Bitcoin MinetrixがUniswapでローンチ!チームはBTCMTXの10%トークン焼却を発表

by BITTIMES

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

BTC(Bitcoin、ビットコイン)のクラウドマイニングをトークン化した革新的なBitcoin Minetrix($BTCMTX、ビットコイン・マイントリックス)プロジェクトは、プレセールで1400万ドルを調達した後、4月30日にUniswap DEX(分散型取引所)でローンチ(発売)しました。

本記事では、$BTCMTXのローンチに関する最新情報をお届けします。

Bitcoin Minetrixチームは総供給量の10%を焼却

Bitcoin Minetrixの画像

Bitcoin Minetrixのチームは、総供給量40億$BTCMTXの10%に相当する4億トークンの焼却を発表し、5月1日に完了させました。

このような$BTCMTXの焼却は、一定期間(おそらく月単位)に渡って今後も継続的に行われていくことと、バイバック(買い戻し)キャンペーンも実施されることが予想されており、トークン価値の持続的な上昇が期待されています。

実際に今回の$BTCMTX焼却が行われた後、トークン価格は40%上昇して一時0.0095ドル台を記録し、市場で注目を浴びました。

また、13万ドルに相当する$BTCMTXのクジラ(大口投資家)による購入も確認されており、他の買い手も続いて1万ドル相当のトークンを購入する動きも見られました。

トークン購入の画像

これを受けて$BTCMTXは、さらに上昇して0.0126ドルの史上最高値を更新し、プレセール初値の0.011ドルを上回りました。

現在は0.007283ドルとなっています。

仮想通貨市場は5月に入ってから低迷傾向にあり、Bitcoin MinetrixがテーマとしているBTCも6万ドルを割り込み、本稿執筆時点では5万7799ドル付近を推移しています。

$BTCMTXのローンチは絶好のタイミングとはいえませんが、このような市場の低迷期に価格上昇を遂げたことは、プロジェクトへ前向きな影響を与えていくはずです。

BTCMTXの流動性が11ヶ月間ロックされる

UniswapのV3プールにおいて、88万7000ドル相当の流動性が11ヶ月間ロックされ、市場参加者に対する保護が強化されました。

Bitcoin Minetrixのユーザーも、チームがコミュニティへ長期的に貢献していくことを信じているため、トークン総供給量の40億$BTCMTXのうち、4分の1近くは現在もステーキングされたままとなっています。(現在のステーキング報酬APYは50%)

このことは、$BTCMTXの価格が下落に向かう圧力を弱めるのに役立っています。

現在価格が下落傾向にあるBTCは、先月4年に1度の半減期を迎えており、長い目でみるとBitcoinの価格は再び上昇へ転じることが予想されています。

そのため、BTC関連コインである$BTCMTXへの需要も高まると考えられていますが、今回流動性がロックされたことで、さらにコインの価値が上昇する可能性が高いと一部の投資家たちは期待をしています。

クラウドマイニング・パートナーの発表、Bitcoin Minetrixのロードマップは次の段階へ

Bitcoin Minetrixの画像

Bitcoin Minetrixチームはプレセールが終了した今、プラットフォームは構築段階に入ると説明しています。

プロジェクトのプレセールは昨年9月に開始され、プロジェクトの開発はまだ初期段階となっていますが、ロードマップが更新される予定で、クラウドマイニング・パートナーに関するさらなる詳細が発表されることになっています。

BTCの半減期が実施されたことで、Bitcoinのマイニング(採掘)報酬が半分となり、さらなる効率性と高額な設備投資が必要になったため、マイニング分野の競争が激化しています。

しかしながら、このような市場変化はBitcoin Minetrixにとって、より多くの質の高いパートナーを選べるため、朗報とされています。

Bitcoin Minetrixは、投資家から資金を集めてマイニングを代行して見返りに報酬を配布する「クラウドマイニング事業」と、仮想通貨を組み合わせたエコシステムを構築しています。

ユーザーは、Stake-to-Mine(ステーク・トゥ・マイン)と呼ばれるシステムを通じて$BTCMTXトークンをステーキングするとクラウドマイニングクレジットが付与され、それらを焼却してマイニングパワーに交換することで、マイニング報酬を獲得できるようになっています。

このマイニングクレジットは、Ethereum(ETH、イーサリアム)の取引不可能なERC20トークンで発行されるため、従来のクラウドマイニングで課題となっていた詐欺やハッキングのリスクを回避、安全性も保証されています。

さらに$BTCMTX保有者は、プロジェクト専用のダッシュボードからいつどれだけマイニングするかなどを自分で設定することもできます。

このようなBitcoin Minetrixのトークン化されたクラウドマイニングは、ユーザーへ受動的な収入をもたらすだけではなく、実質的な投資リターンを確保する機会も提供しています。

したがってBitcoin Minetrixへの中長期投資家は、ROI(投資利益率)の上昇を期待できると考えられます。

Bitcoin Minetrixの公式サイトはこちら


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ApeCoin(APE)は2ドルのサポートを維持|VC Spectra(SPCT)が7月の成長で期待される理由は?

ApeCoin(APE)は2ドルのサポートを維持|VC Spectra(SPCT)が7月の成長で期待される理由は?

ApeX Pro:バイナンス・フューチャー(Binance Future)Next リスティング投票開始、$APEXに対する期待値上昇

ApeX Pro:バイナンス・フューチャー(Binance Future)Next リスティング投票開始、$APEXに対する期待値上昇

ビッグアイズコインとカルダノのクールなNFTを所有することで、環境を保護できることをご存知ですか?

ビッグアイズコインとカルダノのクールなNFTを所有することで、環境を保護できることをご存知ですか?

ミームネーターICO、取引所上場前の最終ステージへ

ミームネーターICO、取引所上場前の最終ステージへ

安全な賭け?チャンサーのプレセールが低迷する仮想通貨市場に希望を与える

安全な賭け?チャンサーのプレセールが低迷する仮想通貨市場に希望を与える

レディットの仮想通貨ファンによる2023年注目のゲーム仮想通貨7選【PR】

レディットの仮想通貨ファンによる2023年注目のゲーム仮想通貨7選【PR】

注目度の高い仮想通貨ニュース

世界初VR・ARコイン5SCAPEが第一弾のゲームとなるケージ・コンクエストをローンチ!プレセールは600万ドル間近

世界初VR・ARコイン5SCAPEが第一弾のゲームとなるケージ・コンクエストをローンチ!プレセールは600万ドル間近

ワールドコイン:最長6ヶ月間にわたる「WLDトークン販売計画」を発表

ワールドコイン:最長6ヶ月間にわたる「WLDトークン販売計画」を発表

SOL系ミームコインSealanaのプレセールが200万ドルを調達!スマートマネーが続々と参入か

SOL系ミームコインSealanaのプレセールが200万ドルを調達!スマートマネーが続々と参入か

BlackRock「政府系ファンド・年金基金のビットコインETF参入」を予想=報道

BlackRock「政府系ファンド・年金基金のビットコインETF参入」を予想=報道

FINSCHIA・Klaytnの統合ブロックチェーン「Kaia」6月末にメインネット公開へ

FINSCHIA・Klaytnの統合ブロックチェーン「Kaia」6月末にメインネット公開へ

東証上場企業メタプラネット「ビットコイン投資戦略の詳細」を発表

東証上場企業メタプラネット「ビットコイン投資戦略の詳細」を発表

コインチェック:2024年内にNASDAQ(ナスダック)上場か|ティッカーはCNCK

コインチェック:2024年内にNASDAQ(ナスダック)上場か|ティッカーはCNCK

無登録の仮想通貨サービス利用に「FBI」が警告|捜査の影響を受ける可能性も

無登録の仮想通貨サービス利用に「FBI」が警告|捜査の影響を受ける可能性も

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

バイナンスへの新規上場が期待されている新しいミームコインは?一部の投資家は5月に購入を検討

バイナンスへの新規上場が期待されている新しいミームコインは?一部の投資家は5月に購入を検討

クリプタクト:対応コインが「20,000種類」突破|ミームコインなど50銘柄に新規対応

クリプタクト:対応コインが「20,000種類」突破|ミームコインなど50銘柄に新規対応

カルダノ分散委任ツールのAtrium「2回目の報酬付きテスト」6月から実施へ

カルダノ分散委任ツールのAtrium「2回目の報酬付きテスト」6月から実施へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す