2024年のブルランに向けて、クジラが購入している低価格なアルトコイン

by BITTIMES

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

仮想通貨市場は活気づいており、賢い投資家たちは2024年の強気相場に向けて大きなリターンが期待できる低価格のコインを探している。そのような有望かつ安価な仮想通貨は、将来的な市場の上昇を見越している投資家たちからの注目を集めている。

この記事では、今後の成長への期待感などから大口投資家に注目されている一部の仮想通貨を紹介する。

BlastUPプレセール:不安定な仮想通貨市場における灯台

プレセール中のトークンは価格が一定に固定されているため「市場の激しい変動の影響を受けない」という点で魅力的だ。そのような予測可能性は、BlastUPのようなプレセールプロジェクトの主要な利点の一つとなっている。

BlastUPは、ETHやステーブルコイン向けのネイティブ利回りを備えた唯一のレイヤー2ソリューションであるBlast上で登場した最初のローンチパッドの一つだ。このプラットフォームはプレセール開始から数週間で600万ドル以上を調達した。これは賢い投資家たちの間で広く認識されていることを示している。

同プロジェクトは現在、BlastUPトークンのプレセールを通じて、低価格かつ有望な資産に投資する機会を提供している。

>> プレセール開催中「BlastUPトークン」の詳細はこちら <<

プレセール段階でBlastUPトークンを購入した人は、無料トークンの一部を配布するエアドロップへの独占的なアクセス権を得ることが可能で、ステーキング通じた追加報酬も得られるようになっている。

BlastUPは、相互成長から利益を得るコミュニティの構築に専念しており、AIとWeb3ツールを組み合わせてスムーズにDAppsをローンチできるようにするための本当に豊かで安全な環境を作ることを目指している。

コミュニティ第一の精神とイノベーションを持つ仮想通貨スタートアップを支援するBlastUPは、Blastエコシステムにおける中核的存在への成長してきている。またBlastUPは、2026年までの大規模な計画も進めている。

>> 供給量に限りあり「BlastUPトークン」の詳細はこちら <<

Polygon(MATIC)の価格動向と今後の見通し

Polygon(MATIC)の価格は過去1週間で約6%上昇しており、現在は0.64ドル〜0.72ドルの間で推移している。過去1ヶ月間で見ると下落率は約2%と小規模で、過去半年の下落率は4%となっている。

現在価格は10日平均の0.74ドルを下回り、100日平均の0.72ドルに迫っている。次に予想される動きとしては、抵抗線となっている0.76ドルのラインをテストするか、0.60ドルのサポートラインまで下落する可能性があると考えられる。

現在のMATICの値動きは、上昇と下落が混在したものとなっているため、今のところは明確な方向性が見えない状態となっている。

XRPの価格動向:簡単な分析

XRPの価格は現在0.49ドル〜0.53ドルの間で推移している。間近のレジスタンスラインは0.55ドルであるため、価格が上昇した場合にはこのラインを超えることができるかが鍵になる。

一方、価格が下落した場合は0.47ドルのサポートライン付近で反発する可能性があると予想される。過去1週間でXRPの価値は1.35%上昇したが、過去1か月間では5.29%、過去半年間では15.18%の下落を見せている。

現在はRSIが46.96で、MACDレベルがゼロ付近であることから、強い上昇・下降トレンドは示されていない。短期・長期の平均が同じレベル(0.53ドル)にあるため、当面の間は価格が安定して推移することが示唆されている。これらの指標から、XRP価格は大きな変動を伴わない調整期にあるように見える。

Ondo Coinの価格動向と予測

Ondoの価格は、過去半年間で3,000%以上という大幅な成長を見せた。過去1週間では約14%、過去1か月間では約22%の上昇が見られており、現在価格は0.73ドル〜1.05ドル付近で推移している。

1.20ドルを超えるのには苦労する可能性があり、下落した場合は0.57ドルまで下がる可能性がある。大幅に下落した場合には0.26ドルまで下がる可能性があるものの、うまくいけば1.52ドルまで上昇する可能性もあると予想される。

ここ最近の平均価格は0.97ドル〜0.94ドルの間にある。RSIは50.18で、買われすぎも売られすぎもしていないことを示しており、ストキャスティクスやMACDも価格がすぐには大きく変動しないことを示唆している。

Pyth Networkの価格変動分析

Pyth Network(PYTH)の価格範囲は0.35ドル〜0.44ドルだ。PYTHは過去1週間で2.62%下落した。過去1か月では36.50%という大幅な下落が見られたが、過去半年間では14.59%上昇している。

テクニカル指標では、10日間の単純移動平均(SMA)が0.44ドル、100日間では0.45ドルとなっている。RSIは35.73、ストキャスティクスは25.98で、どちらも最近の売り圧力が強かったことを示している。MACDレベルは-0.01とわずかにネガティブだ。

現在のPYTHは調整期にあるようで、0.50ドルの抵抗線を突破して、0.60ドルを目指すことが課題となっている。価格が下がった場合のサポートレベルは0.32ドルと0.22ドルであるため、投資家たちはこれらのレベルを注視している。

結論

今後の強気相場に向けて大口投資家たちが注目している仮想通貨を検討すると、いくつかの小規模なコインが際立って見える。

MATIC・XRP・ONDO・PYTHなどの仮想通貨も注目を集めているが、短期的な視点では今のところ大幅上昇の傾向は顕著には表れていない状態となっている。

BlastUPは現在プレセール段階であることなどから、今後の大きな成長にも期待が高まっている。BlastUPの強みは、そのユニークなコンセプトと広範なBlastエコシステムとの統合にあり、2024年の強気相場に向けた小規模な暗号資産の有力候補として注目されている。

公式サイト:
https://blastup.io/
公式X(Twitter):
https://twitter.com/Blastup_io
公式Discord:
https://discord.gg/5Kc3nDhqVW
公式Telegram:
https://t.me/blastup_io


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

最近の仮想通貨ブームで急成長が期待される5つの新しいミームコイン

最近の仮想通貨ブームで急成長が期待される5つの新しいミームコイン

取引所への上場間近!メタケード(MCADE)は優れたパフォーマンスを発揮できるのか

取引所への上場間近!メタケード(MCADE)は優れたパフォーマンスを発揮できるのか

メタケード:ニューヨーク州の仮想通貨決済採用に伴い、Work2Earnプログラムの開発を急ぐ

メタケード:ニューヨーク州の仮想通貨決済採用に伴い、Work2Earnプログラムの開発を急ぐ

FX-Listから始める外国為替投資

FX-Listから始める外国為替投資

2025年までにビットボットのトークンが、新たなAI技術で飛躍する可能性

2025年までにビットボットのトークンが、新たなAI技術で飛躍する可能性

ビッグアイズコインとカルダノのクールなNFTを所有することで、環境を保護できることをご存知ですか?

ビッグアイズコインとカルダノのクールなNFTを所有することで、環境を保護できることをご存知ですか?

注目度の高い仮想通貨ニュース

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

ソラナDEX:Drift Protocol(DRIFT)エアドロップ請求可能に|Coinbaseにも上場予定

ソラナDEX:Drift Protocol(DRIFT)エアドロップ請求可能に|Coinbaseにも上場予定

シバイヌのネットフローが3,015%急増|新たなミームコイン「Milei Moneda(MEDA)」が今年の爆発的成長を目指す

シバイヌのネットフローが3,015%急増|新たなミームコイン「Milei Moneda(MEDA)」が今年の爆発的成長を目指す

ミームコインで横ばいが続く中、Rebel Satoshiのプレセールが市場を席巻|DogwifhatとPEPEは調整相場に突入

ミームコインで横ばいが続く中、Rebel Satoshiのプレセールが市場を席巻|DogwifhatとPEPEは調整相場に突入

マクドナルド:シンガポールで「独自メタバース」展開|NFT保有者には特典も

マクドナルド:シンガポールで「独自メタバース」展開|NFT保有者には特典も

コインチェック:仮想通貨積立サービスで「評価損益の表示機能」提供開始

コインチェック:仮想通貨積立サービスで「評価損益の表示機能」提供開始

【業界初】安全運転ドライバーに「NFT証明書」を発行|トヨタ・KINTOが実証実験

【業界初】安全運転ドライバーに「NFT証明書」を発行|トヨタ・KINTOが実証実験

東証上場企業メタプラネット「ビットコイン投資戦略の詳細」を発表

東証上場企業メタプラネット「ビットコイン投資戦略の詳細」を発表

バイナンスジャパン:日本円入金における「振込依頼人名の記載ミス」で注意喚起

バイナンスジャパン:日本円入金における「振込依頼人名の記載ミス」で注意喚起

ビットコイン採用の動きは「アルゼンチン」でも?エルサルバドルと意見交換

ビットコイン採用の動きは「アルゼンチン」でも?エルサルバドルと意見交換

ビットコイン現物ETFのBTC保有額「サトシ・ナカモトの推定保有枚数」とほぼ同じに

ビットコイン現物ETFのBTC保有額「サトシ・ナカモトの推定保有枚数」とほぼ同じに

PEPEの上昇が緩やかになる一方でBOMEは価格抵抗に挑む:Rebel Satoshiは新世代のミームコインか?

PEPEの上昇が緩やかになる一方でBOMEは価格抵抗に挑む:Rebel Satoshiは新世代のミームコインか?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

人気のタグから探す