最近の仮想通貨ブームで急成長が期待される5つの新しいミームコイン

by BITTIMES

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

最近は仮想通貨ブームが起きていますが、そのような中で様々なミームコインの価格が高騰しており、経験豊富な投資家を含む市場全体が再びミームコイン分野へ注目しています。

特に、ミームコインの王者ともいわれるDogecoin($DOGE、ドージコイン)Pepe($PEPE、ぺぺ)は劇的な復活を遂げ、過去7日間をみても、Dogecoinは24%、Pepeは12%上昇しています。

ミームコイン分野は全体の時価総額が560億ドルを超える大規模な市場に発展しているため、トレーダーや投資家はこのようなブームに乗って2024年以降に急成長する可能性を持つ新しいミームコインを模索しています。

本記事では、投資家たちがポートフォリオへの追加を検討している新しい5つのミームコインについてお伝えします。

Dogecoin20:ドージコインのアップグレード版

Dogecoin20の画像

Dogecoin20($DOGE20、ドージコイン20)は、従来のDogecoinのコンセプトはそのままに、新しい技術を取り入れた$DOGEのアップグレード版ミームコインです。

$DOGE20は、Ethereum(イーサリアム)のネットワーク上で動作するERC-20トークンとして機能し、低エネルギーで環境に優しいProof-of-Stake(PoS、プルーフ・オブ・ステーク)メカニズムを採用しています。

また、オンチェーンでステーキング機能を導入して、現在115%からなるAPY(年間利回り)でトークン保有者へ受動的な報酬を2年間にわたって提供し、長期的な参加を促しています。

トークンの総供給量は1400億に固定されているため、供給が無限である$DOGEとは異なって、$DOGE20の安定的な価値を保証しています。

$DOGE20はトップ・ミームコインのDogecoinをテーマにしていることから、プレセールに投資家が殺到しており、すでに900万ドルを調達、現在は最終ステージが行われています。

Smog:実用性を高めたマルチチェーン・ミームコイン

Smogの画像

Smog($SMOG、スモッグ)は、ドラゴンをテーマとしたマルチチェーン・ミームコインで、プレセールを行わずに直接取引所で販売を行うフェアローンチをしたことで話題になりました。

ローンチ後に価格は高騰し、わずか200万ドルだった時価総額が一時2億ドルにまで膨れ上がりました。

また、ステーキングオプションも用意されており、$SMOGのステーカーは42%のAPYで報酬を獲得できます。

さらに、Smogは成長戦略の1つとして、Solanaブロックチェーン上で最大規模のエアドロップ・キャンペーンを実施しており、総供給量14億$SMOGのうち50%をマーケティング活動に充てています。

キャンペーンに参加するためにはエアドロップ・ポイントを稼ぐ必要がありますが、$SMOGを購入・保有して、Zealyでクエスト(タスク)を完了していくと追加のポイントが付与される仕組みとなっています。

現在行われているエアドロップ・シーズン1は、4月3日に終了する予定です。

$SMOGは、Jupiter DEX(分散型取引所)や、Birdeye DEXアグリゲーター、公式サイト(10%の割引が適用)で購入することが可能となっています。

Sponge V2:スポンジ・ボブトークンの新しいバージョン

Sponge V2の画像

Sponge V2($SPONGEV2、スポンジ)は、スポンジ・ボブをテーマにしたSponge V1($SPONGEV1)を改良し、より大きな目標を掲げた新しいバージョンのミームコインです。

$SPONGEV1は2023年5月に発表されましたが、ローンチ後すぐに価格が高騰、時価総額は1億ドルに達して一部の投資家へ100倍のリターンをもたらし、注目されました。

$SPONGEV2はそのようなV1の記録を塗り替え、現在394%のAPYに基づくステーキング・システムを導入するなど、投資家へ魅力的な機会を提供しようとしています。

また、Sponge V2特有の新しい機能としてP2E(Play-to-Earn、プレイ・トゥ・アーン)があり、ユーザーはゲームをプレイすることでトークンを獲得できるようになります。

Sponge V2の発表当初は、V1からV2への移行を促進するStake-to-Bridge(ステーク・トゥ・ブリッジ)が行われていましたが、現在V1の販売は終了、Polygon(MATIC、ポリゴン)もしくはEthereumでの購入が可能です。

$SPONGEV2はDEXへの上場が目前に迫っていることから、投資家は価格上昇前に購入に走っています。

DogWifCat:トレンドを取り入れた期待の星

DogWifCatの画像

最近のミームコイン・ブームで特に際立っているのがSolana(ソラナ)ネットワーク上のミームコインですが、DogWifCat($DWIFC、ドッグウィフキャット)は、Solanaの新しいコインとして登場し、トレンドのDogwifhat($WIF、ドッグウィフハット)をテーマとしています。

DogWifCatは、人気の「Wif-hat(帽子を被った)」コインの1つではありますが、Hat(帽子)をCat(猫)としてユーモアを売りにしています。

$DWIFCは日本時間3月21日に発表されたばかりですが、ローンチ後24時間で価格が3,000%以上も高騰するなど、素晴らしいスタートを切りました。

猫と犬がくっついたコインということ以外に実用的な機能はありませんが、本稿執筆時点での時価総額は600万ドル以上、過去24時間の取引量は700万ドルを超えるなど、プロジェクトの勢いは増しています。

また、$DWIFCトークンの保有者は現在7,000人以上となっており、クジラ(大口投資家)の購入も確認されています。

Green Bitcoin:ビットコインの価格予測を収益化

Green Bitcoinの画像

Bitcoin(BTC、ビットコイン)の半減期が来月に迫っていることから、Bitcoinが史上最高値となる7万ドルを突破するなど、大きな話題になっていますが、Green Bitcoin($GBTC、グリーンビットコイン)は、そのようなBTCの価格予測を収益化した新しいコインです。

$GBTCは現在プレセールを行っていますが、ここ最近のBitcoinブルラン(強気相場)で資金調達スピードが加速、現在890万ドル以上を集めています。

$GBTCは、ゲーム化されたグリーンステーキング(Gamified green staking)を特徴としており、トークンをステーキングすると現在76%からなるAPYで報酬が得られる他、Bitcoinの価格予測チャレンジの参加資格も獲得できます。

正確な価格予測をすると最大で100%のトークンボーナスが付与されるため、ユーザーの長期的な参加を促しています。

また、新規参入者には最大20%のサインアップボーナスも提供されています。

【公式サイト】
Dogecoin20
Smog
Sponge V2
DogWifCat
Green Bitcoin


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

VR・ARコイン5SCAPEの人気が上昇中、プレセールは300万ドル調達間近

VR・ARコイン5SCAPEの人気が上昇中、プレセールは300万ドル調達間近

Bitget第1回KCGIトレーディング大会が暗号資産デリバティブ取引分野のトップイベントとして終了しました!

Bitget第1回KCGIトレーディング大会が暗号資産デリバティブ取引分野のトップイベントとして終了しました!

ヴェノム財団がアイスバーグキャピタルと提携|10億ドルのヴェノム・ベンチャーファンドを設立

ヴェノム財団がアイスバーグキャピタルと提携|10億ドルのヴェノム・ベンチャーファンドを設立

GCOXのトークン、ACMトークンがついに上場へ!

GCOXのトークン、ACMトークンがついに上場へ!

メタケード(MCADE)2023年〜2030年の価格予測【PR】

メタケード(MCADE)2023年〜2030年の価格予測【PR】

2023年のベストICOクリプトGameFi投資銘柄【PR】

2023年のベストICOクリプトGameFi投資銘柄【PR】

注目度の高い仮想通貨ニュース

NFTDrive:Symbol・Ethereum・Polygon対応の「カード型ウォレット」販売開始

NFTDrive:Symbol・Ethereum・Polygon対応の「カード型ウォレット」販売開始

イーサリアムOS搭載スマホ「ethOS Phone」一般向け販売開始

イーサリアムOS搭載スマホ「ethOS Phone」一般向け販売開始

BNB Chain「最大報酬100万ドルのミームコインイベント」開催へ

BNB Chain「最大報酬100万ドルのミームコインイベント」開催へ

STEPNとadidasが初提携、限定NFTスニーカーを発売

STEPNとadidasが初提携、限定NFTスニーカーを発売

ミームネーターのプレセールがトークンの96%以上を販売|最終段階に突入

ミームネーターのプレセールがトークンの96%以上を販売|最終段階に突入

カルダノウォレット「Lace 1.9」リリース|マルチアカウント・マルチウォレット機能を搭載

カルダノウォレット「Lace 1.9」リリース|マルチアカウント・マルチウォレット機能を搭載

金持ち父さん著者:キャシー・ウッド氏の「1BTC=230万ドル予想」を支持

金持ち父さん著者:キャシー・ウッド氏の「1BTC=230万ドル予想」を支持

Dogecoin20がプレセールで1000万ドル調達に成功!4月20日の国際ドージデーにローンチ予定

Dogecoin20がプレセールで1000万ドル調達に成功!4月20日の国際ドージデーにローンチ予定

Shibarium基盤NFTを格安販売「イースターエッグイベント」開催:Mantra Protocol

Shibarium基盤NFTを格安販売「イースターエッグイベント」開催:Mantra Protocol

ビットトレード:ソーラー(Solar/SXP)取扱いへ【国内初上場】

ビットトレード:ソーラー(Solar/SXP)取扱いへ【国内初上場】

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

カルダノ基盤のSNS「VYRA」リリース|トークン報酬機能も追加予定

カルダノ基盤のSNS「VYRA」リリース|トークン報酬機能も追加予定

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す