ビットコインETFが取引ボットを後押し?ビットボットの87万ドル調達は強力な指標

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

1月中旬のSECによるビットコインETFの承認は、仮想通貨の歴史において最も興奮するチャプターの1つとなりました。機関投資家の間で仮想通貨を合法化するための記念的な一歩と見なされ、ビットコインETFは仮想通貨分野に新たな扉を開き、これから数十億もの資金の参入が予想されます。

承認にまつわる勢いは圧倒的で、それは当然のこととも言えます。ビットコインETFが承認されて以来、ビットコインの価格が上昇し、BTCの時価総額は1兆ドルの大台を超えました。

この嵐にような興奮の中で、新たな市場が繁栄の一歩を踏み出したようです。テレグラム取引ボットをご存じでしょうか?これらの革新的なプラットフォームは、自動化された取引と分散型取引所の複雑な世界をナビゲートするための洗練された、ユーザーフレンドリーなソリューションを提供します。

取引ボットは、ここ数カ月で多くの人が利用する取引ソリューションに成長しました。中でも新参者のBitbot(ビットボット)は、現在進行中のプレセールで87万ドルを調達し、その存在感を示しています。

この記事では、ビットコインETFがこの新進市場にどのような影響を及ぼすのか、そしてビットボットがセキュリティ第一のアプローチでこの成長をどこまで利用できるのか探っていきます。

テレグラム取引ボット

まずはテレグラム取引ボット分野の成長、数字を見ていきましょう。75万人以上のユーザーによる累積取引高は90億ドルで、2024年1月と2月だけで30億ドルの貢献があり、おそらくビットコインETF承認の波及効果の影響と考えられます

しかしながら、多くのボットは自動取引の世界を解き放つ能力があるにもかかわらず、問題に直面しています。Maestro(マエストロ)による50万ドルのETH強奪、1時間以内にトークン価値を40%以上下落させたユニボットによる壊滅的なハッキング、トークン価値が90%以上急落したバナナガンのラグプル疑惑など、有名な事件は、より安全な代替手段の切実な必要性を浮き彫りにしています。

ビットボットの改革をもたらすソリューション

世界初のノンカストディアル型ボットとして位置づけられる新しいテレグラム取引ボット、ビットボット。「あなたの鍵、あなたの財布、あなたの資産」をモットーに、分散型オープンソースの自己保管ソリューションであるKnightSafeと連携しています。興味のある方は、ビットボットの最近のMedium投稿をチェックしてみてください。

ビットボットの武器には、チェーン上の行動や契約を精査し、詐欺プロジェクトやコスト膨張ボットからトレーダーを保護する、高度なアンチMEVおよびアンチラグ・ソリューションが含まれます。アルファリストはAIを活用した独自の機能です。

このツールは、新しく上場されたプロジェクト、暗号化されたプレセールトークン、爆発的に増加する低資本の宝石をブロックチェーン上でスキャンし、ユーザーがパンプの前に早期に飛び込む方法を提供します。

同様に、ビットボットのスナイピング機能はトレーダーがチャンスを生かすのを助け、将来性のある低キャップジェムのポジションを自動的にオープンし、ポンピング時に自動的に売却します。コピートレード機能を使えば、時間がないユーザーもコミュニティのトップトレーダーの動きをミラーリングすることができます。

取引以外にもBITBOTトークン保有者は収益分配プールの利用、プラットフォームの日々の収益の最大50%を受け取ることができます。また、誰でも紹介プログラムから利益を得ることができ、紹介者の取引に対して15%の生涯手数料が支払われます。

これは、利益を得るための複数の手段を備えた効果的なオールインワン・ソリューションです。AI主導の洞察と機関投資家レベルのセキュリティを使用して、トレーダーが取引の冒険からより多くの利益を上げ、維持できるよう支援します。

ビットボットはバナナガンの軌跡をたどる?

ビットボットはビットコインETFの承認後、市場を席巻している興奮の波に乗っており、ボットの発売を待ち望んでいる何千人ものトレーダーから印象的な87万ドルを調達しました。

その話題性は資金調達の努力に反映されているだけではありません。ビットボットの社会的存在感は目覚ましく、Xのフォロワーはおよそ10万人、Telegramグループのメンバーは1万1千人を超えています。

現在、ビットボットはステージ5で価格は0.0122ドル、終値は0.0200ドルで今年のバナナガンの軌跡をたどる可能性があります。BANANAトークンは、2月20日に史上最高値を記録し、プレセール投資家に恩恵をもたらしました。

ビットボットはその一流のセキュリティ、AIに裏打ちされた取引機能、有利なインセンティブにより、簡単に競合他社を凌駕する可能性があります。

ビットコインETFの承認によって築かれた基盤は、市場の成長を促しており、ビットボットのローンチは2024年に指数関数的な利益を得るための完璧なタイミングである可能性を示唆しています。これらのことから、ビットボットもバナナガンのように成長する可能性があり、初期投資家たちの期待に沿う飛躍を見せるかもしれません。

ビットボットプレセールは注目の投資機会?

仮想通貨とビットコインのセンチメントが強気に見える中、ビットボットのプレセールは、繁栄するテレグラム取引ボット市場から利益を得るためのゴールデンチケットになりつつあります。72.41%プレセール価格の成長は続いており、取引所に上場した際の価格推移によっては早期投資家に恩恵をもたらす可能性もあるでしょう。

ビットボットは、その先進的な製品と予測されるトークン価格推移の両方から、2024年の強気相場を最大限に活用する鍵となる可能性があります。

BITBOTトークンの詳細は公式サイトをご覧ください。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

驚くべき月収、CoinExアンバサダー(先物特別プログラム)とは?

驚くべき月収、CoinExアンバサダー(先物特別プログラム)とは?

Bitgetがレオ・メッシと提携

Bitgetがレオ・メッシと提携

【BQT取引所】仮想通貨FXに特化した「P2Pヘッジ取引プラットフォーム」

【BQT取引所】仮想通貨FXに特化した「P2Pヘッジ取引プラットフォーム」

2023年の値上がりが期待される仮想通貨 - 手遅れになる前に

2023年の値上がりが期待される仮想通貨 - 手遅れになる前に

ビッグアイズコインとカルダノのクールなNFTを所有することで、環境を保護できることをご存知ですか?

ビッグアイズコインとカルダノのクールなNFTを所有することで、環境を保護できることをご存知ですか?

2023年注目の投資方法?アルトシグナルのASIトークン購入でポートフォリオを分散

2023年注目の投資方法?アルトシグナルのASIトークン購入でポートフォリオを分散

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース週間まとめ「JMY・XYM・ADA・SHIB」などの注目記事をまとめて

仮想通貨ニュース週間まとめ「JMY・XYM・ADA・SHIB」などの注目記事をまとめて

MarketAcross、Republic Cryptoと提携|マーケティングと成長戦略のアドバイザリーを強化

MarketAcross、Republic Cryptoと提携|マーケティングと成長戦略のアドバイザリーを強化

DFINITY Foundationがインターネットコンピュータ上の分散型グローバルアクセラレーションプラットフォームであるOlympusを発表

DFINITY Foundationがインターネットコンピュータ上の分散型グローバルアクセラレーションプラットフォームであるOlympusを発表

カルダノ分散委任ツールのAtrium「特別な報酬」を用意|報酬付きテストの延長発表も

カルダノ分散委任ツールのAtrium「特別な報酬」を用意|報酬付きテストの延長発表も

ビットトレード:最大1.0%の日本円還元「積立プログラム」提供へ

ビットトレード:最大1.0%の日本円還元「積立プログラム」提供へ

Animoca Brands Japan「NFTローンチパッド」提供へ|販売希望プロジェクトも募集

Animoca Brands Japan「NFTローンチパッド」提供へ|販売希望プロジェクトも募集

メタマスク「エアドロップ受取資格の一括確認&請求機能」を追加

メタマスク「エアドロップ受取資格の一括確認&請求機能」を追加

Flare基盤の「AI生成NFT」を簡単発行|Atrivがスニークピーク映像公開

Flare基盤の「AI生成NFT」を簡単発行|Atrivがスニークピーク映像公開

チェーンリンク(LINK)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

チェーンリンク(LINK)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

Cardanoコミュニティ主導組織の日本支部「Intersect Japan Hub」設立

Cardanoコミュニティ主導組織の日本支部「Intersect Japan Hub」設立

カルダノウォレット「Lace」取引内容確認で嬉しいアップデートを実施

カルダノウォレット「Lace」取引内容確認で嬉しいアップデートを実施

リップル社「米ドル連動ステーブルコイン」発行へ|XRPL・Ethereumで利用可能

リップル社「米ドル連動ステーブルコイン」発行へ|XRPL・Ethereumで利用可能

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す