史上初となるVR・ARゲームトークン5thScape、プレセールで150万ドルを調達

by BITTIMES

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

VR(仮想現実)ゲームは仮想通貨の世界で人気が高まっており、関連するトークンが投資家から注目されるようになっています。

その中で先週登場したのが5thScape($5SCAPE)で、仮想通貨では史上初となるVRおよびAR(拡張現実)に特化したコインとなっています。

現在行われているプレセールは好調な滑り出しで、投資家がブロックチェーンで動く世界に高い関心を示していることがわかります。

本記事では、発表されたばかりの新しい5thScapeの概要とプレセールの状況についてお伝えします。

5thScapeがプレセールで150万ドル以上の資金を調達

5thScapeのプレセール画像

5thScapeが、仮想通貨として初めてVRゲーム分野へ進出したことは、市場でも大きく期待されており、プレセールでは開始から1週間足らずで150万ドル以上の資金を調達しました。

$5SCAPEのプレセールは12のラウンドから成り立っており、最初のオープニングラウンドでは0.00187ドル、最終ラウンドでは0.0087ドルまで価格が上昇する見込みです。

現在はラウンド2が行われており、$5SCAPEは0.00215ドルで販売されています。

プレセールではこのように、段階的にトークン価格を上昇させながら販売されており、早期参入者にインセンティブを与えるとともに、後から参加した投資家にもお得な機会を提供しています。$5SCAPEの上場価格は、0.01ドルです。

また、プレセールのハードキャップ(資金調達上限)は1,500万ドルに設定されていて、上限に達すればラウンドの途中でもプレセールは早めに終了する可能性があります。

5thScapeのチームはプレセール終了後に、主要な仮想通貨取引所に$5SCAPEを上場させる計画を発表しています。

さらに、5thScapeのスマートコントラクトは、ブロックチェーンの大手セキュリティ会社であるCoinsult社による完全な監査も完了しているため、安全性も保証されています。この検証によって、技術的観点からトークノミクスが適切に構成されていることが確認されました。

5thScapeプロジェクトは仮想通貨インフルエンサーの間でも話題になっており、ユーチューバーのMichael Wrubel氏(登録者数31万人以上)も自身のチャンネルで紹介しています。

現実とVR世界を上手く融合する5thScape

5thScapeのVRゲーム画像

5thScapeのチームは、完全没入型のVRゲーム体験の開発を目標とし、大きな夢を描いています。

このプラットフォームは、ブロックチェーン技術を利用して、VRとARのゲーム、コンテンツ、ハードウェアなど、エコシステム全体を構築することに焦点を当てています。

5thScapeは、単にVRゲームをいくつかリリースして終わるのではなく、バーチャルリアリティ専用に設計されたAAAタイトル(作り込まれたゲーム)の開発も目指しています。

例えば、ケージ・コンクエストというMMA(総合格闘技)をテーマにしたものや、スラスト・ハンターというレースゲームなどがあげられます。

(MMAケージ・コンクエストの予告動画)

また、VRウルトラ・ヘッドセットと呼ばれるヘッドセットや、Swiftscape VRチェアというARゲーミングチェアなどの制作も行う予定としており、優れたハードウェアの開発にも全力を注いでいます。

これら独自の商品は、精密なモーション・トラッキング(動作検出機能)と、スムーズな操作性を備えているため、ユーザーへ没入感のある体験を提供することができます。

そして、この革新的なエコシステムの中心を担うのが$5SCAPEで、このネイティブトークンは5thScapeのゲームへのアクセスや、アプリ内での購入、独自のマーケットプレイスを通してゲーム構築などに関わった開発者へのインセンティブなどに、使用されます。

5th Scapeは、Ethereum(イーサリアム)上で稼働しており、VRゲームなどに必要なスケーリング(処理能力の調整)のために、スケール・ネットワーク・レイヤー2テクノロジーを導入しています。

レイヤー2テクノロジーは、最近大規模なアップグレード(Dencun)が行われ、取引手数料が下がっているため、5th Scapeの魅力の1つともなっています。

5thScapeの人気を後押しする戦略的なトークノミクス

5thScapeのトークノミクス画像

前述したように、5thScapeはプロジェクトが市場に広く普及するように戦略的に設計されたトークノミクスを導入しています。

公式サイトのトークノミクスを見てみると、$5SCAPEの総供給量52.1億のうち、80%という大きな割り当てがプレセールに設定されています。

また、10%は取引所での流動性へ、残りの10%は開発や、マーケティング、コミュニティのステーキング報酬に配分されています。

5thScapeのステーキング・プールは、プレイヤーからのサブスクリプションとゲームなどへの参加で支払われる資金の一部でカバーされます。

参加するプレイヤーが増えるほど流動性プールが拡大し、ステーキング報酬のベースとなるAPY(年間利回り)が設定される仕組みとなっています。

5thScapeのホワイトペーパーでは、トークノミクス・モデルについてより詳しく説明されており、持続可能なエコシステムを構築するためのチームの熱心な姿勢が表れています。

コンサルティング会社であるGrand View Research社のアナリストは、これから技術がより身近になっていけば、VRゲーム分野は2030年までに1090億ドルの大規模な産業に成長するだろうと予測しています。

メタバースがブロックチェーンや仮想通貨と強い関連性を持つようになっている中で、5thScapeは大きな影響力を持つプロジェクトとして成長することを目指しています。

$5SCAPEの詳細はこちら


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Meme Kombatのプレセールが最終段階へ、トレーダーたちはローンチ後の価格上昇に期待

Meme Kombatのプレセールが最終段階へ、トレーダーたちはローンチ後の価格上昇に期待

Techtec:世界有数の分散型金融(DeFi)プロジェクト「MakerDAO」との協業を開始

Techtec:世界有数の分散型金融(DeFi)プロジェクト「MakerDAO」との協業を開始

ミームにしてミームあらず:Memeinatorが4週間で100万ドルの資金調達に成功した理由

ミームにしてミームあらず:Memeinatorが4週間で100万ドルの資金調達に成功した理由

UAE政府とヴェノム財団「国家カーボンクレジット制度」の立ち上げに合意

UAE政府とヴェノム財団「国家カーボンクレジット制度」の立ち上げに合意

2022年の価格急騰で注目される「Nexus Dubai Project(NXD)」

2022年の価格急騰で注目される「Nexus Dubai Project(NXD)」

BlastUP:DAppsの立ち上げと資金調達に革命を起こすBlastでライブ配信開始

BlastUP:DAppsの立ち上げと資金調達に革命を起こすBlastでライブ配信開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

ロバート・キヨサキ氏「4月までに10ビットコイン購入予定」強気な価格予想も

ロバート・キヨサキ氏「4月までに10ビットコイン購入予定」強気な価格予想も

ジャスミー(JMY)「2024年のロードマップ」公開

ジャスミー(JMY)「2024年のロードマップ」公開

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

マツダ初のデジタルアートNFT「Meta-Mazda」Astar上でローンチ

マツダ初のデジタルアートNFT「Meta-Mazda」Astar上でローンチ

ApeX Pro:バイナンス・フューチャー(Binance Future)Next リスティング投票開始、$APEXに対する期待値上昇

ApeX Pro:バイナンス・フューチャー(Binance Future)Next リスティング投票開始、$APEXに対する期待値上昇

Solana系で注目のミームコインSLOTH、エアドロップ型プレセールで1000万ドルを突破

Solana系で注目のミームコインSLOTH、エアドロップ型プレセールで1000万ドルを突破

半減期後に多数のアルトコイン価格が上昇「CORE・BONK・SHIB」など

半減期後に多数のアルトコイン価格が上昇「CORE・BONK・SHIB」など

DFINITY Foundationがインターネットコンピュータ上の分散型グローバルアクセラレーションプラットフォームであるOlympusを発表

DFINITY Foundationがインターネットコンピュータ上の分散型グローバルアクセラレーションプラットフォームであるOlympusを発表

シンボル(XYM)開発者Hatchet氏に質問できる「Symbol AMA」開催決定:Crypto Hiroba

シンボル(XYM)開発者Hatchet氏に質問できる「Symbol AMA」開催決定:Crypto Hiroba

STEPNとadidasが初提携、限定NFTスニーカーを発売

STEPNとadidasが初提携、限定NFTスニーカーを発売

シバイヌ(SHIB)「CDSA参加の重要性と影響」主任開発者Shytoshi Kusama氏が説明

シバイヌ(SHIB)「CDSA参加の重要性と影響」主任開発者Shytoshi Kusama氏が説明

カルダノ(ADA)「2024年の最優秀レイヤー1ソリューション賞」を受賞

カルダノ(ADA)「2024年の最優秀レイヤー1ソリューション賞」を受賞

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す