K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

by BITTIMES   

K9 Finance(KNINE)に関する基本情報や特徴をなどをわかりやすく解説するとともに、$KNINEを取扱う暗号資産取引所・価格・チャート・対応ウォレット・関連リンクなどの情報もまとめて掲載しています。

【PR】本サイトはアフィリエイトプログラム・プロモーションによる収益を得ています。

K9 Finance(KNINE)とは?

K9 Finance($KNINE)のロゴ画像

K9 Financeとは、シバイヌ関連のレイヤー2ブロックチェーンである「Shibraium」を基盤とした分散型金融(DeFi)プラットフォームです。

同プロジェクトでは、$BONEや$knBONEなどのトークンを運用することによって報酬が得られる「流動性ステーキング」と呼ばれるサービスが構築されており、プロジェクト自体は「K9 Finance DAO」と呼ばれる分散型自律組織(DAO)によって運営されています。

分散型自律組織(DAO)とは、特定の管理者や所有者が存在しない形でプロジェクトを推進する組織形態のことであり、一般的なDAOはガバナンストークンと呼ばれる独自トークンを保有するメンバーによって共同運営されています。

$KNINEは、K9 Finance DAOのガバナンストークンであり、$KNINE保有者はK9 Financeのプロジェクト運営で提案・投票を行い、プロジェクト運営やサービス展開に関わることができるようになっています。

K9 Financeは、世界的に人気の仮想通貨プロジェクトであるシバイヌ(Shiba Inu/SHIB)の公式パートナーでもあり、SHIBのバーン機能などを搭載した「Shibarium」を基盤としているため、K9 Financeの成長はSHIBエコシステム全体の成長につながると期待されています。

※$KNINEトークンは既に発行・取引されていますが、K9 Financeの流動性ステーキングプラットフォームはまだ正式稼働していませんので、偽サイトや詐欺サイトなどにはご注意ください。

K9 Finance($KNINE)の特徴・仕組み

Shibarium基盤の流動性ステーキングプラットフォーム

K9 Financeは、高速かつ低コストな取引環境を実現したイーサリアムのレイヤー2ネットワークである「Shibarium」を基盤とした流動性ステーキングプラットフォームとなっています。

流動性ステーキング(リキッドステーキング)とは、ステーキング可能な仮想通貨をDeFiプラットフォームに預ける代わりに「預け入れた仮想通貨の債権を証明するトークン」を受け取ることができるサービスのことを指します。

K9 Financeでは、Shibariumのネイティブトークンである「$BONE」を預けることによって「$knBONE」というトークンを受け取ることが可能で、これらのトークンを運用することによって報酬を獲得できるようになっています。

$KNINE、$BONE、$knBONE、$esKNINE

K9 Financeでは「$KNINE、$BONE、$knBONE、$esKNINE」という4種類のトークンが登場します。各トークンの概要は以下の通りです。

  • $KNINE
    K9 Finance DAOのガバナンストークン。ステーキングで利回りを獲得を獲得できるだけでなく、K9 Finace DAOのガバナンスにも参加可能。
  • $BONE
    Shibariumのネイティブトークン。K9バリデータからステーカーへの報酬としても使用される。
  • $knBONE
    K9 Financeの流動性ステーキングトークン。$BONEと$knBONEの価値は1:1で固定されている。
  • $esKNINE
    K9 Financeのエスクロートークン。ユーザーの報酬を強化する。

(画像:K9 Finance公式X)(画像:K9 Finance公式X

流動性ステーキングによる報酬獲得の流れ

K9 Financeのユーザーは「$BONE」を預けることによって「$knBONE」を獲得することが可能で、分散型取引所(DEX)である「ShibaSwap」に流動性を提供することで報酬を獲得できる仕組みになっています。

K9 Financeの流動性ステーキングにおける報酬獲得の流れは以下の通りです。

  1. $BONEを預けて$knBONEを受け取る
  2. ShibaSwapの$BONE/$knBONEに流動性を提供する
  3. 流動性プールへの資金提供で$esKNINEを獲得
  4. $esKNINEを$KNINEに変換
  5. $KNINEをステークして$BONEを獲得
  6. これを繰り返す

(画像:K9 Finance公式X)(画像:K9 Finance公式X

オンチェーン取引でSHIBバーンにも貢献?

K9 Financeは、シバイヌ関連のレイヤー2である「Shibarium」を基盤にしていますが、このShibariumでは「オンチェーン取引で徴収された手数料の一部をSHIBのバーン(焼却処分)に充てる」という仕組みが採用されています。

SHIBのバーンとは、仮想通貨SHIBを二度と利用できないウォレットに送金することによって、SHIB流通量を減らす行為のことであり、これによって実際のSHIB供給量が減少し、希少価値が高まり、価格上昇につながると期待されています。

K9 Financeで行われる各取引もShibarium上で実行されるため、K9 Financeで取引が増加すれば、Shibarium上での取引が増加する形となり、SHIBのバーン促進にもつながると期待されます。

K9 Finance DAOの分散型ガバナンスについて

Roundtable of Dogsの画像

K9 Finance DAOの主要グループ

K9 Finance DAOは「$KNINE保有者・Roundtable of Dogs・マネジメント評議会」という3つのグループでプロジェクト提案を決定・実行していく仕組みを採用しています。

これはコミュニティメンバーの意見を取り入れながら公平かつ安全な形で提案を実行していくための重要な仕組みとなっています。

各グループの概要は以下の通りです。

  • $KNINE保有者
    $KNINEトークンを保有するメンバー。全ての$KNINEトークン保有者は、スナップショット時(保有量記録時)の$KNINE保有量に基づいて投票権を得ることが可能で、その投票権を用いてプロジェクトの将来を決める重要な投票に参加できる。
  • Roundtable of Dogs
    9〜19名の専門家メンバーで構成される運営評議会から独立した委員会。毎月開催される会議でコミュニティからの提案を審査し、次のステップに進める役割を果たす。
  • マネジメント評議会
    コミュニティによって可決された決定事項を実際に実行する責任を負うグループであり、ガバナンスの委任事項の実施を監督する役割を持つ。

ガバナンス決定・実行の流れ

K9 Finance DAOでは「プロジェクト提案・審査・投票・実行」という4段階で意思決定と実行が行われる仕組みになっています。具体的な流れは以下の通りです。

  1. ディスカッションフォーラム
    「K9 Finance DAOの公式フォーラム」にアイデアや提案を投稿して、コミュニティから推奨事項や意見を求める。提案がコミュニティに歓迎されてフィードバックが組み込まれたら、次のステップに進むことが可能。
  2. Roundtable of Dogs
    選ばれたメンバーで構成される委員会が「フォーラムの提案を検討して、有効な提案を次のステップに昇格させるための会議」を毎月開催する。次のステップに進むためにはこの会議で75%の承認を得る必要がある。
  3. スナップショット投票
    Roundtable of Dogsが「選ばれた提案にコミュニティメンバー全員が投票できるようにするための公式提案」を作成。スナップショット時の$KNINE保有量に応じて、$KNINE保有者が提案に投票する。投票成立には$KNINEトークンの流通量の5%にあたる定足数が必要(1トークン=1票)。
  4. 実行
    スナップショット投票が可決されると、投票された提案が実際に実行されるよう「マネジメント評議会」に渡される。

なお、重大な脆弱性などで即時対応が必要な緊急事態の場合はディスカッションフォーラムを迂回して24時間投票に進むことが可能で、意見が割れる可能性の低い提案の場合はより簡単な投票手続きを提案することもできるようになっています。

K9 Finance($KNINE)の基本情報

プロジェクト・サービス名称K9 Finance
ティッカーシンボル$KNINE
トークン規格ERC-20
総供給量999,999,999,999 KNINE(約1兆枚)
コントラクトEthereum:0x91fbB2503AC69702061f1AC6885759Fc853e6EaE

$KNINEのリアルタイム価格・チャート

$KNINEを取扱う暗号資産取引所

$KNINEが上場している暗号資産取引所としては、以下のような取引所が挙げられます(2024年4月時点)。

【日本国内の暗号資産取引所】
・なし

【海外の暗号資産取引所】
Uniswap(ユニスワップ)
MEXC(エムイーエックスシー)
BitMart(ビットマート)

$KNINE対応ウォレット

$KNINEを保管することができる代表的なウォレットとして以下のようなものが挙げられます。
MetaMask(メタマスク)
Trust Wallet(トラストウォレット)
Trezor(トレザー)

K9 Finance($KNINE)関連リンク

K9 Finance公式サイト
K9 Finance公式X(Twitter)
K9 Finance公式Telegram
K9 Finance公式Reddit
Github
ホワイトペーパー
エクスプローラー(Etherscan)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

「アルトコインは想像以上に上昇する」著名アナリストの価格予想

「アルトコインは想像以上に上昇する」著名アナリストの価格予想

Louis Vuitton・Diorのオーナー企業「LVMH」ブロックチェーン導入へ|60以上の高級ブランドに実装

Louis Vuitton・Diorのオーナー企業「LVMH」ブロックチェーン導入へ|60以上の高級ブランドに実装

コインチェック:OMG保有者に対する「BOBAトークンのエアドロップ」対応方針を発表

コインチェック:OMG保有者に対する「BOBAトークンのエアドロップ」対応方針を発表

長崎県西海市:メタバースアカデミー開講へ「The Sandbox」上で学びの場を創出

長崎県西海市:メタバースアカデミー開講へ「The Sandbox」上で学びの場を創出

BitGo:機関投資家向けの「仮想通貨貸出サービス」提供開始

BitGo:機関投資家向けの「仮想通貨貸出サービス」提供開始

Mastercard:仮想通貨・ブロックチェーン分析企業「CipherTrace」買収へ

Mastercard:仮想通貨・ブロックチェーン分析企業「CipherTrace」買収へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

学んで稼げるLearn-to-Earn型BRC-20トークン、99Bitcoinsのプレセールが150万ドルを突破

学んで稼げるLearn-to-Earn型BRC-20トークン、99Bitcoinsのプレセールが150万ドルを突破

ミームネーター:可能性を秘めたミームコイン、満を持して5月29日に上場

ミームネーター:可能性を秘めたミームコイン、満を持して5月29日に上場

ビットコイン「バブル崩壊」は近い?暴落予想を的中させたベテラントレーダーが警告

ビットコイン「バブル崩壊」は近い?暴落予想を的中させたベテラントレーダーが警告

VanEck子会社「ミームコイン・インデックス」ローンチ|DOGE・SHIBなど人気6銘柄で構成

VanEck子会社「ミームコイン・インデックス」ローンチ|DOGE・SHIBなど人気6銘柄で構成

シバイヌは強気フラッグ形成中?著名アナリストが語る「SHIBの買いライン」と「価格上昇予想」

シバイヌは強気フラッグ形成中?著名アナリストが語る「SHIBの買いライン」と「価格上昇予想」

アナリストたちがLearn-To-Earnトークンである99BTCの今後に期待、プレセールはまもなく100万ドル突破へ

アナリストたちがLearn-To-Earnトークンである99BTCの今後に期待、プレセールはまもなく100万ドル突破へ

JPYC×北國銀行「預金型・資金移動業型ステーブルコインの相互交換」に向けて共同検討開始

JPYC×北國銀行「預金型・資金移動業型ステーブルコインの相互交換」に向けて共同検討開始

カルダノ分散委任ツールのAtrium「2回目の報酬付きテスト」6月から実施へ

カルダノ分散委任ツールのAtrium「2回目の報酬付きテスト」6月から実施へ

K9 Finance DAO「4億1,000万KNINEトークンのバーン提案」で投票実施

K9 Finance DAO「4億1,000万KNINEトークンのバーン提案」で投票実施

裁判所が「米SECの職権濫用」を指摘|仮想通貨関連訴訟で180万ドルの支払い命令

裁判所が「米SECの職権濫用」を指摘|仮想通貨関連訴訟で180万ドルの支払い命令

ツイッター共同創業者のジャック・ドーシー氏「ビットコイン100万ドル超え」を予想

ツイッター共同創業者のジャック・ドーシー氏「ビットコイン100万ドル超え」を予想

国内上場企業メタプラネット「2億5,000万円相当のビットコイン」追加購入へ

国内上場企業メタプラネット「2億5,000万円相当のビットコイン」追加購入へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す