ビットコインの新レイヤー2「Anduro」を発表:BTCマイニング企業Marathon

by BITTIMES

BTCのサイドチェーン開発基盤「Anduro」

NASDAQ(ナスダック)に上場しているBTCマイニング企業「Marathon Digital Holdings」は2024年2月28日に、ビットコインのレイヤー2ネットワーク「Anduro」をローンチすることを発表しました。

Anduroはビットコインのネットワーク上に構築されたマルチチェーン対応のレイヤー2プラットフォームであり、ビットコインの開発と採用を加速することを目的としています。

コミュニティ主導・分散型のアプリケーション層

このプラットフォームは「ビットコインのアプリケーション層」として機能することによって、プルーフ・オブ・ワーク(PoW)を採用したビットコインの根本的なインセンティブを強化することを目指しているとのことです。

具体的には「複数のサイドチェーンを作成できるようにすることで、ビットコインエコシステム内のイノベーションのための新たな道を提供する」と説明されています。

また、Anduroは「コミュニティ主導の分散型ネットワーク」となることを目指しているとのことで、「最も信頼性が高い開発者中心のビットコインレイヤー2」になることに焦点を当てて、分散型ガバナンスを計画的に取り入れていくよう設計されているとも説明されています。

サイドチェーン「Coordinate・Alys」も開発中

マラソンデジタルは今回の発表の中で、Anduro上のサイドチェーンとなる「Coordinate」と「Alys」を開発中であることも報告しています。

「Coordinate」と「Alys」はAnduro上で展開される最初のサイドチェーンであり、これらはオープンソースの貢献者によってさらに開発される可能性があるとも説明されています。

なお「Coordinate」はOrdinalsコミュニティ向けの費用対効果の高いUTXOスタックを提供するもので、「Alys」は機関資産のトークン化のためのイーサリアム互換チェーンであると説明されています。

サイドチェーンでは「マージマイニング」を採用

Anduroのサイドチェーンでは「マージマイニング」と呼ばれるプロセスが利用されます。

これによってマラソンなどの参加マイナーは、ベースレイヤーとなるビットコインでのマイニングを中断することなく継続しながら、Anduroのサイドチェーンで発生するトランザクションからビットコイン建ての収益を獲得することができるようになるとのことです。

Anduroの詳細は「Anduroの公式サイト」で確認することができます。

>>ビットコイン関連の最新記事はこちら

Marathon Digital Holdings発表

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

アルゼンチンの航空会社、Algorand活用のNFTチケット「Ticket 3.0」を発表

アルゼンチンの航空会社、Algorand活用のNFTチケット「Ticket 3.0」を発表

EC大手「Shopify」NFTマーケットのβ版サービス公開

EC大手「Shopify」NFTマーケットのβ版サービス公開

共通仮想通貨で「米ドル依存」に対処|BRICS、新たな決済システムについて協議

共通仮想通貨で「米ドル依存」に対処|BRICS、新たな決済システムについて協議

NIKE:ブロックチェーン・RFID用いた「サプライチェーン管理」をテスト

NIKE:ブロックチェーン・RFID用いた「サプライチェーン管理」をテスト

Cardano創設者「なりすましの詐欺メール」について注意喚起|本物と見分ける方法は?

Cardano創設者「なりすましの詐欺メール」について注意喚起|本物と見分ける方法は?

【追記あり】シバイヌ提携のD3「*SHIB Name Token」ローンチ日を発表|ShibArmy限定割引も

【追記あり】シバイヌ提携のD3「*SHIB Name Token」ローンチ日を発表|ShibArmy限定割引も

注目度の高い仮想通貨ニュース

Apple製チップで「秘密鍵流出に繋がる修正不可能な脆弱性」報告|深刻さに関する補足説明も

Apple製チップで「秘密鍵流出に繋がる修正不可能な脆弱性」報告|深刻さに関する補足説明も

「シバイヌ(SHIB)の成長はまだ始まったばかり」Shytoshi Kusama氏

「シバイヌ(SHIB)の成長はまだ始まったばかり」Shytoshi Kusama氏

ビットコインレイヤー2プロジェクトBEVM、1000万ドル融資を達成!完全分散化、EVM交換性を備えたソリューションの実態に迫る

ビットコインレイヤー2プロジェクトBEVM、1000万ドル融資を達成!完全分散化、EVM交換性を備えたソリューションの実態に迫る

自動損益計算のクリプタクト「GESO Verse」と「DM2 Verse」に対応

自動損益計算のクリプタクト「GESO Verse」と「DM2 Verse」に対応

「我々は全てのカードを持っている」カルダノ創設者が大型アップグレードを予告

「我々は全てのカードを持っている」カルダノ創設者が大型アップグレードを予告

99BTCのプレセールがスタート! 大口投資家たちが注目している革新的なLearn-To-Earnトークンとは?

99BTCのプレセールがスタート! 大口投資家たちが注目している革新的なLearn-To-Earnトークンとは?

Shibariumの新ミームコイン「DAMN」6倍以上の価格高騰を記録

Shibariumの新ミームコイン「DAMN」6倍以上の価格高騰を記録

リップル社「米ドル連動ステーブルコイン」発行へ|XRPL・Ethereumで利用可能

リップル社「米ドル連動ステーブルコイン」発行へ|XRPL・Ethereumで利用可能

STEPN:GMTにも交換できる「FSLポイント」をエアドロップ|対象者と注意点

STEPN:GMTにも交換できる「FSLポイント」をエアドロップ|対象者と注意点

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

Apple共同創設者:仮想通貨詐欺動画に関する訴訟で「YouTube」に勝訴

Apple共同創設者:仮想通貨詐欺動画に関する訴訟で「YouTube」に勝訴

ワールドコイン:虹彩認証装置Orbで「個人情報の自己管理機能」導入へ

ワールドコイン:虹彩認証装置Orbで「個人情報の自己管理機能」導入へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す