新たなミーム支配者の誕生?ミームネーターの成長計画

by BITTIMES

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

市場に蔓延るミームコインを駆逐することに特化したミームコイン、ミームネーター(Memeinator)。この通貨は、先日終了したプレセールで何千にも及ぶ投資家から合計約800万ドルを集め、2024年に大きな爪痕を残した。

上場を遂げた今、プロジェクトを取り巻く興奮は止まるところを知らない。MEXC(エムイーエックスシー)ユニスワップ(Uniswap)での購入が可能になり、ミームネーターは時価総額10億ドル突破という目標に向かって歩みを進めている。今回の記事ではこの通貨の知られざる魅力を明らかにしていく。

プレセールの帝王から挑戦者へ|ミームネーターの冒険が始まる

ターミネーターならぬミームネーターは、2077年からミームコイン市場を浄化するという使命を掲げ舞い降りた暗黒のヒーローだ。劣悪ミームに侵食された未来を救うべく奮闘するこの暗殺マシンは、ミームコイン市場のかつての栄光を取り戻す計画を着々と進めている。

時価総額10億ドルを目標として掲げるミームネーターとライバルコインの大きな違いは、実用性がぎっしり詰まったエコシステムを構築していることだ。中でも、ユーザーがミームネーターを操り、ライバルコインを打ち倒していく戦闘ゲームは投資家の好奇心をそそる。またNFTコレクションもリリース予定で、どちらも今四半期にローンチされるスケジュールとなっている。

加えて、手厚いステーキング報酬とデフレ・トークノミクスも投資家にとって大きな魅力だ。5月28日に開始された新たなステーキングプールは、6ヶ月間最大60%のAPYを提供することで投資家のトークンロックアップを促し、流通供給を減らす狙いがある。さらに、四半期ごとにトークンを燃やす仕組みがデフレ圧力を強化しており、需要の高まりに応じた価格上昇を狙っている。

ミームネーターの成長が期待される理由

2024年は、すでにミームコインにとって輝かしい年となっている。最近話題の新星、ドッグウィズハット(Dogwifhat)は約3,000%の高騰、ぺぺコインは1,000%以上の上昇を見せている。また、ソラナ(Solana)のSMOGは、5,200%という脅威的な上昇率を記録している。これらのパフォーマンスは、ミームネーターもこのような成長が可能ということを示唆している。

最近の強気相場は、5月末のETHの上昇に起因している。イーサリアムのETF承認に関するニュースは、MMTRのようなイーサリアムベースのトークンに新たな熱を注入し、潜在的な追い風を作り上げる。ビットコインの復活が投資家の信頼を再燃したことも忘れてはならない。

今年上昇したミームコインの多くは、流行りのみで大きな利益を達成しており、今記事執筆時点で、ドッグウィズハットの時価総額は30億ドル、ボンクは20億ドルを超えている。

ミームネーターは業界で確固たる地位を築こうとしている。X(Twitter)テレグラムディスコード合わせて14万人以上の熱心なフォロワーを抱え、その類まれな実用性と熱狂的なファンのサポートにより、現在注目が集まっている。

MMTRの発売当初の下落は、成功したミームコインによくあるパターンだ。時価総額でトップを誇るミームコイン、DOGEとSHIBも同様に、最初の上場後は著しい下落を見せた。

下のグラフでは、強気のタイミング、忠実なコミュニティ、製品開発の組み合わせが、ローンチから何ヶ月も後にSHIBを放物線上に押し上げたことが見てとれる。ミームネーターが誇る機能性と類似しており、今後の大きな上昇に期待が寄せられている。

CoinGecko_memecoin(引用元:CoinGecko)

注目を集めるミームネーター

現在、ミームネーターは公開市場で取引されている。MMTRに参加した投資家は、今後ミームネーターが大きく成長を見せた場合に、期待に沿う恩恵が受けられるだろう。

仮想通貨コミュニティ全体でこのプロジェクトの知名度が高まるにつれて、MMTRの需要が拡大していく可能性がある。

Memeinator(ミームネーター)の詳細は公式サイトをチェック。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨取引における「強気(Bull)」の意味とは?

仮想通貨取引における「強気(Bull)」の意味とは?

Age of ILCoin:ブロックチェーンプロジェクト「ILCoin」ゲームレビュー

Age of ILCoin:ブロックチェーンプロジェクト「ILCoin」ゲームレビュー

柴ミームのプレセールが投資家に注目されるべき理由|AI搭載のミームコイン

柴ミームのプレセールが投資家に注目されるべき理由|AI搭載のミームコイン

ビットコインとミームネイターの価格予測:市場の動向

ビットコインとミームネイターの価格予測:市場の動向

アルトシグナルとユニボット|2024年注目の新しい仮想通貨

アルトシグナルとユニボット|2024年注目の新しい仮想通貨

規制圧力の中、28,000ドルのサポート維持に苦労するビットコイン

規制圧力の中、28,000ドルのサポート維持に苦労するビットコイン

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説