Flokiが複数ブロックチェーンで取引ボットをリリース!WienerAI($WAI)はどうなる?

by BITTIMES

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

ミームコインの時価総額で上位にランクインするFloki(FLOKI)は、イーサリアムを基盤とする仮想マシンを搭載した3つのEVMブロックチェーンにおいて、取引ボットのオープンβ版をリリースしました。

多くの投資家がFlokiの将来性を支持していることから、今回リリースされた取引ボットには大きな期待が寄せられています。

Flokiの取引ボットは、Telegramアプリを通じてDEX取引を効率化することで、トレーダーが数回のタップで取引できる環境を提供しており、そのライバルとしてWienerAI($WAI)プロジェクトに対する注目も集まっています。

Flokiの取引ボットリリースにより、価格急騰なるか?

WienerAIの画像

Flokiは1トークンあたり0.0001721ドルと非常に低い価格で取引されているため、ミームコイン市場の中でも特に流通量が多い仮想通貨の1つです。

ただし、FLOKIには高い実用性があり、開発チームはデフレ圧力をかけるためにトークンの改善に注力しています。

その1つの施策として、同プロジェクトは、シンプルなユーザーインターフェースを通じて取引システムの効率化を目指した取引ボットのパブリックメインネットβ版をリリースしました。

この取引ボットは、Telegramアプリを通じて、3つの主要なブロックチェーン(Ethereum、BNB、Base)で利用可能なマルチチェーン取引を実現します。

仮想通貨そのものの潜在的価値を高める最良の方法は、コインの実用性を高めることです。99Bitcoins、Altcoin Daily、Oscar Ramos、Jude Umeanoなどの専門家は、今回の取引ボットのリリースを受け、Floki(FLOKI)が今後数週間で短期的に100%以上価格が上昇する可能性があるとの見解を示しています。

Flokiが取引ボットをリリースしたニュースは、仮想通貨業界で瞬く間に広がり、多くの投資家の注目を集めることになりました。仮想通貨トレーダーは、Flokiの取引ボットを活用することで、より低いDEX手数料でこれまで通りの使い慣れたCEXのUIを利用することができます。

今回の取引ボットリリース以前より、Flokiは著しい成長を遂げています。本稿執筆時点において、トークン価格は過去1年間で560%以上も上昇しています。

ミームコイン市場全体の低迷に伴い、Flokiも過去1ヶ月で30%下落しているものの、今回の取引ボットリリースによって今後の動向は楽観視できると考えられています。

そしてもう1つ、Flokiの取引ボットに注目が集まる一方で、同様の取引ボットの開発を進める新たなミームコインプロジェクトWienerAI($WAI)が最近話題になっています。

WienerAIは、2024年4月に誕生したばかりの新しいミームコインですが、本稿執筆時点において、プレセールでの資金調達額は700万ドルに迫っており、多くの投資家および仮想通貨ファンが同プロジェクトに大きな期待を寄せています。

WienerAIがFlokiを抑えて人気を得る可能性は?

WienerAIの画像

Flokiが提供する取引ボットは、オープンデータモデルを使用して迅速にフィードバックを収集、実装することで、競合他社の技術に追い付こうとしています。

一方、WienerAIは、直観的かつユーザビリティの高い取引ボットに最新AI技術を取り入れることで、競合他社との差別化を図っています。

どちらも犬をモチーフにした愛嬌のあるマスコットが印象的なプロジェクトという点で似ています。しかし、Floki(FLOKI)は今後1トークン当たりの価格を妥当なレベルまで引き上げる必要があり、これにより懸念されるデフレにどのように対処するかが課題となるでしょう。

WienerAIは、プレセールで700万ドルに迫る資金を調達しており、2024年に最も期待される新プロジェクトの1つとして注目されています。

多くの評論家がWienerAI($WAI)の将来性に期待を寄せており、さらに、ステーキングなどの追加特典を提供していることからも、プロジェクトの好調ぶりがうかがえます。

WienerAI($WAI)は、ミームコインらしいバイラルな魅力と最新AI技術を融合させた画期的なプロジェクトです。同プロジェクトが開発する取引ボットは、仮想通貨トレーディングに特化して設計された対話型チャットボットです。

最新AIを利用することで、目まぐるしく変化する仮想通貨市場の分析を行い、トレーダーが求める取引条件に最適な戦略を提供します。

これにより、トレーダーは自身で市場分析に時間をかける必要なく、収益性の高い取引を実行することができます。

WienerAIの提供する取引ボットを利用することで、ユーザーは最新AIが導き出した分析結果に基づく取引チャンスを瞬時に得ることができ、さらに取引ボットのインターフェースから直接取引することが可能になります。

この画期的な取引ボットは、ボラティリティが大きな相場でもタイムラグなく瞬時に取引が実行でき、かつ手数料も不要でトレード初心者でも簡単に利用可能な取引インターフェースを提供します。

WienerAIの提供する取引ボットを利用することで、ユーザーは次世代型にアップグレードされた新しいトレード体験を得ることができると期待されています。

$WAIの公式サイトはこちら


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨ラッシュアワー:終了間近のミームネーターICOが注目を集める理由

仮想通貨ラッシュアワー:終了間近のミームネーターICOが注目を集める理由

2023年9月:プレセールに注目が集まる仮想通貨5選

2023年9月:プレセールに注目が集まる仮想通貨5選

Bloombergはビットコイン価格が53万ドルになると評価|BTC ETFとアルトコインへの熱が高まり、Bitcoin ETFトークンが300万ドルを調達

Bloombergはビットコイン価格が53万ドルになると評価|BTC ETFとアルトコインへの熱が高まり、Bitcoin ETFトークンが300万ドルを調達

ビットコインETFが取引ボットを後押し?ビットボットの87万ドル調達は強力な指標

ビットコインETFが取引ボットを後押し?ビットボットの87万ドル調達は強力な指標

Metacade(MCADE)のようなブロックチェーンゲームのプラットフォームがプレイヤーの間で注目を集めています!

Metacade(MCADE)のようなブロックチェーンゲームのプラットフォームがプレイヤーの間で注目を集めています!

2024年の仮想通貨トレンド:日本のトレーダーが期待を寄せる3つの銘柄

2024年の仮想通貨トレンド:日本のトレーダーが期待を寄せる3つの銘柄

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説