BCG大手MOBOX:3月29日「$MDBLのフェア・ローンチ」開始予定!

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

原神を超える超綺麗なグラフィック、史上初BTC L2実装のAAA級MMORPG

BCG(ブロックチェーン・ゲーム)大手プラットフォームMOBOXは、2024年3月29日に、$MDBLのフェアローンチを開始すると公式に発表した。この件の影響を受けて、Merlin Chainネットワークが一時的に渋滞するほど大騒動になったが、$MDBLフェアローンチに備えて、大量のBTCがMerlin Chainに送金されたのが原因だと思われる。

現在、ビットコイン強気相場のもとで、BTC L2(ビットコインレイヤー2)エコシステムは空前の繁栄ぶりを見せているが、BTC L2市場シェアの大半を占めているのがMerlin Chainだ。そもそも、BTC L2はあまり日本で紹介されていないため、Merlin Chainについて詳しくない読者がほとんどだと考えられるが、「Merlinが名指したプロジェクトは必ず暴騰する」と言われるほど、その影響力は甚だしい。例えば、Blue Box、Mineral、Merlin Hat等のプロジェクトが初期プレイヤー達に50倍~100倍以上のリターンをもたらした事実は、海外web3業界では有名な話だ。

そして今回、Merlinが指定したパートナーとして挙げたプロジェクトは、BCG大手MOBOXがプロデュースしたMMORPGゲーム ーー Dragonverse Neo(ドラバネオ)、およびそのゲーム価値を反映する $MDBL トークンだ。現在、X(旧Twitter)でDragonverse Neo(ドラバネオ)が話題となり始め、日本プレイヤー向けのMOBOX公式アカウントも作られている。ゲーム天国と言われる日本市場への本格参入を機に、Dragonverse Neo(ドラバネオ)がBTC L2の魅力を日本に伝えることが期待される。

DragonverseNeo(ドラバネオ)が注目されている理由とは?

DragonverseNeoの画像

DragonverseNeo(ドラバネオ)はBTC L2で実装する史上初の大規模AAA級MMORPGであり、その発行元はMOBOXだ。MOBOXと言えば、バイナンス(Binance)が出資した海外大手BCGプラットフォームであり、プラットフォームの利用者数はすでに30万人以上を超えている。

市場はなぜDragonverseNeo(ドラバネオ)に注目しているのか? 原因は様々だが、大まかに3つあると考えられる。

先ず1つ目の原因は、ゲームのクオリティだ。BCGが今まで広範囲にプレイヤーを獲得できなかったのは、実はゲームのクオリティに問題があったからだ。それも当然だが、ハイクオリティBCGを開発するためには、通常のゲーム開発のノウハウに加え、スマートコントラクト開発が関わっているため、十分な資金力と技術力がなければ、そもそもAAA級ゲーム開発は無理な話だ。

従って、現在市場に出されているBCGゲームは、正直にブロックチェーンを利用した「ミニゲーム」でしかないのが現状だ。それと比べて、今回話題の渦中にあるDragonverseNeo(ドラバネオ)は、原神をも超えるクオリティに加えて、ビットコインエコシステムにゲームを実装するという試みがBCGプレイヤー達の好奇心をそそり立てている。

話を戻すが、DragonverseNeo(ドラバネオ)のクオリティについて見ていこう。下に載せているのは、すべてαテストで切り取った画像だが、正式バージョンではこれよりインパクトがあると言われている。

日本二次元絵風でデザインされている女性キャラ日本二次元絵風でデザインされている女性キャラ

DragonverseNeo(ドラバネオ)は世界観の作りこみが凄まじく、華麗な映像と個性の豊かなキャラクターデザインが魅力の一つだ。空、木々、虹等の自然環境と、中世期の建築スタイルで作られた町々を行き来するだけで、時間を忘れるほどDragonverseNeo(ドラバネオ)の世界に飲み込まれてしまう。

集まってワイワイしているプレイヤー達、あれ?!ルフィが混じっている?集まってワイワイしているプレイヤー達、あれ?!ルフィが混じっている?

そして、MMORPGにとって何より大事なのが自由度だが、プレイヤー達はDragonverseNeo(ドラバネオ)の世界を自由に駆け巡り、探索することができる。広大なマップを冒険しながらモンスターとバトルしたり、ドラゴン・パルと言われるユニークなペットを仲間にしたり、冒険で集めた素材で独自空間のレルム(REALM)を飾ったり、また、空を飛んだりするなど、オープンワールドの楽しさをじっくりと味わえる。

トンボ?空を飛んで大地の風景を鳥観すると最高!トンボ?空を飛んで大地の風景を鳥観すると最高!

DragonverseNeo(ドラバネオ)が資本の注目を集めている2つ目の理由として挙げられるのが、そのバックグラウンドだ。先述したが、世界屈指の大手取引所バイナンス(Binance)が出資したプロジェクトとなると、投資家たちは注目せざるを得ない。

バイナンスがMOBOXに戦略的投資バイナンスがMOBOXに戦略的投資

さらに、Merlin Chainが全面的に技術サポートを提供するということは、次のBCGブームをリードするのは、BTC L2のDragonverseNeo(ドラバネオ)であると語っているのと等しい。

MerlinChainがDragonverseNeoと全面的パートナーシップを締結MerlinChainがDragonverseNeoと全面的パートナーシップを締結

最後に、綺麗なグラフィックとゲームを楽しむ傍ら、収益を上げることができることがDragonverseNeo(ドラバネオ)が期待されている3つ目の原因だと考えられる。これもまた、BCGプレイヤー達が一番期待している重要なポイントだ。

DragonverseNeo(ドラバネオ)トークンノミクス

今回フェアローンチする $MDBLは、DragonverseNeo(ドラバネオ)のネイティブトークンだ。$MDBLの総発行枚数は21億枚、うち69%はフェアローンチを通して流通させ、残りの31%はゲーム内で産出する仕組みとなっている。ここで重要なポイントは、今回のフェアローンチは、チームと投資ファンドに$MDBLを一切配布しないことだ。要するに、誰でも同じ条件で参加でき、すべての参加者は平等である。

フェアローンチ:ゲーム内産出 = 69%:31%フェアローンチ:ゲーム内産出 = 69%:31%

さて、$MDBL で収益を上げるためには、具体的に何をすればいいのか?

一番手っ取り早いのが、フェアローンチに参加して、初期投資家として$MDBLのシェアを獲得することに他ならない。ただし、DragonverseNeo(ドラバネオ)はすでに海外で人気プロジェクトとして認知度が広く、フェアローンチで$MDBLのシェアを狙っている投資家たちが山ほどいる。フェアローンチで$MDBLを勝ち取るためには、やはり十分なビットコインを事前にMerlin Chainに転送して、いざ早押し! 

現状、フェアローンチは皆平等な条件で参加するため、先着順にならざるを得ない。かりに、フェアローンチに出遅れた場合は? ほかに収益を上げるチャンスはあるのか?

ここからは本格的に攻略しなければならないところであり、とりあえず1次、若しくは2次マーケットで入手した$MDBLを$eMDBLに交換することだ。$eMDBLはユーティリティトークンとして、$MDBLと1:1に紐づけられている。トレードが苦手なステーキング系プレイヤー達は、やはり穏便なルートである$eMDBLで、長期的収益を狙ったほうが無難だ。

$eMDBLに交換した後、何ができるのか?

注:DragonverseNeoライトペーパを参照<br>出典:Dragonverse Neo | Dragonverse Neo Litepaper (gitbook.io)注:DragonverseNeoライトペーパを参照
出典:Dragonverse Neo | Dragonverse Neo Litepaper (gitbook.io)

上記マインドマップは、公式ライトペーパーで発表した内容だが、分かりやすくまとめると、次の通りである。

  • $eMDBLを、ただガチホールドするだけで、MerlinChainユーティリティトークン$MERL、MOSEチェーンユーティリティトークン、さらに、$eMDBLそのものを貰える。要するに、流動性を提供したため、その奨励としてパッシブインカムが発生するということだ。つまり、$eMDBLをホールドした後、ただ資産が増えるのを眺めるだけである。
  • ゲームを楽しみたいプレイヤーには、レルム(REALM)に参加して、PVP、競技などで$eMDBLを増やすことをお勧めする。レルム(REALM)とは、DragonverseNeo(ドラバネオ)が打ち出したマルチバースに類似したコンセプトであり、ゲームのメイン世界以外にも、さまざま平行世界が存在するが、それをレルム(REALM)と称している。面白いのは、レルム(REALM)は公式側が提供するものと、プレイヤー達によって作られたオリジナル・レルム(REALM)があることだ。MOBOXは、プレイヤー達が簡単にゲームデザインに参加できるように、P12という3Dエンジンを提供している。要は、レルム(REALM)に参加して$eMDBL資産を増やせるが、参加するためには一定の$eMDBLを消耗する必要がある。
  • $eMDBLとドラゴンボール(DragonBall)をガチホールドして、L3 MOSEチェーンのノード運営権利を獲得して、莫大な利権を狙うことだ。L3 MOSEチェーンとは、MOBOXが構想している、MerlinChainに基づくBTC L3(ビットコインレイヤー3)であり、ビットコインエコシステムに実装するBCGを対象にした専門ブロックチェーンだ。L3 MOSEチェーン構想のスケールはかなり大きく、今後、最大のBTCL3へ発展すると期待されている。

注意すべきは、$eMDBLを$MDBLに戻して換金する場合は、ある程度のロック期間が発生する。ただし、即時に$MDBLに戻すことも可能だが、一定の$eMDBLが消耗されるため、やはり長期的にガチホールドしたほうがプロジェクトと一緒に成長しながら収益を上げやすい。具体的な戦略は、プレイヤーによってそれぞれ異なるため、上記で並べた内容はあくまでも基礎ゲーム戦略としてご参考していただきたい。

まとめると、DragonverseNeo(ドラバネオ)のトークンノミクスとエコシステムは見る限り、必然的にネイティブトークン$MDBLの価値が上がるようにメカニックをデザインしていることが明らかだ。なぜなら、DragonverseNeo(ドラバネオ)レベルのMMORGPは、必ずゲーム好きのプレイヤー達を引き込むことができ、ゲーム内でよりいい体験をするためには、$MDBLを$eMDBLに交換しなければならい。これはつまり、市場で流通する$MDBLは自然に減少していき、一方、プレイヤー達の$MDBLに対するニーズが増えていくため、$MDBLの価値上昇も期待される。

【$MDBLフェアローンチ情報】
ゲームリンク:
https://dragonverseneo.mobox.app
Litepaper:
https://mobox.gitbook.io/dragonverse-neo-litepaper

【DragonverseNeo情報】
DragonverseNeo Twitter:
https://twitter.com/DragonverseNeo

【MOBOX公式情報】
MOBOX公式Twitter(英):
https://twitter.com/MOBOX_Official
MOBOX公式Twitter(日):
https://twitter.com/mobox_jp
MOBOX公式Discord:
https://discord.com/invite/mobox
MOBOX公式Medium:
https://mbox.medium.com/


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ミームネーターの調達額が700万ドルを突破、プレセールが最終段階に近づく

ミームネーターの調達額が700万ドルを突破、プレセールが最終段階に近づく

BlastUP:DAppsの立ち上げと資金調達に革命を起こすBlastでライブ配信開始

BlastUP:DAppsの立ち上げと資金調達に革命を起こすBlastでライブ配信開始

ChatGPTによる価格予測:ミームネーターが2024年に大きく飛躍?

ChatGPTによる価格予測:ミームネーターが2024年に大きく飛躍?

Market Fight Club(MFC)2つのNFTコレクションをリリース

Market Fight Club(MFC)2つのNFTコレクションをリリース

Bitget:CEXでは初となる「現物市場でのコピートレード」開始

Bitget:CEXでは初となる「現物市場でのコピートレード」開始

SolanaのミームコインSmogがエアドロップで数千人を魅了、ステーキングでは42%と高いAPYを提供

SolanaのミームコインSmogがエアドロップで数千人を魅了、ステーキングでは42%と高いAPYを提供

注目度の高い仮想通貨ニュース

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

ApeX Pro:バイナンス・フューチャー(Binance Future)Next リスティング投票開始、$APEXに対する期待値上昇

ApeX Pro:バイナンス・フューチャー(Binance Future)Next リスティング投票開始、$APEXに対する期待値上昇

シバイヌ(SHIB)に複数の強気シグナル|LunarCrushのAltRankで「2位」獲得

シバイヌ(SHIB)に複数の強気シグナル|LunarCrushのAltRankで「2位」獲得

次のトップ・ミームコインと噂されるDogecoin20、プレセールで早くも200万ドルを突破

次のトップ・ミームコインと噂されるDogecoin20、プレセールで早くも200万ドルを突破

NFTDrive:Symbol・Ethereum・Polygon対応の「カード型ウォレット」販売開始

NFTDrive:Symbol・Ethereum・Polygon対応の「カード型ウォレット」販売開始

Symbol活用のNFTDriveEX「アトミックスワップv1」リリース|SHIBもサポート

Symbol活用のNFTDriveEX「アトミックスワップv1」リリース|SHIBもサポート

STEPN:GMTにも交換できる「FSLポイント」をエアドロップ|対象者と注意点

STEPN:GMTにも交換できる「FSLポイント」をエアドロップ|対象者と注意点

Flare Network:分散型のCEXスタイル取引アプリ「Raindex」リリース

Flare Network:分散型のCEXスタイル取引アプリ「Raindex」リリース

ファイルコイン(FIL)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ファイルコイン(FIL)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ビットボット:飛躍の可能性を秘めた注目の次世代仮想通貨?

ビットボット:飛躍の可能性を秘めた注目の次世代仮想通貨?

イーサリアムOS搭載スマホ「ethOS Phone」一般向け販売開始

イーサリアムOS搭載スマホ「ethOS Phone」一般向け販売開始

シバイヌ(SHIB)は今後「300%以上」上昇する?さらに強気な価格予想も

シバイヌ(SHIB)は今後「300%以上」上昇する?さらに強気な価格予想も

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す