ミームネーターのゲーム開発が進行中:日本の投資家が注目するワケ

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

日本の熱狂的な仮想通貨投資家の新たなお気に入りとして浮上している銘柄がある。それがミームネーター(Memeinator)だ。現在進行中のプレセールで638万ドルを調達しており、プロジェクトを取り巻くセンチメントは圧倒的に強気となっている。

ミームネーターの今後のゲーム開発に関するニュースは、特にAIベースの機能を中心に投資家を喜ばせている。今回の記事では、ミームネーターとは何か、なぜ2024年注目のミームコインと呼ばれているのか、そしてMMTRは今年後半どのような飛躍を遂げる可能性を持つのか明らかにする。

仮想通貨市場の救世主?ミームネーターの登場

ミームコイン市場は、ミームネーターという新たな敵との戦いに備えている。市場では、多くのミームコインがありふれたジョークや持続性に欠ける誇大宣伝に頼りきっているのに対し、ミームネーターはこれらの低品質ミームコインに戦いを挑むべく十字軍を結成している。

時は2077年。劣悪コインの野放図な増加によってディストピアの世界と化したミームコイン市場。そんな未来を変えるべく、ミームネーターは未来から過去にタイムスリップしてきた。その目的とは、これらの低品質パクリコインが業界の没落を引き起こす前にこれらを消滅させることだ。

すでにX(旧Twitter) では約14万人、Telegramでは2万人を超える強力なコミュニティを擁し、業界史上初の大規模な抵抗運動を結集するミームネーター。このプロジェクトは単なる一時的なブーム以上のミラクルを起こそうとしている。

この十字軍に参加するデジタル戦士たちは、ミームネーターが時価総額10億ドルを達成するためのバックボーンである。彼らは世界的な知名度を高め、何万人もの新たな戦士をこのミッションに惹きつけている。

最終的にはドージコイン(Dogecoin)や柴犬(ShibaInu)のような王者にも挑戦する勢いで、無傷でいられる競争相手はいないだろう。

ミームネーターの戦略の中心は実用性中心のアプローチだ。これは、長期的な価値を維持するために必要不可欠となる。その中で最も注目すべき特徴の1つが、現在開発中の戦闘ゲーム、ミーム戦争(Meme Warfare)だ。

市場完全制覇への明確なビジョンを掲げるミームネーターは、ミームコインそして仮想通貨業界の未来に大きな影響を与える可能性を持つ。日本の投資家がこの銘柄に注目しているのも不思議ではなく、一部の専門家はMMTRを2024年に注目すべきミームコインと位置付けているようだ。

ミーム戦争が進行中

ミームネーターのゲーム開発が勢いを増す中、日本のトレーダーはミーム戦争で得られる全く新しいゲーム体験を心待ちにしている。

この戦闘ゲームは、広範なミームネーターエコシステムの一部である。プレイヤーはミームネーターを操り、ライバルミームコインと激しいバトルを繰り広げる。ここでは、粉砕、溶解、さらには高速カーチェイスや近未来的戦闘など、様々な技を駆使して敵を圧倒することができる。

ここで鍵となるのが、新たな敵を定期的にアップデートすることを目的に設計された AIベースのミームスキャナー(Memescanner)だ。このツールは、コミュニティに最も嫌いなミームコインを聞き出し、分析した後、悪質ミームコインをゲームに投入する。ゲームについての詳細は、チームメンバーのディラン(Dylan)とマルコ(Marco)による ミームネーター最新AMAで確認することができる。

ミームネータープレセールに注目が集まる

日本の仮想通貨投資家はミームネーターのプレセールに注目しているようで、2024年注目のミームコインが他を凌駕していく姿を目に焼き付けようと躍起になっている。

彼らの熱意により、ミームネーターはすでに638万ドルを調達している。20ステージが予定されるプレセール。初期に参加した投資家は、20のステージでMMTRが0.01ドルから0.0261ドルに上昇した後、合計161%の含み益を享受​​することになる。

盛り上がりはミーム戦争だけでなく、近日公開予定のNFTコレクション、最大45%のAPYを誇るステーキング機能、デフレトークン焼却メカニズムなどによって後押しされている。すでに6,000万以上のトークンがステーキングされており、ミームネーターの可能性に対するコミュニティの揺るぎない信念を浮き彫りにしている。

期待を寄せる投資家たちの価格予測は強気となっており、ミームネーターの時価総額は10億ドルに達するだけでなく、この目標を大幅に超えることになると確信しているようだ。

ぺぺコイン(Pepe Coin)やボンク(Bonk)が誇大広告だけを頼りに時価総額15億ドルを達成したことを考慮すると、ミームネーターにできないことなどあるのだろうか。

もし仮に爆発的な上昇でMMTRの価値が1ドルの壁を突破した場合、最終的なプレセールの価格から3,300%の上昇となる計算だ。日本の投資家にとってはまさに黄金のチャンスと言えるかもしれない。

ミームネーターは2024年に注目するべきミームコイン?

ミームネーターは今年最もスリリングなミームコイン投資の1つだ。プレセールの反響の大きさのみならず、ミームネーターは市場を良い方向へ変える可能性を秘めている。くだらないミームコインに苛まれる投資家に、自分自身を取り戻す手段を与えているようだ。

ミームネーター反乱軍は日に日に大きくなっている。第一四半期に突入し、プレセールが終わりを迎えると取引所上場が待っている。この上場は歴史的瞬間になる可能性もある。

残り64,655,172トークンのみとなった今、熱狂的な投資家はMMTRを手に入れようと列をなしているようだ。

MMTRの詳細はミームネーター公式ウェブサイトをチェック。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

暗号資産取引所「FTX Global」の使い方ガイド|各種サービスの概要・利用方法も解説

暗号資産取引所「FTX Global」の使い方ガイド|各種サービスの概要・利用方法も解説

大きな可能性を秘めた投資|メタケード(Metacade/MCADE)2023年注目のメタバース関連銘柄

大きな可能性を秘めた投資|メタケード(Metacade/MCADE)2023年注目のメタバース関連銘柄

レディットの仮想通貨ファンによる2023年注目のゲーム仮想通貨7選【PR】

レディットの仮想通貨ファンによる2023年注目のゲーム仮想通貨7選【PR】

ビットコインブロックチェーン上で初のICO開始 - 日本で大きな話題に

ビットコインブロックチェーン上で初のICO開始 - 日本で大きな話題に

Bitget:安全性を高める専用ウォレットによる資産カストディサービスを開始

Bitget:安全性を高める専用ウォレットによる資産カストディサービスを開始

DFINITY Foundationがインターネットコンピュータ上の分散型グローバルアクセラレーションプラットフォームであるOlympusを発表NEW

DFINITY Foundationがインターネットコンピュータ上の分散型グローバルアクセラレーションプラットフォームであるOlympusを発表

注目度の高い仮想通貨ニュース

STEPNとadidasが初提携、限定NFTスニーカーを発売

STEPNとadidasが初提携、限定NFTスニーカーを発売

SMOGが大手取引所MEXCに上場、話題のエアドロップ・キャンペーンはシーズン2へ

SMOGが大手取引所MEXCに上場、話題のエアドロップ・キャンペーンはシーズン2へ

カルダノ分散委任ツールのAtrium「特別な報酬」を用意|報酬付きテストの延長発表も

カルダノ分散委任ツールのAtrium「特別な報酬」を用意|報酬付きテストの延長発表も

エルサルバドル「ビットコイン教育資料の最新版」を公開|公立学校などでBTC教育

エルサルバドル「ビットコイン教育資料の最新版」を公開|公立学校などでBTC教育

シバイヌ(SHIB)に複数の強気シグナル|LunarCrushのAltRankで「2位」獲得

シバイヌ(SHIB)に複数の強気シグナル|LunarCrushのAltRankで「2位」獲得

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

OKCoinJapan「MKR・APE」取扱いへ|お得なキャンペーンも開催中

OKCoinJapan「MKR・APE」取扱いへ|お得なキャンペーンも開催中

トークンが乱立する仮想通貨業界、今後は「プロジェクト合併」が進む?

トークンが乱立する仮想通貨業界、今後は「プロジェクト合併」が進む?

2023年の仮想通貨投資利益「国別ランキング」日本の順位は?=Chainalysisレポート

2023年の仮想通貨投資利益「国別ランキング」日本の順位は?=Chainalysisレポート

OKCoinJapan:最大年率6.28%「Aptos(APT)のステーキングサービス」提供へ

OKCoinJapan:最大年率6.28%「Aptos(APT)のステーキングサービス」提供へ

カルダノ財団「アルゼンチンのエントレ・リオス州政府」と提携

カルダノ財団「アルゼンチンのエントレ・リオス州政府」と提携

2025年までにビットボットのトークンが、新たなAI技術で飛躍する可能性

2025年までにビットボットのトークンが、新たなAI技術で飛躍する可能性

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す