BlackRockがソラナETF申請を開始?今トレーダーが狙う仮想通貨プレセールとは

by BITTIMES

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

SEC(Securities and Exchange Commission、米国証券取引委員会)がスポットイーサリアムETFにゴーサインを出し、現在はETH取引開始に必要なS-1文章の承認を待っている状況です。

その間、次に承認される仮想通貨が話題になっており、ソラナ(SOL)がその最有力候補になるのではないかという憶測が飛び交っています。

先日、Binanceの記事により、BlackRockがSOLのETF申請プロセスを開始したという噂が広がりました。

この噂が本当であれば、ソラナの価格は250ドルから350ドルの価格帯まで高騰する可能性があると予想されています。

このニュースを受け、ソラナに期待を寄せる投資家たちは、ソラナ関連の仮想通貨プレセールを探し始めました。

本ページでは、今後の価格上昇が期待されている仮想通貨プレセール情報を共有します。

ソラナのETF申請が噂される中で注目の仮想通貨プレセール

早速、ソラナ関連の仮想通貨プレセールをチェックしてみましょう。

Sealana($SEAL)SOLベースで注目の仮想通貨プレセール

Sealanaの画像

Sealana($SEAL)は、BlackRockのETF申請前に仮想通貨プレセールを行なっているプロジェクトの中で、特に注目のプロジェクトです。

Sealanaはソラナのブロックチェーンを基盤としているため、ソラナのETFが承認されればSealanaも恩恵を受ける可能性があると予想されています。

さらに、Sealanaはミームコイン文化とブロックチェーンユーティリティを融合させた魅力的な仮想通貨であり、ミームコインファンの期待を大いに集める存在でもあります。

Sealanaは、単なる投機目的だけでなく、実際に役立つデジタル資産となる$SEALを提供しています。

2024年6月14日時点におけるプレセール価格は、1$SEAL=0.022ドルです。プレセール価格は徐々に値上がりするように設計されています。

Sealanaのロードマップには、プレセール後に予定されているさまざまな機能の実装や開発が含まれています。これらはコミュニティ構築の強化と初期投資家に大きな利益をもたらすことを目的としています。

Sealanaはプレセール開始直後に400万ドルを超える資金を集め、現在の資金調達額は540万ドルを超えています。これは、Sealanaの将来性に対する期待の高さを示しています。

また、Sealanaでは継続的に開発が進められており、今後もさまざまな報酬オプションが実装される予定です。そのため、長期投資対象として魅力的な仮想通貨の1つとなっています。

PlayDoge($PLAY)プレセールで400万ドルを調達した革新的モバイルP2Eゲーム

PlayDogeの画像

PlayDoge($PLAY)は、SOLチェーンとは異なりますが、2024年の仮想通貨プレセールにおいて特に注目されている仮想通貨の1つです。

PlayDogeは、2024年5月28日にプレセールを開始したにもかかわらず、すでに400万ドル以上の資金調達に成功しています。

同プロジェクトは、Dogeミームの魅力と、1990年代に大ヒットしたたまごっちゲームを融合させたPlay-to-Earn(P2E)ゲームです。

しかし、これは単なる8ビットゲームではありません。プレーヤーは、ゲームを楽しみながら、さまざまなゲームやタスクに参加することで$PLAYトークンや貴重なNFTを獲得し、さらに保有するトークンを預けることでステーキング報酬を得ることができます。

ゲーム内で獲得した$PLAYトークンは、ゲーム内でアップグレードや追加の特典と交換できます。このプロジェクトは、初心者を含むすべてのユーザーにとって魅力的なゲーム体験を提供するでしょう。

PlayDogeは、プレセール開始後も継続的なアップデートや新機能の追加、さらにコンテンツの拡張を計画しており、ゲームそのものの楽しみ方を拡充しつつ、収益化の仕組みを強化して行く予定です。

2024年6月14日時点のプレセール価格は、1$PLAY=0.00508ドルです。価格は段階的な値上がりが予定されているため、早期に参加することによってお得に$PLAYトークンを獲得することができます。

WienerAI($WAI)市場で入手可能な最新AI搭載ミームコイン

WienerAIの画像

WienerAI($WAI)は、ミームコインらしい遊び心のあるユニークなキャラクターが印象的だったため、当初はソーシャルメディアで注目を集めました。

2024年に始まった仮想通貨プレセールで最も成功を納める有力候補の1つとしても、期待されています。

WienerAIは、ユーザーの仮想通貨取引スキルを向上させる最新AI搭載の高性能取引ボットを提供します。

このボットはユーザーフレンドリーな設計で、初心者でも仮想通貨市場に関する最新情報や分析データを簡単に入手可能です。ユーザーは自分で市場分析をする必要がなく、価格上昇が期待される仮想通貨や最適な取引タイミング等の情報をボットから得ることができます。

WienerAIの高性能取引ボットを利用することで、初心者でも仮想通貨投資による収益を最大化できる可能性があります。

仮想通貨コミュニティは、高性能取引ボットIの可能性をいち早く察知し、数週間以内にWienerAIが最初のICO目標を達成するための支援を行いました。

その結果、2024年6月14日時点の資金調達額は550万ドルを超えています。現在のプレセール価格は、1$WAI=0.000718ドルです。

Base Dawgz($DAWGZ)SOLチェーンと相互作用可能なマルチチェーンミームコイン

Base Dawgzの画像

Base Dawgz($DAWGZ)は、将来的に大きな成長を遂げる可能性のあるミームコインとして期待されています。

Base Dawgzは、Baseチェーンを基盤としているものの、ソラナのETF承認によって将来的に大きな恩恵を受ける可能性がある仮想通貨です。その理由は、$DAWGZが仮想通貨市場で数少ないマルチチェーンミームコインの1つだからです。

Base Dawgzは、Baseチェーンを基盤としつつも、イーサリアム(ETH)、ソラナ(SOL)、バイナンス(BNB)、アバランチ(AVAX)などの主要ブロックチェーンとシームレスな相互作用を可能にするマルチチェーン機能を搭載することを目指した最先端のプロジェクトです。

WormholeやPortal Bridgeなどの技術を活用することで、ユーザーは複数のブロックチェーン間でスムーズに資産を移動させることが可能になります。

これにより、$DAWGZトークンが多くの主要ブロックチェーン上で利用できるようになり、取引機会が拡大するため、Base Bawgzは大きく成長する可能性があると期待されています。

また、同プロジェクトではコミュニティのエンゲージメントを高める施策として、「Be Social for Airdrop」というエアドロップキャンペーンを導入しています。ユーザーはX(旧Twitter)でBase Dawgzに関する投稿を共有することでポイントを獲得し、それを$DAWGZトークンに変換できる仕組みです。

このユニークな戦略により、コミュニティから強い支持を受け、プレセール初日で22万ドルを超える資金調達に成功、さらに1週間で100万ドルを超える資金を集めました。

マルチチェーン機能とエアドロップ戦略により、Base Dawgzは主要なブロックチェーン全体でWeb3モビリティを推進し、多くのユーザーにプレセール参加の機会を提供しています。

2024年6月14日時点のプレセール価格は、1$DAWGZ=0.00502ドルです。

最適な仮想通貨プレセールを見つけるには

将来有望な仮想通貨のプレセールを見つけるには、リサーチが重要です。CoinGeckoやCoinMarketCap、さまざまな仮想通貨ニュースサイトを利用して、今後のプレセールについて最新情報を入手しましょう。

また、仮想通貨に関するコミュニティに参加することも有効です。仮想通貨フォーラムやTelegramグループに参加し、X(旧Twitter)で仮想通貨関連のインフルエンサーをフォローし、有益な情報や意見を集めるのがよさそうです。

さらに、気になるプロジェクトのホワイトペーパーやロードマップを徹底的に読み込むことで、そのプロジェクトが掲げるコンセプトや将来の有用性、成長の可能性を理解することができます。

最後に、開発者やプロジェクトチームの経歴を調査し、仮想通貨分野での実績があるか確認することも重要となります。

SOLベースのプレセールが注目を集めている理由とは

Solanaの画像

SOLベースの仮想通貨プレセールが注目されているのには、いくつか理由があります。まず、ソラナには高速トランザクションや低コスト化といった技術的に優れた特徴があり、新しいプロジェクトにとって魅力的なプラットフォームとして人気があります。

また、BlackRockのソラナETF申請から始まって様々な憶測が広まり、SOLベースのトークンへの関心が高まっています。これらの理由により、今後、SOLベースの仮想通貨の価格が上昇する可能性が示唆されています。

さらに、過去に成功したSOLベースのプロジェクトは、早期に参加した投資家に大きな利益をもたらしています。このような潜在的なチャンスを早期に捉えたいと考える投資家たちの関心が、SOLベースのプレセールに集中していることも背景にあるでしょう。

【公式サイト】
Sealana | PlayDoge | WienerAI | Base Dawgz


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ミームにしてミームあらず:Memeinatorが4週間で100万ドルの資金調達に成功した理由

ミームにしてミームあらず:Memeinatorが4週間で100万ドルの資金調達に成功した理由

トレーダーの間で証拠金取引が人気を集めている理由とは?

トレーダーの間で証拠金取引が人気を集めている理由とは?

770万ドルを調達|2024年に期待される仮想通貨ミームネーター

770万ドルを調達|2024年に期待される仮想通貨ミームネーター

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

Big Eyes(BIG)、SHIB・WAVES保有者を引き付け「最大の仮想通貨コミュニティ」を構築する可能性

Big Eyes(BIG)、SHIB・WAVES保有者を引き付け「最大の仮想通貨コミュニティ」を構築する可能性

暗号資産デリバティブ取引所「Overbit」2021年6月ニュースレター

暗号資産デリバティブ取引所「Overbit」2021年6月ニュースレター

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説