新しいミームコイン「PlayDoge」がプレセールを開始!数時間で20万ドルを調達で次のFlokiと話題に

by BITTIMES

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

新しいDogeミームコインであるPlayDoge($PLAY、プレイドージ)が、プレセール開始からなんと数分で20万ドルを調達し、すぐさま話題にあがりました。

Dogeミームコインは仮想通貨の分野で以前から大きな存在感を持ち続けています。また、プレイ・トゥ・アーン(P2E)に焦点を当てたGameFi(ゲーミファイ)仮想通貨も同様に人気です。

この二つの観察は、これら両方のセクターに対応しているPlayDogeが、次のFloki Inu(FLOKI)を探し求めている多くの仮想通貨ウォッチャーの注目を集めるのに最適な位置にあることを意味します。

さらに、PlayDogeのネイティブトークンである$PLAYは、BNBスマートチェーン上で動作します。これは、Binanceの上場チームのレーダーに載ることを意味するため、$PLAYトークン購入者にとっては朗報です。BNBスマートチェーンはBinanceの社内ブロックチェーンです。

Binanceは仮想通貨の中で最大の中央集権型取引所であり、2024年3月時点で市場シェアの49%を占めています。

PlayDogeのX投稿画像

現在$0.005で購入可能!PlayDoge($PLAY)がモバイルPlay-to-Earn時代に「たまごっち」を導入

PlayDogeは、アイコン的なDogeミームをたまごっち風のバーチャルペットに変身させ、プレイヤーが$PLAYトークンを稼ぐことができるモバイルゲームです。

PlayDogeはミームコインですが、特に1990年代に大流行した2Dコンパニオンゲームのゲームユーティリティに基づいて構築されています。

PlayDogeは、あのサイドスクロール型ヒット作のクラシックな8ビットのビットマップの外観と感触を活かしています。プレイヤーはペットの世話をしたり、冒険の旅に出たりして報酬を稼ぐことができます。

タイムリーな餌やり、訓練、睡眠などの全てが、誠実なペットオーナーが獲得できる報酬に繋がります。分散型仮想通貨ネットワークの力を活用することで、PlayDogeは収益化可能な価値に基づいたゲーム経済を構築しています。

プレセールは$0.005の提供価格で始まりますが、資金調達は価格階段方式を採用しているため、早く購入するほど価格は下がります。合計94億トークンの50%がプレセールで提供されます。

PlayDogeの画像

ゲーム開始!PlayDoge($PLAY)はFLOKIやSHIBをゲーム性で上回る?

具体的な実用性を持つミームコインとそうでないコインを区別する明確なトレンドが生まれつつあります。

例えば、Dogecoinを見てみましょう。過去30日間でその価格は11.5%上昇し、$0.164になりました。これは妥当な上昇と言えますが、$FLOKIの74.6%上昇($0.000294)と比べると見劣りしてしまいます。

Dogecoinは、元祖ギャングスター・ミームコインとしての市場での評判に頼ることができますが、この価格パフォーマンスの違いは、Dogecoinの実用性の欠如によって説明できます。

イーロン・マスクが自身の企業の決済手段として採用する計画をほのめかして以来、あまり進展がありませんが、Dogecoinの実用性は、交換手段としての役割以外にはありません。今日では、テスラのストアで商品を購入することに使えますが、それが限界のようにも見えます。

一方、FLOKIはValhall(ヴァルハラ) NFTメタバースを通じて、ゲームの世界に進出しています。メタバースは1年前ほどの流行語ではなく、確かにその根底にあるビジョンは依然として生きています。デジタルと現実の世界の融合が進んでいます。

PlayDogeは、人間とバーチャルペットの間のギャップを埋めることでメタバースソリューションを提供しています。$PLAYトークンを使用してゲームプレイを収益化し、世界的に共感を呼ぶミーム「The Doge」を導入することは、勝利の方程式となる可能性があります。

SHIBもゲームの道を進んでいますが、「SHIB the metaverse」製品の発売日はまだ発表されていません。これらのことから、プレイ・トゥ・アーンのミームコインレースは「ゲーム開始」の状態であり、最終的な勝者はPlayDogeである可能性があります。

最新のCoinMarketCapのデータによれば、仮想通貨ゲームカテゴリーの市場価値は、279億ドルです。

$PLAYは$PEPEのような成長が期待されるミームコイン?

ミームコインマニアが増加する中、プレセールのニュースが広がるにつれてトークンの需要が加速することが予想されます。

もしミームコインの幅広くかつ持続的な魅力に疑問があったとしても、最近の$PEPEや$BONKの騒々しいパフォーマンスを見れば、市場参加者がPlayDogeの機会を逃したくない理由が分かるはずです。

過去3か月で、$PEPEは400%、$BONKは119%上昇しています。$PEPEは、1年前の史上最低価格から56,800%上昇しています。

例え実用性がないミームコインであっても、可愛さやユーモアという主観的な特性を除いても、ミームコインには人を引きつける絶大な魅力があります。しかし、ウイルス性という特性だけではなく、実世界の実用性も兼ね揃えた$PLAYのようなミームコインは、すべてを席巻する可能性があります。

PEPEのチャート画像

昨年2,480億ドルのビデオゲーム市場で報酬の世界を解放!

ミームコインは、収益源が乏しいものが多いため、将来的な価値を測るのが難しいです。しかし、これまで見てきたように、PlayDogeのようなゲームミームコインに関しては話が違います。

さらに、収益と利益が豊富なビデオゲーム業界の評価となると、また違った話になります。

Precedence Researchによると、世界のビデオゲーム業界の市場規模は2033年までに6,650億ドルに達すると予測されています。これは、PlayDogeにとって巨大な対応可能市場となります。

世界のビデオゲーム業界の市場規模

$PLAYトークンがゲーム内通貨として機能することで、プレイヤーは限定機能を使ったり、体験をカスタマイズしたり、さらにはステーキングを通じて受動的な報酬を得ることさえできます。

PlayDogeのゲームエコシステムはまだ稼働していませんが、開発は既に始まっており、たまごっちの暗号化改造はゲーミングコミュニティと仮想通貨ファンの両方を興奮させることになるでしょう。

したがって、ミームコインの人気が高まり続ける中、PlayDogeはこの熱狂の波に乗るユニーク立場にあります。

90年代のゲームのノスタルジアとミームコインに対する現在の興奮を融合させることで、PlayDogeはユニークなゲーミング体験を提供しています。

PlayDogeのスマートコントラクトは完全に監査されており、貢献希望者はプロジェクトの堅実さについて安心感を得ることができます。

先駆的なPlayDogeプレセールに参加するには、ウォレットを接続し、BNB、USDT、またはETHを使用してトークンを購入することができます。また、銀行カードを使用してトークンを購入することもできます。

プロジェクトの進捗や進展は、XTelegramのコミュニティからチェックすることができます。

$PLAYの公式サイトを見てみる


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

2023年注目の仮想通貨12選

2023年注目の仮想通貨12選

柴ミームかワイプレディクトか?AIイノベーションが投資家を惑わす

柴ミームかワイプレディクトか?AIイノベーションが投資家を惑わす

世界初VR・ARコイン5SCAPEが第一弾のゲームとなるケージ・コンクエストをローンチ!プレセールは600万ドル間近

世界初VR・ARコイン5SCAPEが第一弾のゲームとなるケージ・コンクエストをローンチ!プレセールは600万ドル間近

メタケード:ニューヨーク州の仮想通貨決済採用に伴い、Work2Earnプログラムの開発を急ぐ

メタケード:ニューヨーク州の仮想通貨決済採用に伴い、Work2Earnプログラムの開発を急ぐ

デリバティブ取引について解説

デリバティブ取引について解説

2023年におすすめな関連銘柄4選|どの通貨に注目すべきなのか

2023年におすすめな関連銘柄4選|どの通貨に注目すべきなのか

注目度の高い仮想通貨ニュース

BlackRock:イーサリアム現物ETFの「更新版S-1書類」提出|6月末ローンチの可能性も?

BlackRock:イーサリアム現物ETFの「更新版S-1書類」提出|6月末ローンチの可能性も?

コインチェック:LSK保有者に対するKLYトークン(Klayr)エアドロップの対応方針を発表

コインチェック:LSK保有者に対するKLYトークン(Klayr)エアドロップの対応方針を発表

「BTC・ETH・SOLの価格上昇を確信している」ロバート・キヨサキ氏

「BTC・ETH・SOLの価格上昇を確信している」ロバート・キヨサキ氏

Coinbase:グローバル取引所で「BONK・FLOKI・SHIBの永久先物取引」提供へ

Coinbase:グローバル取引所で「BONK・FLOKI・SHIBの永久先物取引」提供へ

トランプ氏:米大統領選挙で「仮想通貨の寄付」受付開始|SOL・XRP・SHIBなどにも対応

トランプ氏:米大統領選挙で「仮想通貨の寄付」受付開始|SOL・XRP・SHIBなどにも対応

DMMビットコイン「約482億円相当のビットコイン」が不正流出【公式発表あり】

DMMビットコイン「約482億円相当のビットコイン」が不正流出【公式発表あり】

エルサルバドル「ビットコイン保有量を開示する専用サイト」公開

エルサルバドル「ビットコイン保有量を開示する専用サイト」公開

日本でSolanaエコシステムの成長を促進「Superteam Japan」発足

日本でSolanaエコシステムの成長を促進「Superteam Japan」発足

ドージコインが再び上昇トレンドへ、プレセール終了後のDOGEVERSEへ高まる期待

ドージコインが再び上昇トレンドへ、プレセール終了後のDOGEVERSEへ高まる期待

東証上場企業メタプラネット「ビットコイン投資戦略の詳細」を発表

東証上場企業メタプラネット「ビットコイン投資戦略の詳細」を発表

【続報あり】国内上場企業メタプラネット「2億5,000万円相当のビットコイン」追加購入へ

【続報あり】国内上場企業メタプラネット「2億5,000万円相当のビットコイン」追加購入へ

トランプ前大統領「ビットコインマイニングに関する円卓会議」開催か

トランプ前大統領「ビットコインマイニングに関する円卓会議」開催か

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

人気のタグから探す