次のトップ・ミームコインと噂されるDogecoin20、プレセールで早くも200万ドルを突破

by BITTIMES

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

先週の3月14日にプレセールを開始した新しいミームコインDogecoin20($DOGE20、ドージコイン20)が、早くも200万ドルの資金を調達し、次のトップ・ミームコインになるかもしれないと話題になっています。

現在のトップ・ミームコインであるDogecoin($DOGE、ドージコイン)は、ここ最近落ち込み気味で、過去24時間で約11%の下落が見られます。そのため、Dogecoin20に投資家からの注目が集まっています。

仮想通貨市場では、拡散力が高く大きなリターンを得られるミームコイン分野に関心を示す投資家が増えていることもあり、Dogecoin20の資金調達スピードは加速、毎日50万ドル以上を集めています。

本稿執筆時点ではプレセールのステージ6が行われており、価格は$0.0002ドルとなっています。

ステージ12まで用意されているプレセールは、すでに半分が終了しており、最終的に価格は0.000206まで上昇する見込みです。

尚、$DOGE20のハードキャップ(資金調達上限)は、631万5663ドルで設定されており、上限に達すると、最終ステージ前でもプレセールは終了となります。

DOGE20はミームコイン投資家待望のドージコイン・アップグレード版

Dogecoin20公式サイトの画像

Dogecoin20は、Elon Musk(イーロン・マスク)が愛したDogecoinのアップグレード版です。

その外見は同じように作られていますが、中身は最新の技術を取り入れ改良されています。

Dogecoin20では、従来の$DOGEで使われていたマイニング(採掘)を廃止し、ブロック検証にProof-of-Stake(PoS、プルーフ・オブ・ステーク)という新しいブロックチェーン技術を採用しています。

PoSはエネルギー消費量が少なく環境に優しいため、多くの仮想通貨で取り入れる動きがあります。

Dogecoin20は、ステーキング・オプションを導入することでDogecoinをさらに進化させ、トークン保有者へ受動的な収入を提供することを可能にしました。

Dogecoinのコピー商品は数多く存在しますが、Dogecoin20は$DOGEコミュニティの博愛精神に忠実に従い、プロトコルのみを改良した最初の派生コインとなっています。

Dogecoin20は、Ethereum(イーサリアム)のスマートコントラクトを選択したことで、Dogecoinブランドの持続可能な成長を支えています。

dAppsのトップ・ブロックチェーンは、「Dencun」と呼ばれる大規模なアップグレードを行ったばかりで、Ethereumのレイヤー2取引の手数料は下がり始めています。このことは、Dogecoin20コミュニティにも、ポジティブな影響をもたらすことになるでしょう。

また、$DOGE20は総供給量を1400億に固定し、無限とされているDogecoinの供給量問題を解決、トークンに希少価値をもたらす戦略を取りました。

$DOGE20や$DOGEが属するミームコイン分野は、時価総額が550億ドルを超える大規模な市場となっているため、そのような意味でもDogecoin20の今後に市場は大きな期待を寄せています。

Dogecoin20のトークノミクスの画像

さまざまなメディアで取り上げられるDogecoin20

Dogecoin20は、Business Insider(ビジネスインサイダー)やCointelegraph(コインテレグラフ)、the Times of India(ザ・タイムズ・オブ・インディア)など、大手メディアに取り上げられています。

Dogecoinに関連するものに対する市場の関心はかなり高く、億万長者のElon Muskのサポートや発言に価格が高騰することも珍しくありません。

そして、このようなDogecoinにとってのいいニュースは、今後Dogecoin20にもプラスの影響を与えてくれると考えられます。

Dogecoinの価格を見てみると、史上最高値の0.7316ドルからまだ80%近く離れており、ROI(投資利益率)はまだまだ続くと予想できるため、Dogecoin20が恩恵を受けられるチャンスは今後もありそうです。

Dogecoin20ステーキングの画像

前述したように、Dogecoin20の特徴にステーキングがありますが、購入者はプレセール段階からステーキングをして報酬を得ることができます。

現時点でのステーキング報酬は、291%のAPY(年間利回り)で運営されており、総供給量1400億ドルのうち、すでに96億ドル以上の$DOGE20がステーキングに回されています。

またDogecoin20は、トークン総供給量の15%をステーキング報酬として確保しており、保有者の長期的な参加を促しています。

ステーキング報酬は、ETHブロックが生成されるごとに6751$DOGE20の割合で報酬として配布され、ステーキングプールにおけるステーカーのトークン保有率が高いほど、報酬も高くなります。

Dogecoin20は、長い間トレンドとなっているDogecoinコミュニティの魅力を維持しつつも、受動的な収入や新しいブロックチェーン技術などを取り入れているため、有望なミームコインの1つとして今後の動向が見守られています。

$DOGE20はETH、USDT、BNB、またはカードを使ったfiatで購入できます。

プロジェクトの最新情報は、X(旧Twitter)Telegramで発信されているので、興味のある方はぜひご覧ください。

$DOGE20の詳細はこちら


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

EOS(イオス)の価格予測:メタケード(Metacade)への投資が注目される理由

EOS(イオス)の価格予測:メタケード(Metacade)への投資が注目される理由

Solana系ミームコインに売り圧力が強まる、SEALが代替品として浮上

Solana系ミームコインに売り圧力が強まる、SEALが代替品として浮上

規制圧力の中、28,000ドルのサポート維持に苦労するビットコイン

規制圧力の中、28,000ドルのサポート維持に苦労するビットコイン

AI取引ボットを開発するWienerAIのプレセールが7月31日で終了、トップ取引所にも上場予定か

AI取引ボットを開発するWienerAIのプレセールが7月31日で終了、トップ取引所にも上場予定か

Web3は新しい金融をどう再定義するのか

Web3は新しい金融をどう再定義するのか

柴ミーム:AIで自らを売り込む次世代ミームコイン

柴ミーム:AIで自らを売り込む次世代ミームコイン

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説