ビットコインキャッツの下落:仮想通貨トレンドに変化の兆し

by BITTIMES

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

ローンチから24時間で取引高が5,000万ドルという驚異的な数字を叩き出したビットコインゲーミングプロジェクト、ビットコインキャットの話題はまだ記憶に新しいのではないだろうか。しかしながら、ここ最近の調子は思わしくない。

これは市場が本物のイノベーションに飢えているというシグナルであり、ビットコインとキャットという2つの言葉が合体した新鮮さだけでは足りないようだ。

そこで登場したのがこの ビットコインドック(Bitcoin Dogs)。ビットコインネットワークにおける史上初のICO(Initial Coin Offering)として大きな注目を集めており、2月14日からすでに489万ドルもの資金を調達している。

なぜ注目されているのか、仮想通貨愛好家が待ち望んでいたようなイノベーションについてはこの記事を読み進めてほしい。

変化を続ける仮想通貨トレンド:0DOG、世界初のBRC-20プレセール

これは仮想通貨の世界における記念碑的な一歩であると言えるのかもしれない。大半の仮想通貨の歴史はとってもシンプル。BTCは独自の強固で神聖なブロックチェーン上に存在。

その後、いくつかのBRC-20トークンが登場。本質的にビットコイン上のアルトコインとなった。なんとも不思議な気分にさせるものだ。そんな戸惑いとは裏腹に、市場は大きく上昇、現在は30億ドル弱となっている。それでもBRC-20のICOはなかった。そう今までは。

ビットコインの強固なブロックチェーンの斬新な使い方が、GameFiやNFTといった他の利点と組み合わされ、ソーシャルメディア上で11万人を超えるフォロワーを急速に集めている。

ビットコインドックが開催する驚異的に短い30日間のプレセールついては、特に驚くべきことではない。これは、9億のトークンを熱心な投資家の手に届ける予定で、地球上の推定9億匹の犬を反映している。

プレセール終了後、売れ残ったトークンは焼却処分される。つまり、0DOG保有者にとってはさらなる追い風となる可能性がある。

トークンの他にビットコインドックが提供するもの

ビットコインドックでは、0DOGを購入することで様々な機能を利用できる。その中核となるのは、仮想空間で犬を飼い、育て、訓練し、戦わせることができるプラットフォームだ。アクシー・インフィニティやポケモンが似たような例になる。

ビットコインドックは、やりがいのあるP2Eのエコシステムを中心に展開、0DOGトークンが経済の原動力となる。プレイヤーは犬に餌を与え、訓練を実施、世話をしたりといった日々の活動に参加し、それぞれの行動がペットの成長やスキルに影響を与える。また、他の飼い主の犬たちとPvPレースで0DOGを稼ぐ機会もある。

そしてNFT。BTCブロックチェーン上に実装されたNFTであるビットコイン・オーディナル(Bitcoin Ordinals)を使用しているため、10,000匹の犬からなるこのバッドボーイコレクションは、ビットコインブロックチェーンにしっかりと連結されている。

ビットコインドック・プロジェクトが提供するファースト・オブ・イッツ・ワールドの性質により、このコレクションは次のBAYCやCryptoPunksになる可能性を持つ。

ビットコインキャットの低迷

報道時点では、1CATトークンの輝きは失われており、過去1年間で約44%、直近1カ月で30%下落し、発売当初は5,000万ドル以上だった取引量もわずか700万~1,000万ドルにまで減少している。

ビットコインキャッツの下降は、より広範な市場動向を背景にさらに顕著になっている。ビットコインが5万ドルを超えるまで著しく上昇しているにもかかわらず、ビットコインキャッツは赤字のまま、強気なセンチメントで熟した市場の中で憂慮すべき指標と言えるのかもしれない。

ビットコインドックの価格予測

ビットコインの半減とFRBの利下げが予想される2024年は、ビットコインドックを強気な勢いに押し上げる。

さらにNFTのカラフルな世界が2024年に大復活、つまり2021年のゴールドラッシュの再来がささやかれている。ビットコインドックにとって、また別の新たな波に乗ることになる。

ビットコインゲーミング、ビットコインオーディナル、そしてその父であるビットコインの両方に足を踏み入れているため、ビットコインドックはあらゆる角度から恵まれた環にいるように思える。この点を踏まえると、ビットコインドックは大きな成長を見せる可能性はあると言えるだろう。

プレセール期間はわずか1ヶ月に限られているため、BRC-20トークンの緊急性と希少性が魅力を増幅させ、投資家たちの期待に沿う結果が得られるのかもしれない。

2024年、ビットコインドックが市場をリードする?

投資家も熱狂的なファンも、この青々とした新顔に視線を向けている中、はっきりしていることが一つある。ビットコインキャットの低迷は「新たな章の始まりに過ぎないかもしれない」ということだ。

ビットコインキャットは、適切なBRC-20コインを持たないビットコインゲームプロジェクトだった。特に、ビットコインドックによって急速に引き上げられた489万ドルを考えると人々の関心を強く引いていると言えるかもしれない。

しかしながら、0.0251ドルで購入できる期限が迫っていることをお忘れなく。

0DOGの詳細はビットコインドックの公式サイトをご覧ください。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

2024年の仮想通貨トレンド:日本のトレーダーが期待を寄せる3つの銘柄

2024年の仮想通貨トレンド:日本のトレーダーが期待を寄せる3つの銘柄

2024年、ポートフォリオ構築時に検討したい3つの仮想通貨

2024年、ポートフォリオ構築時に検討したい3つの仮想通貨

BinaryX:Play-to-Own型MMO『Cyberland』のコンセプトアートを公開

BinaryX:Play-to-Own型MMO『Cyberland』のコンセプトアートを公開

ポル「PoL Enterprise」正式リリース|企業のブロックチェーン導入・開発を支援

ポル「PoL Enterprise」正式リリース|企業のブロックチェーン導入・開発を支援

ミームネータープレセールの資金調達額が685万ドルを突破、締め切り迫る

ミームネータープレセールの資金調達額が685万ドルを突破、締め切り迫る

2023年大きなリターンが期待されているアルトコイン|注目の銘柄7選【PR】

2023年大きなリターンが期待されているアルトコイン|注目の銘柄7選【PR】

注目度の高い仮想通貨ニュース

Shibarium基盤NFTを格安販売「イースターエッグイベント」開催:Mantra Protocol

Shibarium基盤NFTを格安販売「イースターエッグイベント」開催:Mantra Protocol

Google検索「ビットコインアドレスの残高確認」が可能に|複数のアドレス形式に対応

Google検索「ビットコインアドレスの残高確認」が可能に|複数のアドレス形式に対応

「我々は全てのカードを持っている」カルダノ創設者が大型アップグレードを予告

「我々は全てのカードを持っている」カルダノ創設者が大型アップグレードを予告

Arkham「仮想通貨保有国のデータ集約ページ」公開|保有資産・取引履歴などを掲載

Arkham「仮想通貨保有国のデータ集約ページ」公開|保有資産・取引履歴などを掲載

STEPN:GMTにも交換できる「FSLポイント」をエアドロップ|対象者と注意点

STEPN:GMTにも交換できる「FSLポイント」をエアドロップ|対象者と注意点

革命の戦略:話題の新ローンチパッド

革命の戦略:話題の新ローンチパッド

スクエニ出資のDMTP「トークン上場計画」を発表|プレゼントキャンペーンも開催

スクエニ出資のDMTP「トークン上場計画」を発表|プレゼントキャンペーンも開催

Dogwifhat(WIF)の上昇はまだまだ続く?アーサー・ヘイズ氏の強気な価格予想

Dogwifhat(WIF)の上昇はまだまだ続く?アーサー・ヘイズ氏の強気な価格予想

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

DFINITY Foundationがインターネットコンピュータ上の分散型グローバルアクセラレーションプラットフォームであるOlympusを発表

DFINITY Foundationがインターネットコンピュータ上の分散型グローバルアクセラレーションプラットフォームであるOlympusを発表

4月に注目したいソラナ系・イーサリアム系の新しいミームコインとは?

4月に注目したいソラナ系・イーサリアム系の新しいミームコインとは?

ビットコイン半減期まで「残り24時間」世界中で関心増加・巨大広告の報告も

ビットコイン半減期まで「残り24時間」世界中で関心増加・巨大広告の報告も

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す