ApeX Pro:バイナンス・フューチャー(Binance Future)Next リスティング投票開始、$APEXに対する期待値上昇

by BITTIMES

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

ZK証明と分散化、オーダーブックでDEXのコンセプトを新たに定義

ビットコインが最高値を更新している最中、現在、クリプト界隈で一番注目されているイベントと言えば、バイナンス・フューチャー(Binance Future)Nextで行われているリスティング投票に他ならない。現在、52種類のプロジェクトが投票対象となっており、合計17,267人が既に投票を行っている。

今回、ApeX Proもバイナンス・フューチャー(Binance Future)Nextに参加し、先物取引ペアのリスティングに参戦することになったが、この記事が書かれた時点で第6位に昇り詰めている。

ハイテクノロジーをコンセプトにしたプロジェクトより、ミームのようにコミュニティの熱狂ぶりとSNS上での拡散力が重要視されている現状、ApeX Proは敢えて、テクノロジーをコアバリューとして押し出しているが、少し前、そのガバナンストークンである$APEXは700%上昇し、一時的に話題を沸騰させた。

一般的にDEXは、分散化した安全な取引所だが、操作が難しい、かつスワップする度にガス料金としてお金が持っていかれる、いわば安全だが不便なサービスとして認知されがちだが、下の図で示したのがApeX ProというDEXである。

Apex Proの画像

ApeX Proは分散化システムを基盤に、starkexのL2ソリューションとオフチェーンアグリゲーションシステムを組み合わせることで、CEXに負けない取引体験を提供している先物専門DEXであり、2022年3月のシードラウンドにおいて「Dragonfly Capital Partners、Jump Trading、Tiger Global Management、Mirana Ventures、CyberX、Kronos、M77、Cobo」などの有名なファンドが出資している。

Apex Proを選ぶ5つの理由

FTX事件後、CEXに資金を預けることに不安感を抱くトレーダーが増えたが、とは言え、取引するたびにガス料金がかかる従来型のDEXで、量的取引を行うことはできない。CEXに資産を預ける必要なく、自分で資産管理しながらCEXのようにトレードすることはできるのか?

まさに、ApeX Proはこの問題を解決するために立ち上げられたプロジェクトとして、特に、自己資産管理意識の強いトレーダー達が愛用している。資産管理意識が強いトレーダーがApex Proを選ぶ5つの理由とはなにか。

  1. web3ウォレットで接続するため、KYCが存在しない
    入金したトレーダーの資産はスマートコントラクトに預かっているため、運営がなくなっても、強制的に出金することが可能。
  2. 取引手数料が低く、取引する際のガス料金ゼロ
    ZK証明を実装しているため、取引する際にガス料金がかからない。従って、DEXでありながら、CEXのように作業できる。
  3. 取引スピードがかなり速い
    StarkWareのL2 rollupソリューションとApeX Proのオフチェーンマッチングエンジンの組み合わせにより、すべての取引が即時に実行され、CEXに匹敵するパフォーマンスを実現。
  4. 高い流動性と分厚い板
    ApeX Proの流動性と板の厚さは、実際に取引に参加すると体験できるが、オーダーブックを実装しているためでもある。
  5. マルチチェーン対応
    ETH、BNB、Polygon、ARB、Avalanche、Optimism、 Mantle等のチェーンに対応。

プロのトレーダー、若しくはプロを目指すトレーダー達は、Apex Proを必須ツールとして備えるべきである。特に、情勢が不安定な時期において、自分で資産を管理したほうが何より重要かもしれない。web3のように、CEX不祥事が頻発している業界では特に注意を払う必要がある。

Apex ProのTrade-to-Earn(T2E)を攻略

Apex Proのガバナンストークンは$APEXトークンだが、トレーダー達にインセンティブ付与するためにデザインされたのが$BANANAトークンだ。

UTC時間2024年1月22日午前12時から、ApeX Proは第2弾T2Eキャンペーンを開催したが、$BANANAトークンは10,000,000枚の$APEXトークンを12ヶ月間ロックしてミントしたインセンティブトークンだ。勿論、$BANANAトークンはスワップして、USDTに換金することができる。

Apex Pro・BANANAトークンの画像

そもそも、$BANANAトークンは、トレードしたボリュームに応じて自動配布されるが、Apex Proでは最大50倍のレバレッジを提供しているため、うまくヘッジしながらトレードすると、かなりの量の$BANANAトークンを貯めこむことができる。

通常の先物取引はさることながら、この$BANANAトークンがもたらす収益は無視できないぐらい大きい。仮に、トレードで損しても、貯めこんだ$BANANAトークンで損失を補うことも可能だ。

トークンマネジメント戦略

Apex Proは、$APEXトークン価格を安定させるために、主に二つの戦略を採用している。一つは、定期的にバーンすること、そして、もう一つは投資家からアンロックされるトークンを、再びステーキングプールに移行させることだ。

Apex Proはトークンの総供給量を50%に減らすと公表しており、総発行枚数を10億から5億にすると伝えている。2024年1月18日には、既に初回のバーンを行い、以降、各四半期ごとにバーンを実施する。

一方、Apex ProはMantleネットワーク上に販売プール(esAPEX12プール)を設立することを予定しているが、このプールはアンロックされるすべての$APEXトークンを対象にしており、それらをステーキングして12ヶ月間ロックすると、$esAPEX12トークンを生み出すことが可能だ。

そして重要なのは、毎週ステーキングプール資金の40%をトークンの買い戻しに利用すると公式に発表した。これから、$APEXトークンがブルーマーケットで強気相場を形成していく可能性があると考えられる。

総じていうと、Apex ProはDEXに対する認識のフレームワークを超え、独自のエコシステムを構築している最中だ。今までDEXは、操作が煩雑で、トレーダーがガス料金を負担するデメリットがあったが、そのような固定イメージを払拭してくれたのが、Apex Proである。

現在、Apex Proはバイナンス・フューチャー(Binance Future)Nextでリスティング投票を行っているが、仮に、リスティングに成功した場合、$APEXトークンの今後が想像に難くないだろう。

最新イベント情報

バイナンス・フューチャー(Binance Future)Next投票イベント:
https://www.apex.exchange/ja-JP/blog/detail/APEX-Binance-Futures

Trade-to-Earn第2弾:
https://www.apex.exchange/ja-JP/blog/detail/Trade-to-Earn-Round2

Apex Pro情報詳細

Apex Proウェブサイト:
https://www.apex.exchange/ja-JP
新規登録リンク(優待あり):
https://deeplink.pro.apex.exchange/Ayanna
Apex Pro テレグラム:
https://t.me/ApeXdex
Apex Pro Discord:
https://discord.com/invite/w73j7VNjHx
Apex Pro Twitter(英):
https://twitter.com/OfficialApeXdex
Apex Pro Twitter(日):
https://twitter.com/ApeXProtocolJP


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

柴ミーム(Shiba Memu):新しい仮想通貨として成功を再定義する

柴ミーム(Shiba Memu):新しい仮想通貨として成功を再定義する

Age of ILCoin:ブロックチェーンプロジェクト「ILCoin」ゲームレビュー

Age of ILCoin:ブロックチェーンプロジェクト「ILCoin」ゲームレビュー

DeFiChain待望のハードフォーク、新ブロックチェーン「Fort Canning Road」誕生

DeFiChain待望のハードフォーク、新ブロックチェーン「Fort Canning Road」誕生

2022年12月の注目すべきベスト暗号通貨リストでMetacadeがトップとなる?

2022年12月の注目すべきベスト暗号通貨リストでMetacadeがトップとなる?

ビットボットプレセール、日本のトレーダーから巨額の投資

ビットボットプレセール、日本のトレーダーから巨額の投資

次のトップ・ミームコインと噂されるDogecoin20、プレセールで早くも200万ドルを突破

次のトップ・ミームコインと噂されるDogecoin20、プレセールで早くも200万ドルを突破

注目度の高い仮想通貨ニュース

稲垣組・もぐら組が誕生?コインチェック「新テレビCM」全国放映へ|記念キャンペーンも

稲垣組・もぐら組が誕生?コインチェック「新テレビCM」全国放映へ|記念キャンペーンも

ビットコイン「60,000ドル台まで価格急落」今後はどこまで下がるのか?

ビットコイン「60,000ドル台まで価格急落」今後はどこまで下がるのか?

4月に注目したいソラナ系・イーサリアム系の新しいミームコインとは?

4月に注目したいソラナ系・イーサリアム系の新しいミームコインとは?

Arkham「仮想通貨保有国のデータ集約ページ」公開|保有資産・取引履歴などを掲載

Arkham「仮想通貨保有国のデータ集約ページ」公開|保有資産・取引履歴などを掲載

SHIB提携のD3:BTC半減期記念で「半額クーポンコード」発行|新ドメインも提供予定

SHIB提携のD3:BTC半減期記念で「半額クーポンコード」発行|新ドメインも提供予定

ユニボット保有者の撤退相次ぐ、日本の投資家がビットボットプレセールに注目?

ユニボット保有者の撤退相次ぐ、日本の投資家がビットボットプレセールに注目?

イーサリアムOS搭載スマホ「ethOS Phone」一般向け販売開始

イーサリアムOS搭載スマホ「ethOS Phone」一般向け販売開始

香港証券先物取引委員会「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」を承認

香港証券先物取引委員会「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」を承認

メタマスク「エアドロップ受取資格の一括確認&請求機能」を追加

メタマスク「エアドロップ受取資格の一括確認&請求機能」を追加

VR・ARコイン5SCAPEの人気が上昇中、プレセールは300万ドル調達間近

VR・ARコイン5SCAPEの人気が上昇中、プレセールは300万ドル調達間近

MarketAcross、Republic Cryptoと提携|マーケティングと成長戦略のアドバイザリーを強化

MarketAcross、Republic Cryptoと提携|マーケティングと成長戦略のアドバイザリーを強化

SMOGが大手取引所MEXCに上場、話題のエアドロップ・キャンペーンはシーズン2へ

SMOGが大手取引所MEXCに上場、話題のエアドロップ・キャンペーンはシーズン2へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す