SNS上でのミームネーターの熱が目標値1ドルに繋がる可能性を示す?

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

仮想通貨市場が盛り上がりを見せている。本稿執筆時点で500億ドル以上の価値があるミームコイン市場も例外ではない。しかしながら、よく見てみるとミームコイン市場にはぼったくりコインが氾濫しているようだ。

ドージコイン(Dogecoin)や柴犬(Shiba Inu)のような大物ミームコインは、これまでに信じられないような伝説を残してきた。しかし、そんな市場の現状は荒れ狂っている。コピー通貨が後をたたず、廃れかけの状態だ。

そんな問題に立ち向かうべくミームネーター(Memeinator)と呼ばれるヒーローが立ち上がった。この暗殺マシンは、うんざりするような大量の劣悪コインを成敗し、業界の質を向上させる使命を担っている。

プロジェクトは既に685万ドルという印象的な資金の調達に成功しており、現在はステージ19を駆け抜けている。X(旧Twitter)の14万人近いフォロワーに支えられたこのプラットフォームは、ミームコイン業界で大きな勢力となるための準備を着々と進めている。

ミームネーター(Memeinator)とは?

ミームネーター(Memeinator)は変革の担い手として登場した。仮想通貨業界からぼったくりコインを一掃し、真の価値があるものだけが勝ち残るミームコインエコシステムを切り開くことを目標としている。

ミームネーターは正確にはGameFiトークンではない。しかし、開発中の戦闘ゲーム、ミーム戦争(Meme Warfare)を通じて、GameFI分野の勢いを得ることを狙いとしている。

最先端技術のミームスキャナーAIツールを活用したこのゲームは、コミュニティ提案を元に無価値ミームコインを分析し、敵としてゲームに投入する。プレーヤーはミームネーターを操り、これらの劣悪ミームを粉々に打ち倒していく。

近頃、仮想通貨業界が再び台頭している。そんな中、ミームネーターはSNS上で圧倒的な存在感を示しており、人気が高まっている証拠というだけでなく、1ドルの壁突破に欠かせない鍵となるだろう。

心躍るゲーム体験、最先端AI技術、無敵のトークノミクスを組み合わせることで、ミームネーターはエリートミームコインの仲間入りを果たし、ポジティブトレンドに乗ることを目指している。

MMTRトークンの価値

ミームネーターは、アーリーアダプターが最大45%のAPYを獲得できるステーキング機能を提供している。また、チームは希少性を確保するため、四半期ごとにトークンを燃やす計画を明らかにしており、2023年12月に行われた最初の焼却では約1億3,000万トークンが燃やされた。

ミームネーターは、総供給量10億トークンの内62.5%をICOに充てている。熱心な投資家は、プレセールが始まるや否やトークンを買い占めた。そのため、現時点では限られた数のトークンしか残っていない。チャンスの窓が狭まっているこのプロジェクトに希望を見出している投資家は、決断を迫られているようだ。

飛躍をとげる可能性を後押しするものとは?

プレセールの段階が進むにつれて、興奮は手に取るように感じられる。実質的な利益を得るため、多くの投資家は準備を進めている。現在、MMTRはわずか0.0276ドルで販売されている。特に次のビットコイン半減サイクルを前に市場が過熱する中、飛躍するための扉はまだ開いている。

いまだに、この通貨への投資に迷いがある人は、ぺぺコイン(Pepe Coin)やドッグウィズハット(Dogwifhat)のような実用性に欠けるミームコインが、それぞれ330万ドル、210万ドルという数百万ドル規模の時価総額を獲得し、急成長していることを考慮すべきである。

実用性に溢れ、デフレ型アプローチ採用により強固なトークノミクスを実現するミームネーターが一般市場で公開された場合、同じような、もしくはそれ以上の成長軌道に乗ると予想できるのかもしれない。

ミームコイン市場は現在上昇傾向にある。ドージコインは過去30日間で114%以上の上昇、ドッグウィズハットは今年だけで1,000%以上跳ね上がっている。

ミームネーターがこれに続き1ドルの壁を乗り越えた場合、プレセールに参加した投資家は恩恵を受けることになるだろう。この予測は、現在の市場動向を考えると実現不可能なものではないと言えるのかもしれない。

専門家の予測によると、市場は強気相場に突入したばかりだ。ぺぺやドッグウィズハットのような用途の限られるトークンの過去のパフォーマンスを考慮すると、ミームネーターの時価総額10億ドル達成という見通しは決して的外れなものではないだろう。熱狂的な投資家の間では、当初の予定よりも随分と早く評価額1ドルを突破できる可能性も浮上しているようだ。

ミームネータープレセール最後のチャンス

ミームネータープレセールは43,103,448トークンを残すのみとなり、終わりに向けて急速に進んでいる。これは、現在の仮想通貨トレンドを見事に反映した画期的なプロジェクトだ。希望に満ち溢れたミームネーター、投資を確保するための時間は限られている。

プロジェクトは、2024年第一四半期に取引所への上場を計画している。年末までにエリートコインとしての座を狙っているだけでなく、サポーターには天に登る勢いの上昇を約束している。

近年の最も魅力的な仮想通貨トレンドの1つとして、ミームネーターはAIイノベーション、ブロックチェーンゲーム、活発なコミュニティ、傑出したトークノミクスをうまく展開している。

ミームコイン革命への参加を検討してみてはどうだろうか?ミームネーターのソーシャルメディアの活用能力は高い。市場の波に乗り、憧れの1ドルの達成を目指す。

MMTRの詳細はミームネーター公式ウェブサイトをチェック。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

環境に優しいブロックチェーン・プロジェクトeTukTuk、プレセールで300万ドル調達間近

環境に優しいブロックチェーン・プロジェクトeTukTuk、プレセールで300万ドル調達間近

Cardano(ADA)が新バージョンをリリース、Render(RNDR)が2023年第4四半期レポートを発表、Pullix(PLX)に1万5000人のユーザー登録

Cardano(ADA)が新バージョンをリリース、Render(RNDR)が2023年第4四半期レポートを発表、Pullix(PLX)に1万5000人のユーザー登録

Bitget第1回KCGIトレーディング大会が暗号資産デリバティブ取引分野のトップイベントとして終了しました!

Bitget第1回KCGIトレーディング大会が暗号資産デリバティブ取引分野のトップイベントとして終了しました!

Rocketize:ステラのように本物のユーティリティを備えた、ドージコインのライバルとなる仮想通貨プロジェクト

Rocketize:ステラのように本物のユーティリティを備えた、ドージコインのライバルとなる仮想通貨プロジェクト

【楽天ペイ】牛丼チェーン「吉野家」全1,179店舗に対応

【楽天ペイ】牛丼チェーン「吉野家」全1,179店舗に対応

25億2,500万ドルがハッキング:暗号資産市場はハッカーのATMになったのか?

25億2,500万ドルがハッキング:暗号資産市場はハッカーのATMになったのか?

注目度の高い仮想通貨ニュース

コインチェック:スマホアプリで「ビットコイン相場予想」提供開始

コインチェック:スマホアプリで「ビットコイン相場予想」提供開始

ロンドン証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの仮想通貨ETN」5月から取扱開始

ロンドン証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの仮想通貨ETN」5月から取扱開始

Symbol活用のNFTDriveEX「アトミックスワップv1」リリース|SHIBもサポート

Symbol活用のNFTDriveEX「アトミックスワップv1」リリース|SHIBもサポート

ビットトレード:最大1.0%の日本円還元「積立プログラム」提供へ

ビットトレード:最大1.0%の日本円還元「積立プログラム」提供へ

ビットトレード:投票で稼ぐアプリ「CRATOS(CRTS)」の運営企業と覚書締結

ビットトレード:投票で稼ぐアプリ「CRATOS(CRTS)」の運営企業と覚書締結

カルダノウォレット「Lace」取引内容確認で嬉しいアップデートを実施

カルダノウォレット「Lace」取引内容確認で嬉しいアップデートを実施

ドージ系最新マルチチェーン・ミームコインDogeverseのプレセールが500万ドルを突破!

ドージ系最新マルチチェーン・ミームコインDogeverseのプレセールが500万ドルを突破!

メタマスク「エアドロップ受取資格の一括確認&請求機能」を追加

メタマスク「エアドロップ受取資格の一括確認&請求機能」を追加

2023年の仮想通貨投資利益「国別ランキング」日本の順位は?=Chainalysisレポート

2023年の仮想通貨投資利益「国別ランキング」日本の順位は?=Chainalysisレポート

【重要】MEXC「dHealth Network(DHP)の上場廃止」を発表|期日までに必要な対応を

【重要】MEXC「dHealth Network(DHP)の上場廃止」を発表|期日までに必要な対応を

仮想通貨でプリペイド決済「Slash Vプリカ SHOP」提供へ:Slash × ライフカード

仮想通貨でプリペイド決済「Slash Vプリカ SHOP」提供へ:Slash × ライフカード

Web3ドメイン提供するD3社「Shibarium上でのSHIB・BONE決済」に対応

Web3ドメイン提供するD3社「Shibarium上でのSHIB・BONE決済」に対応

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す