ルナクラシックのラリーとディップ:注目が集まるビットボット仮想通貨プレセール

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

最近の仮想通貨市場は、乱高下を繰り返している。特にLuna Classic(ルナクラシック)は、驚くべき上昇とその後の急落で、ATHから大きく下落している。

一方、ビットボットの仮想通貨プレセールは隠れた宝石として登場。277万ドルという驚異的な資金を調達し、不透明なプロジェクトなどで悩む投資家の関心を惹きつけているようだ。

取引所への上場を控えている今、投資家がビットボットのプレセールに注目している理由をこの記事で紹介していく。

ルナクラシック:ドゥ・グォン氏が公判で最終弁論

Terra Luna Classic(LUNC)の価格は、Terraform Labsとその創設者であるDo Kwon(ドゥ・クォン)の法定代理人が民事裁判の最終弁論を準備したことで下落に繋がった。米証券取引委員会(SEC)は、同社とクォン氏を、ステーブルコイン「UST(TerraUSD)」の安定性に関して投資家を欺いたとして起訴し、詐欺疑惑に発展した。

LUNCは当初1ヶ月で45%上昇し、取引量が大幅に増加し0.000199ドルに達したにもかかわらず、過去1ヶ月で31%下落し、顕著な売りを促し、低迷に直面した。

全体として、Luna Classicの忠実な支持にもかかわらず、その法的トラブルは投資家の信頼に大きな傷跡を残した。

投資家がビットボットの仮想通貨プレセールに注目する理由

ビットボットの仮想通貨プレセールは、ユニークなテレグラム取引ボットを提供する。この世界初となるノンカストディアルモデルのソリューションは、秘密鍵とその資産をユーザー自身が完全に管理することで、セキュリティを最大限に高めるよう設計されている。 これには、機関投資家と競争する際の土俵の高さを同じくするために開発された、AIを搭載したツール製品が付随している。

テレグラム取引ボット市場はバブルが始まったばかりで、ビットボットは実質的なリターンを求める投資家にとって、質の高い道標として位置づけられるのかもしれない。

市場規模は12億ドルを超え、ユーザー数の劇的な増加で生涯ユーザーは130万人以上に成長、180億ドル以上の累積取引高を牽引している。

ビットボットは、バナナガンの99%ディップや、ユニボットのハッキングによるユーザー資金の50万ドルの流出など、競合他社のサイバーセキュリティの欠点から多くを学んだ。

画期的なノンカストディアルセキュリティの提供により、ビットボットはテレグラムでのデジタル資産取引の採用を妨げてきた主要な懸念に対処することで、投資家の注目を集める。

さらに、複雑な取引の意思決定を自動化するように設計されたビットボットのAIツールは、ビットボットとテレグラム取引ボット市場の両方を全体として開放し、顕著なユーザーエンゲージメントと取引量を促進することが期待されている。

最先端のセキュリティと知能的な取引アルゴリズムを融合させたこの二重戦略は、Bitbot(ビットボット)を支持する理想的なコインとして確立しているようだ。

ビットボットの長期的な成功を支えるコミュニティ精神

ビットボットは、有望なトークンの洞察を共有し、テレグラムグループ内で潜在的に有利なトークンの拡散を促す。この機能は、トレーダー間で成功を共有する文化を促進するように設計されている。

テクニカル・プロダクト・アドバイザーにアンドリュー・ジェイコブス氏を迎え、ビットボットを支えるチームは理想的とも言えるようになった。ブログやAMAを通じたコミュニティとの関わりは、どんな質問にも明快な洞察で応えており、彼らの献身を物語っている。

さらに、2つの魅力的なオファーがコミュニティに活気をもたらす。紹介されたBITBOTユーザーの取引手数料の15%を生涯獲得できる紹介制度、そしてプラットフォームの取引手数料の最大50%をユーザー間で分け合うBITBOTトークン保有者向けの収益分配制度だ。

コミュニティを強化するために取られた配慮は、BITBOTトークンを長期的にサポートし、その価値を底上げし、取引所上場の際に必要とされる利益をもたらすサービスを提供するだろう。

ビットボット飛躍の軌跡は、仮想通貨による富への道を提供する

前述したように、テレグラム取引ボットのトークンは、取引量が6,600万ドル、時価総額はゼロから10桁に急成長した。多くの不完全性にもかかわらずだ。ビットボットのセキュリティ面での大躍進は、こうした課題に直接対処するものであり、ビットボットがテレグラム取引ボットを数百億ドル規模の産業に飛躍させる可能性があることを示唆している。

バナナガンのような市場をリードするボットが、そのセキュリティ上の欠陥にもかかわらず、今年300%近く増加し、これまでに500万件以上の取引を促進してきたという事実は、分野における回復力と根強い需要を実証している。一般的な脆弱性を排除したビットボットの市場への参入は、比類ない成長の可能性を示しているのかもしれない。

現在の11ステージで参加者した投資家は、プレセール終了時の時点で22.70%の含み益を得ることになる。バナナガンやユニボットといった競合他社がプレセール価格から80倍、200倍の利益を上げることができたのであれば、ビットボットにも十分可能性は感じてもらえるだろう。

ビットボットの完璧な登場タイミング

仮想通貨取引の複雑な手間を簡素化するビットボットの参入は、これ以上ないほどタイムリーだ。AI市場は現在380億ドル以上の時価総額を誇り、2024年第1四半期には250%以上の急成長を遂げるなど、活況を呈している。

BITBOTトークンの詳細は公式サイトをご覧ください。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットボットのプレセール、開始わずか3週間で45万ドルを調達

ビットボットのプレセール、開始わずか3週間で45万ドルを調達

似たようなコインにはもう飽きた? 新たな投資先として期待されるチャンサーの可能性

似たようなコインにはもう飽きた? 新たな投資先として期待されるチャンサーの可能性

仮想通貨ラッシュアワー:終了間近のミームネーターICOが注目を集める理由

仮想通貨ラッシュアワー:終了間近のミームネーターICOが注目を集める理由

Bitget:透明性を高めるために「マークルツリープルーフ・オブ・リザーブ」を公表

Bitget:透明性を高めるために「マークルツリープルーフ・オブ・リザーブ」を公表

チャンサーのプレセールとぺぺコイン|見逃せない2023年仮想通貨予測!

チャンサーのプレセールとぺぺコイン|見逃せない2023年仮想通貨予測!

SolanaとVC Spectraが週間チャートで2桁上昇|その理由は?

SolanaとVC Spectraが週間チャートで2桁上昇|その理由は?

注目度の高い仮想通貨ニュース

ワールドコイン:最長6ヶ月間にわたる「WLDトークン販売計画」を発表

ワールドコイン:最長6ヶ月間にわたる「WLDトークン販売計画」を発表

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

史上初マルチチェーン・犬コインDogeverseがプレセールで1000万ドルの大台を超える

史上初マルチチェーン・犬コインDogeverseがプレセールで1000万ドルの大台を超える

コインチェック:ブリリアンクリプトトークン(BRIL)のIEO詳細を発表

コインチェック:ブリリアンクリプトトークン(BRIL)のIEO詳細を発表

カルダノ財団:ドバイ・ブロックチェーン・センター(DBCC)と提携

カルダノ財団:ドバイ・ブロックチェーン・センター(DBCC)と提携

IEO予定のBrilliantcrypto「つるはしNFTのINO」コインチェックで実施へ

IEO予定のBrilliantcrypto「つるはしNFTのINO」コインチェックで実施へ

バイナンスへの新規上場が期待されている新しいミームコインは?一部の投資家は5月に購入を検討

バイナンスへの新規上場が期待されている新しいミームコインは?一部の投資家は5月に購入を検討

「ビットコイン価格は簡単に100万ドルを超える」著名アナリストのウィリー・ウー氏が予想

「ビットコイン価格は簡単に100万ドルを超える」著名アナリストのウィリー・ウー氏が予想

エルサルバドル「ビットコイン保有量を開示する専用サイト」公開

エルサルバドル「ビットコイン保有量を開示する専用サイト」公開

ナスダック上場企業「Tiger Brokers」香港で仮想通貨取引サービス開始|18銘柄を取扱い

ナスダック上場企業「Tiger Brokers」香港で仮想通貨取引サービス開始|18銘柄を取扱い

フィンテックの未来が見える「Wiki Finance Expo 香港 2024」香港が再び世界の脚光を浴びる

フィンテックの未来が見える「Wiki Finance Expo 香港 2024」香港が再び世界の脚光を浴びる

バイナンスジャパン「MASK・CYBER」取扱いへ|サイバーコネクトは国内初上場

バイナンスジャパン「MASK・CYBER」取扱いへ|サイバーコネクトは国内初上場

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す