BlastUPプレセール、投資ブームが最後の2週間に突入

by BITTIMES

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

Blastにおける注目のローンチパッドの一つであるBlastUPは、残り2週間となったプレセールで600万ドル以上の資金を調達し、市場回復に伴う堅調な需要を示している。

BlastはETHとステーブルコインのステーキングで高いネイティブ利回りを提供する唯一のレイヤー2ブロックチェーンとして知られているが、現在はBlastエコシステムのローンチパッドプラットフォームであるBlastUP($BLP)への関心も急速に高まっている。

プレセール終了まで残り2週間ほどとなったBlastUPは、既に熱心な投資家から600万ドル以上の資金を集めている。

仮想通貨市場では回復の兆しが見え始めているが、それと同時にプレセールも勢いを増している。ビットコインで最近見られる回復の兆しが投資家の熱意を高めているようだ。

このような関心の高まりは、BlastUPのプレセールの急速な進展にも現れており、投資家たちはトークン販売価格が上がる前に購入を急いでいる。

BlastUPの画像

著名な仮想通貨専門家は「BLPトークンの適正価格は10ドルである」と考えているが、現在このトークンは10セント未満で販売されている。このような状況から、BLPトークンのプレセールに参加した場合には大きなリターンが得られるかもしれないと期待されているようだ。

BlastUP(BLP)の詳細はこちら

BLPトークンとは?注目されている理由

BLPトークンは、BlastUP上での金融取引の基礎となる暗号資産であり、様々なステーキングメカニズムを通じてユーザーのエンゲージメントを高めるように設計されている。

このトークンによって、保有者はシードステーキングを通じて利子を稼いだり、イニシャル・DEX・オファリング(IDO)への参加を通じて独占的なロイヤルティリワードを受け取ることができる。

さらに、BLPトークン保有者はプラットフォーム上でローンチされたプロジェクトのトークン売上の一部を受け取る権利も得ることが可能で、エコシステムの成長に積極的に参加するよう奨励される。

BLPトークンの主なユーティリティは以下の通りだ。

  • BlastUPにおける段階型IDOローンチへのアクセス
  • ステーキングによるリワード獲得
  • 買い戻しメカニズム

BLPトークン保有者はこれらのユーティリティを活用することによってメリットを最大化し、エコシステム全体の成功に貢献することができる。

BlastUPのトークノミクス画像

活気に満ちたコミュニティとやりがいのある経験

BlastUPは2月の立ち上げ以降、堅牢で活発なコミュニティの構築において大きな進歩を遂げてきた。このプラットフォームは「XTelegramDiscord」などといった人気のソーシャルネットワークで強い存在感を誇っている。

BlastUPはエンゲージメントを促進するために、定期的にコンテストやインセンティブキャンペーンも主催しており、最も活発なメンバーに対して報酬を提供している。

傑出した取り組みの1つはユーザーの間で非常に人気のある「Blastbox」と呼ばれるキャンペーンだ。 これらのルートボックスには、次のような貴重な賞品が含まれている。

  • 希少なNFT
  • USDBまたはETHによる金銭報酬
  • ブースターポイント

Blastbox(ブラストボックス)は、抽選を通じて毎週配布され、当選者は資格のある参加者のプールからランダムに選ばれる。 この取り組みによって、BlastUP内のコミュニティ精神が強化される。

Blastboxの画像

BlastUPの活気あふれるコミュニティに参加

究極のセキュリティとコミュニティの信頼

BlastUPにとってセキュリティと透明性は最優先事項であり、ユーザーを安心させるための取り組みも積極的に行われている。具体的には大手監査法人である「CertiK」や「Assure Defi」が実施する厳格なコンプライアンス検査に合格してその信頼性を高めている。

BlastUPのセキュリティは「CertiKによる監査で100点中87.40点を出した」という素晴らしいセキュリティスコアでも強調されている。BlastUPは発売前のセキュリティリーダーボードで12位にランクされ、その堅牢なセキュリティ対策を証明した。

CertiKによるBlastUPの監査の画像

また、ソーシャルネットワーク全体におけるBlastUPコミュニティからの肯定的なフィードバックとレビューは、プラットフォームの信頼性をさらに強調し、安全で信頼できるプラットフォームとしての評判を強化している。

AIとWeb3の統合によるスタートアップ立ち上げの強化

BlastUPは高度なAIとWeb3技術を統合することによって、スタートアップが自社のネットワーク上で立ち上げる方法を再定義する態勢を整えている。

2026年の戦略ロードマップには「AIで強化されたIDOスクリーナー」や「スタートアップチーム向けn特化したAIツールの開発」などといった野心的な取り組みが含まれている。

これらの進歩は「BlastUPのエコシステムを強化し、ブロックチェーンイノベーションにおけるリーダーとしての役割を確固たるものにする」というコミットメントを強調している。

BlastUPはこれらの取り組みを通じて、スタートアップに最先端のリソースを提供し、より効率的かつ効果的なローンチプロセスを保証することを目指している。

最後に

BlastUPは、仮想通貨のローンチパッド部門における変革勢力としての地位を急速に確立しつつある。

BlastUPは、AIとWeb3技術を活用してセキュリティとコミュニティへの関与に関する確固たる取り組みを進め、仮想通貨スタートアップに比類のないプラットフォームを提供する。

BLPトークンのプレセールは、この有望なプロジェクトに参加するためのまたとない機会でもある。プレセールは終わりに近づいており、トークン販売価格も徐々に上昇しているため、投資を検討している投資家には早めに行動を起こすことが推奨されている。

BlastUPのプレセールに参加した投資家は、BlastUPの将来の成功と今後のプロジェクトから恩恵を受けることができる可能性がある。

公式サイト:
https://blastup.io/
X(Twitter);
https://twitter.com/Blastup_io
Discord:
https://discord.gg/5Kc3nDhqVW
Telegram:
https://t.me/blastup_io


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

世界初のブロックチェーンを旅するドージ「Dogeverse」がプレセール開始!数分で25万ドル調達

世界初のブロックチェーンを旅するドージ「Dogeverse」がプレセール開始!数分で25万ドル調達

エコフレンドリーな仮想通貨eTukTukがプレセールで50万ドルを調達、EV分野に特化したサステイナブルなエコシステムとは?

エコフレンドリーな仮想通貨eTukTukがプレセールで50万ドルを調達、EV分野に特化したサステイナブルなエコシステムとは?

ドージコイン(DOGE)、ソラナ(SOL)とメタケード(MCADE)市場はインフレ冷え込みを示すにつれて上昇傾向にあり

ドージコイン(DOGE)、ソラナ(SOL)とメタケード(MCADE)市場はインフレ冷え込みを示すにつれて上昇傾向にあり

仮想通貨交換所ELQUIREX「ウォレット・投資オプション」の機能を追加

仮想通貨交換所ELQUIREX「ウォレット・投資オプション」の機能を追加

カルダノ・アルトシグナルの価格予測:2021年以降の仮想通貨市場をどう評価する?

カルダノ・アルトシグナルの価格予測:2021年以降の仮想通貨市場をどう評価する?

VR・ARコイン5SCAPEの人気が上昇中、プレセールは300万ドル調達間近

VR・ARコイン5SCAPEの人気が上昇中、プレセールは300万ドル調達間近

注目度の高い仮想通貨ニュース

コインチェック:LSK保有者に対するKLYトークン(Klayr)エアドロップの対応方針を発表

コインチェック:LSK保有者に対するKLYトークン(Klayr)エアドロップの対応方針を発表

AI取引ボット:ビットボットが支配する10億ドル規模の市場

AI取引ボット:ビットボットが支配する10億ドル規模の市場

コインチェック:ブリリアンクリプトトークン(BRIL)のIEO詳細を発表

コインチェック:ブリリアンクリプトトークン(BRIL)のIEO詳細を発表

GMO:暗号資産を獲得できる「ブロックチェーンゲームPARK」複数の連携サービスで提供開始

GMO:暗号資産を獲得できる「ブロックチェーンゲームPARK」複数の連携サービスで提供開始

Rakuten NFT:2次流通できる「NFTチケット」販売開始|不正転売にも対処

Rakuten NFT:2次流通できる「NFTチケット」販売開始|不正転売にも対処

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

OKCoinJapan:ソラナ(SOL)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

OKCoinJapan:ソラナ(SOL)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

シバイヌ:近日中に「Shibarium上でのエアドロップ」実施か?LUCIE氏が予告

シバイヌ:近日中に「Shibarium上でのエアドロップ」実施か?LUCIE氏が予告

【年率20%】ソラナ(SOL)の「貸暗号資産特別募集」開始:ビットトレード

【年率20%】ソラナ(SOL)の「貸暗号資産特別募集」開始:ビットトレード

フランクリン・テンプルトン「アルトコイン特化の仮想通貨ファンド」を検討

フランクリン・テンプルトン「アルトコイン特化の仮想通貨ファンド」を検討

DMMビットコイン:不正流出したBTCの全額保証に向け「550億円の資金調達」実施へ

DMMビットコイン:不正流出したBTCの全額保証に向け「550億円の資金調達」実施へ

Coinbase:グローバル取引所で「BONK・FLOKI・SHIBの永久先物取引」提供へ

Coinbase:グローバル取引所で「BONK・FLOKI・SHIBの永久先物取引」提供へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

人気のタグから探す