$APEXトークン700%暴騰、市場が評価するトークノミクスのモデルと将来性

by BITTIMES

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

従来型CEXが危機感を覚えた新世代DEXがもたらすインパクト

先日、$APEXトークンが見せた異例の700%暴騰によって、クリプト界隈では再び「DEX熱」が沸騰した。原因は、$APEXトークンの総供給量を50%減らしたことにあるが、もっと重要なのは、今までCEXが相次いで引き起こした不祥事に対する、市場の反動現象かもしれない。少なくとも市場反応を見る限り、ApeX Proが「資産を預ける必要がなく、CEXを体験できるDEX」として、その価値が大いに評価されていることは事実だ。

そもそも、ApeX ProなどのDEX業者は、いわばFTX事件後に立ち上がった新興勢力として、2022年11月から「クリプト市場の空白」期間に、テクノロジー主導をコアバリューとして迅速に市場シェアを獲得した稀なDEXである。

ApeX Pro(エイペックス・プロ)はDavion Labsがインキュベートしており、「Dragonfly 、Mirana、Tiger Global、Jump Trading、Kronos、CyberX ,CoboとM77 Ventures」が出資している。また、ApeX Proは「ApeX Protocol」という技術を基盤にした、デリバティブ製品を専門とするDEXだ。

ApeX Protocolはクロスチェーン、クロスマージンに対応した永続先物プロトコルで、現在は「$APEX」と「$BANANA」という2種類のトークンが存在する。$APEXはガバナンストークンで、$BANANAはTrade-to-Earn(T2E)のインセンティブとしてトレーダーに配布するトークンだ(両トークンには一定の交換レートがありますが、詳しくは公式サイトをご覧ください)。

$APEXトークンとApeX Proプロトコルの価値をより深く理解するために、市場ニーズ・プロダクトの優位性・トークンノミクス・コミュニティの活発度といった4つの尺度を巡って分析してみよう。

APEXの画像

市場ニーズ

デリバティブ取引は、暗号資産市場の重要な構成要素であり、ヘッジ・投機・裁定などの機会を提供する。

CoinGeckoのデータによると、デリバティブ取引の総市場規模は約1.8 兆ドルで、暗号資産市場の約40%を占めている。

分散型のデリバティブ取引プラットフォームは、中央集権型のプラットフォームと比べて、より高い安全性・透明性・プライバシー性を持っているため、大きな市場ポテンシャルがある。

プロダクトの優位性

ApeX Proは、ApeX Protocolを使用することで、独自のプロダクトの優位性を確保した。

「ETH、BNB、Polygon、ARB、Optimism、AVAX、Mantle」など様々なチェーンとマージンに対応しており、ユーザーの選択肢と利便性を高めている。プロダクトのコアバリューについて、次のようにまとめることができる。

  1. 資産の自己管理
    ApeX ProはDEXであるため、ユーザーの資金はプラットフォーム側が委託管理しているのではなく、すべてスマートコントラクトに保管されている。仮に、様々な原因によってプラットフォームがやむを得ず運営を停止した場合、ユーザーは強制的に資金を引き出すことができる。
  2. KYC不要
    現在、ApeX Proはほぼすべての主流ウォレットをサポートしている。それに加えて「Google、Apple ID、Facebook、Discord、Twitter」などのSNSアカウントで登録することも可能。
  3. CEXに匹敵するオーダーブックモードの実装
    ApeX Proはオーダーブックモードを導入した稀なDEXであり、Starkwareゼロ知識証明技術で、効率的で低遅延のオーダーブックモードを実現している。これもまた、ApeX Proがユーザーに高く評価されている機能であり、「CEXを体験できるDEX」と言われている理由でもある。
  4. トレードのGas料金不要
    ApeX Proは、ゼロ知識証明を導入しているため、ユーザーはトレードする度にGas料金を負担する必要ない。通常、分散化システムを使う際に、ユーザーはトランザクションを行う度に高額のGas料金を負担しなければならなかったが、ApeX Proではそういう必要がなくなってきた。

トークンエコノミー

$APEXトークンとApeX Proプロトコルのトークンエコノミーの設計は、ネットワーク内のさまざまな参加者、例えば「取引者、流動性提供者、ガバナー、ノード運営者」などにインセンティブを与えることに目的がある。

具体的には、トークンエコノミーには以下のような特徴があります。

  1. もともと$APEXトークンの総供給量は10億で、そのうち40%が流動性マイニングに、20%がチームとアドバイザー、20%がエコシステムファンド、10%がプライベートセール、5%がパブリックセール、5%がリザーブに割り当てられている。そして、$APEXトークンの発行は毎年10%減少する仕組みだったが、少し前に総供給量が10億から5億へと減ったため、トークンの希少性が更に上がっている。
  2. $APEXトークンのユーティリティは、主にガバナンスと収益分配だ。$APEXトークンをステーキングすることで、$esAPEXトークンを取得し、プロトコルのガバナンスと意思決定に参加することができる。$esAPEXトークン保有者は、プロトコルが生み出す収益、例えば取引手数料、資金手数料などを分け合うことができる。また、$APEXトークンは、マーケットプレイスでNFT、データ、その他のサービスを購入したり販売したりするためにも使用できる。
  3. $BANANAトークンの総供給量は1000億で、そのうち80%がトレード報酬に、10%がチームとアドバイザー、5%がエコシステムファンド、5%がリザーブに割り当てられている。$BANANAトークンは毎年100億発行される。
  4. $BANANAトークンの主なユーティリティはトレード報酬と割引だ。ユーザーがApeX Proで取引を行うたびに、一定量の$BANANAトークンを報酬として獲得するが、$BANANAトークン保有者は、取引手数料の割引を享受することができる。

APEXの画像

コミュニティの活発度

コミュニティは、web3プロジェクトの重要な構成要素であり、プロジェクトの人気度・ユーザー参加度・ブランド影響力を反映している。

ApeX ProtocolはTwitterで18.3万人のフォロワーを有しており、最新の動向やキャンペーンを頻繁に投稿し、多くのインタラクションやリツイートを引き付けている。また、メンバー達は主にTelegram、Discordに集まっているが、かなりアクティブなコミュニティであることは間違いない。

総じて言えば、ApeX ProはDEX業界の新規参入者でありながら、時代の変化を敏感に捉えており、テクノロジー主導をコンセプトにユーザー達の心を引き寄せている。現在、その分野の先頭に立って既存のCEXに大きな変革を起こしているApeX Proの今後が楽しみだ。

なお、第2弾Trade-to-Earnとルナ・ドラゴン・チェイストレード大会は、今回限りで同時に開催することになっているため、ユーザーはただ取引量を上げるだけで、両キャンペーンの報酬を二重で獲得することができる。

キャンペーン情報

ルナ・ドラゴン・チェイストレード大会:
https://www.apex.exchange/ja-JP/blog/detail/Lunar-Dragon-Chase

Trade-to-Earn第2弾:
https://www.apex.exchange/ja-JP/blog/detail/Trade-to-Earn-Round2

ApeX Pro情報詳細:
公式サイト:https://www.apex.exchange/ja-JP
公式Twitter(英):https://twitter.com/OfficialApeXdex
公式Twitter(日):https://twitter.com/ApeXProtocolJP
公式Discord:https://discord.com/invite/w73j7VNjHx


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットボットとCrypto.ComのCRO:2024年の成長に注目が集まる銘柄?

ビットボットとCrypto.ComのCRO:2024年の成長に注目が集まる銘柄?

日本の投資家が考える注目の仮想通貨、ビットボット

日本の投資家が考える注目の仮想通貨、ビットボット

Bitcoin Minetrixが700万ドルを調達、Bitcoinをクラウドマイニングするその仕組みとは?

Bitcoin Minetrixが700万ドルを調達、Bitcoinをクラウドマイニングするその仕組みとは?

ドージコインとミームネーター、2024年の注目銘柄は?

ドージコインとミームネーター、2024年の注目銘柄は?

規制圧力の中、28,000ドルのサポート維持に苦労するビットコイン

規制圧力の中、28,000ドルのサポート維持に苦労するビットコイン

AIが全ての答え?成長が期待されるCardano(ADA)、VC Spectra(SPCT)、Flow(FLOW)

AIが全ての答え?成長が期待されるCardano(ADA)、VC Spectra(SPCT)、Flow(FLOW)

注目度の高い仮想通貨ニュース

Symbol活用のNFTDriveEX「アトミックスワップv1」リリース|SHIBもサポート

Symbol活用のNFTDriveEX「アトミックスワップv1」リリース|SHIBもサポート

「シバイヌ(SHIB)の成長はまだ始まったばかり」Shytoshi Kusama氏

「シバイヌ(SHIB)の成長はまだ始まったばかり」Shytoshi Kusama氏

Arkham「仮想通貨保有国のデータ集約ページ」公開|保有資産・取引履歴などを掲載

Arkham「仮想通貨保有国のデータ集約ページ」公開|保有資産・取引履歴などを掲載

メルカリ「ビットコイン決済でBTCが戻ってくるキャンペーン」開始

メルカリ「ビットコイン決済でBTCが戻ってくるキャンペーン」開始

Flare Network:分散型のCEXスタイル取引アプリ「Raindex」リリース

Flare Network:分散型のCEXスタイル取引アプリ「Raindex」リリース

OKCoinJapan:最大年率6.28%「Aptos(APT)のステーキングサービス」提供へ

OKCoinJapan:最大年率6.28%「Aptos(APT)のステーキングサービス」提供へ

シバイヌ(SHIB)プライバシー重視のL3開発に向け「1,200万ドル」の資金調達

シバイヌ(SHIB)プライバシー重視のL3開発に向け「1,200万ドル」の資金調達

ビットコイン半減期まで「残り24時間」世界中で関心増加・巨大広告の報告も

ビットコイン半減期まで「残り24時間」世界中で関心増加・巨大広告の報告も

dHealth Network(DHP)「COSMOS版のブロックチェーンエクスプローラー」が登場

dHealth Network(DHP)「COSMOS版のブロックチェーンエクスプローラー」が登場

GMOコイン:ビットコインの半減期記念「手数料半減キャンペーン」開催

GMOコイン:ビットコインの半減期記念「手数料半減キャンペーン」開催

カルダノウォレット「Lace」取引内容確認で嬉しいアップデートを実施

カルダノウォレット「Lace」取引内容確認で嬉しいアップデートを実施

エドワード・スノーデン氏「ビットコイン急落」を一蹴|BTCはすでに底打ち状態?

エドワード・スノーデン氏「ビットコイン急落」を一蹴|BTCはすでに底打ち状態?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す