成長が期待されるビットボット、プレセール最終日が間近に迫る

by BITTIMES

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

仮想通貨業界は、とある革命的な新しいプロジェクトに湧いている。ビットボット(Bitbot)は、AI技術を積極的に活用した独自のテクノロジーにより、市場1,2を争うスピードでトレンド通貨を特定する機能を備える。

ビットボットプレセールは、これまでに427万ドルという多額の資金を調達している。これは、競合他社の3倍以上に及ぶ額であり、近々、大きな成長を見せる可能性があるのではと期待されている。しかし、プレセールの最終日は刻一刻と迫っており、乗り遅れまいと一部の投資家がビットボットに注目しているようだ。

プレセール終了後には取引所上場が予定されている。

AIアルファを解き放つ:投資家が注目する理由

市場でのビットボットの優位性は、その洗練されたAI機能にある。特に注目を集めているのはジェムスキャナー(Gem Scanner)とアルファリスト(Alpha List)だ。これらのツールは最先端技術を活用し、質の高い洞察と取引機会を提供する。

ジェムスキャナーは、複数のソースからの情報を処理するデータ集約、機械学習、予測分析、ユーザーとの直接対話を可能とする自然言語処理(NLP)など、様々な機能を駆使する優れものだ。

一方、アルファ・コール・グループのような役割を果たすジェムディスカバリー・チャンネルでは、デックススクリーナー(Dexscreener)、バードアイ(Birdeye)、ソーシャルフィード(Social feeds)などのソースからデータを集約してトレンドトークンを特定する。

ここでは、ビットボットのデゲンスコア(Degen score)を適用し、話題性と市場活動に基づいてトークンのランク付けをする。AIによって処理されたオンチェーンデータは、ユーザーが最もホットな取引を探し出すサポートをする。

2022年には1,360億ドルと評価され、2030年までの年平均成長率(CAGR)が37%以上と予測されるAI市場。この成長ぶりを考慮すると、最先端AI機能を搭載したビットボットのプレセール最終日が予想以上に早く訪れたことにも納得がいく。

ビットボットは、AIとテレグラム取引ボットの2つの市場の中間地点に位置している。このユニークな組み合わせは、トークンの有用性を高めると共に、更なる成長の可能性をもたらす。これは、通貨保有者にはポジティブな要素になるだろう。

個人投資に開かれた扉:テレグラム取引市場にブームが巻き起こる

現在、テレグラム取引市場は目まぐるしいスピードで成長を遂げている。総取引高は230億ドルを超えており、これは半年前の40億ドルから驚異的な増加である。この市場は少数のプロジェクトによって支配されており、ボンクボット(BonkBot)、マエストロ(Maestro)、バナナガン(Banana Gun)がプラットフォームでの取引量のほとんどを占めている。

ただし、この分野は発足からまだ1年しか経っておらず、いまだ発展途上状態だ。つまり、今後さらに優れたプレーヤーが、急成長するこのセクターを支配する可能性はあると言えるのではないだろうか。

ここで、ゲームチェンジャーと言われる「ビットボット」の登場だ。高度AI技術を搭載した最初のノンカストディアル取引ボットであるビットボットは、仮想通貨取引をより身近なものにする。毎日約60万件に及ぶ取引が行われるボット分野において、安全でユーザーに優しいインターフェースは、8億人に及ぶテレグラムユーザーの相当数を虜にしているようだ。

さらに、ビットボットのセキュリティは競合他社に対して更なる優位性を与える。ユーザー自らが秘密鍵を保持するノンカストディアルアプローチは、盗難被害の防止に効果的だ。これに、MVE対策とラグ対策技術も加わることで、セキュリティはさらに強化される。

ユニボットやバナナガンのような取引ボット分野を率いるリーダーは、初期のプレセール投資家にそれぞれ200倍、80倍の利益をもたらしたものの、セキュリティ面については度々議論が巻き起こっている。そんな中、ビットボットは、ユニボットやバナナガンのようなプロジェクトの欠点への対処を可能としている。このプロジェクトは飛躍を遂げるためのステップを踏んでいるようだ。

ビットボット価格予測:ビットボットが公開市場で飛躍を見せる?

ユニボットやバナナガンのような競合が成功を収めている一方、これらのサクセスストーリーはカストディアルボットのリスク(ユニボットのハッキング)や契約バグ(バナナガンの99%下落)という欠点を浮き彫りにしている。先にも述べたように、ビットボットは世界初のノンカストディアル取引ボットとして、このような落とし穴をうまく回避している。

また、ジェムスキャナーやアルファリストといったビットボットのAI搭載ツールは、市場での優位性に磨きをかける。

大きな成長を見せるテレグラムと、AI市場の中間地点に位置するビットボットは、市場のギャップを埋める役割を果たす。8億人のテレグラムユーザーと活発なボット取引分野の勢いは、ビットボットが大規模なユーザーベースを惹きつけることに一役買うだろう。特に、仮想通貨取引に見られる複雑さやセキュリティ上の欠如によってこれまで敬遠してきたユーザー層から多くの支持を得られるはずだ。

さらに、ビットボットは収益分配プログラムを計画している。ここでは、全取引手数料の50%がコイン保有者に分配され、さらに紹介プログラムでは取引手数料の30%がユーザーに分配される。これらの取り組みは新規ユーザーを呼び込み、トークンの価値を高めるという「Win-Win」のシナリオを作り上げる。

カストディアル式アプローチによるセキュリティの欠陥があったにも関わらず、ユニボットのプレセール投資家が約200倍の利益を上げたことを考慮すると、ビットボットにもチャンスがあると言えるだろう。最先端技術、セキュリティ、戦略的な市場ポジショニングは、注目すべきポイントではないだろうか。

最終日を迎えるビットボットプレセール

AI搭載の画期的なテレグラム取引ボットのBITBOTトークンを確保できる時間には限りがある。2024年に公開市場に登場し、上昇を見せると期待されるこの通貨を現在は割引価格で入手できる。

最強のAI技術、比類ないセキュリティ、そして利益分配計画により、ビットボットはテレグラム取引のルールを塗り替えようとしている。

BITBOTトークンの詳細は公式サイトをご覧ください。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨のクラウドマイニングとは?TokenCoinの隠れた魅力を探る

仮想通貨のクラウドマイニングとは?TokenCoinの隠れた魅力を探る

2023年に注目すべきおすすめのNFTプロジェクト

2023年に注目すべきおすすめのNFTプロジェクト

0.04ドルでプレセール開催中|初期投資の機会を提供する新しい仮想通貨プロジェクト

0.04ドルでプレセール開催中|初期投資の機会を提供する新しい仮想通貨プロジェクト

フィンテックの未来が見える「Wiki Finance Expo 香港 2024」香港が再び世界の脚光を浴びる

フィンテックの未来が見える「Wiki Finance Expo 香港 2024」香港が再び世界の脚光を浴びる

新しい仮想通貨Dogecoin20がプレセールを開始、初日で25万ドルを調達して市場から大きな期待

新しい仮想通貨Dogecoin20がプレセールを開始、初日で25万ドルを調達して市場から大きな期待

今年の利益はふるさと納税へ|日本一所得の低い「球磨村」の取り組みとは

今年の利益はふるさと納税へ|日本一所得の低い「球磨村」の取り組みとは

注目度の高い仮想通貨ニュース

バイナンスジャパン「Simple Earnの追加銘柄に関するアンケート第1弾」開始

バイナンスジャパン「Simple Earnの追加銘柄に関するアンケート第1弾」開始

NIDTの利用機会がさらに広がる?「今後のスケジュール・Web3施策」発表:オーバース

NIDTの利用機会がさらに広がる?「今後のスケジュール・Web3施策」発表:オーバース

新しいミームコイン「PlayDoge」がプレセールを開始!数時間で20万ドルを調達で次のFlokiと話題に

新しいミームコイン「PlayDoge」がプレセールを開始!数時間で20万ドルを調達で次のFlokiと話題に

BlackRockがソラナETF申請を開始?今トレーダーが狙う仮想通貨プレセールとは

BlackRockがソラナETF申請を開始?今トレーダーが狙う仮想通貨プレセールとは

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・ETH・SHIB・SOL」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・ETH・SHIB・SOL」などの注目記事

Rebel Satoshi(RBLZ)がFLOKI・BONKなどのアルトコインを上回る?専門家の予想

Rebel Satoshi(RBLZ)がFLOKI・BONKなどのアルトコインを上回る?専門家の予想

コインチェック:仮想通貨積立サービスで「評価損益の表示機能」提供開始

コインチェック:仮想通貨積立サービスで「評価損益の表示機能」提供開始

AI取引ボット:ビットボットが支配する10億ドル規模の市場

AI取引ボット:ビットボットが支配する10億ドル規模の市場

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

飛躍の可能性を秘めた安価なアルトコイン:XRP、PEPE、Rebel Satoshi Arcade(RECQ)

飛躍の可能性を秘めた安価なアルトコイン:XRP、PEPE、Rebel Satoshi Arcade(RECQ)

米SEC委員長「イーサリアム現物ETFの上場承認時期」についてコメント

米SEC委員長「イーサリアム現物ETFの上場承認時期」についてコメント

仮想通貨のステーキング関連で今後「大事件」が起こる?ベテラントレーダーが警告

仮想通貨のステーキング関連で今後「大事件」が起こる?ベテラントレーダーが警告

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

人気のタグから探す