急成長が期待されるPoodl Inu、プレセールでは140万ドルの資金調達

by BITTIMES

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

Poodl Inu($POODL、プードル)は、ユニークで強気な姿勢がミームコイン分野で際立っており、仮想通貨市場全体に大きな影響を与えるプロジェクトとして投資家から注目されています。

現在行われているプレセールでは、140万ドルの資金調達をして勢いが加速していることから、ローンチ(発売)後の急成長が期待されています。

本記事では、盛り上がりを見せているPoodl Inuのエコシステムやトークノミクス、プレセールなどについて説明します。

今後の急成長が期待されるPoodl Inuの魅力

POODLの画像①

Poodl INUミームコインは、可愛いプードルをテーマにしていますが、「IDGAF(そんなこと知るか)」という強気な姿勢と、独特の性格を持ち合わせていることから、仮想通貨市場で際立っています。

プロジェクトチームは、Poodl INUを「堂々とした美しさ」を備えた「4本足の大波(tidal wave on four legs)」と表現。

先月発表されたばかりのPoodl INUですが、すでに熱狂的な議論を巻き起こしており、そのプレセールは投資家からの大きな関心を集め、話題になっています。

公式サイトでは、「ドージコイン以来最高の犬(dopest dog since doge)」として自らを紹介し、Dogecoin(ドージコイン)を追い越してミームコイン分野で優位性を確立することを目指しています。

Poodl INUはそのような高い目標を達成するために、魅力的なステーキング報酬や、コミュニティ中心の理念、特徴的なデザインを実施しています。

$POODLの魅力の1つとして、トークン取得後すぐにステーキングできることがあげられ、投資家は自らの資産を活かして報酬を増加させることが可能になっています。

また、ステーカーはコミュニティの成長にも貢献できるため、投資家とPoodl INUの双方に大きなメリットがもたらされる仕組みになっています。

さらにPoodl INUは、初期の時価総額をかなり低く設定し、大きな成長余地を残していることから、急成長が期待できる犬ミームコインの候補としてあげられています。

プロジェクトの勢いは、追加の上場が行われた際に加速することが予想されており、戦略的な投資家はPoodl INUの今後の動向を見守っています。

POODLのプレセールは140万ドルを突破

$POODLのプレセールは、仮想通貨の投資家の間で大きな話題になっており、本稿執筆時点で140万ドル以上の資金調達が行われています。

さらにPoodl INUは、大規模なグローバル・マーケティングを行う予定であるため、今後さらに人気は高まっていくでしょう。

$POODLの現在の価格は、0.000804ドルとなっています。

Ethereum(イーサリアム)のブロックチェーン上で稼働している$POODLは、総供給量が69億、そのうちの50%がプレセールへ割り当てられています。

トークノミクスに関しては、総供給量の30%がステーキングに、10%がDEX(分散型取引所)での流動性に、残りの10%がマーケティング活動に配分されています。

Poodl INUの今後の計画が示されたロードマップを見てみると、3つのフェーズに分かれており、フェーズ1ではプレセールとステーキングに焦点が当てられ、魅力的な報酬について強調されています。

フェーズ2では、マーケティング活動やステーキング報酬の追加、取引所への$POODL上場などが行われます。

フェーズ3では、エコシステムおよびコミュニティの拡大と、ミームコイン分野で優位性を確立することが目標となっています。

最後に

Poodl INUはプレセールが好調な滑り出しとなっており、仮想通貨コミュニティの幅広い層から大きな関心が寄せられています。

同プロジェクトに興味がある方は、日本語版の公式サイトや、X(旧Twitter)Telegramなどのソーシャルメディアで、プレセールの詳細や最新情報を確認してみてください。

Poodl INUの詳細を見てみる


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

FlareがGoogle Cloud用の汎用ブロックチェーンAPIを公開

FlareがGoogle Cloud用の汎用ブロックチェーンAPIを公開

2023年の始まりと共にビットコインの前向きなニュース|メタケードも勢いに乗れるのか

2023年の始まりと共にビットコインの前向きなニュース|メタケードも勢いに乗れるのか

Ultra Coin(UOS)ついに取引開始!次世代のゲーム配信プラットフォーム「Ultra」のチーム紹介

Ultra Coin(UOS)ついに取引開始!次世代のゲーム配信プラットフォーム「Ultra」のチーム紹介

Bybit Games:トレーディングコンペ開催にあたり「Save the Children」と提携

Bybit Games:トレーディングコンペ開催にあたり「Save the Children」と提携

Solanaの新しいミームコインSlothanaが革新的なプレセールを開始、数時間で50万ドルを調達

Solanaの新しいミームコインSlothanaが革新的なプレセールを開始、数時間で50万ドルを調達

メタケード(MCADE)2023年〜2030年の価格予測【PR】

メタケード(MCADE)2023年〜2030年の価格予測【PR】

注目度の高い仮想通貨ニュース

最近の仮想通貨ブームで急成長が期待される5つの新しいミームコイン

最近の仮想通貨ブームで急成長が期待される5つの新しいミームコイン

Solana系で注目のミームコインSLOTH、エアドロップ型プレセールで1000万ドルを突破

Solana系で注目のミームコインSLOTH、エアドロップ型プレセールで1000万ドルを突破

「我々は全てのカードを持っている」カルダノ創設者が大型アップグレードを予告

「我々は全てのカードを持っている」カルダノ創設者が大型アップグレードを予告

イーサリアムOS搭載スマホ「ethOS Phone」一般向け販売開始

イーサリアムOS搭載スマホ「ethOS Phone」一般向け販売開始

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

【重要】MEXC「dHealth Network(DHP)の上場廃止」を発表|期日までに必要な対応を

【重要】MEXC「dHealth Network(DHP)の上場廃止」を発表|期日までに必要な対応を

自民党web3PT「2024年版のweb3ホワイトペーパー」公開|税制改正など様々な要望を記載

自民党web3PT「2024年版のweb3ホワイトペーパー」公開|税制改正など様々な要望を記載

「SHIBは買い」ビットコイン初期投資家ダヴィンチ・ジェレミー氏が支持

「SHIBは買い」ビットコイン初期投資家ダヴィンチ・ジェレミー氏が支持

ロバート・キヨサキ氏「4月までに10ビットコイン購入予定」強気な価格予想も

ロバート・キヨサキ氏「4月までに10ビットコイン購入予定」強気な価格予想も

2024年4月に成長が期待される仮想通貨

2024年4月に成長が期待される仮想通貨

ジャスミー(JMY)「2024年のロードマップ」公開

ジャスミー(JMY)「2024年のロードマップ」公開

シバイヌ(SHIB)「CDSA参加の重要性と影響」主任開発者Shytoshi Kusama氏が説明

シバイヌ(SHIB)「CDSA参加の重要性と影響」主任開発者Shytoshi Kusama氏が説明

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す