ビットボットが売り切れ間近|日本の仮想通貨トレーダーが可能性に期待?

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

日本のトレーダーが大きなチャンスを見つけ出したようです。ビットボットのプレセールは現在ステージ6にあり、これまでに113万ドルを調達しています。今からの参加でもプレセール終了前に参加した投資家は、プロジェクトが成長した場合に大きな恩恵を得られるかもしれません。

仮想通貨取引ボットのパイオニアであるビットボットは、日本の投資家にとって、飛躍の可能性を告げる道標です。この記事では、ビットボットが投資家の関心を集めている理由を掘り下げ、取引ボットの状況において際立った可能性を強調します。

仮想通貨取引ボットテレグラム:飛躍的な成長を遂げる市場

一言で言うとこれらは、テレグラムのユーザーフレンドリーなインターフェイスを通じて仮想通貨を取引するために設計された自動化ツールです。

24時間365日稼働し、シンプルかつ簡単に取引を実行するため、トレーダーの間で大きな支持を集めています。現在、急成長している分野の1つで時価総額は10億ドル以上、70万人以上のユーザーによる全体の総取引高は約80億ドルで、その大部分は2024年に入ってから記録されたものです。

マーケットリーダーであるBanana Gun(バナナガン)とMaestro(マエストロ)は、それぞれ約9,000万ドルと4,000万ドルの実質的な時価総額を誇ります。これは、深刻なセキュリティ侵害に直面した過去があるにも関わらずです。ユニボットとバナナガンは、ユニボットの56万ドルの損失、バナナガンの90%以上の価値がラグプル疑惑の後に低下したことを発表しました。

投資の観点からみて、深刻な問題に直面したこの回復力は、市場がおそらく深刻な過小評価を受けているという事実によって補完されます。テレグラム取引ボット市場の潜在的な可能性と、まだ誕生して間もないという事実を考えると、物事が実際に動き出す前の参加を検討してみるのもいいのではないでしょうか。

ビットボットが際立つ理由

成長するテレグラム取引ボット市場における顕著な脆弱性に対応するため、ビットボットは先駆的なソリューションを開発しました。世界初のノンカストディアル型テレグラム取引ボットであり、仮想通貨取引のセキュリティと自律性において新たな先例を打ち立てました。

ビットボットのノンカストディアル機能は、取引を実行するためにユーザーのウォレットに直接アクセスする必要がないことを意味し、ユニボットやバナナガンのような競合他社がユーザーにリスクを負わせるのとは対照的です。

KnightSafeとの提携により、ビットボットはラグプルやMEV(Maximum Extractable Value)エクスプロイトから保護するAグレードのセキュリティプロトコルを提供し、ユーザーを完全に保護します。

このセキュリティ第一のアプローチは、開発へのコミットメントによって後押しされ、ビットボットトークンの20%を12ヶ月のスケジュールで割り当てることで、引き抜きのリスクを減らし、トークンの長期的な価値と投資の可能性を確保します。

このようなサービスを提供してテレグラム取引ボット市場に参入することで、ビットボットは小さな池の大きな魚となります。そして、競合他社よりも大きな飛躍を提供しているため、消費者や投資家が情報をキャッチすれば、急速にビットボットは競合他社から大量の市場シェアを奪い始める可能性があります。

優れたトレーディング・エクスペリエンス

驚異的なセキュリティ機能だけでなく、AIを駆使した高度なスナイピングツールにより、トレーダーは割安な資産を見つけ出し、最適な売買判断と強力な利益を得ることができます。

AIを搭載したGem Scanner(ジェムスキャナー)は、プレセールをふるいにかけて最も有望な機会を強調し、溢れる市場でユーザーに優位性を与えます。AIの採用は、ビットボットにもう一つの強気で数十億ドル規模のセクターであるAI仮想通貨としての輝きを与え、BITBOTトークンが大きく飛躍するための力となるでしょう。

また、ビットボットには紹介プログラムがあり、紹介されたユーザーが開始した取引による取引手数料の15%を生涯にわたって紹介したユーザーに提供し、相互利益を通じてコミュニティを構築しています。

さらに、100人の参加者にそれぞれ1,000ドルが当たるという目から鱗のチャンスをはじめ、さらなる参加を促すためにスリリングな景品を企画しています。このようなコミュニティが、BITBOTトークンの短期的・長期的な価格上昇の原動力となるでしょう

日本の投資家の皆様は、プロジェクトのMediumブログでの更新や、テクニカルプロダクトアドバイザーのAndrew Jacobsが主催する定期的なAMAに参加することで、ビットボットの進歩に関する情報を簡単に得ることができます。

このような取り組みは、ビットボットのオンライン・コミュニティの成長に継続的に貢献しており、現在までにテレグラムグループでは約21,000人のメンバー、Xでは12万人のフォロワーを獲得しています。

日本の投資家がビットボットに熱狂?

ビットコインの半減期、ビットコインETFの承認、そして極め付けは72,000ドルを超えるATHの達成、金利の有利な調整の見通しなどの重要な市場イベントは、より広範な市場のさらなる驚異的な成長を見せることでしょう。これらの進展は、投資家の信頼が強化され、ビットボットのような革新的で現在過小評価されているプラットフォームが繁栄する道が開かれました。

同様の成長指標をBITBOTトークンに当てはめると、BANANAが最近経験したような130%の上昇を仮定した場合、ビットボットトークンはプレセールの最終価格0.0200ドルからわずか1ヶ月で0.046ドルまで上昇する可能性があります。

このシナリオは、プレセール中に投資家が目にする可能性のあるトークン価格の上昇と組み合わせることで、初期投資家にとって成長に期待ができる投資機会となるのかもしれません。

そして、長期的な価格上昇の余地も考慮しなければなりません。プレセール中にBANANAを購入し、直近の史上最高値である39.75ドルで売却した人は、60倍近い利益を得たことになります。

現在0.0128ドルで取引されているビットボットの価値は、プレセールが終了して取引所に出回るまでに63.93%上昇すると予想され、そこでは一般トレーダーからの買い圧力が高まるでしょう。

ビットボットプレセールの終了が迫る

ビットボットのプレセールが終了に近づくにつれ、日本の投資家は、仮想通貨取引ボットに関わる有力な投資機会に注目しているようです。

トークンが0.0128ドルで入手可能な今、この瞬間をつかむことは、仮想通貨取引が画期的な新時代に飛躍するにつれて、前例のない成長を解き放つことを意味するかもしれません。

BITBOTトークンの詳細は公式サイトをご覧ください。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Bitget:FTXの破綻で影響を受けたユーザーを支援するために500万ドルのビルダーズファンドを用意!

Bitget:FTXの破綻で影響を受けたユーザーを支援するために500万ドルのビルダーズファンドを用意!

ビットボットプレセール、日本のトレーダーから巨額の投資

ビットボットプレセール、日本のトレーダーから巨額の投資

ビットコイン価格が反発|Shibieのプレセールが20万ドルのマイルストーンを突破

ビットコイン価格が反発|Shibieのプレセールが20万ドルのマイルストーンを突破

SECがバイナンスUSとボイジャーの取引に異議の申し立て|2023年のアルトシグナル ASIトークンへの影響は?

SECがバイナンスUSとボイジャーの取引に異議の申し立て|2023年のアルトシグナル ASIトークンへの影響は?

Bitpandaが支援するPantosがマルチチェーントークンシステムのパブリックベータをローンチ

Bitpandaが支援するPantosがマルチチェーントークンシステムのパブリックベータをローンチ

Bitget:現物取引のイノベーションゾーンを拡大

Bitget:現物取引のイノベーションゾーンを拡大

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA・SUI」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA・SUI」などの注目記事

ソニー銀行「ステーブルコイン発行に向けた実証実験」を正式発表|Polygon・SettleMintと協力

ソニー銀行「ステーブルコイン発行に向けた実証実験」を正式発表|Polygon・SettleMintと協力

ビットトレード:積立暗号資産で「DOGE・SHIB・ADAなど7銘柄」サポートへ

ビットトレード:積立暗号資産で「DOGE・SHIB・ADAなど7銘柄」サポートへ

GMOコイン:ビットコインの半減期記念「手数料半減キャンペーン」開催

GMOコイン:ビットコインの半減期記念「手数料半減キャンペーン」開催

2025年までにビットボットのトークンが、新たなAI技術で飛躍する可能性

2025年までにビットボットのトークンが、新たなAI技術で飛躍する可能性

VR・ARコイン5SCAPEの人気が上昇中、プレセールは300万ドル調達間近

VR・ARコイン5SCAPEの人気が上昇中、プレセールは300万ドル調達間近

ビットトレード:最大1.0%の日本円還元「積立プログラム」提供へ

ビットトレード:最大1.0%の日本円還元「積立プログラム」提供へ

新しい仮想通貨Dogecoin20がプレセールを開始、初日で25万ドルを調達して市場から大きな期待

新しい仮想通貨Dogecoin20がプレセールを開始、初日で25万ドルを調達して市場から大きな期待

ユニスワップ「インターフェース手数料」を引き上げ|米SECの訴訟問題が関係か?

ユニスワップ「インターフェース手数料」を引き上げ|米SECの訴訟問題が関係か?

Flare Network:分散型のCEXスタイル取引アプリ「Raindex」リリース

Flare Network:分散型のCEXスタイル取引アプリ「Raindex」リリース

Solanaの新しいミームコインSlothanaが革新的なプレセールを開始、数時間で50万ドルを調達

Solanaの新しいミームコインSlothanaが革新的なプレセールを開始、数時間で50万ドルを調達

99BTCのプレセールがスタート! 大口投資家たちが注目している革新的なLearn-To-Earnトークンとは?

99BTCのプレセールがスタート! 大口投資家たちが注目している革新的なLearn-To-Earnトークンとは?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す