024年、市場には毎日のように新たなミームコインが登場している。ミームネーターは、そんなミームコイン市場に蔓延る劣悪コインを成敗するため2077年から送り込まれた。時価総額10億ドル達成までその歩みを止めないこの暗殺マシン。模造品で溢れかえるこの世界に光をもたらす存在だ。

先日ミームネーターは、有名ゲームスタジオのレッド・アップル・テック(Red Apple Tech)との提携を発表した。チームは、GameFi分野の今後の成長の波に乗るべく、没入型シューティングゲームの制作に取り掛かっている。

ミーム戦争(Meme Warfare)と呼ばれるこの戦闘ゲームは、ミームネーターを操り劣悪コインを打ち倒していくというものだ。これは、AI搭載ツールのミームスキャナー(Memescanner)がウェブ上から粗悪コインを探し出し、ゲームに投入することで実現する。

ミームネーターは、ゲーム、AR/VR、メタバースにおいて、4,000万ダウンロードを誇るレッド・アップル社の専門知識を活用している。どうやら、投資家に驚きの価値を提供する下調べを行っているようだ。パートナーシップの詳細は、ミームネーターのAMAで確認できる。

このパートナーシップは、ミームネーターの継続的な成長に不可欠だ。一方でプロジェクトのX(旧Twitter)のフォロワーは今や10万人を優に超えている上、テレグラム(Telegram)やディスコード(Discord)でもその存在感を示している。

ミームネーターのアプローチにおいてもう1つ重要な側面は、卓越したデフレトークノミクスだ。MMTRの総供給量は10億枚で、開発チームは四半期ごとのトークン焼却に取り組んでいる。

これは、公開市場での全体的な供給を制限しながら価格の上昇の勢いを維持するのに役立つ。実際、すでに1億2,900万枚以上のコインが焼却されており、ICOにおける投資家の関心を高めているようだ。

トークンの15%はチームがパートナーシップを結ぶ際のマーケティングに充てられる。また、全体の供給量の7.5%はヴァージン・ギャラクティック(Virgin Galactic)社が提供する25万ドル相当の宇宙旅行などの賞品に使われる。

プロジェクトに貢献するユーザーのため、チームは最大45%のAPYをもたらすステーキング機能も提供している。ChatGPTがミームネーターを2024年の有力候補の1つとして挙げるのも不思議ではない。

締め切りが近づくプレセール、投資家のFOMOを誘発する?

ICOで好調な売れ行きを見せるミームネーターは、投資家のFOMOを誘発しているようだ。各ステージでの完売スピードは日を追うごとに加速している。プレセールは現在ステージ15にあり、 0.022ドルで入手可能だ。このイベントから得られる含み益は32.73%と残り少なくなっている。

2023年10月に1,000万ドルの時価総額からわずか2ヶ月で15億ドルまで急成長を見せたボンク(Bonk)や、ローンチから数週間で10億ドルの時価総額を達成したぺぺ(Pepe)の驚異的パフォーマンスはまだ記録に新しい。これを踏まえた上で、優れたサービス、トークノミクス、説得力のある物語を提供するミームネーターが英雄たちの後を辿れる可能性はあると言えるのかもしれない

さらに、ビジネス・リサーチ・インサイト(Business Research Insights)では、ミーム戦争は厳密にはGameFiゲームでないものの、2031年までに900億ドルに達すると予測されるGameFi分野の成長トレンドに乗ることができると紹介されている。これが実現した場合、時価総額10億ドルへの道はさらに近くなりそうだ。

ChatGPTによる価格予測

ChatGPTに新仮想通貨の予測を依頼した結果、ミームネーターも期待ができそうな銘柄の1つであると回答した。ホワイトペーパーを深く掘り下げた結果、この通貨が市場に出回ればもしかしたら大きな飛躍をみせる可能性はあるとのことだ。

本稿執筆時点で、ミームコイン市場は200億ドル以上の価値がある。ChatGPTはミームネーターをポジティブな破壊者として見ているようだ。「これは、単なる仮想通貨ウェーブではない。デジタル世界を圧巻する可能性のある津波だ。ミームネーターはミーム文化と高度テクノロジーの融合で新たな道を切り開くかもしれない。」との回答も得られた。

ミームネーターはその実績に満足することを拒み、絶妙なマーケティングキャンペーンで大物をターゲットにしている。最新のターゲットは、イーロン・マスク(Elon Musk)でありチームは最近、スペースXの本社近くに広告看板を設置した。これは、ツイッター上で「#Memeinator」がトレンド入りするという快挙となった。

ミームネーターは注目の仮想通貨?

ミームネーターは、近年登場した仮想通貨の中でも注目の銘柄の1つと言えるのかもしれない。ミームコイン業界に革命をもたらすこのコインは、ミームコインファンの希望の光となれる可能性もありそうだ。

ChatGPTは「大きな成長をとげる可能性はあるため、投資機会の1つとして検討してみてもいいのかもしれない。」との見解を述べている。

ICOの終了が近づくにつれ、トークンを0.022ドルで手に入れられるチャンスは急速に狭まっている。ChatGPTのみでなく、一部の専門家もMMTRトークンは2024年第一四半期に上場したのち、飛躍していく可能性はあると予測しているようだ。

MMTRの詳細はミームネーター公式ウェブサイトをチェック。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨の冬に終わりの兆し|アルトシグナルズの新しい銘柄ASIが注目を集めている理由

仮想通貨の冬に終わりの兆し|アルトシグナルズの新しい銘柄ASIが注目を集めている理由

Big Eyes Coinはソラナ・ビットコインのような「仮想通貨の巨人」になれるか?

Big Eyes Coinはソラナ・ビットコインのような「仮想通貨の巨人」になれるか?

Wall Street Memes(WSM)とは?ウォール街の巨人に立ち向かうミームプロジェクトを紹介

Wall Street Memes(WSM)とは?ウォール街の巨人に立ち向かうミームプロジェクトを紹介

2023年10月:成長が期待されている4つの仮想通貨プロジェクト

2023年10月:成長が期待されている4つの仮想通貨プロジェクト

Bitget:暗号資産トレーダーを募集中!最大10%のコピートレード収益が貰えます!

Bitget:暗号資産トレーダーを募集中!最大10%のコピートレード収益が貰えます!

ヴェノム・ベンチャーファンドがエバースケール・ブロックチェーンに500万ドルの戦略的投資を実施

ヴェノム・ベンチャーファンドがエバースケール・ブロックチェーンに500万ドルの戦略的投資を実施

注目度の高い仮想通貨ニュース

ロバート・キヨサキ氏「4月までに10ビットコイン購入予定」強気な価格予想も

ロバート・キヨサキ氏「4月までに10ビットコイン購入予定」強気な価格予想も

価格下落が続くビットコイン、著名アナリストが注目するサポートラインは?

価格下落が続くビットコイン、著名アナリストが注目するサポートラインは?

ソニー銀行「ステーブルコイン発行に向けた実証実験」を正式発表|Polygon・SettleMintと協力

ソニー銀行「ステーブルコイン発行に向けた実証実験」を正式発表|Polygon・SettleMintと協力

「SHIBは買い」ビットコイン初期投資家ダヴィンチ・ジェレミー氏が支持

「SHIBは買い」ビットコイン初期投資家ダヴィンチ・ジェレミー氏が支持

BCG大手MOBOX:3月29日「$MDBLのフェア・ローンチ」開始予定!

BCG大手MOBOX:3月29日「$MDBLのフェア・ローンチ」開始予定!

ビットコインを通貨として使用する「ブラジル3つの観光都市」Coinext報告

ビットコインを通貨として使用する「ブラジル3つの観光都市」Coinext報告

OKCoinJapan:アプトス(APT)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

OKCoinJapan:アプトス(APT)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

4月に注目したいソラナ系・イーサリアム系の新しいミームコインとは?

4月に注目したいソラナ系・イーサリアム系の新しいミームコインとは?

TikTok関連企業が「Suiブロックチェーン」を採用|BytePlus・Mysten Labsが提携

TikTok関連企業が「Suiブロックチェーン」を採用|BytePlus・Mysten Labsが提携

dHealth Network(DHP)「COSMOS版のブロックチェーンエクスプローラー」が登場

dHealth Network(DHP)「COSMOS版のブロックチェーンエクスプローラー」が登場

99BTCのプレセールがスタート! 大口投資家たちが注目している革新的なLearn-To-Earnトークンとは?

99BTCのプレセールがスタート! 大口投資家たちが注目している革新的なLearn-To-Earnトークンとは?

世界初のブロックチェーンを旅するドージ「Dogeverse」がプレセール開始!数分で25万ドル調達

世界初のブロックチェーンを旅するドージ「Dogeverse」がプレセール開始!数分で25万ドル調達

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す