半減期前のラリーでKaspaとSolanaが調整か、Bitcoin Minetrixは上昇傾向

by BITTIMES

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

2月14日、Bitcoin(BTC、ビットコイン)が待望の5万ドルを突破し、市場では仮想通貨に対する楽観的な見方が再び強くなっています。Bitcoinが最後にこのマイルストーンを達成したのは2021年12月で、それから2年経過し、多くのことが変わりました。

Bitcoinがラリー(上昇)を先導する中、Solana(SOL、ソラナ)やKaspa(KAS、カスパ)のようなアルトコインがより勢いのある上昇を見せたことで注目を浴びています。

興味深いことに、仮想通貨のトレーダーは今週、Bitcoin Minetrix($BTCMTX、ビットコイン・マイントリックス)Smog($SMOG、スモッグ)のような、さらに勢いのある新しいトークンを注視しており、Bitcoinの半減期前のラリーに乗ろうと参入を検討しています。

前回とは異なるBitcoinを取り巻く状況

前回Bitcoinが5万ドルの大台を超えた時は、仮想通貨の長く厳しい冬が市場を襲いましたが、今回は、明るい見通しとなっています。

今回BTCが5万ドルを突破することができたのは、複数の理由があると考えられていますが、その中でも、潜在的な機関投資家からの需要、悲観的なこれまでの金利政策、4月に予定されているビットコインの半減期が重要視されています。

恐怖&強欲指数の画像

仮想通貨市場へ機関投資家を受け入れることに対する楽観的な議論が、市場への新しい流れを引き起こしており、BTCの値動きをさらに後押しすることが予想されています。

業界のトップや市場アナリストたちは、BTCは今年10万ドルまで高騰する可能性があり、2025年には20万ドルにまで到達するポテンシャルがあると予想しています。

ビットコインETFの承認に加えて、最近のブルラン(強気相場)に大きな影響を与えているのが、マクロ経済状況の不透明な見通しです。

このまま予想されている通りに状況が悪化すれば、今後数週間で仮想通貨市場へ新たな投資家が集まるかもしれません。

eToroの市場アナリストであるJosh Gilbert氏(ジョシュ・ギルバート)によると、2024年にFRB(米連邦準備制度理事会)が4~5回の利下げを予定しており、資産の希少性を高める4回目のビットコイン半減期が計画されていることと、ローンチ後わずか数週間で数十億ドルが流入したビットコインETFのポテンシャルが高いことで、仮想通貨市場にさらなる資金が流入するだろうと考えられています。

さらに重要なのは、Bitcoinの半減期がブルランのきっかけになることが、これまでのデータで証明されているため、今回の半減期でもブルランが起きる可能性は非常に高いということです。半減期では、マイニング報酬が現在の半分となり、その結果としてBTCの価値が上昇します。

SolanaとKaspaは高騰で価格の調整へ

SolanaとKaspaは、半減期前のブルランで最も大きく上昇した2つの仮想通貨となっています。

Solanaは1週間で18%急騰し、時価総額は495億ドル、価格は114ドルという素晴らしい成績を記録しました。

SOLはまだ勢いがありますが、今後数日でその勢いは弱まるだろうと考えられています。Solanaが仮想通貨の時価総額ランキングで4位に躍り出たことは、短期投資家やトレーダーにとっては高い代償となりました。

一方で、長期投資家はそれらのトークンを堅く保有しており、年末までに200ドルに達するとして期待しています。

プロジェクトのエコシステムの開発と拡大における競争力は、今後も値動きに弾みをつけるでしょう。特にSolanaを搭載したデバイスに対する関心の高まりは、社会的な盛り上がりを促進するかもしれません。

Kaspaは、ここ数週間で印象的な動きを見せています。

Kaspaの価格チャート画像

Kaspaは市場で大きな話題になっていますが、トレーダーがより効率よく利益を得るために代替品を模索し始めているため、今後数日は油断できない状況となっています。

プロジェクトのファンダメンタル分析によると、今後数週間の値動きはあまり期待できないかもしれませんが、社会的センチメント(心理)は回復力を示してしています。

SolanaとKaspaへの有利なエントリーポイントを求める長期投資家は、このような価格調整によって、2月後半によりよい価格を期待できるかもしれません。

SMOGが再びラリーを開始

ミームコイン市場では、SMOGがSolanaでの大規模なエアードロップ・イベントを控えているため、100%~250%まで上昇するポテンシャルがあります。

SMOGはすでに33%上昇していますが、投資家から待ち望まれているエアドロップは、さらなる上昇の可能性を高めています。

ドラゴンをテーマにしたSolanaコインであるSMOGは、次の相次ぐラリーWIF(ドッグウィファット)とBONK(ボンク)を追い抜くだろうと予想されています。

プレセールをしないままいきなりローンチ(発売)をするステルスローンチ後に、SMOGは一時約4,700%まで急騰し、時価総額を5,000万ドルに押し上げました。

SMOGの価格チャート画像

時価総額の低いBitcoin MinetrixとeTukTukが話題に

Bitcoin Minetrixは、ビットコインのマイニングへのアクセスをシンプルにしたStake-to-Mine(ステーク・トゥ・マイン)を提供する仮想通貨で、半減期前のラリーに乗っています。

Bitcoin Minetrixの画像

BTCMTXのプレセールは、Bitcoinが5万ドルに近づく中で、1,000万ドルのマイルストーンを突破しました。

このプロジェクトのステーキング・ダッシュボードは、Bitcoinマイニングの知識やまとまった資金を用意するのが難しい個人でも利用しやすいようになっており、ユーザーは$BTCMTXトークンをステーキングすることで、BTCマイニング報酬を得ることができます。

また、マイニングクレジットの報酬は、取引不可能なERC20トークンで支払われるため、ハッキングや盗難のリスクを回避でき、安全性が高いです。それらのクレジットを焼却することでマイニング報酬を獲得できるようになっています。

ダッシュボードはまだ稼動していませんが、プレセールに参加した投資家はパッシブ(受動的)・ステーキングシステムで購入したクレジットを使うことが可能です。

eTukTuk($TUK、イートゥクトゥク)のネイティブトークンである$TUKは、今週のトレンドになっているもう1つの仮想通貨です。

eTukTukの画像

このEV(電気自動車)のエコシステムは、発展途上国向けに設計されており、人気の高い三輪タクシーであるトゥクトゥクに焦点を当てています。

AIとブロックチェーン、そして高度なEV技術を組み合わせたeTukTukは、従来のトゥクトゥクに代わるエコフレンドリーでコスト効率の高い選択肢を提供しています。

合理的な設計や、運用・メンテナンスコストの削減、AIの融合、大幅な収入増加のポテンシャルによって、市場に大きな影響を与える可能性が高いと考えられています。

Bitcoin Minetrixと同様に、eTukTukは時価総額が低いため、今後の大きな成長が期待できる仮想通貨の1つとなっています。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Poodl Inuの急成長に投資家が期待、POODLはミームコイン市場のスターになれるのか?

Poodl Inuの急成長に投資家が期待、POODLはミームコイン市場のスターになれるのか?

専門家が注目する2023年の投資銘柄|VC Spectra(SPCT)が業界に革命を起こす?

専門家が注目する2023年の投資銘柄|VC Spectra(SPCT)が業界に革命を起こす?

2022年12月の注目すべきベスト暗号通貨リストでMetacadeがトップとなる?

2022年12月の注目すべきベスト暗号通貨リストでMetacadeがトップとなる?

ポルカドット、ソラナ、そしてメタケード(MCADE)はサム・バンクマン・フリードの逮捕騒動を経て、どう動くのか

ポルカドット、ソラナ、そしてメタケード(MCADE)はサム・バンクマン・フリードの逮捕騒動を経て、どう動くのか

リップルとSECの訴訟と先行発売中の注目銘柄メタケード

リップルとSECの訴訟と先行発売中の注目銘柄メタケード

GOLFINとは?NFTとGPSを組み合わせた世界初のNFTゴルフゲームを紹介

GOLFINとは?NFTとGPSを組み合わせた世界初のNFTゴルフゲームを紹介

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコイン「60,000ドル台まで価格急落」今後はどこまで下がるのか?

ビットコイン「60,000ドル台まで価格急落」今後はどこまで下がるのか?

保守派・革新派による「ビットコイン分裂」を予測:Bitcoin.org運営者Cobra氏

保守派・革新派による「ビットコイン分裂」を予測:Bitcoin.org運営者Cobra氏

最終日の熱狂:1,200万ドルを集めたビットコインドックICOは本日閉幕

最終日の熱狂:1,200万ドルを集めたビットコインドックICOは本日閉幕

イーサリアム(ETH)は有価証券に分類される?「米SECが調査中」との報告

イーサリアム(ETH)は有価証券に分類される?「米SECが調査中」との報告

ファイルコイン(FIL)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ファイルコイン(FIL)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ビットトレード:最大1.0%の日本円還元「積立プログラム」提供へ

ビットトレード:最大1.0%の日本円還元「積立プログラム」提供へ

ビットフライヤー:エルフトークン(ELF Token/ELF)取扱開始|複数のキャンペーンも開催

ビットフライヤー:エルフトークン(ELF Token/ELF)取扱開始|複数のキャンペーンも開催

「ビットコインは詐欺かもしれないが大好き」ロバート・キヨサキ氏が様々な質問に回答

「ビットコインは詐欺かもしれないが大好き」ロバート・キヨサキ氏が様々な質問に回答

ビットコインレイヤー2プロジェクトBEVM、1000万ドル融資を達成!完全分散化、EVM交換性を備えたソリューションの実態に迫る

ビットコインレイヤー2プロジェクトBEVM、1000万ドル融資を達成!完全分散化、EVM交換性を備えたソリューションの実態に迫る

Solana系で注目のミームコインSLOTH、エアドロップ型プレセールで1000万ドルを突破

Solana系で注目のミームコインSLOTH、エアドロップ型プレセールで1000万ドルを突破

Shib:The Metaverseのコンテンツ制作映像公開「シバイヌ関連の注目ニュース」も続々

Shib:The Metaverseのコンテンツ制作映像公開「シバイヌ関連の注目ニュース」も続々

アバランチ財団が保有する「5種類のミームコイン」が判明|コミュニティコインを支援

アバランチ財団が保有する「5種類のミームコイン」が判明|コミュニティコインを支援

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す