白熱する仮想通貨の未来:500万ドルを突破したミームネーターの成功を読み解く

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

何千ものぼったくりミームコインで溢れかえる未来の仮想通貨市場。劣悪ミームはダラダラと愚痴をこぼし、投資家は無力感に苛まれ、目的地を失っている。そんな恐ろしい悪夢のような未来へのカウントダウンが刻一刻と進んでいる。

この腐れた未来を変えるべく、あるミームコインが未来から舞い降りた。それがミームネーター(Memeinator)だ。偉大なミッションを掲げる反逆者は、劣悪コインたちを一掃し、現代そして未来の投資家が楽しめる仮想通貨業界を作り出すために送り込まれた。ミームネーターの勢いは凄まじく、プレセールではすでに577万ドルの調達に成功している。

ミームネータープレセール:完売間近、白熱のICO

約200億ドルの価値があるミームコイン分野は現在、急激な成長を遂げている。しかし、ドージコイン(Dogecoin)や柴犬(Shiba Inu)のような長寿プロジェクトもあるが、実際のところ市場はコピー通貨で溢れている。ここでミームネーターの出番だ。存在価値のない粗悪コインを隅から隅まで一網打尽に打ち倒していく。

チームは、トークン総供給量の62.5%をプレセールに、7.5%をコンペティションプールやプレゼント企画に割り当てている。

20ステージが予定されているプレセール。現在はステージ17を開催中でMMTRは0.0246ドルという割引価格で取引されている。投資家が入手可能な残りトークンは86,206,897のみとなっており、チャンスを得るための窓は急速に閉じつつある。

ミームネーターとは?

舞台は2077年の未来。市場の未来を変えるために現代に送り込まれたミームネーター。この人間型兵器は市場の完全な乗っ取りを目論んでいる。プロジェクトチームは、ミームコインの性質を利用したあるゲーム開発に取り掛かっている。

それこそが、没入感マックスの戦闘ゲーム「ミーム戦争(Meme Warfare)」だ。ユーザーは悪質ミームコインを実際に打ち倒していくことでプロジェクトのミッションを直に体験することができる。将来への不満だらけのミームコインコミュニティをより煌びやかな未来へと導く。

ミーム戦争は、厳密にはGameFi作品ではないものの技術面において類似点が多い。そのため、Coinbound.ioでは年内に5,000万人のユーザーを達成すると予測されているGameFi分野のトレンドの波に飛び乗ることを狙いとしている。

SNS上でのアピールも欠かさない。ミームネーターは約14万人のX(旧Twitter)のフォロワー、テレグラム(Telegram)では2万2,000人以上のグループメンバーを抱えている。この確固たるコミュニティのサポートはプロジェクトのより明るい未来のために必要不可欠な存在だ。

ミームネーターのデフレトークノミクス、コイン保有者への特典

総供給量10億ドルのMMTR。ミームネーターは10億ドルの時価総額達成のため、1通貨あたりの目標額を1ドルと定めている。投資家へのアピールを促進するため、チームは卓越した価値と実用性に加えて本格的なデフレトークノミクスを採用している。

まず最初に注目のステーキング機能は、業界トップレベルの利回りを提供する。流動性供給のためにMMTRを預け入れた投資家は、最大45%のAPYを獲得できる。

一方、トークンの希少性を維持するために、ミームネーターは2024年第一四半期の取引所上場後、四半期ごとにトークン焼却を実施する予定だ。この取り組みは、ミームネーターコミュニティとの協議の末に始まった。2023年12月には、約6回分のプレセールラウンドに相当する約1億3,000万MMTRが焼却され、大成功の結果を収めた。

2024年のミームネーター価格予測

ミームネーターが登場したタイミングは文字通り完璧だ。近年で最も急速に売れているICOの1つとして記録を叩き出す中、プレセール終了のカウントダウンは始まっている。この通貨は、ビットコインETFの承認やビットコイン半減期による市場の勢いに乗ることを目的としている。

歴史を振り返ると、ビットコイン半減後は強気相場となる可能性が高いようだ。MMTRが軌道に乗るには相応しいチャンスである。アナリストはこのミームコインを興奮気味に分析しており、ドージコインの800億ドルを超える時価総額と過去のパフォーマンス、そして実用性ゼロでありながら15億ドル超まで成長を遂げたぺぺコイン(Pepe Coin)のミラクルを考慮するとミームネーターに不可能などないと期待を寄せている。

また、2024年にFRBの利下げも噂されていることから、10億ドルの時価総額はミームネーターの手の届く範囲にあると言える。一部の専門家の予測では、MMTRは初期投資家たちの期待に沿う成長を見せるのではないかと言われているようだ。

ミームネーター:暗黒の未来から世界を救う

ミームネーターはワクワクのユースケース、卓越した実用性、デフレトークノミクスにより他とは一味違うハイレベルなプロジェクトとなっている。

2024年第一四半期に取引所でローンチされる予定のミームネーター。ICOで入手可能な残りトークンはわずか86,206,897のみだ。この歴史に残るミーム革命に参加できる時間は残り少なくなっている。

MMTRの詳細はミームネーター公式ウェブサイトをチェック。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

米国株で稼ぐために重要な目の付け所

米国株で稼ぐために重要な目の付け所

メタケード(MCADE)3時間で2億5千万のステーキングプールを埋める|投資家が注目する理由とは?

メタケード(MCADE)3時間で2億5千万のステーキングプールを埋める|投資家が注目する理由とは?

ビットボットのプレセール:ノンカストディアル取引でテレグラムを再定義

ビットボットのプレセール:ノンカストディアル取引でテレグラムを再定義

2023年10月:成長が期待されている4つの仮想通貨プロジェクト

2023年10月:成長が期待されている4つの仮想通貨プロジェクト

最高のプレセール?270万ドルに到達したミームネイター

最高のプレセール?270万ドルに到達したミームネイター

Bybit(バイビット)トレーダー向け「戦略アラート機能」追加|価格変化をリアルタイム確認

Bybit(バイビット)トレーダー向け「戦略アラート機能」追加|価格変化をリアルタイム確認

注目度の高い仮想通貨ニュース

Flare Network:分散型のCEXスタイル取引アプリ「Raindex」リリース

Flare Network:分散型のCEXスタイル取引アプリ「Raindex」リリース

OKCoinJapan:最大年率6.28%「Aptos(APT)のステーキングサービス」提供へ

OKCoinJapan:最大年率6.28%「Aptos(APT)のステーキングサービス」提供へ

カルダノウォレット「Lace 1.9」リリース|マルチアカウント・マルチウォレット機能を搭載

カルダノウォレット「Lace 1.9」リリース|マルチアカウント・マルチウォレット機能を搭載

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ユニボット保有者の撤退相次ぐ、日本の投資家がビットボットプレセールに注目?

ユニボット保有者の撤退相次ぐ、日本の投資家がビットボットプレセールに注目?

Only1「ソラナ版OnlyFans」構築へ|合計480万ドルの資金調達

Only1「ソラナ版OnlyFans」構築へ|合計480万ドルの資金調達

仮想通貨ニュース週間まとめ「ADA・SHIB・BTC」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「ADA・SHIB・BTC」などの注目記事

大手仮想通貨取引所BINANCE「初の取締役会」を設置

大手仮想通貨取引所BINANCE「初の取締役会」を設置

著名アナリストの「DOGE・WIF」価格予想|短期的な下落にも要注意?

著名アナリストの「DOGE・WIF」価格予想|短期的な下落にも要注意?

Dogwifhat(WIF)ミームコイン時価総額ランキング3位に|価格上昇率は2,560%

Dogwifhat(WIF)ミームコイン時価総額ランキング3位に|価格上昇率は2,560%

ロンドン証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの仮想通貨ETN」5月から取扱開始

ロンドン証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの仮想通貨ETN」5月から取扱開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す