アナリストがアルトコインに注目|強気相場で次のパンプに備える

by BITTIMES

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

仮想通貨市場ではアルトコインの人気が高まっており、クジラたちはビットコインではなくアルトコインを選んでいる。強気相場の影響を受けて、アナリストからは「特定のアルトコインが急騰する可能性」を指摘する意見も出ている。

このような投資パターンの変化は、現在の強気相場でそれらのアルトコインが持つ可能性を示している。この記事では、このような出来事に関する洞察力に富んだ視点を提供する。

BlastUPプレセール:不安定な仮想通貨市場に現れた道標

プレセールトークンを購入検討銘柄に含めるのは良い考えかもしれない。なぜなら、価格が一定レベルに固定されており、市場の乱高下の影響を受けないからだ。そのような予測しやすい状況は「BlastUP」のようなプレセールプロジェクトの主要な利点の1つとなる。

BlastUPは、ETHとステーブルコインのネイティブ利回りを備えた唯一のレイヤー2ソリューション「Blast」における最初のローンチパッドの1つだ。このプラットフォームは、プレセールからわずか数か月ですでに200万ドル以上を調達しており、賢い投資家たちの間で広く認知されている。

現在は「BlastUPトークンのプレセール第5段」が進行中で、有望な資産に低価格で投資するチャンスが提供されている。現在のトークン価格は将来の上場価格より45%低いため、プレセール参加を望む投資家にとって魅力的なものとなっている。

>> BlastUPトークンの詳細はこちら <<

この段階でBlastUPトークンを購入した人は、無料トークンの一部を配布するエアドロップに独占的にアクセスできる。さらに、ステーキングを通じて追加の報酬を獲得したり、段階的なIDOのローンチに参加することも可能だ。

BlastUPは、Blastエコシステムを使用して、誰もが相互成長の恩恵を受けることができる堅牢なコミュニティを育成するための取り組みを進めている。BlastUPは「AIとWeb3ツールを組み合わせる」という野心的な計画を通じて、DAppsをスムーズにローンチするための本当に価値のある安全な環境を構築することを目指している。

コミュニティファーストとイノベーションを中核として仮想通貨スタートアップを支援するBlastUPは急速に成長している。BlastUPはBlastエコシステム内の中心的存在になるための準備を進めており、2026年までの大規模な計画も予定、仮想通貨シーンを揺るがそうとしている。

>> 期間限定のプレセール開催中「BlastUP」の詳細はこちら <<

NEARトークンが上昇:中立状態の市場で利益の可能性

NEAR Protocolのトークンは上昇傾向にある。この1週間でその価値は2倍になった。NvidiaのAIカンファレンスに対する期待感に支えられたこの上昇は、技術的レバレッジに基づいて勢いを維持する可能性がある。

現在価格は7.76ドルで、直近の抵抗線は9.11ドルであるため、利益を上げられる可能性はあると考えられる。しかし、短期的な市場環境は現在中立状態であるため、注意深く観察することが重要だ。

一方、最近の急騰が市場の監視を強め、価格調整の可能性を生み出していることは明らかだ。直近のサポート・レベルは2.97ドルと2.07ドルであり、潜在的なリスクを強調している。10日移動平均線も100日移動平均線も買いを推奨している。従って、長期戦略ではNEARの現在の波を利用して利益を狙える可能性があると考えられる。

Aptosの今後のパフォーマンス:機会とリスクの分析

Aptos(APT)の現在価格は13.62ドル。今後は3億3,400万ドル相当のAPTが市場に流入する予定であるため、これが複数の波及効果をもたらす可能性がある。

15.82ドルに第二の抵抗線があることから、ここまでの急騰もあり得る。しかし、MACDが「買い」を推奨しており、出来高の増加と相まって価格が上昇する可能性があることにも注意が必要だ。

一方、逆のシナリオもある。予想される大量の流入は供給過多を引き起こす可能性があり、直近のサポート・レベルである9.07ドルまで下落するリスクがある。さらに、2つ目のサポート水準は6.41ドルと低い。RSIとストキャスティクスRSIは「中立」となっており、APTの短期的な値動きに対する不透明感を示している。今後のボラティリティは諸刃の剣となり、チャンスとリスクの両方をもたらす可能性がある。

オプティミズム財団のOPトークン販売が市場のボラティリティに影響する可能性

オプティミズム財団による最近のOPトークン販売は、短期的なボラティリティを誘発する可能性がある。流動性の増加は、直近と2番目の抵抗レベルである4.32ドルと4.95ドルの突破に役立つかもしれないが、MACDやSMA-10などの各分析ツールは売り戦略を示唆している。これは、大きな上昇トレンドの前に、価格調整が起こる可能性を示唆している。

長期的には、トークン市場の拡大が、より強固なサポート・レベルを固定する可能性がある。現在価格の4.13ドルは、SMA-100の推奨価格3.39ドルをすでに上回っており、買いを示している。これは、短期的な市場の変動にもかかわらず、長期的な成長と価格の安定が維持されていることを示唆している。

結論

「NEAR Protocol、Aptos、Optimism」などのアルトコインが有望な可能性を示している中で、BlastUPも現在の強気相場の最有力候補として浮上している。

BlastUPは、Blastエコシステムにおける強い存在感・革新的なコンセプト・プレセールの成功によって、仮想通貨業界におけるアルトコインの潜在的な可能性を例証している。

このプロジェクトは熱心な仮想通貨愛好家チームに支えられて順調に進んでおり、ブロックチェーンスタートアップ分野の革命を推進し、新たな成功の高みを告げている。

公式サイト:https://blastup.io/
公式X:https://twitter.com/Blastup_io
公式Discord:https://discord.gg/5Kc3nDhqVW
公式Telegram:https://t.me/blastup_io


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Bloombergはビットコイン価格が53万ドルになると評価|BTC ETFとアルトコインへの熱が高まり、Bitcoin ETFトークンが300万ドルを調達

Bloombergはビットコイン価格が53万ドルになると評価|BTC ETFとアルトコインへの熱が高まり、Bitcoin ETFトークンが300万ドルを調達

レイヤー1オラクルネットワーク「Flare」がローンチ

レイヤー1オラクルネットワーク「Flare」がローンチ

トレーダーの間で証拠金取引が人気を集めている理由とは?

トレーダーの間で証拠金取引が人気を集めている理由とは?

2024年1月、イーサリアムとミームネーターの価格予測

2024年1月、イーサリアムとミームネーターの価格予測

ApeCoin(APE)は2ドルのサポートを維持|VC Spectra(SPCT)が7月の成長で期待される理由は?

ApeCoin(APE)は2ドルのサポートを維持|VC Spectra(SPCT)が7月の成長で期待される理由は?

BTC20とは?ビットコインの歴史を再現する、ステーキング可能なERC20トークン

BTC20とは?ビットコインの歴史を再現する、ステーキング可能なERC20トークン

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA・WLD」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA・WLD」などの注目記事

ビットコイン半減期まで「残り24時間」世界中で関心増加・巨大広告の報告も

ビットコイン半減期まで「残り24時間」世界中で関心増加・巨大広告の報告も

シバイヌ(SHIB)「TOKEN2049 DUBAI」のゴールドスポンサーに|多数の著名人が参加

シバイヌ(SHIB)「TOKEN2049 DUBAI」のゴールドスポンサーに|多数の著名人が参加

Google検索「ビットコインアドレスの残高確認」が可能に|複数のアドレス形式に対応

Google検索「ビットコインアドレスの残高確認」が可能に|複数のアドレス形式に対応

複数の仮想通貨交換を「1回の取引」に集約|ADA Marketsが新機能をテスト

複数の仮想通貨交換を「1回の取引」に集約|ADA Marketsが新機能をテスト

日本の上場企業メタプラネット「ビットコイン購入計画」を発表|アジア版MicroStrategyの誕生

日本の上場企業メタプラネット「ビットコイン購入計画」を発表|アジア版MicroStrategyの誕生

仮想通貨ニュース週間まとめ「JMY・XYM・ADA・SHIB」などの注目記事をまとめて

仮想通貨ニュース週間まとめ「JMY・XYM・ADA・SHIB」などの注目記事をまとめて

カルダノ(ADA)「2024年の最優秀レイヤー1ソリューション賞」を受賞

カルダノ(ADA)「2024年の最優秀レイヤー1ソリューション賞」を受賞

GMOコイン:新規口座開設でビットコインがもらえる「暗号資産デビュー応援キャンペーン」開始

GMOコイン:新規口座開設でビットコインがもらえる「暗号資産デビュー応援キャンペーン」開始

BCG大手MOBOX:3月29日「$MDBLのフェア・ローンチ」開始予定!

BCG大手MOBOX:3月29日「$MDBLのフェア・ローンチ」開始予定!

NFTDriveEX:SymbolとEVMチェーンを繋ぐ「アトミックスワップ機能」導入へ

NFTDriveEX:SymbolとEVMチェーンを繋ぐ「アトミックスワップ機能」導入へ

Flare Network:分散型のCEXスタイル取引アプリ「Raindex」リリース

Flare Network:分散型のCEXスタイル取引アプリ「Raindex」リリース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す