スポンジ・ボブをテーマにしたSPONGE、ステーキング報酬の分配方法に関するアンケート調査を開始

by BITTIMES

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

世界的な人気キャラクターであるスポンジ・ボブをテーマにしたミームコインSponge($SPONGE、スポンジ)は、5月16日にX(旧Twitter)でステーキング報酬の分配方法に関するアンケート調査を開始するという投稿をしました。

本記事では、投資家が待望する$SPONGEトークンの請求開始に向けたアンケート調査に関する情報をお伝えします。

Spongeがステーキング報酬の分配方法に関するアンケート調査を開始!

Spongeの画像

今回実施されたアンケートは、$SPONGEの大規模なステーキング報酬の分配方法に関するもので、5月16日から5月21日までの期間に行われます。

アンケートは、6ヶ月または1年にわたって均等に分配する、1ヶ月間のロックをする、5月末の$SPONGE請求開始日に即座にアクセス可能にするという4つの選択肢が用意されています。

また、チームは別の投稿で以下のように各選択肢で抑えておくべきポイントを公表しました。

  • 1年にわたって均等に分配した場合:
    1年かけて徐々にステーキング報酬を分配するため、$SPONGEの価格の安定性と長期的な成長を促進することができます。
  • 6ヶ月にわたって均等に分配した場合:
    $SPONGEの価格の安定性を保ちながら、より早いスピードでステーキング報酬が分配されます。
  • 1ヶ月間ロックした場合:
    ステーキング報酬が完全に利用可能となる前に1ヶ月間ロックされるため、トークン請求後の初期に$SPONGEの価格の安定性が保証されます。
  • $SPONGE請求開始すぐにアクセス可能とした場合:
    すべてのステーキング報酬を請求開始後すぐに請求することができますが、流通する供給量の増加によって価格変動性が高まる可能性があり、価格上昇が維持しにくくなります。

すでに8,000人以上のコミュニティメンバーが投票を行っており、アンケート結果を待ち侘びています。

今回の請求日にトークンを獲得できる投資家は?

Spongeは、流動性プールへの攻撃が相次いだことから、当初の予定よりも早い2月にEthereum(ETH、イーサリアム)のレイヤー2スケーリングソリューションであるPolygon(MATIC、ポリゴン)上で$SPONGEをローンチ(発売)しました。

このETHからMATICへの移行の影響で、今回の請求プロセスを通して$SPONGEを獲得できる投資家は大きく以下の3つのケースに当てはまる場合となっています。

  • プレセールの購入ウィジェットを通して$SPONGEを購入した人
  • 2月5日以前にPolygonに移行(ブリッジ)した人
  • 2月5日以降に請求コントラクトへ手動で移行した人

古いバージョンとなるV1トークンの販売が終了する前にCEX(中央集権取引所)で$SPONGEを保有していた場合は、それらのトークンがPolygon上のV2トークンにスワップ(交換)されています。

早期購入者に10,000%のリターンをもたらしたSPONGE

Spongeの画像

$SPONGEは、2023年5月にローンチ(発売)された古いバージョンであるV1トークンの新しいバージョン(V2)として発表されました。

従来の$SPONGEでは、仮想通貨業界で定番となっているプレセールは行わず、Uniswapへダイレクトに上場させるという斬新な方法でスタートしました。

ローンチ後$SPONGEは大きな話題となり、PoloniexやMEXC、LBank、Gate.io、ToobitなどのCEXへの上場を達成、ローンチからわずか1週間弱で時価総額が1億ドル近くまで上昇し、一部の投資家へ100倍のリターンをもたらしました。

その後は盛り上がりが収まり、長い間価格が低迷していましたが、新しいバージョンとして今回の$SPONGEが発表されてから急成長を果たし、2023年5月に0.000025ドルだった$SPONGEは、ここ最近で一時0.0027ドル台を記録しており、早期購入者へ約10,000%ものリターンをもたらしています。

バージョンアップしたSPONGEの注目すべき特徴

Spongeの画像

V2へとバージョンアップした$SPONGEは、前作の知名度に頼るのではなく、魅力的なステーキング機能とP2E(Play-to-Earn、プレイ・トゥ・アーン)ゲームという実用性を備えて挑戦しています。

最近のミームコイン市場には様々な新しい仮想通貨が登場していますが、長く生き残っていくためには拡散力のあるミームを取り入れるだけではなく、ユーザーにとって有益な機能の追加も求められるようになっています。

そのような点において新しい$SPONGEは、トークンの実用性としてステーキング機能とP2Eの二重収益モデルを打ち出しており、$PEPE(ぺぺ)や$DOGE(ドージコイン)、$WIF(ドッグウィフハット)などを追い越し、ミームコイン分野で先頭を走ることを目指しています。

$SPONGEの新しいステーキング機能では、MATICを利用した場合で現在335%のAPY(年間利回り)で受動的な報酬を提供しています。

またP2Eのレースゲームでは、架空の海底都市であるビキニタウン(Bikini Bottom)が舞台とされ、勝者は$SPONGEで追加の報酬を獲得することができます。

チームによると、このゲームは近日公開される予定となっています。

狙うはBinanceへのSPONGE上場

Spongeチームは、$SPONGEを世界的な大手仮想通貨取引所であるBinance(バイナンス)やOKXに上場させることを目指しています。

この目標が現実のものとなれば、$SPONGEがより幅広い層の投資家へ広まっていき、トークン価値はさらに高まっていくはずです。

V2トークンであるSpongeの最新情報は、37,000人以上のフォロワーがいるXか、14,000人以上が参加するTelegramコミュニティで更新されています。

$SPONGEの公式サイトはこちら


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Bitcoinは6万ドル突破となるか、Bitcoin Minetrixがプレセールで1100万ドルに到達しBTSと競う

Bitcoinは6万ドル突破となるか、Bitcoin Minetrixがプレセールで1100万ドルに到達しBTSと競う

ミームネーターの登場:今年注目のミームコインと期待される理由

ミームネーターの登場:今年注目のミームコインと期待される理由

2023年8月:注目したい話題の仮想通貨銘柄9選

2023年8月:注目したい話題の仮想通貨銘柄9選

エコフレンドリーで新しいDePIN仮想通貨eTukTuk、気候変動への対策とマルチチェーンの採用で100万ドルの調達に成功

エコフレンドリーで新しいDePIN仮想通貨eTukTuk、気候変動への対策とマルチチェーンの採用で100万ドルの調達に成功

革命の戦略:話題の新ローンチパッド

革命の戦略:話題の新ローンチパッド

暗号資産発行支援のGCOX「日本人向け無料オンラインセミナー」開催へ

暗号資産発行支援のGCOX「日本人向け無料オンラインセミナー」開催へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

2024年度は「仮想通貨の税制改正・レバレッジ倍率改定」を重視:日本ブロックチェーン協会

2024年度は「仮想通貨の税制改正・レバレッジ倍率改定」を重視:日本ブロックチェーン協会

バイデン大統領:米SECによる仮想通貨の会計規則「SAB 121」の撤回を拒否

バイデン大統領:米SECによる仮想通貨の会計規則「SAB 121」の撤回を拒否

仮想通貨決済は「フードデリバリー」でも|DevourGOがCoinbase Commerceを統合

仮想通貨決済は「フードデリバリー」でも|DevourGOがCoinbase Commerceを統合

米国証券取引委員会(SEC)仮想通貨・サイバー部門の責任者が退任

米国証券取引委員会(SEC)仮想通貨・サイバー部門の責任者が退任

コインチェック「期末時価評価課税の適用除外に関する移転制限」の要請受付開始

コインチェック「期末時価評価課税の適用除外に関する移転制限」の要請受付開始

カルダノ基盤ステーブルコインUSDM開発企業「Moneta」に名称変更

カルダノ基盤ステーブルコインUSDM開発企業「Moneta」に名称変更

DELL創業者マイケル・デル氏「ビットコイン」支持か?BTC投資戦略の採用を期待する声も

DELL創業者マイケル・デル氏「ビットコイン」支持か?BTC投資戦略の採用を期待する声も

コインチェック:BRILのIEO「過去最高の申込金額」を記録|NFT先着販売は明日から

コインチェック:BRILのIEO「過去最高の申込金額」を記録|NFT先着販売は明日から

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

ソラナ(SOL)のFiredancer「2025年」に完全版リリースへ

ソラナ(SOL)のFiredancer「2025年」に完全版リリースへ

テザー社「Alloy by Tether」を発表|金担保型の米ドルステーブルコインaUSDTも発行

テザー社「Alloy by Tether」を発表|金担保型の米ドルステーブルコインaUSDTも発行

GMO:暗号資産を獲得できる「ブロックチェーンゲームPARK」複数の連携サービスで提供開始

GMO:暗号資産を獲得できる「ブロックチェーンゲームPARK」複数の連携サービスで提供開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

人気のタグから探す