中国ビットコイン取引所、送金には書類が必要

by BITTIMES

20日、口座凍結を行なっていた中国主要取引所の Huobi が「ビットコインの購入、口座の凍結解除には書類の提出が必須」という報道が流れた。
Huobi は中国規制当局から指摘を受けており、マネーロンダリングを避けるための対策として行なっているようだ。
この書類には、購入資金をどこから用意したか、購入したビットコインをどう使うのか、などの項目が書かれているらしく、その内容について中国人ユーザーのツイートから拡散されている。
マネーロンダリング対策とはいえ、少々やりすぎ感も否めない今回のやり方は、中国でのビットコイン離れを加速させるものではないのだろうか?

ビットコインを引き出すのにも一苦労

Huobi ユーザーは、口座解凍のために次のような項目に答えなければならない。
・Huobi のアカウント情報(ログイン情報・ID)
・あなたの資金の源泉についての説明(Huobi 口座への振込記録・振り込んだ資金元の説明)
・資金源の確認(銀行振込記録・金融機関情報・銀行口座などの写真もしくはスクリーンショット)
・ビットコイン、ライトコインの使用目的
など、上記のような項目を全て提出する。
例えば、10,000元分のビットコイン購入したい場合
まずは銀行口座に 10,000元を振込み、そこから Huobi へ現金を送金する。そして、
・その10,000元をどこで入手したのか?
・どのように使うのか?
・どのように送金したか
など、先ほどの項目に細かく答えてはじめてビットコインが取引が可能になる。

ユーザーの事は全くお構いなしの中国

上記のような書類をいちいち提出していては、ビットコインの持つ”軽さ”や”誰でも口座を持てる”というメリットは、ほぼ無くなったと言っていい。
マネーロンダリングを防ぐためとはいえ、非効率的で全く実用的でない今回の対策は、下策中の下策と言える。
今回の一件で、沈み気味だった中国のビットコイン市場は更なる下降へと向かう可能性が高い。
今後、中国市場が明るくなることはあるのだろうか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

「ビットコインは規制しないと危険」カナダ中央銀行

「ビットコインは規制しないと危険」カナダ中央銀行

イスラエルの仮想通貨事情|最大の敵は銀行だった

イスラエルの仮想通貨事情|最大の敵は銀行だった

MicrosoftがBitcoin Cash決済を導入

MicrosoftがBitcoin Cash決済を導入

LG子会社が独自のブロックチェーン「Monachain(モナチェーン)」を発表

LG子会社が独自のブロックチェーン「Monachain(モナチェーン)」を発表

ビットコインがナイジェリア経済破綻を救出した?

ビットコインがナイジェリア経済破綻を救出した?

バハマがブロックチェーン大国に名乗りをあげる|海洋考古学を民主化へ

バハマがブロックチェーン大国に名乗りをあげる|海洋考古学を民主化へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

GMOグループが本格的な仮想通貨取引アプリをリリース | イギリス

GMOグループが本格的な仮想通貨取引アプリをリリース | イギリス

シリン(SIRIN LABS Token/SRN)の最新情報|4月25日

シリン(SIRIN LABS Token/SRN)の最新情報|4月25日

「LCNEM Wallet」がリリース|Googleアカウントで簡単ログイン

「LCNEM Wallet」がリリース|Googleアカウントで簡単ログイン

ビットコインの紙幣が誕生?スマート紙幣Tangem Notesとは

ビットコインの紙幣が誕生?スマート紙幣Tangem Notesとは

仮想通貨で資金洗浄した男を暗殺する計画が明らかに|総額4,400億円相当

仮想通貨で資金洗浄した男を暗殺する計画が明らかに|総額4,400億円相当

SBI、韓国大手取引所を傘下へ|リップルxCurrent初の実用化

SBI、韓国大手取引所を傘下へ|リップルxCurrent初の実用化

ビットコインキャッシュ(BCH)はなぜ高騰している?|バーンとは

ビットコインキャッシュ(BCH)はなぜ高騰している?|バーンとは

ネム(NEM/XEM)の情報サイト『NEM MAP』が話題に

ネム(NEM/XEM)の情報サイト『NEM MAP』が話題に

仮想通貨取引所OKExのCEOが辞任|取引量は世界一を記録

仮想通貨取引所OKExのCEOが辞任|取引量は世界一を記録

Huobi Token(HT)の価格上昇が続く|期待が高まる理由とは?

Huobi Token(HT)の価格上昇が続く|期待が高まる理由とは?

浮動島の建設を目指す仮想通貨プロジェクト|Varyon(VAR)

浮動島の建設を目指す仮想通貨プロジェクト|Varyon(VAR)

SIRIN LABS Token(SRN)がCryptopia(クリプトピア)に上場

SIRIN LABS Token(SRN)がCryptopia(クリプトピア)に上場

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す