ソラナの新たなICO、開始から72時間以内に35万ドルを調達

by BITTIMES

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

新しいSOLのミームコイン「Solciety(SLCTY)」は、開始からわずか72時間で35万ドルの資金を調達しました。

ソーシャルメディア上のフォロワー数を考慮すれば、この調達額は驚くものではありません。デゲンのための政党であるソルシエティは、X(Twitter)で瞬く間に多くのフォロワーを獲得し、Discordでは2,500人以上のメンバーを集めています。動物モチーフのミームコインを見るに耐えられなくなった投資家たちの一部が、ソルシエティに興味を持ち始めているようです。

ソルシエティはミームコイン市場に一石を投じる

ソルシエティは、複数の成長市場の力を利用しています。まず、好調なソラナミームコイン。例えば、BONKやDogwifhatのようなコインは今年大きな成長を遂げています。BONKは取引所に上場して以来、トークン価値の成長率が20,000%を超えています。

また、Dogwifhatは2023年12月に取引所に上場して以来、1,400%以上の上昇率を記録しており、今年3月には時価総額でPepeを抜き、ミームコイン第3位の規模になりました。あるトレーダーは1,000ドルが10万ドルに化けたのを目の当たりにしています。

ソラナICOが現在の情勢で成功する可能性があることを示しており、PolitiFiは注目を集めているもう一つの成長分野です。最近、Jeo BodenやDoland Trempがクラーケン取引所に上場し、Jeo Bodenは300%増、Doland Trempは700%増と、PolitiFiを主要なニッチ分野として急速に押し上げています。

さらに、ソルシエティのユニークなミームキャンペーナー機能のおかげで、市場はこの銘柄に流行の可能性を見ています。ミームコインはもともと刹那的なものです。ハイプはすぐに泡となり消え、市場は崩壊、そして次の新たな熱狂に備えます。ソルシエティは、ニュースなどのメディアに継続的なコンテンツとハイプを提供するコミュニティを作成することによって、この傾向の打破を目指します。

ミームキャンペーナーは、オリジナルの政治ミームを生成し、共有することができます。200を超えるプロパティ、背景、フォントにより、ユーザーはDonald PumpやBadimir Putinなどのキャラクターをフィーチャーしたカスタムミームの作成ができます。このプラットフォームは、ソーシャルメディア上で作成したミームを共有することで、SLCTYトークンの獲得チャンスを与え、創造性と拡散性に応えます。

ソルシエティが成長を続ける理由

ソラナICOは10段階に分けられ、トークン価格は72時間ごとに上昇します。つまり、投資家はコインが取引所に上場される前のプレセール中に、最大で約169%もの含み益を得ることができるのです。

一度コインが取引所に上場すれば取引量は急速に増加すると予想されます。プレセールで調達した資金の内、17%は流動性に充てられ、ソルシエティを軌道に乗せるのに十分なインセンティブとなります。

さらに、20%は世界中に普及させるための積極的なマーケティングプールに、そして10%は報酬プールに充てられ、この新しいソラナミームコインにとってコミュニティがいかに重要であるかを示します。

加えて、ミームコインの夏が本格化しており、ミームコイン業界は全般的に好調です。ソラナミームコインの時価総額は、本稿執筆時点で80億ドルを超えています。取引手数料が比較的に安いため、現在イーサリアム上のミームコインの2倍のスピードで上昇しています。これは、ソラナネットワークにおけるミームコインの大きな可能性と人気を示しています。

最後に、トランプ氏は先日、仮想通貨の支持を表明しました。多くの民主党議員も続いて支持し始めています。要するに、これまでの米国選挙よりも注目されることになり、仮想通貨は大きな話題の種となるでしょう。

2024年、政治とミームを組み合わせたソルシエティは大きく躍進できるか?

政治という業界は、多くの注目を集めるソープオペラですが、ミームコインも同じです。Solciety(ソルシエティ)はこの2つの要素を完璧に融合させ、2024年に最もホットなミームコインとなるべく動き始めています。

政治的な出来事が絶えず人々の注目を集め、同時に強気市場が過熱しています。その中でソルシエティのソラナICOは、ミームと政治風刺を革新的な仮想通貨運動に統合することで、ユニークな機会を提供します。

Solciety(ソルシエティー)の詳細は公式サイトをご覧ください。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

アルトシグナル、ASIトークンが2023年の仮想通貨界を揺るがす。ビットコインの価格予測に対抗できるのか?

アルトシグナル、ASIトークンが2023年の仮想通貨界を揺るがす。ビットコインの価格予測に対抗できるのか?

仮想通貨におけるアフリカの発展|アルトシグナルプレセールがタイミングよく登場

仮想通貨におけるアフリカの発展|アルトシグナルプレセールがタイミングよく登場

仮想通貨で「再生医療の未来」を切り開く|SCC決済可能の医療機関が東京・大阪にオープン

仮想通貨で「再生医療の未来」を切り開く|SCC決済可能の医療機関が東京・大阪にオープン

Metacade(MCADE)が公式にプレセールを開始。2023年の人気クリプトトークンに?

Metacade(MCADE)が公式にプレセールを開始。2023年の人気クリプトトークンに?

クリプト関連の仕事は金融の未来に影響を与えるのか?オンラインゲームコミュニティ「Metacade」は本腰を入れる

クリプト関連の仕事は金融の未来に影響を与えるのか?オンラインゲームコミュニティ「Metacade」は本腰を入れる

ビットボット:飛躍の可能性を秘めた注目の次世代仮想通貨?

ビットボット:飛躍の可能性を秘めた注目の次世代仮想通貨?

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説