新たなSOLミームコインが日本国内でも注目を集める:わずか72時間で365,000ドルを調達

by BITTIMES

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

ミーム文化と世界政治が大きく交わりを見せる2024年に、新しいSOLミームコインであるSolciety(ソルシエティ)が登場しました。

合計30億トークンが0.0015ドルの割安価格で購入できるプレセールが先日6月18日にローンチされ、開始から3日で365,000ドルもの資金を調達しました。ICOの開催期間はたったの30日間で、価格が72時間ごとに上昇するため、このチャンスに注目が集まっています。

デゲンのための政党として市場に登場したソルシエティは、今年の政治に必要なユーモアと風刺を注入しています。この記事では、SOLミームコインであるソルシエティの人気の理由について解説します。

ソルシエティの成長が期待されている理由

ソルシエティは、PolitiFiとソラナミームコインという2つの巨大成長市場にまたがって位置しています。これら強気な力が後押しし、ソルシエティは仮想通貨市場で成長を遂げようとしています。

2024年に入ってからいくつかのPolitiFiコインが人々の注目を集めてきました。 Super Trumpは、過去30日間で約500%、今年3月のローンチから6,000%以上急騰しています。さらに、TMANIAは2024年5月末のローンチから数日で1,000%以上の上昇を記録しました。

一方で、Solana(ソラナ)は精力的に数多くのミームコインを生み出し、各分野のファンの想像力をかきたています。新たにシーンに登場したSOLミームコインの1つであるBEERCOINは、2024年5月末のローンチ以来400%の急騰を記録しました。さらに、Book of Memeは3月のローンチ以来、約1,000%上昇しています。

このようなコインが多く存在するミームコイン業界は、今年市場評価額600億ドルの壁を目前としています。加えて世界中で政治的変化が目前に迫っていることから、ソルシエティが次に流行を生み出すミームコインセンセーションになる可能性あると囁かれているようです。

ソルシエティの仕組み

ソルシエティは、政治的分裂を超えた幅広いデゲングループにアピールします。多くのソラナICOが市場に出回る中、ソルシエティはPolitiFiの代表成功例、米国憲法のコピーを購入するための資金調達を目的としたプロジェクト「ConstitutionDAO」の足跡をたどることになるかもしれません。

この試みは成功には至らなかったものの、PolitiFiという分野を切り開いた巨人は、2024年に1億ドル以下でスタートした後、本稿執筆時点で、時価総額がおよそ7億ドルにまで急増しています。

ソルシエティの成功は、政治的なスペクトルを超えたクリプト・デゲンの間で人気を博したことに起因しており、バトンを受け取り、PolitiFiムーブメントの境界をさらに押し広げることを目指しています。

ソルシエティが拡散される可能性は、政治的対立の左右を問わず、ミーム・キャンペーナーにまつわる熱によって後押しされています。高度なミーム作成ツールにより、ユーザーはオリジナルの政治ミームを作成、共有することができます。200種類以上の政治的特徴や背景から選択、Donald PumpやBadimir Putinのような悪役キャラクターをモチーフにすることができます。

加えて、創造性とバイラリティの促進のため、ユーザーはソーシャルメディア上でオリジナルミームを共有することで、SLCTYを報酬として獲得できます。

コミュニティが成長するにつれて、ミーム・キャンペーン担当者は大規模なバイラル成長を促進するためのコンテンツを作り出します。これは、ソーシャルメディア、Discordサーバー、テレグラムグループにあふれるミームプロパガンダを通じて行われます。

世界中の政党が票を集めるためのキャンペーンを行っているように、ソルシエティは人の力を動力源とする仮想通貨パワーでデゲン層を獲得し、偉業達成ためにキャンペーンを行っています。

ソルシエティは今年注目の仮想通貨となる?

2024年の選挙制度変更に向けて世界が成長する中で、ソルシエティはデゲンたちを人生のターニングポイントになり得る可能性で魅了し、さらに今年の政治への関心が高まる絶好のタイミングで30日間のプレセールを開始しました。

チャンスは30日間のみで72時間ごとに価格が上昇するため、投資家の注目を集めています。政治家がデゲン票の確保に奔走する中、ソルシエティは先手を打っています。

成長ポテンシャルを秘めた真新しいSOL仮想通貨ミームコインをお探しなら、ソルシエティに注目してみてはどうでしょうか。

Solciety(ソルシエティー)の詳細は公式サイトをご覧ください。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Chat GPTの創立者サム・アルトマンがワールドコインを解き放つ|柴ミーム(Shiba Memu)との比較と解説

Chat GPTの創立者サム・アルトマンがワールドコインを解き放つ|柴ミーム(Shiba Memu)との比較と解説

ILCoinが「5GB」のステーブルブロックに達成し、ブロックサイズの記録をさらに更新

ILCoinが「5GB」のステーブルブロックに達成し、ブロックサイズの記録をさらに更新

2024年、DeFi取引ボットが急増のビットボット|有望な新仮想通貨となれるか?

2024年、DeFi取引ボットが急増のビットボット|有望な新仮想通貨となれるか?

投資家が注目するGameFi関連の仮想通貨メタケード(MCADE)【PR】

投資家が注目するGameFi関連の仮想通貨メタケード(MCADE)【PR】

最終日の熱狂:1,200万ドルを集めたビットコインドックICOは本日閉幕

最終日の熱狂:1,200万ドルを集めたビットコインドックICOは本日閉幕

エイプコインとドージコインがミームコイン採用を先行。ビッグアイズコインは同じ道を辿ることができるか?

エイプコインとドージコインがミームコイン採用を先行。ビッグアイズコインは同じ道を辿ることができるか?

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説